新築ウッドデッキ費用の意外な落とし穴!購入前注意点

スポンサーリンク

新築ウッドデッキ費用はどこが安い?

安いだけでは怖い落とし穴について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

新築一戸建て注文住宅を購入時ウッドデッキを採用検討している方も多い現代。

しかし、ウッドデッキは安いだけが全てではない怖さがあります

実際に新築にウッドデッキを使いたい方の悩みには以下のような相談も増えています。

・新築にウッドデッキを使いたいのですが、物干しスペースに使えますか?

・新築のウッドデッキで将来の劣化が気になりますが素材は何がいいですか?

・新築のウッドデッキの費用を節約するコツはありますか?

費用から、選び方、配置や使用法など実に様々な課題を持ちながら、ウッドデッキを選ぶ方も増えています。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション,一戸建て購入体験、現場経験を活かし各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私が実際に近所の方からウッドデッキについて、ご相談されたことをふくめてこの記事では、以下のような内容を触れています。

新築ウッドデッキ費用節約で最も大切な事

新築ウッドデッキ費用はどこで買うのが得なのか?

新築ウッドデッキ費用で注意しておくべき落とし穴

ウッドデッキは一歩間違えるとかなり生活しにくくなる可能性もあります。

ぜひ注意してじっくり検討してみてください。

スポンサーリンク

新築ウッドデッキ費用節約で最も大切な事

新築ウッドデッキ費用注意点

スポンサーリンク

新築ウッドデッキを費用で選ぶ際に最も注意して欲しいことをまずはご紹介していきます。

ウッドデッキ費用の最重要項目はメンテナンスだった!

新築に庭とウッドデッキを構えて子供と遊ぶスペースを作る。

家族の夢としては、一戸建てだからこそ叶えられる可能性もあるウッドデッキ。

しかし、ウッドデッキは正直まだまだ完成度の高い商品が多くはないのをご存知でしょうか?

  • 害虫駆除が必要になるリスク
  • 錆や朽ちる可能性がある素材
  • カビ等の発生も考えて置かなければいけない

こうした屋外に置いたままにしておくスベースだからこそ、付けてしまえば後は安全という言葉にはなりにくい場所。

そこで、メンテンナンスにかかる必要ってどのくらいかかるの?

こうした心配もあると思いますので、あわせてご紹介していきます。

 

ウッドデッキ費用と同等?修理費やメンテナンス費用をご紹介

新築ウッドデッキ修繕費

修理という言葉には、様々なランクがあると思います。

しかし、ウッドデッキ修理というのは、以下の内容が必要になります。

・塗装代。

・工賃。

・部材代。

・諸経費。

・消費税。

こうした項目をどんなに安くしても7万円以下というのは相当難しいと思います。

10万円以上を要する修理依頼も決して珍しくないのです。

何故か?

「一部のちょっとした修理なら、自分たちでDiyすればいい。」

この感覚が水周りの修理と違いあまり使わないスペースだからこそ生まれやすいウッドデッキ。

すると、「一部だと思っていた!」

という事態が進んでから修理を依頼する人の方が圧倒的に多いんです。

表面の修理だけだと思ったら、害虫駆除が必要になった

塗装を治せばいいと思ってたら一部が腐ってた

こうした内容も珍しくないので、素人の判断が非常に難しいパーツと言えます。

さらに、この費用は1回では終わりません。

新築ウッドデッキ費用はまだ買い換え前提商品が中心

いくら新築のウッドデッキを用意しても寿命があります。

近年の動きからもウッドデッキの寿命は平均で10年前後。

勿論、以下のような問題もあります。

・花粉やホコリ等の外気の条件

・犬猫等のペット等の影響

・近所の土地の状況(虫がつきやすい環境)

影響もかなりの差が生まれる重要な要素。

ですから、定期メンテナンスが欠かせないパーツとなります。

いわば、新築ウッドデッキではあっても使い捨て商品の代表的な存在。

この言葉が正しいのです。

ですから、新築ウッドデッキ費用を節約するというのは、何を節約するのか?が重要。

これが新築ウッドデッキ費用を決める際のポイントとなります。

こうしたポイントから、私がおすすめする購入法をご紹介していきます。

 

新築ウッドデッキ費用はどこで買うのが得なのか?

新築ウッドデッキを安く購入する方法と言うのは、根本的にメンテナンスが必要である事をご紹介した上で一番の節約になる購入法をご紹介していきます。

新築ウッドデッキ費用節約は保険対象にする事が重要

新築ウッドデッキは多少高くても新築一戸建て購入先の工務店やハウスメーカーで購入して下さい。

何故か?

単純ですが、地震保険や火災保険等に加入をする方が圧倒的に多い新築一戸建て購入。

その加入時に重要なのは、新築一戸建て購入後と購入時に対象が違う場合があること。

火災保険、地震保険を契約した後での外構工事などは保証対象外になる場合もあります。

各会社における特徴は、2015年10月以降に特に10年を最長更新期間とした時期からかなり変わったことも予想されます。

ぜひ、自分の新築一戸建てを購入時には必ず保険対象にしたいものは全て同時購入。

これがメンテナンスを必要として更に高い修理費用が必要な物を買うコツだと私は痛感しています。

では最後に、安いウッドデッキ本体を選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

 

新築ウッドデッキ費用で注意しておくべき落とし穴

新築ウッドデッキ費用が安い裏事情

ウッドデッキだけではなく、新築外構に関わる備品に共通する項目でもあるので、ぜひしっかり注意の中に入れてほしい内容を最後にご紹介していきます。

新築ウッドデッキ費用が安い商品の落とし穴1.〇〇調

ウッドデッキにおける外見を意識した安い商品を選ぶと、出てきやすい商品の中には、〇〇調という商品が数多く出てきます。

こうした商品は、先ほどご紹介した10年周期なんてとても持続できない程の消耗品。

特に、コーティング系商品で表と中はかなり違う素材になっている場合は、要注意!

上の画像は、シャッターの画像ですが、ウッドデッキもまさにこんな感じにはげあがる可能性があります。

ぜひ安いウッドデッキを見つけたら部材を調べるつもりで、チェックしていきましょう。

新築ウッドデッキ費用が安い商品の落とし穴2.撥水コーティングとの相性

新築ウッドデッキを安い商品から選ぶ際に注意して欲しい事の2つ目は、コーティング剤との相性。

使えるコーティング剤が少ない素材は特にメンテナンス費用がすぐ必要になる事もあります。

この場合のすぐとは、短いと1年程度、長期でも2年はもちません。

ですから、安い商品を選ぶ時には、必ずメンテナンス用の商品との相性をご紹介してもらい、簡単に自分たちで入手できるかも含めて検討して下さい。

新築ウッドデッキ安い典型商品人工木材も簡単に朽ちる

安い商品の典型といえば、人工木材。

ウッドデッキのメンテナンスを調べていくと簡単に出てきます。

しかも、修理する時は、一部の板を変えるとさらに修理パーツは丸分かりになります。

人工木材は安いですが、長い期間の家の見た目の外観にも関わる事が要注意。

ウッドデッキだからこそ家の外観と劣化を考えて選ぶようにしましょう。

以上が私がウッドデッキについて自分の周辺や現場時代に見てきたメンテンスでの光景。

新築買ったのに、2,3年に1回のメンテナンス費用に固定資産税のような金額。

こんな心配もどこかに心構えが必要なウッドデッキ費用。

あなたはどうしたいですか?

ぜひ多くの外構工事の中で優先順位を決める上での目安に活用して下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

新築外構については、以下のようなコンテンツもご紹介してます。

外構アプローチを安くする?費用によくある誤解リフォーム工務店とハウスメーカー比較3つの失敗注意点

新築外構工事はホームセンター?専門店?

新築外構デザインアプローチ門柱選び注意点

新築浄化槽費用大人5人用設置購入体験記

新築外構費用駐車場コンクリート節約のコツ

新築駐車場をDIY?

新築外構玄関アプローチは砂利?コンクリート?選び方

新築外構アプローチ防犯砂利の効果は?

新築外構をブログから情報収集する注意点

外構アプローチの洗い出しとは?

新築一戸建て購入注意点まとめ

新築外構オシャレと子育ての安全は反比例?

新築外構工事費用DIYは節約失敗?

新築外構工事車庫や物置も固定資産税に影響?

新築外構失敗と成功の決定的な違いまとめ

新築外構含めたランニング経費対策失敗後悔注意点まとめ

興味のある方は併せて参考にしてみて下さい。

実際にやりたいことはたくさんある!

おしゃれにもしたいし、キレイに外観を建物と統一感のあるデザインにもしたい。

でもこんな理想を叶えたら、本当に生活しやすい家になるのだろうか?

こんな事を悩み続けながらも、最後は見積もりや予算で戸惑う方も多いと思います。

そこで、

新築外構費用見積もり初心者でも簡単な値引き交渉術

この方法で私は実際に20万円以上の費用の差額を出すことが出来ました。

専門知識は全くいりません。

ポイントがわかれば、簡単に初心者でも値引き交渉が可能。

もう既に見積もりを取った方でも使えます。

少しでも安く済ませたいという方はあわせて御覧ください。

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ