新築外構費用見積もり値引き交渉法

スポンサーリンク

新築一戸建て外構見積もり成功失敗後悔

スポンサーリンク

新築外構工事費用見積もりをとって、かなり驚かれている方も多い。

私があなたの外構見積もりの悩みを最初から丁寧にこのページで解説していきます。

このページでの流れは

新築一戸建て外構工事費用見積もり失敗パターン

新築一戸建て外構工事費用見積もり依頼注意点

新築一戸建て外構工事費用見積もり値引き交渉

新築一戸建て外構工事費用見積もり実践法

以上の4項目に沿って解説していきます。

2020年に私がオススメしたいのは、この会社。

img5

外構工事を安く済ませる会社

なぜこの会社なのか?

理由を含めてじっくり読んでみてください。

スポンサーリンク

新築外構費用見積もり失敗パターン

新築一戸建て外構工事見積もり失敗後悔原因

新築外構の見積もりにおける失敗後悔の多い行動を厳選してご紹介していきます。

比較無し

そろそろ打ち合わせの流れから疲労もピーク。

すると、

・どうせ住宅ローンで返す範囲。

・デザインが良ければ。

・金額はよくわからないしお世話になる不動産会社のおすすめなら任せてみよう。

このような決断をしてしまう方が多いのです。

実物をすべて確認するのも大変ですから、気持ちは解ります。

しかし、せめて2社以上で見積もりを行う事が重要

なぜか?

家の駐車場をカーポートにするほうが良いという会社もあれば、コンクリートの方が良いという会社もある。

これだけの違いが同じエクステリアサービスを行う会社でも異なるからです。

長期目線と資格的価値

見た目にカッコいいから検討したい!

新築外構工事見積もりフェンスや植栽等体験記

フェンスや目隠し関連を探す時には、思っていた通りのプランを探す人は多い。

しかし、実際の生活には、何も意味がない内容を雰囲気と外観だけで選んでいるケースも多い。

・使いにくいアプローチになりませんか?

・実生活では役に立たない配置になっていませんか?

・別のことに投資をしなければいけなかった事を後から発見するところだった!

こうした内容から、失敗後悔に繋がることはよくあります。

この点の比較のポイントもこのあとにご紹介していきます。

経年を意識しない依頼

外構で特に必要な決める要素の1つが、メンテナンス経費。

  • コンクリートが割れにくい配置のコツ
  • 雑草など除草処理を最小限にする工夫
  • 経年劣化の再工事の必要が少ない材質選び

こうした材料比較なども外構の見積もりには非常に重要。

この点も含めての見積もり依頼方法も解説していきます。

以上の3点は新築一戸建て外構見積もりの上でも大切なこと。

最重要項目とも言えますので、是非軽視せず、しっかり交渉の材料に入れていきましょう。

では、新築一戸建て外構の見積もりを行う際の注意点を解説していきます。

 

新築外構費用見積もり注意点

新築一戸建て外構工事見積もり注意点

外構工事見積もり依頼時に注意すべきポイントを解説していきます。

予算を先に伝える

この行動は、正解か、失敗後悔か?

正解です。

根拠は?

任せるという依頼には、「上限なし」とも言っているのと同じ世界なのです。

新築外構費用節約交渉術

こんな重機を必要とするような工事なら、最初から頼みたくなかった!

なんてことも普通に起こる可能性があるのが任せるという言葉の最大のリスク。

ですから、

最初に予算を伝えるのは・・と考えるのではなく、「○○万円で収めるプランをお願いします」と伝えましょう。

相手のプランをまず出してもらう

この行動は、正解か、失敗後悔か?

正解です。

根拠は?

私が新築一戸建て会社の選び方でも紹介していますが、

「自分たちの意向をどれだけ少ない数で、相手は自分たちの土地や最低限の様子から生活しやすい空間作りを提案してくれるか?」

新築外構見積もりプランの出し方

外構工事依頼先の会社を決める上では非常に重要な会社を見極めるポイントになるからです。

  • 利益重視の会社
  • メンテナンスコストを取りやすい工事を好む会社
  • お客の生活を重視する会社
  • 見た目や最新設備を好む会社
  • 光の演出を好む会社
  • 植栽等を好む会社

本当に様々な観点を持ちながら、外構会社は無数に存在します。

最も重要なのは、

あなたの生活に欠かせない見えていなかった情報を見積に反映してくれる会社。

まずは相手に任せながら、プランニング要素をしっかり細かく見ていきましょう。

要望を細かく伝える

この行動は正解か、失敗後悔か?

失敗後悔のリスクが高いです。

根拠は?

あなたの土地の状況により、

  • 補強
  • 補正
  • 材質との相性

外構工事には、こうしたプロの目が必要になります。

その内容を解らないあなたが必死に自分のプランを作り上げてしまうと、結果的には、

「あなたのプラン通りにした工事です。私たちは言われた通り実行しただけです。」

結果的には、

  • 使いにくい
  • ブロックなどがすぐ浮き上がってしまった
  • 植栽は手入れが手間だった。
  • フェンスなどは数年で錆びてしまった

 まずは、最適なプランを提示してもらう。

ある意味デザインを絞り込むのは失敗後悔対策に必要である事を強くお伝えしていきたいと思います。

ではこの流れをおこなった上での価格交渉に重要となる値引き交渉術の方法をご紹介していきます。

 

新築外構費用見積もり値引き術

新築一戸建て外構工事交渉術

新築一戸建て外構工事における見積り値引き交渉術に有効なフレーズをご紹介していきます。

○○の工事費を比較してみたんです

材料費についての交渉よりも大切な交渉フレーズは、工賃や準備品に対する経費を比較すること

あくまでも、利益の乗せ方は会社により異なります。

しかし、

人件費や準備するための経費に上乗せが多い場合はしっかり値引き交渉して突っ込んでいきます。

お金がかからないように安い人件費でアルバイトに施工を頼む。

こんな会社を選ばないようにすることも大事。

処分費用

外構工事見積りにおける値引きで注目すべきは、

  • 廃材処分費
  • 運搬費

等の経費的材料になる部分。

こちらは、多少の上乗せを行い、利益を出している事が多いんです。

2社3社と比較を重ね、同じ面積に対し、こうした該当金額に差がある場合はねらい目。

ぜひ積極的にここは値引き交渉に持っていきましょう。

端数

外構工事料金の最終段階まで詰まった時、最後の端数も勝負の一つ。

しかし、例えば596,900円という金額があったとします。

この場合の端数は、6,900円を意味します。

・この金額を50万にしてください。

・この金額を55万にしてください。

内容にもよりますが、大半は、

「それは無理です」

とはっきり言われると思います。

ココは「じゃあやめます」といっても効果が無いので、しっかり交渉の割合を理解しておきましょう。

では最後に、あなたが新築一戸建て外構工事を少しでも節約できるための方法をご紹介していきます。

 

新築外構費用見積もりおすすめ

新築一戸建て外構工事見積もり成功法

最後にご紹介していく新築一戸建て外構工事最安値を引き出す方法は、実際私が使った方法です。

この結果、私は外構工事を30万円安くすることに成功しました。

なぜここまで値引き交渉が進んだのか?

ココが重要。

私が新築一戸建て外構工事最安値を引き出した交渉術実例

その要因は、

複数の会社からまずは見積もりをもらう

中から自分たちの理想の金額を提示する。

その金額内で可能な範囲の最初のプランをいくつか出してもらう

プランニングにおける新商品だけでなく、型落ちを視野に入れてもらう

絞り込みが終わったら、もう一度レイアウトを現場で確認する

最後には、将来の計画を含めた今の最善策を優先順位とともに絞り込む

以上の流れに沿って、交渉を進めていくことが最短ルートになります。

では実際、この方法を使ったのは、どこの会社かをご紹介していきます。

私が新築一戸建て外構工事費用を1社の見積もりで苦労なく決められた理由

この方法は、ネットを通じた依頼方法

外構工事を一気に紹介するサイトはいくつもあります。

が、しかし、

最終的には、出してくれない業者だったり、ひどい時は、現場を確認しに来たのは全く知識が無い奥さんだったりします。

こうしたサイトにも私は体験を持つので、お勧めできないサイトもありますので、ご注意ください。

私がこれから紹介する使ったサイトは、

・どの担当者もプロ意識が高い

・プランを何度も修正してくれる

・交渉事も歴史ある会社だからこそ、新旧商品様々なプランを出してくれる

こうしたこちらが交渉しやすい状況で話を進めやすい環境で話が進みました。

リフォームだけでなく、新築のサッシ、建材の大手である会社だからこそ、建物への配慮は徹底されています。

根拠は?

加盟店でしか受付を可能としない仕組み

徹底した管理体制下の見積もり依頼。

もう外構工事依頼に相手の一方的な見積もりに悩むようなプランニングの悩みからは開放されます。

保証の点でも充実している根拠があります。

①保証内容を明確化させる管理。

②全国対応による仕入れコスト削減等の工夫がされた会社の紹介。

紹介者の顔をつぶせない紹介された会社はプレッシャーも背負い、良心的な対応が期待できます。

③万が一のための保険付き!(リフォーム瑕疵保険)※適用条件あり。

将来の保証対象商品があるのは、非常に大きなメリット。

ぜひこの点も評価の対象にして十分な価値があると思います。

こうした歴史ある会社からの提案は、もう高い商品だけを進めるシステムからは変わってきています。

私も実際、この内容に救われました。

実際に、選べるメニューも初心者でも簡単な設定になっています↓

img6

あなたがもし、

外構の費用は少しでも節約したい。

今ある見積りで妥協するか悩んでる。

こんな形で止まっているのなら、まだ間に合います。

とにかく数を当たってください。

きっと、あなたを救ってくれる業者は数多くの中からなら出てきます。

もしも、

このサイトを通じた見積りで不安があったり、交渉手段が解りにくかったら、どんどん私にご相談ください。

全力であなたの見積もり値引き交渉に的確で、最短の交渉が進むアドバイスをさせて頂きます。

あなたの新築一戸建て外構見積もりがより質の高い、安心価格で行えるように心から願っています。

この記事を最後までご覧頂き有難うございました。

img5

スポンサーリンク

このページの先頭へ