外構工事駐車場を安くする方法!コンクリート費用節約術新築のコツ

スポンサーリンク

一戸建て外構工事費用の中で、駐車場コンクリート節約術をご紹介しています。

このページにご訪問いただきありがとうございます。

外構工事の中でも、費用が心配になる駐車場の工事費用。

私達も実際、コンクリートなのか砂利なのか右往左往しながら結果砂利引きで様子を見ています。

新築外構についての全体についての失敗後悔対策は、YOUTUBE動画でもご紹介してます。

新築一戸建ての駐車場を含む周辺外構関連施工工事の中には、以下のような悩みも増えています。

  • 砕石ってどうなの?
  • 会社によって方法は違う?
  • コンクリートの場合は、基礎工事がまた必要なの?
  • 庭にしたいスペースもある。

一般的なサービスでもやはり見た目だけでは、見えない部分も多いのは、家だけでなく、外構も同じ。

外構は駐車場だけでなく、アプローチもありますよね。

アプローチから玄関までのレイアウトの成功法

新築一戸建て失敗後悔ランキング9位に外構が入る理由

等も外構工事の依頼を焦る必要がない、が大切なポイント。

外構工事における当サイト内の関連記事

新築外構工事については、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

新築外構アプローチはコンクリート?砂利?

外構アプローチを安くする?費用によくある誤解

リフォーム工務店とハウスメーカー比較3つの失敗注意点

新築外構工事はホームセンター?専門店?

新築外構デザインアプローチ門柱選び注意点

新築浄化槽費用大人5人用設置購入体験記

新築駐車場をDIY?

新築ウッドデッキ費用の意外な落とし穴?

新築外構アプローチ防犯砂利の効果は?

新築外構をブログから情報収集する注意点

外構アプローチの洗い出しとは?

新築一戸建て購入注意点まとめ

新築外構オシャレと子育ての安全は反比例?

新築外構工事費用DIYは節約失敗?

新築外構工事車庫や物置も固定資産税に影響?

新築外構失敗と成功の決定的な違いまとめ

外構工事の業者の選び方についてもご紹介しています。

一条工務店外構価格を他の業者で半額以下交渉成功!i-smart体験記

外構でポストを忘れていませんか?

一条工務店外構|新築郵便受けポストおすすめの場所や無い時対処法

興味がある方は、ご覧ください。

私がこのサイトを通じて伝えておきたいのは、以下のようなポイントが共通点となります。

そして、外構費用の中でも、コンクリートは節約は可能なのです。

新築外構見積もりのコツや値引き交渉術をご紹介しています。

新築一戸建て外構見積もり成功失敗後悔

新築外構費用見積もり方法を業界経験者が値引き交渉術と合わせて伝授

スポンサーリンク

このページのテキスト内容における主な見出しは、以下の項目でご紹介しています。

新築一戸建て外構工事費用節約に大切な事と失敗後悔原因

新築一戸建て外構工事の優先順位の決め方

新築一戸建て外構工事の駐車場コンクリート節約術(画像付)

ご覧いただきながら、上手な節約交渉を出来る情報収集のひとつにお役立てください。

スポンサーリンク

外構駐車場コンクリート費用節約失敗後悔原因

一戸建て外構工事駐車場

新築一戸建ての際には、最後に出てくる課題となる外構工事。

この時に、つい知らずにやってしまうミスや費用選びについての失敗例などをご紹介しています。

節約ポイント1.土間

家から一歩出た瞬間から、土間からのルートは、舗装されていることが普段私たちが見ている建物の当たり前の景色。

しかし、この作業は、舗装を含めた1つ1つの作業に外構工事金額がかかっている。

そして、工事には、必ず単価という内容があるのです。

他にも残土処理費用、施工面積による割引率。

こうした細かな解説は現場で現調を行う時でも、エクステリア専門業者が行うなら、必要性やコストは否定も交渉もできない。

こんな風に考えてしまう方も多い。

しかし、自分たちが利用する立場として、見た目と転倒防止を比較したら、いろいろな節約について考えられることはある。

その典型例が、土間からの続きの周辺部分。

土のもともとの状態が水はけをふくめてどんな状態なのか?

採掘工事を必要な内容はどれだ?

仕上げまでに作る工期が短いのは?

こうした細かい部分をお客様目線で説明してくれる会社がいい会社。

ブロック1つ追加にも種類が多いため、説明次第により、選び方が変わる。

まずは土間からの続き部分を含めてどこからコンクリートで含める?

こんな視点を持って対応してみてください。

費用も差が大きい!

外構駐車場コンクリート費用見積り差

コンクリート費用が見積書を見ると、最も高いように見える。

しかし、これは、平米計算上において、以下のようなケースは仕方がない部分もある。

  • 土地に面する間口(道路に面する幅)が広い住宅。
  • 車の台数が1台ではなく、2台3台を要する。
  • 目地が細かい見た目の良いコンクリートを選ぶ。

諸経費を含めて地元の地域密着の会社で見積もりを取っても、かなりの大きく違いがある見積書の金額。

ホームセンターなどは一式をすべて外注。

こんなことをしない会社でも、見積額は大きく異なり、正確な金額はどこからどこまでが正解?

50万70万違うなんていうのは当たり前と言っても過言ではない。

これが、参考価格を照らし合わせることもできないから選ぶ事が難しい部分でもあるのです。

コンクリートで行いたいなら、まず目安値段は、自分たちの希望予算。

工事期間もどのくらいでお願いしたいのか?

この2つをとにかく見積りに右往左往する前に、しっかり口にできるようにしておくことが大切です

必ず数社見積もりを取ろう

外構駐車場コンクリート費用節約術

私たちが外構工事を考えていかなければいけない段階になった時の体験をご紹介。

ついついこれまでの流れも安心していると、ハウスメーカーや工務店側からの

「私たちが好意にしている外構業者であれば、紹介しますよ」

の声に安心していまいますよね。

しかし、やはりマージン(手数料)はあったようです。

実際、見積もり自体はそこまで高く無かったので、ついついひとつ返事をしそうになりました。

しかし、妻が、

「ちょっとイメージ的に何をしたいか考えます。」

と一旦保留にしたのです。

そのあと妻は、その見積もりと同じ内容ならいくらでできるのか、違う業者に聞きました。

すると、対抗価格というのもあると思いますが、30万円ほど安いプランが出てきたのです。

外構業者も必ず1社でスムーズに決めないこと

これが私が皆様にまず本日最初に注意して欲しいと思うこと。

次に、フェンスなどの外交工事における優先順位をご紹介していきましょう。

 

新築外構工事費用の優先順位

駐車場コンクリート節約のコツ

新築一戸建て外構工事を考える上で、限られた予算で考えていくなら、優先順位をしっかり決めていきましょう。

外構工事内訳の優先順位

内容によっては、車の故障や修理・メンテナンスにも直結する事もあります。

具体的には、以下のような心配要素があるからです。

  • 低い土地だった場合、少し斜めにするだけでも、水没被害が少し防げる
  • 砂利敷だけにしたが、砂利が後ろに飛び散る結果になった
  • カーポートを付けたかったのに見誤り、他の内容が再度検討し直しになった

客観的に見ると、当たり前に感じる事も多いと思います。

しかし、住んでみたからわかった事。

この視点が最初からある方が少ない。

でも、外構も整った状況で引渡しを受けたい

この思いから、着工している後悔失敗が、外構は特に多いのだと私は感じます。

ですから、どんなスペースにしたいのか?

この考えはあくまで中心を置くポイントを決めるにとどめる。

この考え方が非常に重要だとも思います。

では次にご紹介するのは、新築外構に人気の高い「コンクリート」。

「外構工事の費用って結構高いなぁ」

見積もりを見てこんな意見をお持ちの方も多いと思います。

そこで、具体的な節約術については、この記事の最後にご紹介していきます。

優先順位の低い対象

外構工事打ち合わせをしている時、ついつい

「どれも住宅ローンで返すから」

と時間をかけずにすぐに決めていく方も多いと聞きます。

その時、のちのちでもいいのに!なんで今決めるの?と思う事例をご紹介。

  • ポストや表札等は引渡し前程度で十分。
  • 砂利敷きも最低限にして、自分たちで巻くのも節約術。
  • フェンスなどは、「窓からの死角」が、見えなくなる可能性があるので、実際住んでから、欲しい高さを決定。
  • 植栽などは、自分が住んでみて邪魔に感じる可能性もあるので、住んでからでも良い

等の状況に応じた対応の方が欲しい商品を厳密化しやすい物を最初に決めてしまうのは、勿体ないのでやめましょう。

では、外構に優先しなければいけない「節約術」についてご紹介していきましょう。

 

外構費用節約とコンクリート工事の関係

一戸建て外構工事におけるパーキング作りの節約術についてご紹介。

早速1枚の外構工事イメージをご覧下さい。

新築外構駐車場コンクリート節約術

全体における芝の面積を少しでも入れておくことがポイント。

実は、コンクリートを使う量が多ければ多いほど、工事費用は高くなります。

ですから、上手に芝生の量を活用して節約

まずはこの意識をしておくことが大切です。

節約プランは将来を含める

コンクリート量を減らし、面積を少しでもコンパクトにする。

この不空をしておくことで、将来節約できる事があります。

コンクリート一面よりも以下の点が将来性でも節約になります。

1.経年劣化によるひび割れ等の防止策になる。

2.芝が入ることで、車の下からの熱放電が少なく、車に負担を与えない。

3.石が無い分、万が一コンクリートの上に車が収まらない時でも石が飛散する事も無い。

4.車が無い時、家へのコンクリートからの反射熱が少なくできる。

こうした事情は、住む前に、知識として持っていないと損することが多い。

住んでから、

  • 「暑い」
  • 「反射熱が気になる」
  • 「ひび割れのメンテが大変」

等と声をあげても必要な経費に変わってしまいます。

十分に自宅を守る上でも中長期化を目指す上でも、車を守る上でもスリットの芝生。採用していきましょう。

さらに、コンクリートの質を落としてまでも節約を優先したい方へ節約のコツは、スリットの数を増やす。

コンクリートの面積を減らすことで更に節約効果が出ます

ぜひ外構業者に相談する際は、この2つをお願いしながら相談してみて下さい。

新築一戸建ては費用が高いから良い物ではない!

何を必要として、何を不要とするのかを自分たちの生活に密着した中で見極める事が最も重要。

そして、価格にとらわれない、生活しやすい家つくりに必要な物を自分たちなりに見極める目を養う。

この考え方を大切にしながら、背伸びではなく、身の丈に合わせた暮らしやすい家つくりを目指して欲しいと思います。

外壁タイルやテラスを使いたい方へ

可能な限り費用を抑える。

しかし、メンテナンスコストを抑える事も大切。

よって、同じ見積もりの額でも使い方次第によっては、大きく満足度は異なる。

  • テラスやウッドデッキ
  • 門柱や門扉、ポストなどの設置
  • アプローチまわりの植栽やベランダの屋根。
  • 塀をレンガにしたり、フェンスを上に付けるべきか?

以上のような悩みがよくローンを組んで実践しておきたいと考える人が多い家のまわりの悩み。

このようにあくまでそれぞれのパーツで費用を積み上げれば、簡単に100万円単位になっていく。

でもよく考えるべきは、

「そこまでの価格帯を何年単位でメンテナンスしなければいけないのか?」

この発想から将来性の問題を意識するなら、ガーデン関係はまずは目隠し効果をきちんと考える事がポイント。

門やフェンスは別になくてもあっても家づくりとしては必要がないケースもある。

セキュリティ上の必要性があるタイプをまずは優先。

そして、その残りの予算で花壇などのパーツを選択。

出来上がりの状況を天候等の相性を約2年から3年見ていくと、敷地の中の水はけなどもわかってくる。

詳細をきちんと見極めるというのは、あくまで作ってからが問題。

これが、外構の本来の詳細を探す時に行っておくべきリサーチ方法。

 

私がオススメしている外構工事見積会社は↓

リフォーム比較プロで工事が安くなる!
外構工事比較オススメ会社

自分のリアルな生活を確認

ただ洗い出しのアプローチや壁を作っても目的が明確でなければ、その後の倒壊などの心配も続く。

雨の日や夜間に照明があった方が何かと便利。

このように多くの自分の日常の生活を確認しておく。

ただ玄関ポーチがあるだけで照明がの位置が悪いと、夜帰ってきた時には使いにくい。

外観としてだけでなく、どんな箇所に力を入れるべきなのか?

これが本来の費用を抑えるポイントとして意識していただきたいと思います。

実際に費用で悩んだ経験者の声を見ておくのも金額面で参考になりますよ。

新築の外構工事費用を住宅ローンに含めたことに悩む人のスレ(知恵袋)

このページを最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ