アフィリエイト

ハウスメーカーか工務店決め手は嘘を見抜く事!

スポンサーリンク

新築購入はハウスメーカー工務店決め手について、このページをご覧頂きありがとうございます。

新築購入計画を考える大元は、会社選び。

ハウスメーカーの魅力、工務店の魅力それぞれがあると思います。

新築購入は会社選びが以下のような悩みを軸に決め手を欠けてる方が多い現代。

ハウスメーカー工務店の価格の違い。

ハウスメーカー工務店のデザインや内装等の見た目の違い。

ハウスメーカー工務店の保証の違い!

ハウスメーカー工務店のアフターサービスの違い。

このように、ある程度将来と外見という2つが主な悩みの種となっているケースが多いのです。

「しかし、本当にこの視点で選べば新築購入後失敗後悔は無いといえるでしょうか?」

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築マンション,一戸建て購入体験,現場経験を活かし各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建てという夢のマイホームを建てるにも結果的には人と人。

ハウスメーカーなのか、工務店なのかを選ぶという以上必ずその家庭それぞれに決め手が有ります。

2015年新築一戸建て購入をハウスメーカーに決めた我が家の決め手をご紹介していきます。

この記事では、

ハウスメーカーと工務店決め手1.保証期間

ハウスメーカーと工務店決め手2.床暖房

ハウスメーカーと工務店決め手3.標準設備

以上の内容について1つ1つ解りやすくご紹介していますので、ぜひ一度参考にして見てください。

スポンサーリンク

ハウスメーカーと工務店決め手1.保証期間

ハウスメーカー工務店決め手体験記

スポンサーリンク

新築購入の際にも、中古住宅購入の際にも役に立つ決め手情報1つ目は保証期間。

工務店を決めたいと思った気持ちを吹き飛ばした保証

「工務店でも独立して立派な設計をしてくれる人は居る。」

こんな現場にいた頃の私の体験から期待して探した時期もあります。

しかし、

工務店のチラシを見て、現地の内覧会を見て説明を聞きショックでした。

工務店の保証は、私の住む地方にある会社のほとんどが最長10年でした。

10年ですよ。

新築を建てて10年というのは、何かメンテナンスや故障が起こりやすい時期。

まさに、

「壊れる頃には、もう面倒見ませんので。」

こんな言葉に聞こえてしまった私。

正直、言葉が出ませんでした。

工務店の最長10年保証内容にも愕然

工務店の最長10年保証は、あくまで最長。

では何が保証対象なのか?

この点を見て、もう工務店は利益重視に変わったと痛感しました

内装保証期間は、2年以内と極端に短い。

水周りの設備については、点検と言っても簡単に水を出す程度。

こんな内容が当たり前の様に紹介されているのです。

ハウスメーカーを批判する工務店に要注意!

よく工務店は、ハウスメーカーを利益の塊みたいな表現をしています。

しかし、よく考えて欲しい事があります。

経費を掛けたと言ってるハウスメーカーが1500万円で建てる一戸建ての内装。

経費を節約したと言ってる工務店の1500万円で建てる一戸建ての内装。

中身がしっかり逆転しているでしょうか?

もし経費をかけて上乗せしているという言葉を言うなら、

かけていない分は全て設備が充実してこそ聞ける言葉。

しかし、多くの工務店は、私達の決め手になった床暖房すら莫大な費用を見積もり提示しました。

 

ハウスメーカーと工務店決め手2.床暖房

工務店ハウスメーカー決め手は床暖房見積もり体験記

私は妻と最初に同棲生活を始めたアパートで痛感した事がありました。

妻は、私が素足で歩き続ける1年に驚きを隠せなかったんです。

特に冬場、妻は「靴下2重履き生活」なんて言葉を出しながら生活していました。

私は寒さに強かったので、この気持ちを本当の意味では解っていあげられませんでした。

しかし、「新築一戸建てを買う時にはこの寒さの体感をさせたくない!」

この思いだけは、明確な優先順位と変わったのです。

そこで、ハウスメーカーを選ぶのも工務店を選ぶのも全て床暖房対応しか見ませんでした。

中でも絞り込みを完了した後、工務店にも行きました。

すると、オール電化床暖房は高額になりますので、ガスによる床暖房を採用しています。

「もし電気なら、費用的には、6畳で+50万円程度にはなると思います。」

我が家が建てたかったのは、34坪程度の家。

簡単に見積もっても、新築一戸建て34坪に床暖房を入れたら、以下の内容になります。

建物費用 1100万円
窓などのオプション費用  150万円
床暖房30坪分  250万円
合計 1500万円

「ちょっと待って下さい。この金額なら、ハウスメーカーと変りませんよね?」

この答えは、無言でした。

ただこれだけならまだとどまれたかもしれませんが、妻を黙らせた実態も解りました。

 

ハウスメーカーと工務店決め手3.標準設備

ハウスメーカー工務店決め手嘘発覚体験記

ハウスメーカーに魅力を感じすぎていない時期の工務店の驚きはまだ止まりませんでした。

内覧会前には散々ハウスメーカーを悪く伝え続けた工務店営業マン。

しかし、実際に内覧会を経験して、実際の設備を見て妻が驚きました。

ハウスメーカーを工務店がとやかく言える時代は終わった!

正直、呆れました。

標準設備は、まさにハウスメーカーより悲惨だったのです。

ハウスメーカーも標準設備は大したことがない会社も多いと思います。

しかし、工務店はその状況に輪をかけてひどいんです。

使える環境があれば良い。

この程度が標準設備。

「新築ですよね?」

妻が一言。

リフォーム提案で見た様な型落ち商品を普通につけている新築内覧会。

まるで、何か節約をしなければいけない事情があったかのようでした。

しかし、この妻の一言に対し営業は、こんな言葉をかけてきました。

「キッチンの高さも奥様の慎重に合わせてお選び頂けますので」

と自信満々。

この言葉に、流石に呆れた私は一言、

「この方は、メーカー○○○の○○シリーズですよね?この標準ということは今見たこの家の設備全体で○○万円程度となりますよね?」

営業は、よくご存知ですね。という言葉以降金額や内装の説明を辞めました。

正直、私は今の工務店が数が増えすぎてわからない会社も有ります。

しかし、この記事を見ている方にこの言葉だけはしっかり伝えたいのです。

・資産価値が守れる保証は必要ないのですか?

・先行投資という考え方は不要ですか?

・まだハウスメーカーは高いと思い込みをしていませんか?

もし1つでも該当するなら、私はあなたに現実の怖さを知っていただきたい。

この思いでこの記事をご紹介しました。

設備、内装、標準設備の差が顕著でも差額は大したことがないのに保証は全く違う。

これが工務店とハウスメーカーの決め手。

私がこの記事でご紹介したかった内容は以上となります。

では続いて、

工務店とハウスメーカー価格比較の落とし穴

工務店とハウスメーカー違いや比較のポイントまとめ

で新しい内容をご紹介していきますので、お楽しみに!

では最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ