アフィリエイト

新築一戸建てカーテン費用コスト削減と交渉方法体験記

新築カーテン費用レール取付節約成功のコツについて、このページをご覧頂きありがとう御座います。

新築一戸建て,マンションを問わず住宅購入時には、欠かせない一つにカーテン,カーテンレールと言う悩みが有ります。

具体的には、以下ののような悩みが多いんです。

新築カーテン費用節約したい。

新築カーテンレール取り付け費用相場は?

新築カーテンを自分たちで取り付ければ良いのでは?

新築について、節約の究極は、DIYと言う言葉が使われる事が多い現代。

しかし、DIYに伴うリスクの大きさを考えていらっしゃる方は非常に少ないのです。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、一戸建て,マンション購入体験,現場経験を元に書く記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建ての打合せをしていて、カーテンの相談や見積になって驚いている方は少なくありません。

でも、新築なんだし、綺麗なカーテンにしておいて、損はないのかな?

なんて考え方は大変危険です。

このページでは、YOUTUBE動画でも失敗後悔のポイントをご紹介しています。

テキストでは、以下の見出しに沿ってご紹介しています。

新築一戸建てのカーテン費用相場とは?

新築一戸建てのカーテン費用節約のコツ1.カーテンレール代

新築一戸建てのカーテン費用を考えるコツ2.住んだ時は?

新築一戸建てのカーテン費用を考えるコツ3.費用交渉術は?

新築一戸建てカーテン費用節約成功体験記常時最大90%OFF店舗紹介(実例画像付)

以上の項目をご紹介していこうと思います。

カーテンを決める際に重要なポイントを体験談を元にご紹介しています。

スポンサーリンク

新築一戸建てのカーテン費用相場とは?

新築 一戸建てカーテン費用相場

スポンサーリンク

ハウスメーカーや工務店でのカーテン見積もりの相場についてご紹介しています。

新築一戸建てハウスメーカーカーテン見積もりに驚き!

私たちが建てた家の規模は、30坪~34坪程度の小さな4LDK。

カーテン見積もり金額の相場は、40万程度でした。

一般的なカーテンを通販などで見ても、数千円で売ってる時代。

その中で、いきなり家全部の窓とは言っても40万円のカーテン費用。

この金額には正直、その費用対効果は?と疑いたくなりました。

新築一戸建てハウスメーカーカーテン見積もり判断の迷いの原因

しかし、新築一戸建てのカーテン見積を始めてみたときには、こんな感覚もありました。

「住宅ローンなんだし、まあゆっくり返すのもひとつかな?」

新築カーテン費用を現金で出せる方にもよく考えてほしいんです。

・外構

・電化製品

・家具

・収納予備

このように、新築カーテンの打ち合わせ段階ではまだまだ後から出て来る課題が山積み。

1つ1つに自分たちの満足ばかりを追求しては、住宅ローン審査が通らないという事態にもなりかねないのです。

ではどうしたら、新築カーテン費用に正しい判断ができるのか?

実際に私たちは、このハウスメーカーとの契約は途中で破棄しました。

そして、結果的に新築カーテン費用に要したのは、5万円以下

この残りで、新築外構を済ませることが出来ました。

そこで、皆様にも慎重になって欲しいと思えることが発覚したので、詳しくご紹介していこうと思います。

 

新築一戸建てのカーテン費用を考えるコツ1住んだ時は?

新築一戸建てカーテン費用

新築一戸建ての打合せをしている時って、どんなタイミングかと言えば、家の日当たりなんてまだ皆目見当もつかない状態。ですよね。

この段階で、おしゃれなカーテンや凝ったデザインのカーテンを選んで、高額商品を購入した際に、

・住んでみたら色合いがまた違って見えた。

・住んでみたら、レースカーテンだけでも十分な感じだった。

・カーテンの質感と家具の配置を実際配置すると、だいぶ欲しいカーテンが変わった。

私達も、実際、何度かカーテンを日照条件の似ているモデルハウスに足を運んで確認しました。

すると、そこで対応してくださった営業さんが、

住んで、窓の状態や日当たりを体験してから決める方は非常に多いですよ。逆に私達もそのようにおすすめしています

必要になる場所となるリビングと寝室のメインの掃き出し窓のみにカーテンレールを付けるくらいでよろしいかと思います

と説明してくださいました。

住んだ時を想像しながら、カーテンを選ぶのは、住んだ時との温度差が強くなる可能性が高い。

よって、最初に決めるべきカーテンは、住んでからを私は強く皆様におすすめしたいと思っています。

 

新築一戸建てのカーテン費用節約のコツ2カーテンレール代

新築一戸建てカーテンレール

新築一戸建てカーテン費用を考えるコツとしてこだわりが必要になるポイントを機能性からご紹介しています。

気密性が家により、異なる新築一戸建て。

気密性の心配から外にエアコンなどの暖気や冷気が逃げていくか心配な方には、私はカーテンレールにこだわって欲しいと思います。

いくら、カーテンが高性能なものであっても、冷気・暖気の逃げ道が上にあっては、損失は大きいです。

その場合は、カーテンレールに気密性を求めて、少し質の高い物を選びましょう。

特に、寝室やリビングは、引渡しを受けてすぐに使う場所。

この2箇所の住み心地から、気密性が欲しかったら、すぐに検討することをオススメします。

私たちが実際、検討したカーテンレールは、

レールカットOK!TOSOの密閉を可能にしたおしゃれなカーテンレール

費用は4000円程度でした

実際の住み心地を確認せずに購入はそこまで必要がなかった!

となると勿体ないのでオススメしません。

まずは、ご家族でお持ちのカーテンで、1箇所付けてみて、どこまで機能性が必要かを考えておくことをオススメします。

では、次に、カーテンを工務店やハウスメーカーで頼む際の交渉術についてご紹介していきましょう。

 

新築一戸建てのカーテン費用を考えるコツ3交渉術は?

新築一戸建て 値引き交渉 失敗

ハウスメーカーや工務店でカーテンを発注する際の交渉テクニックをご紹介していきましょう。

交渉のポイントは、1社に粘らず数社に確認

あくまでも1つ1つの窓の商品で別会社を選ぶよりも、ひとつの会社に絞った選び方をすること。

サッシにおいてもそうですが、新築一戸建てでの発注の際は、窓の数により多少割引がされる事は十分にあります。

カーテンでも、同じことが言えるそうです。

ですから、いろいろなカタログもあると思いますし、興味をそそる商品も多数ありえますが、やはり商品はひとつの会社に絞りましょう。

そこの会社に一棟分全て発注をするから交渉してかなり安くしてください。

この候補を2社作って、戦わせてみましょう

私たちは、この方法を用いる前と後の比較をしましたが、10%~15%前後の値引き幅が変わりました

勘違いしやすいのは、工務店やハウスメーカーで出されているカーテンの費用は、ほぼ定価に近い金額。

型落ちなどによる過剰在庫を抱えるネット販売とは比較にならないほど高いのです。

ですから、「このあいだをとって、取り付けも任せるから安くして」と交渉していきましょう。

カーテンレールを取り付けるのも、カーテンの取り付けも自分でできるのはわかりますよ。

しかし、この作業を丸投げするからこそ生まれる相手の利益と値引き交渉。

カーテン費用での交渉のコツは、最後はここに至ると思っています。

では、最後に、新築一戸建てにおけるカーテンについての節約術をご紹介していきましょう。

 

新築一戸建てカーテン費用節約体験記(実例画像付)おすすめ通販店舗紹介

新築一戸建て 節約

最後にご紹介していくのは、カーテン費用の節約テクニックについてご紹介していきます。

実際、カーテンの節約テクニックは、大きく分けて2つしかありません。

1.新築一戸建てカーテン取り付け代の相場と節約術

新築一戸建てにおけるカーテンレール取り付け代の見積も沢山取りました。

私たちが体験した見積りでは、窓の数にもよりますが、10窓~15窓における取付代2万5,000円~3万円程度でした。

しかし、友人がハウスメーカーで取り付けを頼む場合は、15窓で18,000円と良心的な価格でした。

この差が、ひとつ目の節約テクニックになります。

人件費、出張費を工賃とは別に払うよりも、工務店、ハウスメーカーの方が安い場合もある事を覚えておきましょう

2.新築一戸建てカーテン代の節約術

私たちは、実際、カーテンをハウスメーカーでは買っていません。

そして、ネットで安いカーテンを買ってみたのです。

 

私が実際に買ったレースカーテン購入店舗は↓
オーダーカーテン最大90%オフ!大特価SALE

 

リビング用に買ったレースカーテンの金額は、1万円未満。

高機能レースカーテンを買ったらもう他には必要ありませんでした。

実際に買ったリビングレースカーテンを画像付きでご紹介しています。

新築カーテンレールリビング設置WEB内覧会TOSO

このような柄物を選ぶとシェードがあれば、視界の不安も有りません。

セキュリティ的要素も最小限のカーテンで済ませる事ができるのでおすすめ。

まさに、「住み心地を確認してから必要に応じて購入する」を選択したことで成功したのです。

・夜間も中の様子は見えません。

・日中の赤外線、紫外線をもう心配する必要がありません。

・自宅で選択できるので、クリーニング代も気にしません。

そうすることで高いカーテン代を節約して、住宅ローンの充当をその分、外構費用に充てるようにしました。

節約術というのは、

カーテンに充当させるコストの必要性よりも、住宅ローンを使う内容を金利によりお得な商品に置き換えて使う。

これが、私が思う節約術になります。

カーテン代40万円に住宅ローン充当で年率0.75%の金利を払うよりも、外溝工事代の40万円にこの金利を払った方が節約になりますから

こうした全体像をみながらのカーテンへの投資を調節することを体験談からおすすめしたいと思います。

あなたがもし、新築カーテンを打合せの高額金額に驚いているなら、ぜひ私達が実際に購入し担保を参考にして下さい。

 

私が実際に買ったレースカーテン購入店舗
オーダーカーテン最大90%オフ!大特価SALE

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ