新築マンション値引き交渉は危険?購入体験記

スポンサーリンク

新築マンション費用相場より安い?賢い購入術をご紹介しています。

新築マンション値引き交渉について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

新築マンション費用相場を意識してるなかでついつい頭をよぎるのが、値引き交渉という文字。

新築マンションは値引き交渉出来るの?

新築マンションは値引きのタイミングがある?

新築マンションが値引きをする理由とは?

このような売り切れを狙うマンションの経緯を含めて、体験を使ってご紹介していきます。

新築購入のタイミングについてもご紹介しています。

新築一戸建て住宅購入タイミング 人の流れ

一戸建て購入時期(タイミング)に多い誤解や失敗注意点|現場経験者が解説

このほかにも、住宅購入を年齢的に迷ってる方には、新築購入年齢適齢期はいつ?体験記にてご紹介してます。

契約をしたいマンションなら、どんどん証拠金も提示してしまいましょう。

証拠金とは?という方には、新築マンション頭金はいくら?にてご紹介していますので、お役立て下さい。

マンションについての購入注意点は、新築マンション購入注意点まとめ体験記にてご紹介してます。

火災保険の相場という視点についてもご紹介しています。

火災保険選び方と相場新築一戸建て元保険営業の妻が懸念した注意点

火災保険保険料見直しを兼ねる上で、もう一度保険会社も見なおそうか?

「一戸建て購入時の火災保険加入を選ぶけど比較する方法が解らない」

こうした不安や疑問をお持ちであるなら、知っておくべき事があります。

火災保険の6大リスクを考えるコツ

この点を含めて、おすすめの比較方法をご紹介しています。

火災保険6大リスクを紹介したおすすめの選び方

にて、今回私達が選んだ火災保険に最も大切なリスクの選び方をご紹介していますのであわせて参考にしてみてください。

総合的に火災保険比較するなら、個人で調べるより、第三者機関を使う方法がおすすめです。

火災保険見積り比較おすすめの申し込み方法

にて、自分の選ぶべき6大リスクという最も大切な項目やおすすめの申込方法をご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

火災保険の相場は値上がりを続けています。

火災保険相場はいくら?値上げ後見直しの注意点

こちらは、各地域の値上げの状況をご紹介しています。

新築火災保険については、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

新築火災保険のいつからの悩みと答えまとめ

新築火災保険相場一戸建て失敗後悔しない選び方

新築火災保険選び方注意点まとめ

新築火災保険に地震保険は必要?新築木造一戸建て購入体験記

新築火災保険見直し相談窓口選び方は要注意!

新築火災保険を住宅ローンとセットは損!体験記

新築火災保険値上げ2015年はいつから?保険料比較目安体験記

新築火災保険見積もり相場体験記新築一戸建て30坪地震保険家財付

あなたのもし疑問に思うことがあれば、元保険営業の妻の知恵をかりて紹介していますので、じっくりご覧ください。

火災保険を見積もり依頼という行動を起こす時の注意点もご紹介しています。

新築火災保険相場と選び方

火災保険新築一戸建て失敗後悔しない選び方|元保険営業の妻が納得した会社

私のサイトは、新築一戸建て,マンション両方の購入体験を活かし、新築購入後の失敗後悔対策,住宅ローン審査対策を各記事でご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築マンション値引き交渉については、私が新築マンションを購入時、営業から聞いた話を元に以下の内容でご紹介していきます。

新築マンション値引き交渉は口コミなどの大半が嘘?

新築マンション値引き交渉は無いが実質値引はある?

新築マンション値引き交渉不要で安く買うコツ

新築マンションを費用相場より安く買うという結論に至る為に必要な情報として、じっくりご覧ください。

新築マンション値引き交渉は口コミは嘘

新築マンション値引き交渉

新築マンションの値引き交渉という言葉を知恵袋やネット上の口コミでみている人も多い現代。

しかし、改めて体験をしてから口コミを見てみると不思議な光景が多い事に気が付きます。

新築マンション値引き交渉の口コミが嘘と思えた根拠

「新築マンションの申込後に、値引き交渉をして見る価値はあると思います。」

こんな口コミもよく見ますよね?

しかし、こんなことはほぼ無い事が当然と言えます。

何故か?

・新築マンションにおける値引決定権は、営業には無い。

・新築マンションの値引き交渉成立後もローンが通らなければ意味がない!

➢新築マンションは値引き前提ではなく購入可能者を探すのが前提の状態。

つまり、値引きを交渉してくる人に、その都度真面目に付き合っても、意味がない。

結果的に表示価格で買ってくれる人が現れれば、交渉前提者を候補から排除すればいい。

このように、結論付くのが、新築マンションの需要と供給バランスとなっているのです。

ですから、交渉出来る可能性は、などという口コミをまともに信じると恥をかくのはあなたです。

十分注意しておきましょう。

では口コミなどを問わずとして、値引き交渉というのは、密かには存在するのか?という点をご紹介していきます。

 

新築マンション値引き交渉はない

新築マンション値引交渉の可能性

実際に、私が購入した時には、実質的には値引きと同じ価値がある内容が提示された事を覚えています。

新築マンション値引き交渉とは違う実質値引き1.内装

実際に、購入価格が下がるのは、値引き。

購入のタイミングにより、こんな自由設計になることがあります。

・壁紙を選択が可能になる。

・和室と洋室を選択可能。

このような些細ではありますが、グレードを上げるという選択を可能としてくれる物件が中にはあります。

このとき、選択をする事で物件価格が変わらないというのが、嬉しいポイント。

しかし、どの物件にも適応する条件ではない事が注意点。

実際に、このような物件に巡り会えた時は、しっかり壁紙のランクなどを含めてじっくり検討する事をオススメします。

値引き交渉とは違う実質値引き2.契約お祝い金

契約における物件価格は変更不可。

しかし、期間限定の契約者特典として、10万円を進呈するという企画を実施する物件も中には存在します。

このような物件の特徴は、新築一戸建てにもあります。

新築分譲,建売見学会すらお得にする方法にてご紹介してますので、興味がある方はお役立て下さい。

全国どこにでも、必ずこうした仲介をしてる会社がありますので、実質値引きと同様のサービスを受けるという選択は十分可能です。

では続いて、問答無用で、市場で公開される時、一番安く買うコツをご紹介していきます。

 

新築マンション値引き交渉不要

新築マンションを値引交渉不要で安く買うコツ

とにかく少しでも安く買う方法を知りたい!という方に1つだけ方法をご紹介していきます。

値引き交渉不要で安く買うなら、タイミングが重要!

安く買うために最も重要なのは、建設中の情報をとにかく早く入手するという事。

何故か?

・建築予定という段階での価格問い合せと言うのは、内装変更の機会をもらえるチャンスもある!

・最上階の売れる状況による採算調整がされる前が最も価格が安く評価してる事が多い。

➢問い合わせの数の状況により、平均より高めに設定し広告をうつこともあるのが不動産市場。

つまり、市場の動きが不明瞭な状況の方が、価格は下がって提示される可能性があるのです。

もちろん、逆の意味で大幅に上がるようなことはありません。

分譲物件は、スピード勝負。

完成前に完売してこそ、価値の提供が証明されやすいのです。

ですから、早い段階で、情報収集をすることが、安く買うチャンスと言えるのです。

値引交渉不要で安く買うなら、来店前提

分譲マンションの場合、第一次分譲、第二次分譲などの文字が出てる物件も多いです。

しかし、それぞれの案内対象は売らないという事にはなっていないのです。

私が購入する際、まだ見学会も予定という段階から狙っていた物件の管理会社に問い合わせをしました。

すぐに、営業が対応をしてくれて、全体図や価格を提示してくれました。

まだまだ広告も出ていない状況でしたが、売り手はしっかり案内をしてくれました。

こうしたタイミングでは、まだ部屋が完成していないからこそ、少しオリジナルを採用してもらう事も簡単に交渉次第で実践してくれます。

新築マンションを値引交渉不要で安く買うなら、完成前。

証拠金を提示するというのは、購入前提者である証。

だからこそ、交渉という場所を得る権利を有した状況となります。

しかし、完成後にいくらこうした証拠金を渡しても、他の方より頭一つ出ただけのこと。

あなたが住宅ローン審査に落ちた時用に、予備の候補も勿論用意している。

ですから、早めの行動力程、安く買うチャンスがあるのです。

値引き交渉などという面倒事に挑戦をするくらいなら、少しでも正確に購入条件を引き出しやすいタイミングを知ることの方が現実的。

少しでもお得に購入したいなら、売れ残りの期待は避けておくことをオススメします。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

中古マンションなら?

中には、決算の時期を気にしながら物件を選びたいと思っている人もいる。

しかし、中古の市場は今は高騰化している時期である。

市場的にも買い替えという人も実際に2018年には数多く存在する。

2017年、2018年と着実に増えている市場にリフォームやリノベーションという響きも強まっている。

実際にモデルルームでも新規の案内とは別に資産としてどう残すべきかという投資の関連にも案内をしている会社も多く存在する。

もちろん、中古には、購入した先でのデメリットもある。

しかし、家をまず先に手に入れたいと思う人の中で、エリアの坪単価と価格が問題。

このような課題を持つ人は、関東圏(東京、千葉、埼玉、神奈川の一都三県)や関西圏(大阪、京都、滋賀)には多い。

出来れば交通の便が悪い所を避けたいといった考え方を持つ人なら、今ある在庫の中で上手に売主を探して、値引き交渉をしたいと思っても不思議はない。

このような流れは、もう竣工などの時期も関係ない。

需要と供給がどの程度なのかにより、上手くいくケースもないわけではない。

しかし、売却がいくらで買い取りがされているのか?

この市場の時期により、当然売り手の営業マンも何でも売ればメリットになる訳ではない。

あくまで最近の傾向として、住宅ローン審さんい落ちる人が増えている。

だからこそ、住みたい人が多い分、値下げを無理して行う理由もないというのが、業者のよく言っている話。

結果的には、2月から3月、9月から10月には戸数を問わず、市場の中で企業が転勤予定の従業員に応じて購入をする時間になる。

これが、エリアを問わない不動産市場の売買の大きな利益を生み出す時期と言われている。

このような時には多少高値の登録をしても、買い手が現れる。

それまで待てば高く売れるのを分かっているのに、あえて値を下げる事を考える物件は少ない。

さらに、時価の変動が少ないエリアは将来性を見込み、高くなることも考えられる。

結果的に、もう棟数の問題よりも市場価値の調査に基づく査定額。

この考え方のほうがきちんと大きく利益を生み出し、ローンも通る人達から申し込みを受けやすい。

このようにやっていることが市場としても一般的になってきた。

特に東京23区内は、好調な場所はいつも最終分譲という響きがすぐに埋まるほどの人気もある。

それだけ欲しい人がいる。

いくら集まりにくいエリアで売るのが難しいと思う場所も売却しようとする人が多いからといても値が下がりにくいのは、この企業の動きを待っているから。

首都圏以外の土地を持たない人にとっては、金額を少しでも抑えるためにできるだけ安い商品を探す人も多い。

しかし、この時の質問に多いのが、主に賃貸の今の金額に近い支払い額で諸費用を含めて返済可能な物件。

このような探し方をしている人は、負担の幅がかなり限定されている。

よって、そういう商品は、土地や中古戸建を含めてプロからすればいろいろな幅広い商品を展開させることもできる。

無理に住宅ローン審査後の管理費や修繕積立費の支払い能力までチェックするはずもない。

思っている以上に大手の業界も無理をしなくなった。

思っていた想定とは違う。

このように話す人も多いはず。

もう昔の様な最大幅で割引をしていたような方針を続けている会社はかなり少ない。

書籍などで紹介されている実査期も徐々に詳細を見ると、情報が5年以上前という事も普通に出てくる。

金利の動きや消費税増税。

このようなはっきりした動きがあると絶対動き出す人がいる。

立地、規模。

ある程度、賃貸と持ち家をどちらが良いのかを将来を含めて考えている人は狙い撃ちされている。

200万円程度の頭金があれば、いろいろな物件を探すことはできてしまう。

だからこそ、現地では、相談も増える事を見越し、本当に細かなデータに基づき、現在の値段で売れる時期を待つ。

これが社内側の立場になった考え方。

それぞれの立場になって、お互いが満足できる手続きに進むなら、一方の値引きという意見よりもきちんと正規の価格でも本当に欲しいと思う人に入ってほしい。

これが今の時点では実現できなくても半年先になれば可能かもしれない。

この時期を待つという意見が値引きが容易ではない最大の原因と言える。

一戸建て分譲住宅のメリットデメリットについてもご紹介しています。

分譲一戸建てデメリット

分譲や建売住宅メリットデメリットまとめ

興味がある方はお役立てください。

住宅ローンで払えない人が急増している!

住宅ローン払えない時に売るという選択もメリットデメリットがあります。

住宅ローン払えないから売る時のメリットデメリット注意点

あからさまな予算オーバーで交渉しようとしている人の掲示板

マンション購入の予算オーバーで行く価値(掲示板)

あと2年で半額になるなんて書き込みある時代!情報収集には十分注意してください。

あと2年で半額になるって本当?

最後までページをお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ