ローコスト住宅失敗後悔注意点!注文住宅の会社選び方

スポンサーリンク

新築ローコストの失敗後悔について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

分譲,建売を含めたローコスト住宅を検討中の方の中にはこんな悩みも多い時代。

分譲地の周辺は、生活に必要な最低限度の情報しか知らない。

建売住宅が人気の学区の地域だったから欲しい。

新築ローコスト住宅でも性能や機能が満足できれば大丈夫なはず。

こうした表面的な内容で決めて本当に大丈夫か?

新築一戸建て間取りの失敗後悔ランキングもご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と具体的な対策や注意点

他にも、分譲住宅に興味をお持ちの方に向けて、新築分譲地売れ残りの失敗後悔原因や注意点もご紹介してます。

興味がある方は、あわせてお役立てください。

坪単価という表記に惑わされていませんか?

新築一戸建て坪単価

新築坪単価と満足度調査実態の見極め方元住宅関連企業出身者が解説

スポンサーリンク

各種スペースごとの注意点もご紹介しています。

新築注文住宅キッチン失敗後悔3大注意点

ローコスト住宅に関わる悩みについてもご紹介しています。

ローコスト住宅頭金なし

ローコスト住宅頭金なしで住宅ローン審査通過のコツ

住宅の設備についても触れています。

ローコスト住宅パントリー対応

ローコスト住宅パントリー対応おすすめの3社と選び方のコツ

平均相場という考え方

ローコスト住宅平均価格

ローコスト住宅平均価格総額と坪単価の差|業界経験者が解説

間取りの設計についての特徴。

ローコスト住宅間取り例

ローコスト住宅間取り例|平屋も2階建ても共通の課題

トラブル回避という考え方。

ローコスト住宅トラブル

ローコスト住宅トラブル回避注意点

ローコスト住宅の評判の見極め方。

ローコスト住宅評判の良い会社

ローコスト住宅評判が良い会社の見極め方|現場経験者の声

オプション採用を考えてる方がいたら、我が家の住んで2年経ってからの感想も参考にしてください。

新築後悔したこと設備|主寝室エアコン配置オプション注意点実例画像付き

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をして欲しくないという思いから、現場経験、新築購入体験を通じて、各記事をご紹介しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、ローコスト新築分譲地の近所を歩いてみた時の体験を活かし、下記内容をご紹介していきます。

新築ローコスト住宅の後悔原因1.家の性能だけじゃない!

新築ローコスト住宅の後悔原因2.将来に困る!

新築ローコスト住宅の後悔原因3.住宅ローン

このような内容をふまえて、ローコストの選び方として注意点としてお役立てください。

スポンサーリンク

ローコスト住宅後悔によくある原因

新築ローコスト後悔原因

新築住宅を悪いというわけではなく、分譲・建売における失敗原因をご紹介していきます。

悔やむ原因|予測不可能?

新築悔やむ原因 予測不可能?

私の住む地域も決して都会の地域ではありません。

片田舎であるがゆえ、分譲地や建売という動きも、2016年以降は大手メーカーの動きも見られます。

分譲や建売物件の土地周辺ではどんな失敗を予測しておくべきか?

私が実際に新築建築中に見た光景、それが、ゴキブリ等の徘徊する排水口がある周辺状況。

すぐ真横の排水口に何匹もの害虫がうろつく実態。

こんな光景、新築物件見学,内覧会では、とても想像出来ませんよね?

しかし、建設中の建物では、侵入口になりそうな形状の窓がいくつもありました。

上げ下げルーバー等の窓が典型的例。

換気をする=害虫の侵入口を作る結末。

こんな土地も建売や分譲地の候補になっているのが現代。

土地が安いから、買いやすいだけでは見えない現実。

あくまで値段の前に住環境に以外にも多くのことに目を向けておくことが重要です。

こうした近所の状況は、検索の表示では簡単には出てこない。

この点をぜひ注意して下さい。

悔やむ原因|交通事情

新築悔やむ原因 交通事情

車社会となっている地域もまだまだ地方には多い日本国内。

分譲、建売における共通の注意点と言えます。

購入時には、車の侵入経路が確保されている分譲地や建売地域。

しかし、T字路のように進入する通りの際は、こんな光景に困っていました。

トラックによる運搬車両の通過

道路工事に必要な車両が付近に駐車するスペースもギリギリの通路。

こうした内容は、誰が悪いわけでもありません。

しかし、住まいを購入して、車移動を前提とする地域の場合は、こうした諸事情は生活の不便を抱える問題。

「急いでいるのですが」

こんな言葉でも工事中は迂回を伝えるしか無い現実。

迂回路やメイン通りへの交通経路が遮断されるリスクは大丈夫か?

住宅地域は、特にこうした周辺の交通事情を精査しておくことが大切。

根拠は、土地の査定額が低い土地の特性が潜むからです。

悔やむ原因|サッシへの影響

新築を悔やむ原因 サッシへの影響

新築住宅の建つ地域の中には、周辺環境で家の外壁等が傷んでる住宅が軒を連ねる地域もあります。

建物そのものの性能基準を疑うというより、住宅を扱う会社の提案する土地の特徴に原因が潜みます。

住環境の中身ではなく、環境はこんな状況も想定しなければいけないのです。

外的要素から、外壁が傷みやすい地域だった。

外的要素から、サッシが錆びつきやすい状況だった。

住宅の性能という点でも、サッシのランクも勿論あります。

しかし、外的要素が悪すぎれば、当然他社でもこの土地自体との相性から難しいケースも有る。

住宅は、土地を含めた部分に原因が潜む。

このポイントをぜひ注意していただきたいと思います。

サッシの断熱の性能だけではない。

金額に見合うかどうかを考える時には、その土地に住むメリットや生活費における引っ越し後の時間経過でどんなことが考えられるのか?

この点を総合的な視点で見極めることが重要です。

では続いて、住宅で最も困る原因をご紹介していきます。

 

ローコスト住宅後悔|新築の将来

新築ローコスト住宅の後悔原因|将来

新築住宅の将来という考え方から原因をご紹介していきます。

新築住宅悔やむ原因(将来)メンテナンス費用が高い!

新築住宅悔やむ原因(将来)メンテナンス費用が高い!

住宅は、購入時には、購入しやすい値段になっている事も多い。

その上で棟数も限られる。

予算が見合う人にとっては、早い者勝ちという状況になっているがポイント。

メリット・デメリットの比較。

周囲の状況から観察する意見の違い。

このようなことを考えている前に業者がその場所を利用して案内している時間の中で決めなければいけない。

購入しやすい家で更にその購入価格のまま長持ちもしてくれる家であれば、コストの高い住宅の価値はなくなります。

つまり、低価格を謳う住宅は、メンテナンスコストが、高い要素が多い。

これが、1つ目の注意点。

具体的には、外壁メンテナンス費用

この違いは、将来に、「新築住宅購入だったのに総合計では高くない?」

という失敗への気持ちに切り替わる程の要素。

ぜひ住宅購入は一生ものという考え方であれば、慎重に検討してみてください。

新築住宅悔やむ原因(将来)節電効率

新築住宅悔やむ原因(将来)節電効率

新築一戸建て購入後の失敗としては、節水、節電等も代表的な悩み。

想像以上に、電気代がかかる。

エアコン等の大きさも節約どころか大きめばかりになった。

トイレなどの標準設備が新しい賃貸と対して変わらなかった。

新築一戸建てを購入したなら、せめて賃貸生活よりも節電、節水を希望するのは当然。

しかし、オール電化にした標準費用以外は、電力使用量は変わらない。

こんな住宅では、得をしている事は少なくなります。

ぜひ設備的にも、節電効率を元にした標準を確認しておきましょう。

新築住宅悔やむ原因(将来)歪み

新築住宅悔やむ原因(将来)歪み

住宅の一番怖い将来の失敗要因は、歪みです。

扉や窓の閉まりが悪くなる。

傾きにより、寝転がっても腰がいたい。

床にビー玉を置くと転がる家になった。

基本は、基礎工事に戻る課題ですが、結果的には、コンクリートの質も安い物を使いやすいです。

よって、歪みを将来に感じやすい家の可能性を考慮した基礎工事選びが、会社選びに非常に大切になります。

新築住宅悔やむ原因(将来)暑い寒い

新築住宅悔やむ原因(将来)暑い寒い

「暑い寒いを防ぐ為に、賃貸生活から新築購入で、出たい」

このような夢と希望を持って、新築一戸建てを考える方も多い時代。

しかし、2016年8月にまたマイホームセンターに行ってきたんですが、こんな発見をしました。

少し上のランクですという説明をしていた会社。

しかし、内部構造を見ると、グラスウールランク等が非常に安い材質を使ってる事に気付きました。

すぐに、聞いてみると、こんなセリフが。

当社は、坪単価ランク別に多少構造体に使う材料が異なります。

➔よって、同じ会社名の商品でも、暑い寒いの体感は全く違う家になってしまいます。

つまり、会社名の口コミや評判だけでは見えない暑さ寒さの課題に悩む。

これが、将来の可能性として取り戻せない過去となってしまうのです。

以上が内部的な要素や将来性を考えた時の新築でも訪れる可能性を見極めるポイントとなります。

最後に、住宅ローンについてご紹介していきます。

 

ローコスト住宅新築後悔|ローン審査

新築ローコスト住宅後悔原因|ローン

新築の金融機関の審査での注意点もご紹介していきます。

新築安い住宅の注意点 借り換え

新築安い住宅の注意点 借り換え

マイホーム購入希望者のの中には、契約社員や派遣社員での審査通過者もいらっしゃいます。

しかし、将来で正社員になり、支払い方法の選択肢が増えた場合を想定してみてください。

注意点は、担保力となります。

低価格帯➔建物担保力が低い。

この問題から、「借り換えたいのに、通らない。」

悔やんでも、自分の家を売るわけにもいかない。

➔結果的に自分の支払い能力があっても意味をなさない未来。

こんな問題を抱えるのは、勿体ないですよね?

新築安い住宅の注意点 そもそも通りにくい

新築安い住宅の注意点 そもそも通りにくい

なぜ価格帯になるのか?

この特徴を知っていくと、当然通りにくさを感じる要素はあります。

ですから、いくら新築購入を目的にしても、最初の段階で通りにくいというのがポイント。

具体的には、

実はクレームが多かった実態を銀行側が把握している。

購入後の遅延等が多い利用者が多い会社(これは会社が責任とは言えません。)

購入後の売却希望者が多い会社だった。

このような情報は、購入以前で、審査が通らないという悩みの原因。

「会社を変えれば、解決するのでは?」

これも、違います。

審査には、通常審査に使った履歴確認の日付が入ります。

採決が見送られた(審査落ち、通らない)は、履歴に残ります。

結果的に、会社を変えた時の心象も悪くなりやすいのです。

ですから、建売などで審査をかけたせいで、自分が通りにくい状態になった。

コレが一番損をしやすい新築購入の落とし穴的部分でもあります。

今の時代は、大工も減り、大幅な人件費カットも進んでいるシステムは、住宅業界も例外ではありません。

木材の仕入れも無理な工事日程もどこで何が起こっているのかという事は、ある程度内部を知っている人でなければ見抜くことすらできない。

あくまで、標準仕様をある程度ランクをどこで下げるのか?

コストダウンによる大きな差を見せないための沢山の工夫をしている。

こうした家にも色々な会社があるからこそ、同じ価格でも抑えている項目が全く違うことも多いのです。

 

ローコスト住宅新築後悔の対策

新築ローコスト住宅失敗回避

 

新築購入には、価格が安い物件を購入する意味がある場合もあります。

それは、余生を過ごす家づくりという言い方。

60歳を超えて、余生に使う家。

財産分与で、固定資産税等も下げられる家作り。

このような目的であれば、安い物件も意味があります。

借家に住む余生より、やはり使いやすい住みやすい家の方がいいですよね?

ですから、低価格帯の住居は新築で選ばない方が良いは言い過ぎです。

しかし、子育て世代のこれからの家作りには、慎重な選択が必要になります。

この2つの意味をよく比較検討して満足できる新築一戸建て購入計画を進めてみてください。

低価格帯の家を建てる会社にもいろいろな会社があります。

まずはあなたの住まいのエリアの施工を担当している会社を知ることが大切なこと。

実際に無料の資料請求が簡単にできますので、それぞれの会社の強みや間取りプランだけでも一斉請求しながら、比較していくことが大切です。

実際に複数の会社の一括資料請求なら、

新築ローコスト住宅資料請求おすすめ

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

家を建てるのは数万の世界ではない。

言ってしまえば、たくさん見ても最後にはもちろん予算が優先される。

だったら自分たちの予算の中でのどんなカテゴリーが実現可能なのか?

この判断を少しでも必要なものは何かを夫婦でお互いの価値観を出し合って話をする。

その結果の中で選ぶ以上は次のような内容も見据える。

  • リフォームという道を将来選ぶ時に困らない方法なのか?
  • 最近の新しい商品と昔とかなり違うと言うことはないか?(断熱材など)
  • 窓など住建関係も標準化された設備の中で選択が可能なのか?

予算分で可能な限りの部材を標準でプラスアルファを抑える事が可能なのかを気にする。

買う前にあまり余裕のない流れを避ける

買う前にあまり余裕のない流れを避ける

突然出てきた物件があったから買うとは思っていなかったが急遽考える。

こんな流れが建売住宅の営業マンのトークで予定外の出費になっているケースもある。

家を探すというのは今後の人生においていろいろな安心を買うことになります。

しかし、建てるということはその土地をほぼ自分の地元とするくらいの覚悟も必要。

絶対地震がこない安心のエリアなんてことはもう日本全国どこでも難しい状態になってきた。

「今の年収ならローン審査もうちの会社なら大丈夫ですよ!」

こんなことを言われただけでどちらでも良かったという流れで依頼をするようなことは避けましょう。

先のことをきちんと計画をして中古住宅になってどうしても売却を必要とする時のことも経済面も考えた上で確かな資金の形が実現できる時。

これが今付いてない不満を抱えた設備に対しての投資にもつながる。

充実していたと思っていたが使いにくいと感じた時のリフォーム資金にもなる。

最新の設備に付け替えたいと奥さんに言われた時にも修理も追加もどちらも選べる。

こんないろいろな形を想定しておくことが重要です。

実際に購入した後の感想を相談しているスレも悩みの対象を見るうえでは大切です。

安い家購入経験者に相談しているスレ(知恵袋)

安い家の10年後20年後の心配をしているスレ(yahoo不動産)

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ