新築一戸建てインターネット光回線選び方体験記

スポンサーリンク

新築一戸建てで快適な光インターネット+テレビ生活を手に入れるためのプロバイダ選びを体験からご紹介しています。

新築一戸建てネット回線プロバイダ

新築一戸建て引渡しを前にした時、ふとこんな事を思い出してください。

テレビで地デジを見れる環境は用意できてるのか?

新築一戸建てに住むなら、インターネットでWifi接続して接続料金を節約しなきゃ。

家族で少しでも子供がテレビ番組を楽しめる環境を用意する。

こうした悩みを考えずに、各エリアの対応状況。

戸建ての電話の使用方法や対応の範囲。

申し込みから開通までの期間。

wifiを使う時不足を感じた際の無線lan設置。

もし別の会社になると同じ端末を使えるのか?

最近は、wimaxなどのモバイルルーターのみのサービスを利用する家庭もある。

家以外に出かけた時に簡単に同じサービスを自分のスマホなどでも利用可能なこともメリットはある。

賃貸とは条件が違うため、早めのエリア対応などのサービス提供の確認が必要になる。

電話回線を引く必要がある家の詳細をどのようにしてもらえるのかを含めて検討が必要。

住んでからどうしよう!と悩む方やテレビが見れると思ってたという方もまだまだ少なくないのです。

では、新築購入者が後々楽になる環境を整理していきましょう。

新築一戸建てインターネット回線のポイント

新築一戸建てインターネット回線

「せっかく新築一戸建てを買ったんだから、インターネット回線も快適に使いたい!」

こんなごく当たり前の希望を満たすためには、選ぶべき5つのポイントがあります。

それが、以下のようなポイント。

・テレビアンテナ工事を不要でテレビが見られるネット回線。

・ネット回線は安定した接続が出来る事が最優先!

・ネット回線は光回線を選ばないと損!

・ネット回線は将来子供達を含めて家族全員が同時に使用する事も視野に入れておく。

・ネット回線は出来るだけ安定した供給元を選び契約する。

この5つの項目を最優先にしておく必要があります。

何故か?

実際に、新築一戸建てでインターネット回線を新しく開通する場合でも、契約期間の縛りがあります。

この点について、多くの方が誤解している事をご紹介していきます。

 

新築一戸建てインターネット回線選びの誤解

新築一戸建てインターネット回線選びの失敗後悔原因

新築一戸建てインターネット回線選びに失敗後悔する人達に多い誤解をご紹介していきます。

実際に、多くの方が新築一戸建ての打ち合わせから引き渡し準備、引っ越しの段取りなど目まぐるしい中でインターネット回線を契約しなければいけない状況に立たされます。

そうなると、ついつい考えてしまうのが、

  • 開通した後に繋がりにくいため違約金を払ってでも解約すればいい!
  • 新築一戸建てなんだからずっと住むし、更新月まで待てばいつでも変えられる!
  • どうせどこの会社も似たような料金だろうし、量販店で決めれば早い!

実際に、こんな声を私たちがよく行く家電量販店のカウンターでもよく耳にします。

しかし、案内してくれる人は、簡単に「そうですね。」と相槌をする始末。

でも、実際に、違約金を知ると、「こんな高かったの?だったらもっと慎重に調べればよかった!」

ネット回線は、知らぬが損が当たり前の世界なんです。

きちんと、最初の料金プランを見るだけでなく、解約条件を目にして、最低契約期間と解除料などの説明をもらえる前に月額の差だけで業者を選んではいけない。

回線の安いプランとつながる度合い

特に戸建ての場合に、月額割などの魅力以外の顕著な差が出るのが電波。

確実に差が出るのが、木造と鉄骨系を比較する時の自宅の中でのwi-fiの繋がりやすさ。

これは、モバイル端末が自宅に増えた事からもやはり同時に電波を利用する環境が増えたことも影響している。

業者としてもnuroなど新しくエリア対応した会社の場合は、1ヶ月程度お試しをしてから乗り換えの検討をしてから自分の家でも使えると思うかどうかを時間もいろいろなケースで試す必要がある。

ただ口コミが良いというだけで使うのは危険。

実際に自分の家の中絵使ったら遅いせいで動画が想像以上に止まる。

現在の賃貸の物件では問題がなかったのに、他の家に住んだらその状況は変わった。

このようなことは他の会社でも普通に起こる可能性がある。

あくまで徹底的に比較をしなければいけないのは、まずは回線不足が解決するかを建て方との相性を実証して調べてから。

それまでは初期の費用が安いとか通信速度の数字だけでスマートに決定できるような状況ではないのです。

 

新築インターネット回線地域限定プラン

新築一戸建てインターネット回線選びの注意点

実際に私達が体験した事を含めて、各地域の限定プランの恐ろしさをご紹介していきます。

私達が体験したのは、地元の住民なら知るインターネット回線契約の会社でした。

しかし、実際にふたを開けると、驚きの事実がありました。

  • 新築一戸建て地方限定の会社は本当につながりにくい事が多い!
  • 新築一戸建て地方の会社をお勧めできるのはマンションである!
  • 新築一戸建てインターネット回線だからこそお勧めできないのがよく知る人の多くの見解

こんな事実を後々知らされました。

なぜ地方限定は悪いのか?

それは、回線速度の安定供給をしたくても、回線事態のキャパやサーバー量は圧倒的に少ないままで運営しているから

回線速度は大して割引も無いのに、設備投資にはほとんど投資がされていないのが現実。

よって、年数がたつにつれてどんどん繋がりにくくなる。

これが、新築一戸建てという高さも低い住宅だからこそ、よけいに影響を受けるリスクとなるのです。

2018.2019と次の回戦に注目

3G,4G,2020年までには5Gと通信の回線速度はさらに高い数字になっていく。

サービスの料金は比例して高いではなく、電気料金など家庭にかかる他のサービスとセットでバリューパックのような選択も多くなっていく。

高速と安定が気になる人へ高額なそれぞれの会社の特典なども増えた。

これからの選択は正直今から一定の会社でずっとという時代ではないのかもしれない。

ある程度の設定の違いが最初にやってくれたら、その後の設定は場所を問わず調整だけで乗り換えが可能なのも以前とは違う魅力。

以前のように大手のひとつのタイプにこだわり判断をしなければいけないという事はない。

データの共有や他の設備との併用なら実質的に安くなりやすくなるケースなど自分たちの生活で得を感じるプランを探す必要がある。

例えば、gmoとくとくbbとフレッツを比べるなら、まずは両社とも1ヶ月お試しをしてから考えるのも方法論ということになります。

 

新築一戸建てインターネット回線誤算続き

新築一戸建てインターネットプロバイダ選び方不満体験記
実際に、新築一戸建てインターネット回線を契約する際には、サーバーを含めて大きな会社が得な根拠があります。

それは、自分たちの住む一戸建て周辺に電波障害となりやすい建物が建つ将来の未知数への対策となるから。

何が言いたいのかというと、

実際に、接続環境を作り出すのは、サーバーや基地局も問題ですが、大本のサービスの供給量がすべてなのです。

結果、NTT光がすべてという回答をせざるを得ないのが今の日本の地域問わず、言い切れる状況となっているのです。

「せっかく家族全員がドコモ、au,ソフトバンクなんだから、光回線もそっちの方がお得なはず!」

こんな餌まき手法にとらわれる前に、配信サービスの大本と契約する。

この重要性をしっかり認識していただきたいと思います。

根拠はまだあります。

 

新築一戸建てインターネット回線コラボ商品

新築失敗

実際に、スマホ契約会社を選んだ先にたどった末路をご紹介していきます。

最初の2年間は最大割引。

こんなフレーズをよくスマホを扱う携帯ショップで見かけます。

しかし、よく見てみると、すべてが3年契約前提!

さらに、コラボなので解約する時には、プロバイダーのみの変更はできない!

これが最大の落とし穴になってしまう事も大変多いのです。

では続いて、インターネット回線契約手続き変更に我が家が本当に精神的に病んだ実話をご紹介していきます。

 

新築一戸建てインターネット回線変更

新築一戸建てインターネット回線失敗後悔具体例

小さなお子様や受験生というお子様がいらっしゃる方が新築一戸建て購入者の大半。

その他となると建て替えなどにおける新築一戸建て購入者。

この生活環境で最も困るのが、先ほどのコラボ解約から新規工事を行うという落とし穴。

完全にこの期間については、昔のADSLのころと同様に使えなくなるリスクも高くなるのです。

すると、

  • 毎日パソコンを使った作業をする人たちにとっては大きな損益。
  • Wifiによる接続が使えない事によるパケット制限の発生
  • 新築住まい後何度も回線工事の出入りがある苦痛

こうした日常生活から、人の出入りまで、多くのストレスを抱え続けなければいけなくなります。

NTTとの契約によるステップ割引を利用してるのと大して変わらないのに背負う事になる苦労。

たった数百円の違いが生み出す巨大な損益。

あなたは耐えられますか?

私達は正直こうした体験も後々にプロバイダ契約時にはしてしまったので、ぜひあなただけにはプロバイダを含めてしっかり長期計画に置き換えて会社選びをしてほしいと思います。

では最後に、私が実際に実家の光回線利用に切り替えた際に利用したおすすめの選び方の方法を具体的にご紹介していきます。

 

新築一戸建てインターネット光回線選び方

新築一戸建てインターネット回線会社選びのコツ

正直、私の実家の両親は全くインターネットを使えません。

ですが、近年のスマホの普及やネット通販のお得さを知って我が家も長いADSLの時代を終えて、光回線に切り替えました。

その時、やはりスマホの契約とセットにする事がいろいろメリットがあることが多かったのです。

そこで、スマホ関連の各社及び、オプション加入の不要な会社のみを私はご紹介をしています。

au光

softbank光

楽天ひかり

ここからは、プロバイダをある程度決めている方向けの光回線プラン!

@nifty

OCN

キャッシュバックは、オプション加入があって面倒!

こんな悩みを持つ方には、@nifty、楽天コミュニケーションズ光がオプション不要という条件になっています。

iSmartひかり

法人やSOHOで利用したい。

こんな希望のある方は、以下のような会社があります。

あなたは、何を基準にひかり回線を選びますか?

私たちは、やはりフレッツ光の方が、ひかりTVも見れて子育てに非常に便利だったので、フレッツ光にしました。

私は住宅ローン体験、カーテン、カーテンレール体験、外構工事体験、様々な内容をご紹介していますが、本当に多くの方から感謝を頂いております。

リピーター率40%以上実績証拠画像

私のサイトへは、44%もの方がリピーターの皆様のアクセスとなっております。

そして、

コメントで相談が来る実績

このように、何度も訪れた方から情報の安心と信頼からご相談を頂く事も多いのです。

ですから、

ぜひこのインターネット回線についても安心してください。

私のこのサイト内の情報はさびれた情報ではなく常に更新を繰り返し、最新を心がけています。

2016年の最も注目すべきは、ismartひかり。

この根拠は、我が家の実家が切り替えたというわかりやすさが論より証拠となります。

ぜひあなたの新築一戸建ても使いやすい光回線環境であり、安い、さらに安定している。

こうしたサービスを選ぶ事をお勧めします。

ぜひ、あなたの満足を満たす第一歩としてお役立てください。

インターネット回線時の契約の住所変更などの見落としは大丈夫?

新築引っ越しの準備についての見落とし注意もご紹介しています。

新築一戸建て引越し準備入居前チェックリスト

新築一戸建て引っ越し準備入居前チェックリストと想定注意点体験記

注文住宅での回線契約をする時の工事の予定もきちんと事前の確認が大切だというスレもご覧ください。

注文住宅ネット回線工事はどこに依頼?(e戸建て)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ