アフィリエイト

新築キッチン失敗後悔3大注意点

スポンサーリンク

新築キッチンパントリー収納、照明で失敗しないおすすめについて、このページをご覧頂き有難うございます。

新築失敗後悔を心配する方における全てがコンパクトに集まっている場所は、キッチン。

キッチンに要する設備には、以下のような内容を考えなければいけません。

・収納(棚、パントリーを含む)

・家電配置(家事動線)

・広さ

・間取り配置

・システムキッチンの高さ

・照明の種類

実に様々なパーツの組み合わせにより新築一戸建てというのは形を作り上げます。

家事を毎日行うスペースで取り返しがつきにくいのがキッチン。

ですから、特にキッチンについて、失敗後悔しやすい課題を1つ1つ解説していきます。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験,新築一戸建て,マンション購入体験を通じて各記事をご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築住宅間取りキッチンの設計における特に失敗が多い要素を集めてみました。

このページでは、以下の内容で、失敗後悔対策をご紹介しています。

新築キッチンの失敗例1収納

新築キッチンの失敗例2照明

新築キッチンの失敗例3パントリー

新築キッチン失敗対策おすすめの作り方は?

私たちが新築一戸建ての際にお聞きしたキッチンにまつわる失敗の多い例や失敗しない方法をご紹介しています。

ぜひ皆様の参考にして、よりよい新築計画をすすめてください。

スポンサーリンク

新築住宅間取りキッチンの失敗例1収納

新築 一戸建て キッチン 失敗例

スポンサーリンク

キッチンの収納って迷いませんか?あこがれの壁一面の収納スペース。

レンジ台を気にしない収納スペース。

様々な形式が出ていますが、私がお聞きしたキッチンで一番多い失敗は、収納だそうです。

実際、以下のような課題は住んでから感じやすい悩みのチェックリスト。

・高い位置の収納を使った際には、出すのも面倒になり、一番上には使わないものばかりが残ってる

・背面に一面キッチン収納があるのは嬉しい。

・壁面スライド形式なら、見えないキッチン収納を夢見たけど、何もかもを出さなければいけないのは大変だった。

・壁全面での収納スペースでは、「ダストボックス用のスペースやちょっとした備蓄をするスペース」が重要だと感じた。

何もかもを隠しておいて、すっきりした空間といういいイメージだけが残りやすい壁面収納

しかし、実際使う際には、全て取り出す作業があることが大変になる。

という失敗が多いのがキッチンで一番多いそうです。

キッチン収納の配置や実例画像は、

我が家のキッチン画像付きで収納配置おすすめをご紹介

でご紹介していますので、ぜひ一度御覧ください。

では、次に、キッチンの照明についてご紹介していきましょう。

 

新築住宅間取りキッチンの失敗例2照明

 

キッチンに立つ際には、以下の考え方をしておく必要があります。

・照明の位置

・作業スペース

この2つについて非常に重要な事を最初は考えずに計画される方が非常に多いです。

・キッチンスペースも省エネ対策で、LED照明にしよう。

・おしゃれなライティングを作り上げてダイニングを対面にしてスッキリさせよう。

新築キッチン照明を選ぶ時、失敗後悔を経験する方の多くは、実用性よりも見た目の印象が優先した選び方

実際、使う際には明るくないと炊事もできませんよね?

具体的な照明の失敗例をご紹介していきましょう。

・キッチンのLEDが思ったほど回りに光が当たらない。

・収納の中の商品は、懐中電灯やダイニングの照明を付けないと探せない。

・水回りの場所だけのための照明を昔は母が使ってたのをみて、あれはダサい!と思ったけど実際は必要だとつくづく感じた。

・照明の数をしっかり立ち位置と見たい物の収納スペースで確認しないと後々が大変だとつくづく感じた。

キッチンの照明はインテリア要素で考えてしまうかたが多いですが、実用性を最も意識しなければいけない照明選びの場所の一つ。

スッキリさせることが、優先ではなく、こういう位置にこの位の照明があれば、便利なのにな!

こんな今の生活で改善したい事を書き足しておきましょう。

我が家の実際のキッチン照明やスイッチ画像付おすすめの選び方

ページもご用意していますので、併せて参考にしてみてください。

そして、必ずモデルルームでは、照明と日照条件を確認しながら照明を確認しましょう。

でないと、暗くて作業しにくいキッチンになってしまいますよ。

 

新築住宅間取りキッチンに多い失敗例3パントリー

 

新築一戸建てキッチンの失敗になりやすい例として最後に、パントリーについてご紹介していきましょう。

新築キッチンのパントリー採用で失敗後悔が多い内容とは?

パントリーの失敗例がダントツ多いのは、新築一戸建て購入後失敗後悔ランキングにも入るこんな悩み。

「換気システムが無かったせいで匂いがこもりやすくなった」

そうです、ニオイの問題。

この他にも、パントリーには様々な失敗例があります。

・パントリー収納に憧れて、作ってみたけど、実際に使う機会はあまり無かった

・パントリーへの扉は無い方がいいと思ったけど、冷気が逃げるし、暖気も向かってしまい、食品の痛みが心配になった

・パントリーへの扉が小さい子供にはいい遊び場になってしまって、家事をしていて大変なことが増えた

なぜ、こうしたことが起こってしまうのか?

それは理由がすごく簡単。

パントリーに憧れている自分。

使ったことのない自分。

結果、使い勝手の良さがイメージできない。

この連鎖が続く結果は、余分なスペース。宅配のいらない物用の物置になってしまった。

なんて失敗例も珍しくないそうです。

私が個別にご紹介している記事では、

新築キッチンにパントリーは必要?選び方のコツ

という内容でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

では、新築一戸建てにおけるキッチンでの失敗談にならないようにするための方法をご紹介して今回の記事は終わりたいと思います。

 

新築住宅間取りキッチン失敗対策おすすめの作り方は?

 

新築一戸建てのキッチンスペースで失敗しない方法とはどんな事が大切なのかをご紹介していきましょう。

新築キッチンは奥行確認が最優先

最初は、自分の今のキッチンスペースの寸法と内容を整理することが一番大切。

何それ?そんなのわかりきってるよ。

なんて方は、実際、おこなっていますよ、それが、「モデルハウスで自分たちが採用するキッチンの各設備の奥行寸法測定」。

奥行を図ることは、幅のイメージでどのくらい欲しいのかも見えてきます。

そして、帰ってきた時点で今の収納スペースを再度奥行と幅で見ていくのです。

実際、パントリーがないと収納が足りないなんて方はかなり少ないのです。

そして、収納スペースだけでなく、ゴミ箱やレンジ、そうした置かなければいけない物の奥行もしっかり測っておきましょう。

新築キッチン内の動線で動きやすい幅と明るさを確認

広いキッチンには憧れがたくさんありますよね。

でも広くなり過ぎたら、端から端に色々置いておくのは、逆に手間が増えてしまいます。

自分の行動しやすい幅を歩数で理解しておくとかなり新築一戸建てを実際に使う際にもイメージしやすいですよ。

キッチンに今付いてる照明もどのくらいの明るさなのか、今のキッチンは奥行どのくらいの幅なのか?

こういう自分の動きを動線にしたイメージをすることが失敗しない最大のコツと言えます。

・物を取ったりする際の動きやすい高さとは

・自分の振り返ってからの欲しいスペースはどのくらいの奥行か?

・キッチンの照明は、どこにどの程度の明かりが欲しいのか?

・冷蔵庫は右がいいか、左がいいか?

自分の生活に密着できるキッチンをイメージして作ることが重要。

新築になったら、パントリーができるんだ、壁面収納になるんだ!なんて外見でなく、使う実際の物のイメージをしましょう。

その考えを持つと、人によっては、こんな答えにたどり着きます。

・対面式よりL字の方が使いやすいかも。

・キッチンの前のダイニングは、こういう料理の出し方ができるようにしたいな。

使い勝手を追求したあなたの好みに仕上げるキッチン作りがきっとできますから、今日からでもイメージしてみてください。

私がご紹介している新築一戸建てキッチンについて失敗後悔対策を含めて

新築キッチン失敗後悔対策まとめページ

でご案内していますので、考えていないことがないかを含めて参考にしてください。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ