スポンサーリンク

新築外構失敗と成功

スポンサーリンク
新築外構の失敗後悔。 新築外構が成功。 この2つの表現は、同じように自分たちの予算で作り上げた外周スペースである事は変わらない。 しかし、決定的に違いを生み出している。 「では、実際に何を気をつければ、失敗後悔をせず、成功につなげる事ができるのか?」 こうした課題に直面している方も多い現代。

  • マイホームセンター。
  • ハウスメーカーや工務店の紹介会社。
  • 地元の造園業者。
  • 外構デザイン専門会社。

現代の選択肢はいくつもあるからこそ、何を信じて良いのかすら見失っている方も多いんです。 そこで、私がこれまでにご紹介してきた新築外構についての失敗後悔原因を一気にご紹介していきます。 外構の失敗後悔について、検索などを通じてこのページにご訪問いただきありがとうございます。 1つ1つの記事に、新築の外構で失敗後悔を生み出す要素が含まれています。 そして、初心者でも成功を勝ち取るための選択すべき流れもあります。 紹介している内容は以下の項目となります。 外構費用の失敗後悔原因 外構工事はいつ開始? 外構デザインで門柱やアプローチを選ぶ失敗後悔注意点 外構ブログを見る時の注意点 外構をDIYで挑戦し挫折した末路! 防犯砂利は効果があるのか? 外構の駐車場コンクリート費用節約術 外構の目隠しフェンス選び失敗後悔注意点 外構カーポートは固定資産税に影響する? 外構駐車場照明選び方失敗後悔注意点 外構ポスト選び失敗後悔注意点 外構100万円で何が出来る?優先順位の選び方 外構費用節約の為のおすすめの価格交渉法 外構ブログから見抜く失敗原因や注意点 順にご紹介してますので、あなたの悩みがあるかを含めてお役立てください。

スポンサーリンク

新築外構失敗後悔原因と費用

新築外構費用失敗原因 一戸建て間取り同様、見積もりを行い、自分たちがデザイン等を納得して選んだはずなのに失敗。 こんな結末を迎える費用のかけ方とは何か? まずは、外構費用の失敗後悔原因を触れていきます。

外構費用失敗後悔原因1視野不足

外構費用を失敗後悔する最大の原因は、視野。 簡単に言えば、以下の外構工事費用予測プラン。 子育て世代なら何か足りませんか?

  • 駐車場工
  • フェンス等の工事
  • 物置
  • アプローチ工事
  • 門柱

このように作り込みをしていく中で足りない事が見えてくる事が重要。 家の条件等によりもちろん必要とする内容は異なります。 しかし、上の条件から決定的に足りないのは、照明や駐輪場と言った子育て世代なら、絶対的に将来必要とするパーツがありません。 外構工事費用を失敗後悔するのは、この予算をかけるなら、もっと分散してこうしておくべきだった! この声に変わるプランニングが原因となるのです。 新築照明の失敗をリフォーム相談を受けていた現場時代の問い合わせが多かった内容からご案内しています。 新築照明失敗 新築照明失敗原因3つの特徴と後悔しないプランニングのコツや注意点現場に多い相談体験記

外構費用失敗後悔原因2.現場リサーチ不足

住宅ローンに合算した外構工事費用の捻出。 こんな計画をしている方も土地購入からの人の中には多いはず。 しかし、この費用計画も失敗後悔が多い。 何故か? 外構を実際に見てない状況で、住宅ローンが通るなら、予算をかけよう。 このような曖昧な計画を進めている方も決して少なくありません。

  • 土地の特徴
  • 視線の感じる角度や見え方
  • 通行人に助けを求める時の想定は?
  • 緊急時に誰かが入ってきたい時の通路確保は?

全てが未知な状況で、デザインにこだわった外構に成功の可能性は限りなく低いのです。 家は、見せ物ではありません。 外構とは、より帰宅や出発への効率化を目指し、安全に家人が生活出来る環境を作るために必要な工事。 この視点を全く意識しないままの知らない土地への費用投資。 こうした考え方がもたらす失敗後悔は、長い住宅ローンが苦痛になる要因にもなりかねないのです。

外構費用失敗後悔原因3.セキュリティを勘違い!

外構デザイン会社等に世話になると、格段に費用は高くなります。

  • かっこいい
  • かわいい
  • 綺麗
  • モダン
  • シンプル

こんな言葉で、カタログで外構工事のサンプルを探していませんか? 「そんな家作って本当にセキュリティ大丈夫なんですか?」 防犯意識が高まる現代の日本で、一軒家は、隠す事が全て安心要素という勘違いも多いです。 防犯と万が一の救済要請。 この2つがしっかり出来るからこそ、外構工事費用は成功に繋がります。

  • 窃盗されるリスクが有る外構工事ポスト。
  • フェンスと家の間に入られたら隠れる場所が多数の外周工事。
  • 防犯砂利を敷いて機能しなかった防音性の高い家。
  • 植栽をして、目隠しをしたら、外の様子がわからない。

こうした誤解が含まれたままの費用には、失敗しか未来がありません。 ぜひ工事費用は、何に投資をするべきか? この考え方を選び方の中で注意して考えてみてください。 新築外構費用相場の裏事情 塀1つでも以下のような考え方が大切。

  • どこまでの範囲(広さ)を対象とするのか?
  • 何段積むと植物が隠れてしまうのか?(日当たりのリスク)
  • 塀の転倒や倒壊防止を使用したほうがよいのか?(防災対策)
  • メンテナンスや交換を行う必要があるのか?
  • 雑草などの手入れは周辺はやりやすいのか?

芝生を庭に植えたいと考えるようなケースなら、なおさら使い勝手を相談する必要があります。 人気やランキングにとらわれすぎて時間の経過した後の使い方や植えた植物への影響を忘れる。 こうしたさなかに道路との接地面に雑草も生える。 おい茂る前に少しでも周囲の顔となる部分はきちんとしておきたい。 だったら建築だけでなく、周りの水はけを含めて、木なのかタイルなのかもきちんと確認が必要になります。 全国どこでもとても簡単でシンプルな事ほど忘れてしまう。 逆に大きなプランの提案があると1つでも多くの内容を採用したくなる。 こうした時、一旦客観的な目で見ておくことが大切です。 でないと、とても面倒な手入れを自分たちで将来もずっと行うようになってしまう可能性もあるのです。 以上の注意点を兼ねてるからこそ、私が伝えておきたい最初の失敗対策は、工事のタイミングについて。 新築照明の30坪台の室内の見積もり価格についても体験をご紹介しています。 新築照明費用に多い失敗後悔原因 新築照明費用はいくら?見積もり額が高い時の節約ポイント体験記 次の項目でご紹介していきます。

新築外構工事はいつ頃から開始?

新築外構工事はいつ? 工事のタイミングはいつ? こんな悩みもはじめての注文住宅購入では悩みのたね。 まずは、下請けなどハウスメーカーや工務店の紹介から契約したケースを見ていきましょう。

外構工事のタイミングはいつ?下請け、紹介編

実際に、紹介等を受けた場合は、内装工事が一段落して、外の部材が一式撤去されてから。 ですから、工事完了後3日ほど経過してはじめて、業者が登場するということが多いです。 外構工事の人が今日から工事始めますと言う連絡をするよりも、営業から、 「外構工事が今日から始まります。」 こんな電話がかかってくる方が多いですね。 外構工事のタイミングはいつ?自分で依頼した外部会社編 外部の会社の場合は、自分たちが工事の着工状況を含めて営業に確認をします。 「いつから外構工事を始められるのか?」 外部の依頼先の会社に連絡します。 工事のタイミングは、大して変わりません。

電気のコンセントなどの工事は?

この問題も初めての家づくりの場合は口コミなどを参考にしている人もいますが、1つ安い料金で抑えるためのポイントをご紹介していきます。

  • コンセントは必ず事前の建物につけるタイプの方が安い。
  • 外構としてお願いするのはあくまでそのコンセントを利用したプラン。

配線工事関連はできるだけ外構工事専門会社ではなく、建物と同時に施工してもらう。 この状態の方ができればかなりいろいろな自分たちのテコ入れもしやすい状態になります。 虫対策や掃除作業用のコンセント。 小さい何かを設置したい作業。 こうしたdiy間隔の作業に余裕のあるプランを考えてみてください。 では続いて、外構デザインについて、失敗後悔についてご紹介していきます。

新築外構デザイン門柱やアプローチ

新築外構デザイン 外構におけるデザインは、見た目や費用を含めてどうしていくか?

外構デザインはサンプルだけで決めると失敗後悔する?

外構は当然デザインを意識して見た目も綺麗に雰囲気良くしたいのは当たり前。 しかし、よく見る画像やCAD確認が全て納得と成功につながるかといえば違う。 デザインにおいて、何に注意すべきなのか?という点については、 新築外構デザインや門柱、アプローチの失敗後悔注意点 にて、ご案内していますので、興味がある方はお役立てください。 では続いて、外構をブログで確認する時の注意点をご紹介していきます。 外構ブログ閲覧注意点 新築外構ブログ確認注意点 外構をブログを見ながら、実際の仕上がりを見ている方も決して少なくない現代。 しかし、一歩間違えると、ブログと言うのは、大きな失敗後悔を生み出すきっかけになる事をご存知でしょうか? 最も注意していただきたい3つをご紹介していきます。

外構ブログ確認時の失敗後悔注意点1費用

費用を確認して目安の金額でできた仕上がりを見たい! こうした目的におけるブログのチェックはほぼ失敗します。 何故か? 最初の項目でご案内したように、相場というのは、地域差も有ります。 さらに、以下のような内容も変わってきます。

  • 人件費相場の変動
  • 部材仕入れ価格の高騰化
  • 廃盤になった安く手に入った素材の有無
  • 当時の相場と今の相場の変動時期

たったコレだけの内容でも外構費用は、10万から30万円程度は変わってくることが予想されるのです。 だからこそ、安易にブログで外構費用を見たら、こんなデザインが出来ると書いてあった! こんな言葉を価格交渉舞台に持っていくのは、生き恥同然。 失敗後悔につながるリスクが高まりますので、注意が必要です。

外構ブログ確認時の失敗後悔注意点2プラン詳細

土地の状況が違うと、同じプランも出来る出来ないが大きく異なります。 具体的に例を出すなら、以下のような内容。

  • 土地が固めの土台と柔らかめの土台
  • もともとの傾斜の有無
  • 敷地面積における割引率

同じくらいの土地であったとしても、要する部材も工程も全く異なってしまうのが上記の条件。 このような詳しい情報を素人が書くブログで表記されているはずもありません。 ですから、費用をプランとして比較してブログで確認するのも、失敗後悔の原因になるのです。 料理のレシピとは全く違う外構という同じ見え方における材料の違い。 こんな意識から確認しておくことをおすすめしたいのです。

外構ブログ確認時の失敗後悔注意点3相性

デザインサンプルにブログの外構プランを使おうとしてる方も多いです。 「ファッション紙からこんな感じと同じ雰囲気の服を探している。」 こんな状況ですね。 しかし、単純に考えて頂きたいのですが、以下のような状況は違います。

  • 日当たり
  • 建物との距離感
  • その環境を使う人の体型や身長等の細かな条件

万が一、全く同じデザインが可能であったとしても、その仕上がりを実際の生活で使った際の成功とは限らない。 当然、失敗はありえる。 この感覚を失い見た目の好みに合わせたプランをブログという曖昧な情報で探し出すのは非常に難易度が高いのです。 では続いて、こうした事を想定している方の場合に、とりあえずと言う考え方をしている方の末路をご紹介していきます。

DIY

新築外構費用節約にdiyや自分でやることをオススメしない根拠 外構費用を節約したい! こんな目的の先に、DIYという選択をした私の知人がいました。 確かに彼は、器用でけっこう何でもdiyで作っているような人でした。 しかし、外構となると話は自分のイメージを覆す事象があったのです。 新築外構費用節約にdiyを選択して最悪の事態を恐れた実話 にてご紹介していますので、安易なdiy検討を止めたい奥様はぜひ説得材料にも活用してください。 もう一つDIYに関する記事を新築外構diyが節約にならない?にてご紹介してます。 ぜひ両方を比較しながら、検討してみてください。 では続いて、外構に多い砂利とコンクリートの選び方について失敗後悔注意点をご紹介していきます。 外構防犯砂利

新築外構アプローチコンクリート砂利比較

状況というのは、芝、砂利、コンクリートなど実に様々な選択が可能な時代になりました。 しかし、この選択肢に、防犯意識を向ける方も少なくありません。 そして、行き着くのが防犯砂利という選択肢。 では、実際に防犯砂利効果をどう検討して砂利等を選べば良いのか?については、 新築外構に防犯砂利効果は無し?実体験 にて、節約の仕方を含めてご紹介してますので、興味がある方はお役立てください。 では続いて、駐車場という一戸建てには必須の課題についてご紹介していきます。

駐車場コンクリート費用

外構 駐車場 注意点 旦那さんの最も楽しみにしているパーツの一つとなっているかもしれないのが、駐車場。 ・駐車場は、ガレージ風にかっこよくしたい! ・駐車場は、コンクリートをこんな色にして見た目を飾りたい! まるで、展示場に取り憑かれたような発想をしている駐車場計画をしている方も私の周りだけでも珍しくありません。 しかし、こんな発想ハッキリ言って無駄の塊が大半であり、むしろ余分な費用から失敗後悔を感じる原因にすらつながるのが実態。 では実際に、どうやって駐車場を考えるべきか? コンクリートと砂利はどう判断するべきか? 費用の節約に頭を抱える方が多いのが、駐車場。 この駐車場の悩みについても、ご紹介しています。 新築外構駐車場を安くコンクリート代節約術 外構駐車場を安く!コンクリート費用節約術新築のコツ では続いて、駐車場周辺の見た目を飾るパーツとして、フェンスの選び方についてご紹介していきます。

目隠しフェンス

外構 フェンス 劣化 課題の1つにフェンスという選択肢があります。

フェンスに使われている素材リスト一覧
  • 鋳物
  • 金物
  • 樹脂
  • 木製
  • 竹垣
  • つる植物
  • 半透明素材
  • 樹脂ラティス

このように和風、洋風、西洋風、南欧風なんて言葉が一戸建て市場に流れ込んできた事もあり、フェンスの選択肢もかなり増えています。 しかし、選択肢が増える事は、ある意味理想に近づきますが、精査する目も養う必要がある難しい時代にもなっています。 このような選択の中でも特に注目が集まってる素材や選び方については、 新築外構フェンスの目隠し効果選び方成功と失敗後悔注意点 外構目隠しフェンス価格に多い誤解や注意点と成功のコツ にてご紹介してますので、お役立てください。 では続いて、カーポートという大掛かりになるような駐車場計画をしていく中での注意点をご紹介していきます。

カーポート

新築カーポート固定資産税 カーポート、サイクルポートという屋根のある外構パーツも注目を集めています。

  • 子供の自転車置き場は屋根付きが良いと思う
  • 車上荒らしが心配な地域だし、カーポートの方が安心
  • カーポートで太陽光発電も兼ねた計画をしたい!

様々な理想や思惑がある中ですすめる自分の家の駐車場外構工事。 しかし、固定資産税が必要なカーポートがあることをご存知でしょうか? 新築駐車場カーポート選び方と固定資産税対象の確認方法 にてご紹介してますので、全く意識していなかった方は、チェックしておくことを強くおすすめします。 では続いて、駐車場の照明について、ご紹介していきます。

駐車場照明

新築駐車場照明の必要性 外構工事の中でも意外に見落としやすい失敗後悔が照明器具選び。 外構用照明は、なかなか一戸建て購入前の生活の中では、選ぶような機会も無いことが大半。 しかも、人の出入りを考えるだけなら、玄関の軒下照明があれば十分という考え方をしている方も少なくありません。 我が家は子育て世代であることやアプローチ兼駐車場だったことから、確実に付けておく事を選択。 そして、今の生活に非常に便利で役立つ事を実感しています。 新築外構駐車場照明選び方や失敗後悔注意点【実例画像付】

ポスト

新築一戸建てポストおすすめの選び方 一戸建て購入時には、ポストは当然必要になります。 しかし、外構工事を見ていると、ついつい門柱に設置されてるおしゃれなポストに注目している方も多い現代。 この選択が、悲惨な悲劇の失敗後悔原因になるリスクを考えてる方はほとんどいませんが。 実際に私の身近な人が、ポスト選びに失敗した事例を含めて、 一条工務店外構|新築郵便受けポストおすすめの場所や無い時対処法 にてご紹介してますので、今の想定不足が無いかを含めてご確認ください。 では続いて、より具体的に外構予算として、100万円を投資するなら何をすべきか? この優先順位について、ご紹介していきます。

新築外構費用100万円の予算計画

新築外構100万円 外構費用を100万円で仕上げたい。 この具体的な予算を検討してる方のために、実際に出来ることの候補の中で優先して頂きたい内容ベスト3をご紹介していきます。

外構費用100万円プラン優先順位3位.境界線

外構工事費用における100万円プランを考える際に最も重要なのが、隣との境界線。 フェンスを前提とする必要は全くありません。 しかし、ブロック塀をしっかり一定の位置に固定しておくことは非常に重要。 何故か? 単純に一戸建てに生活をしていて当たり前の生活に訪れるのは、雨の日。 その時、以下のような想定をしておくことが失敗後悔の対策になるのです。

  • 土が外へ流れていかない。
  • 隣の土地からのゴミ等も巻き込まれない。
  • 道端のゴミ等を含めてしっかり家の敷地内を守る。

突風などのある日は、当然ゴミ以外にも、枝や枯れ葉等が舞い込むことも当然有ります。 さらに、隣の家が植栽などをした際には、簡単に茂みが自分の自宅に向かって伸びてくる事もあります。 こうした時、自分たちの土地にも関わらず、あるきにくい家の外周を作ることは外構工事失敗の原因になります。 ですから、まずは外構工事で予算をくむなら、外からの生活を不便にされる要因を排除しておく。 この視点を優先してください。

外構費用100万円プラン優先順位2位.駐車場

2位に考えるのが、駐車場であることにも根拠があります。 以下の内容を想定して頂きたいのです。

  • 家の外観を見る際に、駐車場を含めた景観は非常にインパクトを変える要因になる。
  • 家の出入り口の飾りとしても役立つ駐車場がほしい。
  • 駐車場は、よく車の出入りがあるから、劣化に強くしたい。

このような見解から、最後の劣化についてご紹介していきたいですね。 劣化をするのは仕方ないですね。 しかし、劣化を防ぐコツは存在します。 それが先程の駐車場のコンクリート費用節約術に記載しています。 こうした素材選びと見え方の優先順位を間違えてほしくないのです。 駐車場を間違えれば、劣化してからの後処理が大変になります。 固定資産税、維持費、将来の計画等をふくめてもコストが高い部分であり、消耗頻度も高いからこそ、地面への配慮は徹底していきましょう。

外構費用100万円プラン優先順位1位.ポストや照明

毎日使うパーツの中で、生活に密着して困るのは、以下の内容。

  • 破損
  • 故障
  • 修繕

この3つが最も心配されるのが、ポストや照明器具。

屋外用照明器具を中途半端な素材にすれば、雨風による劣化も有ります。 暗い中のアプローチを歩くことにも繋がります。 ⇛家の敷地内での事故を含めるリスクが高まります。

こんな家に、豪華なフェンスを取り付けた家の価値は?

  • 通販が当たり前になった時代に、中途半端なサイズにしか対応していないポスト。
  • 誰からも受取口が丸見えになるセキュリティへの配慮。
  • 安物のポストのせいで、荷物の出し入れに苦労する雨の日のロスタイム。

こうした内容は、私生活の毎日に大きく関わるストレスであり、失敗後悔の原因に直結します。 生活の中で使う頻度が高い物から、しっかり良いものを選ぶ。 これが、予算100万円の外構費用を正しく成功につなげる選び方であると私は自分の家を含めて実感しました。 素敵なフェンスと思っても、住んでみたら、必要な高さも配置も価値観が簡単に変ります。 商品の数も内容も増えました。 だからこそ、外構費用を節約するという正しい目線を必要としてると思います。 少しでも優先順位を決める際の失敗後悔対策に活用してください。 では最後に、外構費用を節約する上で、見積もりをとるオススメの方法をご紹介していきます。

新築外構費用の節約ポイント

新築一戸建て外構見積もり成功失敗後悔 失敗後悔しないポイントをこれまでご紹介してきました。 その上で、私が実際に見積もりを出す際に検討したオススメの方法をご紹介していきます。 新築外構見積もりのコツや値引き交渉術をご紹介しています。 新築外構費用見積もり方法を業界経験者が値引き交渉術と合わせて伝授 私はこの見積もり方法で打ち合わせの初期の費用の1/3のコストで満足ができました。 こちらの方法で実際に私は、30万円という値引きに成功しました。 上記リンクでは、よくある価格交渉に多い誤解や恥をかかないための正しい節約交渉のポイントをご紹介してます。 少しでも相手に素人感を出さない交渉術を知り、いいお客であり、サービスをしてもらいやすい交渉術として実戦にお役立てください。 外構工事の業者の選び方についてもご紹介しています。 一条工務店外構価格を他の業者で半額以下交渉成功!i-smart体験記 この記事でご紹介したかった内容は以上となります。 最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。 新築外構の他にも、新築間取り失敗後悔注意点各部屋のまとめでは、各居室についての記事をご紹介しています。 興味がある方はお役立てください。 新築外構ブログ 新築外構ブログ失敗注意は費用 新築外構をブログからデザインや費用等の実例を探している方も多いです。 しかし、実際にブログから情報を収集していても自分の状況とは違った! このような失敗をする原因や注意点も実在します。 新築外構ブログで見抜く失敗原因や注意点でご紹介しています。 最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク