新築火災保険はいつからの悩みと答え体験記まとめ

スポンサーリンク

新築の間取りや外構の打ち合わせもほぼ終わった。

今後は、基礎工事や上棟等楽しみにして待つだけ。

あとは、引っ越しの業者の見積もり等で終わりかな!

新築購入は、人生に何度も経験があることではない。

しかし、だからこそ、1回きりの時に、知らないで放っておくと取り返しのつかない事もある。

「新築の火災保険はいつから加入するのか?」

この点については、ネット上の質問などでも多くの方が誤解しているケースが目立ちます。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、注意点を含めてご紹介しています。

元新築一戸建てやリフォーム等の住宅関連企業勤務経験があること。

新築マンション購入経験者であること。

新築一戸建てのハウスメーカーでの契約を解約した経験を持つこと。

新築一戸建てのハウスメーカーでの違いを体験したこと。

新築に必要な火災保険、地震保険等も元保険営業の妻の知恵をかりて満足できた経験。

新築間取りで、専業主婦の妻から「良かった」と言ってもらえた経験。

購入時、インターネット,引っ越し、挨拶周り、新築祝いのお返しなどを経験。

新築購入後のアフターフォローや修繕、追加工事等の依頼経験。

住宅ローン借り換えに2年目で成功。

このような経緯を持ち、元業界関係者という視点を含めて、購入体験ブログとは全く違う視点からも各記事をご紹介しています。

差糸管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、新築火災保険はいつから?と言う悩みについて、以下の項目でご紹介しています。

新築火災保険はいつから?の答え1.加入時期

新築火災保険はいつから?の答え2.必要書類

新築火災保険はいつから?の答え3.支払時期

新築火災保険はいつから?の答え4.控除手続

1つ1つが抜け落ちてしまうと、また後々の手続も面倒で大変な作業。

少しでも予備知識を持ち、スムーズに引越し後の生活が出来るようにするための情報として御覧ください。

スポンサーリンク

新築火災保険はいつから?の答え1.加入時期

新築火災保険はいつから

スポンサーリンク

新築購入前の契約手続きの時のようなドキドキ感もワクワク感もないですが、自分の家を守るという意味での慎重な決断が迫られるのが、火災保険。

そして、意外とこの火災保険は、決めるのはいつからいつまで?という悩みに対して、タイトなスケジュールを求めてくるのです。

新築火災保険はいつから打合せを入れる?

いろいろな火災保険のホームページを見ても、まずは見積もりからみたいなページが多いネット上の情報。

実際に、いつから?という時期を伝えてるページが非常に少ないため、今回は我が家の打合せの流れからご紹介していきたいと思います。

我が家はハウスメーカーでの打合せ。

工務店は、多少の違いがあるかもしれませんが、1つの可能性としてご紹介していきます。

私達の場合は、住宅ローン審査の銀行選びが最初の案内でした。

つまり、まだ住宅ローンの審査も受けていない状況だったのです。

なぜこんなに早くに決める必要があるのか?

火災保険加入というのは、意外とただ申込をするだけでなく、さまざまな決める項目が存在するのです。

具体的には以下のような項目も選択の1つとなります。

  • 地震保険や家財等の保険の加入の有無、対象設定。
  • 水害、災害などに対する保証の対象や金額の差。
  • 盗難、水漏れや家人の行為による保証対象範囲。

ひとくちで、火災保険と言っても、中身は、家の間取りを決めた後の壁紙や照明、コンセントを決めるなどと同じ様に、選ばなければいけない項目が数多くあるのです。

でもこんな新築の間取り等の打合せ段階で、火災保険の申込に必要な書類などは間に合う?

この問題についてご紹介していきます。

 

新築火災保険はいつから?の答え2.必要書類

新築火災保険いつから?必要書類

新築火災保険もまずは見積もりが必要になる。

そして、対象が住宅であるからこそ、どんな家なのか?

この対象に対する書類は必要になります。

そして、その必要書類は何かを含めて、準備するタイミングをご紹介していきます。

新築火災保険見積もりに必要な書類

新築火災保険に必要な書類というのは、以下のようなものがあります。

建築確認申請書

➢住宅の建物を建てる又は増改築などを行なう際に、建物の基準が建築基準法や条例等に違反していない事を確認されている事を証明してくれる書類。

この手続きが完了しなければ、建物が建てられない程重要な書類。

住宅性能評価書

➢登録住宅性能評価機関が作成する書類。

設計図に基づき作成した住宅の性能評価書を意味します。

配置図、仕様書・各階平面図など非常に多岐にわたる書面となります。

こうした書類は自分では用意が出来ません。

ですから、間取りだけでなく、設備の決定等が終わった段階で、工務店やハウスメーカーは制作をしてくれるようになります。

この書類が発行可能な状態になると、火災保険の手続きの準備も整いました。

このように会社側が教えてくれることが多いです。

もし全く何も答えが無かった場合は、しっかり住宅ローンの銀行選びの段階になったら、一度確認しておくことが大切になります。

 

新築火災保険はいつから?の答え3.支払時期

新築火災保険いつから?支払い時期

新築の火災保険の支払いはいつから始まるの?

最大10年間が契約の上限期間に変わってしまった火災保険。

しかし、10年分の支払いを一括で支払う方の場合、支払時期も心配をしておくべき1つ。

実際に我が家が振込決済をした体験をご紹介していきます。

新築火災保険の支払いは住む前?引越し後?

火災保険は、本来引き渡し後初日から、適用をされる事が一般的。

ですから、支払いをするのは、契約が始まる月までという会社もあります。

しかし、当然ながら、住宅ローン支払いも始まる時期ですよね?

ですから、我が家は、火災保険料は、引き渡しの前の月で支払いを完了サせておきました。

私達の契約は、35年の一括が出来る頃だったので、1年後、5年後、10年後等の計画を必要としない分、金額は大きいですが、一回で終わるなら、早い方が後から必要になる費用を考えると安心。

こんな考え方で、火災保険プランが決まったら、すぐに支払うようにしました。

 

 新築火災保険はいつから?の答え4.控除手続

新築火災保険いつから?控除申告

新築火災保険を選ぶ、決める、払う。

この段階が終わったら、次に訪れるのは、年末調整や確定申告などの控除手続。

この段階については、新築火災保険方法|年末調整と確定申告各体験記にてご紹介しています。

新築火災保険のいつから?についてご紹介したかった内容は以上となります。

他にも、新築火災保険については、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

新築火災保険相場一戸建て失敗後悔しない選び方

新築火災保険選び方注意点まとめ

新築火災保険に地震保険は必要?新築木造一戸建て購入体験記

新築火災保険の家財対象とは?必要性で見極めるコツ

新築火災保険見直し相談窓口選び方は要注意!

新築火災保険を住宅ローンとセットは損!体験記

新築火災保険相場選び方値上げ後の比較注意点2017

新築火災保険値上げ2015年はいつから?保険料比較目安体験記

新築火災保険見積もり相場体験記新築一戸建て30坪地震保険家財付

新築火災保険にもいろいろな知っておくべき情報がありますので、じっくり自分たちの家の環境や土地の特徴、自然災害の可能性など幅広い情報を考えて検討してみてください。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後までページをご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

325人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ