火災保険新築一戸建て失敗後悔しない選び方|元保険営業の妻が納得した会社

新築一戸建て火災保険は必要なのか?

新築一戸建てに火災保険地震保険も付けておくべき?

はじめての体験になる新築一戸建て購入時の選択を迫られる火災保険という難題。

私もマンションを購入した最初の時には、加入の条件や補償対象の設定や相場、割引なんて全く無知の状態でした。

一括で払えば長期に支払いをするより割引がある。(現在は最長10年です)

台風や雪の天候変化があってもマンションで保険の利用をする人は少ない。

何かあった時の自宅を守る備えのための商品が保険。

住まいだけでなく、保険金が補償する被害対象には今は、さまざまなサービスが付くようになった。

家財道具や風災、落雷などによる雷災害、水害による被害。

地震にばかりどうしても確認の目が行きやすい現代。

しかし、災害だけでなく、保険対象の発生源は、プランによってはマイホームに関わる生活の困ったも全て関係する内容もある。

まるで、ホームアシスタント。

セコムの見直し関連の人も2018年以降は保険の基礎を知る事で、警備関連も複数の保険の比較をした中に充実のサポート管理が含まれる可能性は出てきた。

保険会社の中には、大きく宣伝を広げる会社から新しい会社も規模の程度を広げれば選べる内容は多い。

あいおいニッセイ同和損保

東京海上日動

三井住友海上

損保ジャパン日本興亜

ソニー損保

セゾン

富士火災

ただ単に見積書を眺めるだけでは、本当の意味で安くできたとは言えない。

年数、割引、その中に含まれる可能な限りの補償対象。

再構築することも可能だけど、保険料を支払わなければいけないのは年単位。

だったら、できるだけ良い制度を利用した方が良い。

時代の影響を受けながら、2016年以降に火災保険相場を考える方に是非知っておいていただきたい事をご紹介していきます。

「この記事を読むことできっとあなたの素朴な疑問や選んでおくべき保険の目安は絞られる。」

こんな意識をしながら、この記事をご紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

火災保険値上げに伴う相場の真相!

新築地震保険火災保険相場

まずは、火災保険相場2016をご紹介していきます。

火災保険は、2015年10月が切り替え時期として、契約条件が大幅に変更されました。

・35年一括精算の廃止

・10年単位、5年単位、1年単位の更新

この2つを大きな軸として、各社は火災保険の値上げラッシュ!

中には、

「火災保険見積もりが100万円だったから、水災を外したのに、83万円だった!」

こんな声が、普通に響き渡っていた2015年後半の保険相場。

2016年は10年更新が最長。

すると、2016年以降は、30坪台の木造建築、長期優良住宅でさえ、50万円台が35年すべての期間を考えておくべき相場目安

火災保険2019の相場に驚き!

地震保険を扱う各社は、価格.comのようなポータルサイトや注文住宅紹介会社等でもいろいろな火災保険の適用や特約の情報を開示している。

そして、2019年相場も公開されている。

保険期間1年、保証金額1000万円につき割引適用なしで後悔されている価格差は以下の票の通り。

まずはコンクリートや鉄骨構造建物

改定前 改定後 差額
岩手県、秋田県、山形県、栃木県
群馬県、富山県、石川県、福井県
長野県、滋賀県、鳥取県、島根県
岡山県、広島県、山口県、福岡県
佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県
6800円 7100円 300円プラス
福島県 7400円 8500円 1100円プラス
北海道、青森県、新潟県、岐阜県
京都府、兵庫県、奈良県
8100円 7800円 300円マイナス
宮城県、山梨県、香川県、大分県
宮崎県、沖縄県
9500円 10700円 1200円プラス
愛媛県 12000円 12000円 変更なし
大阪府 13200円 12600円 600円マイナス
茨城県 13500円 15500円 2000円プラス
徳島県、高知県 13500円 15500円 2000円プラス
埼玉県 15600円 17800円 2200円プラス
愛知県、三重県、和歌山県 17100円 14400円 2700円マイナス
千葉県、東京都、神奈川県、静岡県 22500円 25000円 2500円プラス

続いて、木造建築

改定前 改定後 差額
岩手県、秋田県、山形県、栃木県
群馬県、富山県、石川県、福井県
長野県、滋賀県、鳥取県、島根県
岡山県、広島県、山口県、福岡県
佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県
11400円 11600円 200円プラス
福島県 14900円 17000円 2100円プラス
北海道、青森県、新潟県、岐阜県
京都府、兵庫県、奈良県
15300円 13500円 1800円マイナス
宮城県、山梨県、香川県、大分県
宮崎県、沖縄県
18400円 19700円 1300円プラス
愛媛県 23800円 22400円 1400円マイナス
大阪府 23800円 22400円 1400円マイナス
茨城県 27900円 32000円 4100円プラス
徳島県、高知県 13500円 15500円 4600円プラス
埼玉県 27900円 32000円 4100円プラス
愛知県、三重県、和歌山県 28900円 24700円 4200円マイナス
千葉県、東京都、神奈川県、静岡県 36300円 38900円 2600円プラス

「この金額に一体何が含まれていなければいけないのか?」について、ご紹介してきます。

 

火災保険失敗寸前の相談が止まりません!

火災保険失敗後悔原因

「なぜこんな火災保険を選んでしまったのか?」

こんな思いになってほしくないからこそ、ご紹介したい事があります。

失敗直前だったと思える火災保険への誤解に多いのは、

・子供が家に居るからと何か変わる訳ではない!

・家の保険料は所詮みなおせば良い!

・最初の家計はきついからまずはいらない!

・新築一戸建ての最初は保証もあるから!

こうした未来ではなんとかなるという考え方に基づく相談が圧倒的に増えました。

しかし、この点は、大きな大誤算!

根拠は?

・子供が壊す等の日常行動にも火災保険や地震保険は使える。

・水災や落雷による事故は自然災害による影響を考慮するべき

こうした異常気象が当たり前になった現代の日本だからこそ、楽観視よりも備えあれば憂いなしの精神が大切なのです。

適用する特約をどう選ぶのか?

この選択方法1つでサポートを受けられる内容も異なる。

支払う価値を体感する可能性が低いものは確かに必要ない。

しかし、日常の生活に対してももちろんアシストが入るような条件が入った2018年に入り、価値観はかなり変わってきた。

 

住宅ローンセットは我が家を違う火事にした

火災保険相場2016住宅ローン併用はダメ

「住宅ローンと同時申し込みすれば手続きも簡単です」

あたかも何も知らない人を何の説明もなく気軽に話かける銀行窓口担当者。

私の妻は元保険のセールス担当者でした。

妻が全て行なってくれた火災保険手続き。

こんな最中私に降り注いだ誘い文句。

帰宅後、妻にこの話を振ると、火の粉がかかったように妻は大激怒。

「何にも知らない人には適当な説明するから、こっちが現場にいた時苦労されられたのは今も同じなんだね!」

私の中では、簡単に返済とまとめられるということの方がもちろんわかりやすくて良いと思ってしまったのです。

しかし、妻は返済の計画もオプションも生命保険の会社も一切何も見ない。

資料を見ることも無く、ゴミ箱に投げ入れられた。

現在で自分たちのプランとオプションを比較して見たら条件はハチャメチャであったのは妻に内緒。

しかし、銀行などではほとんどこうした事実を公開していません。

絶対に軽い言葉にのらないように注意して下さい。

火災保険も新築一戸建ての坪単価だけではなく、大切な選び方の基準になります。

火災保険の相場はいくら?という視点について値上げ後の注意点もご紹介しています。

新築火災保険はいくらの保険料相場体験談2015

火災保険はいくら?選び方と相場新築一戸建て元保険営業の妻が懸念した注意点

実際に、妻はかなり色々な会社の見積もり書を片手に悩んでいました。

火災保険+地震保険で我が家に笑顔が増えた

火災保険と地震保険セットだから救われた体験

「火災保険を選ぶ際に、地震保険をどうするか?」

この悩みは軽く見られがちですが、我が家はまさに地震保険対象で

救われた事が有ります。

それが、子供が壊した家財道具の破損による保険適応

新築一戸建て購入者の多くが小さなお子様を育てる子育て世代。

わざとではなくても家の中で起こる破損事故。

こうした事には、中途半端に子供を叱るストレスからも開放されます

家族みんなで安心した新築生活。

こんな響きを大切にするなら、ぜひ知っておいて欲しいのが地震保険。

あなたにもこんな心配はありませんか?

・子供が物を投げて壊す可能性

・親の中でも足グセが悪く何かを壊す可能性

・家財道具が落下して家族がけがをする可能性

全て日常の生活をしていれば誰でも当たり前に起こりえる出来事。

こうした時、賃貸とは全く違う豊かな生活を送る為に投資するのが火災保険ではカバーできない地震保険と確実に断言出来るのです。

 

火災保険選び方に多い誤解

火災保険選びと工務店ハウスメーカーの実態

「地震保険や火災保険を新築打合せの延長で持ちかけられる。」

こうした事も全く珍しい話ではありません。

しかし、ハウスメーカーや工務店は何のためにあなたに火災保険の提案をしているのか?という答えは、期待とは全く逆でした。

・私たちは提携先として紹介できる場所しか案内が出来ない

・他の会社の詳細や事情は全く知らない

・契約した人たちの契約条件等しか見たことがない

こうした背景で、火災保険の提案をしてるのです。

ですから、

「火災保険見積もりはハウスメーカーも工務店も流れ作業」

こんな言葉でしか伝えられないのが実態なのです。

私達の家計に直結する保険料は本当の意味で味方になる人と話をしたいですよね?

 

火災保険のプロは店舗に居ない?裏の実態

火災保険相談窓口の実態

私達が実際に窓口がある保険代行の会社に足を運んだ時、

実際に対応してくださった方に私達が調べて辿り着いた情報

を相談したことが有りました。

しかし、その時の反応は驚くべき状況だったのです。

「その情報は当社ではまだおりてきていませんね。」

この時の情報は、確実に値段が下がるキャンペーン的要素。

受付の日も合っていました。

でも、実態は知らない事跡して処理されて結果的に窓口に行く

時間とガソリン代のムダに終わった事も有ります。

「保険の代理店ならきっと!」

もうこの言葉すら現代では雲行きが怪しくなってきたのです。

 

火災保険+地震保険提案力のある人

火災保険+地震保険の選び方

新築一戸建てという夢を叶えた先にある我が家を守る保険。

選び方を託せる相談窓口はどこにあるのか?

私達がたどり着いたのは、非現実世界でした。

今の広告は、もう既に紙による情報収集は難しくなった火災保険。

しかし、必ず得をする情報を配信してる会社もその情報を入手する

会社も必ずあるのです。

しかしもう賃貸物件を得てまで出す価値は減りつつあります。

・人件費削減

・賃料削減

こうした条件をスムーズに出来るのがネット情報。

だからこそ、私たちは最後の頼みの綱を非現実世界であるネット上

のある会社に頼ることを決意しました。

 

新築一戸建て火災保険はリアル以外で相談

新築一戸建て火災保険申込方法

もうあなたが火災保険をリアルに求める事が難しい時代だからこそ、

私は、自分たちが満足できた結果に辿りつけたネット申込という方法

をご紹介していきます。

しかし、私はあえてあなたにこの言葉を伝えたいのです。

「火災保険はココで決めた方がいいとは言いません!」

根拠は、火災保険は地域差があることが前提だから。

私が済んでる地域の見積もりと確実に相場がぴったり一致するとは

思っていません。

しかし、大きな目安は確実に紹介できてるのは、我が家が平均的な大きさと特殊な建物ではないから。

あなたが人に聞くのも難しいという状況であることを前提にまずは、

資料請求を始める窓口を決めてみることをオススメしたいのです。

 

元保険営業の妻に満足と安心を与えた会社

新築一戸建て火災保険選び2016

元保険会社勤務の妻が自分の家を守る為の保険選びとなったら、

確実に安さと質で選ぶことにこだわった1ヶ月。

その相談をしたのは、元会社の同僚でも無く、ネット上の会社でした。

そして、話し合いの中で妻がしっかり自分の納得できる内容にたどり

付けた会社だけ私はご紹介していこうと思います。

誘導ボタン

実際に妻がこの会社の担当者と話をしたのはたったの3回

知識のある人同士が話したら話がまとまるのが早いのではありません。

妻の意向や考え方がしっかり相手に伝わり、意向に合う提案がしっかり届いたという結果の現れだと妻は言っています。

満足できると考えるに足りる情報量と質問への回答。

この答えがしっかり貰えた事に対して妻は安心と信頼を持ち契約に辿り着くことが出来たのです。

 

私のサイトだからこそ出来るあなたへの特典をご紹介

火災保険相場見積もり特典

私のサイトを通じて一括見積もりを依頼された方への特典をご紹介していきます。

それは、私の妻の知識をあなたの見積もりから見極める機会を提供するというサービス

もうこれで、あなたがはじめての新築一戸建てでも火災保険に

失敗するリスクはほぼ無くなったのと同じです。

私のこの特典を受け取るには、

・申込日時(何月何日何時頃)

・建物の坪面積

・火災保険を選ぶ際に欲しい条件や希望金額

以上の3つをサイトのコメント欄からお寄せ下さい。

この事実確認ができたらすぐにご相談対応致します。

「あなたにも満足した新築一戸建てを体験して欲しい」

私の情報が1人でも多くの方に救いの手に繋がることを願っています。

誘導ボタン 新築一戸建て火災保険見積もり一括会社

どこかで私は、自分の一戸建てを建てる時、地震保険とか火災保険の重要性を軽視していた。

家を建てるタイミングや住む年齢が若い時であれば、どこか自分たちの中で何とかなると思ってしまう事も多い。

日常生活でいきなり災害の為と言われて、耐震やら震災なんて言われても、つい軽視して、危険が迫る為の備えなんて意識できない。

しかし、集中豪雨やゲリラ豪雨、数十年に1度。

こんな文字を毎年日常生活で見てしまうとつい、今度はどちらのエリアですか?

こんなその場にいる方には不謹慎な発言と思いながらも危険と補償を確認するために書類を探す人が増える。

自動車も損害保険を用意することや保険加入ははいっていて当たり前になった。

まさに家も同じだっと思う。

選べる事もそう。

基本的にローンの支払いがあるのに、また更に満期までの期間を払う必要性が出る出費という考え方なら、当然判断には迷うことも多い。

まして、初めての住宅購入ならなおさら。

ローン控除や保険控除等の制度もあるが、暮らしを継続する上で災害が会った時に分かるだけで、これまで通りの変わりない暮らしの中で分かることやもらえるものはない。

それでも、結局何かがあったら状況は変わり、水害一つでもハザードマップの危険エリアに入っていたら?

こんな環境的な条件も現在は地方自治体が地域に限らず公開している。

悩んでいるなら、組む方がやっぱり不安を抱えるリスクは減る。

こんな考え方から、少しでも限られた予算の中で上手に会社選びを進めてみてください。

火災保険一括見積もりサイト比較の注意点もご紹介しています。

火災保険一括見積もりサイト探し

火災保険一括見積もり|元営業が納得!おすすめ依頼サイト体験記

まだいろいろ住宅の会社選びをしているという方へ。

ハウスメーカーからの資料請求に興味がある方に対する内容もご紹介しています。

新築一戸建て資料請求比較|web

新築一戸建て資料請求ハウスメーカー対応失敗後悔注意点

我が家がキッチン収納を考えていく時、火災保険との関係を意識した内容も紹介しています。

一条工務店キッチン評判ハウスメーカー

一条工務店キッチンと火災保険評判i-smart3年目画像付ブログ

居室を問わない共通のインテリアグッズとしてゴミ箱の配置はもう決まっていますか?

新築キッチンゴミ箱置き場失敗後悔原因や注意点画像付WEB内覧会

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

 

このページの先頭へ