タマホーム窓種類とオプション選び方評判口コミ

スポンサーリンク

タマホーム窓の種類について2018展示場営業と話をした体験からご紹介しています。

タマホーム窓の種類について数ある検索の中から、このページにご訪問いただきありがとうございます。

家の標準の設備やオプションの情報をへの関心も高い新築市場。

自分の家の外観や高いオプションを入れた部分を間取りを含めてブログなどでマイホームを公開する人も増えてきました。

今回の記事では、設備の中でもリビング、玄関、トイレ、洗面所、浴室、子供部屋、主寝室、ウォークインクローゼット、階段、廊下など場所を問わない窓の種類。

縦と横のバランスだけではありません。

窓の中には、さまざまな種類とその場所における目的に合わせた設計があります。

節約のコツを含めてタマホームの魅力を含めてご紹介していきます。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験者として、さらにマンション、一戸建て共に新築購入経験者としてご案内しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回のタマホーム窓種類については、以下の目次でご紹介しています。

タマホーム窓種類|標準規格特徴

タマホーム窓種類とオプション

タマホーム窓種類のおすすめ

大きな金額を動かす設備にはさまざまなパーツがあります。

しかし、その中でも人が生活しやすい暮らしやすいマイホームにするために考えるべきことをご紹介してきます。

スポンサーリンク

タマホーム窓種類標準規格特徴

タマホーム窓種類選び方

スポンサーリンク

タマホームの窓における標準規格の特徴からご案内していきます。

タマホームシリーズ大安心規格

タマホームには、木麗な家と大安心の家という2つのシリーズが主力商品としてあります。

近年の傾向としては、木麗な家にオプションを採用してほぼ大安心に近づけるという工夫を採用している住宅が多いそうです。

そして、標準的な規格としては、以下のような特徴があります。

  • YKK,LIXILなどメーカーは選択可能。
  • 複層ガラスを1階2階全館標準搭載。
  • トリプルガラスへオプションで変更可能。

上記3つが窓で抑えておくべきポイントになります。

タマホーム窓種類をブログから探す

実際に自分の家に採用するとなると、デザイン性ももちろんですが、気密や断熱性能にも大きな営業を与えるのが、窓。

玄関ドア

室内ドア

螺旋階段やリビング階段などを採用する住宅。

吹き抜けや天窓を採用したい間取りのこだわり。

上記のようなデザインを含めて、以下のような視点で確認をして頂きたいのです。

  • トイレや浴室など水回りにはどんなサイズを使ったのか?
  • スリット窓や横長や配置した高さなどの使用感。
  • 外観のデザインと中での機能としての部屋の温度などの使用感。
  • 収納のスペースにはどんな種類を選んだのか?

ブログなどで住宅を公開している中でも特に注意して文章の感想を見てほしい部分が以上のような種類と暑さ寒さなどに関する情報。

特に、生活をしていて感じるポイントは、景観用途の対象ではありません。

日記として記載をしているなら、まずは生活をしていく中で使用してキッチンなども含めて暑い、寒いを感じやすい家は暮らしにくい。

だからこそ、今から選ぶ人は、工事を済ませた人達の床面の種類や家族の年齢や構成などを書いている記事の中からイメージを広げる必要があります。

もちろん、インテリアなどの好みの高さやお風呂などの広さ、間取りの北玄関、南玄関などの方位も含めて家づくりの基礎となる部分をできるだけ細部まで照らし合わせておくことが大切です。

 

タマホーム窓種類とオプション

タマホーム窓種類とオプション

ドアなどを含めて、内装のデザインとしても窓をチェックすることもできる。

最新の窓は、最近のマンションでも使っていない性能で大きく中の居心地を変える内容がある。

それが、トリプルガラスを採用した2018年では現在のトップ商品と呼べる内容。

画像などでチェックしておきたいと思う人は、「サーモスX」と検索してくれたら、LIXILの会社のページから画像などを含めて閲覧可能。

トリプルガラスサーモスX|LIXIL

何とこのランクを注文住宅の会社の中で、タマホームは、坪単価プラス2万円で選び出すことが可能。

この価値は、かなり違います。

私としては、大安心でも木麗のどちらでもオプションとして選び出せると聞いてかなり安心をしました。

さらに、今は、外壁工事でもタイルを選べるなどのポイントも非常に大きい。

無料のオプションではなく、少し予算を出す勇気があるなら、今なら間違いなく窓に注意するべき時だと私は感じます。

 

タマホーム窓種類のおすすめ

タマホーム窓種類の選び方

マイホームとして間取りや家具などがどうしても注目されやすい。

窓を考える時には、縦と横のバランスを考えるのがインテリアや外観要素。

住宅としての日当たりや大きい、小さいなどの選択をするのが、風通しや換気などの開閉という生活動線に対する選択方法。

建築と言うとつい大きい窓の外観が印象的に強くなりやすい。

しかし、ブログや日記を見てもなかなか30坪、32坪、34坪などのサイズでそこまで大きな窓を選択している人も少ない。

その点からもまずタマホームの窓の種類を選ぶ時に大切にしてほしい点をご紹介していきます。

窓の種類はガラスを優先

以下のような選択をマイホームを建てる時には考えておくべきです。

  • 防犯を考えるなら、屋外の地面からの高さを基礎の高さを含めて視線対策なども考える。
  • ガラスを透明、くもりガラス、格子付きガラスなどに変更を考える。
  • ガラスは複層ガラスとして2層、3層などできるだけ厚いものを選ぶ。

この点を意識しておくだけでかなり人が中にいる時の空間的な体感温度は変わります。

特に、玄関からリビングに入る時の採光用に採用したい部分は、できるだけガラスにこだわって冬寒くない家を建てると電気代的にも節電効果があります。

窓の種類は縦長、横長に注目

タマホームの展示場のデザインで特に注目してほしいのが、位置が高く、そして横長、縦長のデザインを多く展示場の中に採用している点。

これは、デザインとしてだけでなく、あくまでサッシをより使いやすい環境にすることに対して、本部が設計している部分。

ですから、購入する人にもこの点を考慮して設備に支障のない窓を選ぶ事が大切ということを伝えている様に感じました。

標準の使用を変更することも大切。

しかし、選べる先にいったい何を気にしてそのタイプを使用するのか?

この答えを少し家族の中で、窓の性能を知り、商品を比較するという視点を意識していただきたいのです。

感性した実際の展示場を見て、8年9年等の経年している中でも営業がどんな点を地域に合わせて提案してくれるのか?

この点は、同じlow-e複層ガラスという言葉を使っている中でも効果やちょっとしたサービスの起点を結露対策を含めて比較しやすいと思います。

 

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ