新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と具体的な対策や注意点

スポンサーリンク

新築一戸建て間取りの失敗後悔について、このページをご覧頂きありがとうございます。

家の間取りについて、失敗後悔を心配する人も増えています。

しかも、新築なら、自分たちで選んだ間取りであり高い費用も用意したのに、失敗後悔してしまう怖さははかり知れません。

買うのは、建てる土地と営業の相性があって、住宅ローンが通れば簡単。

でも引渡し後になってから売るとか考えたくもない。

しかし、実際の暮らしが不便なら、リフォームも仕方がない事情もある。

中古の建築物件を買うのではなく、あくまでも設備も自分たちの手で納得できる買い物をしようとする方も多い。

住まいを買って、大事に建てた後も子供たちと人生を楽しむためのマイホームにしたい。

こんな願いが住まいには、設計から設備までさまざまな内容に込められてる。

だからこそ、心配でいろいろな情報を検索する人も多い。

予算の範囲内で住みやすい暮らしやすい家を目指す。

新築失敗例を見抜くためにはキッチンをひも解くことが近道。

新築失敗例をブログで見る時の注意点

新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や注意点

スポンサーリンク

新築失敗をブログから確認する時の注意点もご紹介しています。

新築失敗ブログ

新築失敗例4つの注意点と成功に繋げる思考|元業界勤務勤務者ブログ

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

突然ですがあなたは、新築一戸建て購入後の間取り失敗・後悔が多いランキングというのをご存知ですか?

このページでは、そんな失敗後悔ランキングに入っているベスト10を以下の内容でご紹介しています。

新築一戸建て間取り購入後の失敗・後悔ランキング 10~8位の内容は?

新築一戸建て間取り購入後失敗後悔ランキング10位においの伝わり方の原因とは?

新築一戸建て間取り購入後失敗後悔ランキング10位においの伝わり方対策成功法

新築一戸建て間取り購入後失敗・後悔9位屋外の悩みの原因とは?

新築一戸建て間取り購入後失敗・後悔9位屋外の悩みの対策成功法

新築一戸建て間取り購入後失敗・後悔8位生活動線の悩みの原因とは?

新築一戸建て間取り購入後失敗・後悔8位生活動線の悩みの対策成功法

新築一戸建て間取り購入後失敗・後悔7位~1位紹介と関連記事紹介

それぞれの項目について失敗後悔の原因やその対策法を解説しています。

あなたの家の失敗後悔になりそうな不安の原因があるかどうかを含めて是非じっくり読んでみてください。

スポンサーリンク

新築一戸建て失敗後悔ランキング10~8位

新築一戸建て 失敗 後悔 共通点

新築一戸建て購入前の間取り決めに何が怖いと思っていますか?

実際の調査結果に基づくランキングをご紹介しながら、後々その対処法や詳しいご紹介をしていこうと思います。

新築一戸建て間取り購入後の間取り後悔・失敗ランキングベスト10~8位

第10位においの伝わり方

第 9位屋外(外構)の失敗

第 8位生活動線の失敗

これまでにご紹介してきました内容にほぼある状況となっていますね。

では、この10~8位はなぜ失敗や後悔になるのか?について順に原因と対策のための思考法をご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て失敗後悔ランキング10位ニオイ

一戸建て 失敗 後悔 ランキング

今ご紹介をさせていただきました10位「においの伝わり方」についての後悔・失敗をしてしまう方の共通点をご紹介していこうと思います。

新築一戸建て失敗後悔ランキング第10位においの伝わり方を悩みやすい方の共通点

家の中でニオイの悩みをお持ちになる方の多くは、ごみなどのにおいについて悩む方が多いです。

すると、こんな共通点が発見されています。

あなたは家のニオイについて、以下の点を見落としていませんか?

・屋外のゴミ捨て場をどうするべきか考えていなかった。

・室内用のゴミ箱(生ごみなど)の配置を収納ばかりに気を取られていた。

・洗濯物を干す物干しざおを付ける位置とキッチンの風向きを考えていなかった。

・窓を開ける際の風の向きを考えていなかった。

・エアコンをかけた際のにおいのたまりやすい向きを考えていなかった。

ついつい換気や風の通り道よりも、窓や明るさなどを重点にしてしまう方が特にこの悩みを抱えやすいというのが共通点。

では、こういう悩みを抱えてしまう方は、どんな成功法の思考を基に間取りを決めていけばいいと思いますか?

 

新築一戸建て間取り失敗後悔10位対策

ニオイの失敗後悔における対処法は非常に簡単です。

換気・空気の流れだけでなく、行きつく先の抜け道を作っておくことを考えて間取りを決める

大切なのは、風の入り口だけを作るのではなく、風の抜ける出口をしっかり反対の壁に用意するようにすることが大切。

・家の中ににおいがこもる

・パントリーや脱衣所等においが一方に寄る

・においが広がった先に出口がない。

こうならないための思考法を頭に入れておくと、簡単に対処可能です。

私の体験から、パントリーの間取りについての考え方にて、ニオイ対策にも触れていますので参考にしてください。

居室を問わない共通のインテリアグッズとしてゴミ箱の配置はもう決まっていますか?

新築キッチンゴミ箱置き場注意点勝手口コンロ近く

新築キッチンゴミ箱置き場失敗後悔原因や注意点画像付WEB内覧会

キッチンに多い失敗後悔の注意点もご紹介しています。

新築キッチン失敗後悔3大注意点

では次に、9位となる「屋外の失敗」についてご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て間取り失敗後悔ランキング9位屋外

新築一戸建て間取り後悔失敗ランキング第9位は、屋外(外構含む)の失敗が入りました。

屋外空間という言葉には失敗要素は多数あります。

・ウッドデッキ等の配置。

・バルコニーの配置。

・テラスの配置。

・土地活用の失敗。

・駐輪場が用意できない失敗。

こうした様々は要因が思いつきます。

では、なぜこうした失敗や後悔を作ってしまうのでしょうか?

原因となる思考の共通点をご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て間取り購入後失敗後悔ランキング9位原因

屋外・外構の悩みを持ちやすい方の考え方の共通点についてご紹介していきましょう。

この思考の共通点は、私たちが多くの方の相談を受けている中で、強く感じた事からご紹介しています。

1.建物が建ってからの実際の幅や歩いてみた感覚などをしっかり確認していない

転勤や転居を伴う外構工事の依頼の方の多くが外構や屋外の失敗を感じやすいのも1つのパターン。

実際見ていないのに、寸法だけ見せられて、CADの画像を見て、よさそうだと思って選んだ。

こんな一時的空想の世界で思い描くと、大きく異なるのが、「実際の使用感」

使用していて、使いにくいのは後悔失敗で最も多いパターン。

2.見た目ばかり考えて、物の配置がイメージできていないパターン

見た目の印象を変えてしまうのが、外構や屋外工事。

ついつい見た目の印象を最優先して失敗するパターンは今も昔も変わらず多いのです。

以下のような悩みも多い。

・「自転車置き場をすっかり忘れてた」でもこの外構にはもう置けない」

・「屋外水道を用意したけど排水パンを用意しなかったせいで、砂利が流れてしまう」

・「一戸建てのバルコニーだと思ったのに、賃貸の方が広かった」

・「家の配置が中央ならと思ったら全てのあまりが中途半端で使えない」

こうした内容全てに言えることは、住んでからなら間違えようが無い失敗・後悔。

しかし、引渡し前に自分たちの住んだイメージがない状況で完成させてしまった状態で迎えるから失敗になる。

こうした目線や考え方が失敗の共通点。

ではどうしたら成功法にたどり着けるのか?についてご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て間取り失敗後悔ランキング第9位対策

屋外・外構を失敗・後悔に変えてしまう要因をご紹介していたらもうおのずと答えが出てる方も多いと思います。

そうですね。

この場合の一番簡単な成功する思考法のポイントとは、以下の考え方。

・バルコニーは横幅よりも奥行をしっかり計算しておく

・ウッドデッキは住んでから考える

・駐輪場などのサイズは最初に書き出しておく

・土地活用については、正方形で立てるなら、四方に寄せることを最優先とする

・駐車場の寸法は何もない状態では想定しない

とにかく、焦ってはダメ。

引き渡し後でも十分間に合うんだという家の中を決める勢いで考えないようにする。

これが一番大切な思考法だと言えます。

住宅ローンを組む際にも、こうした金額を見越して借り入れを行うことは可能。

ですから、

じっくり考えて外構を含めた少し多めの住宅ローンを組む

こんな思考法も大切になるのです。

私の身近な友人にも起こった住んでからで良かった成功感想

私の同級生で長い付き合いのある親友が同じハウスメーカーで購入をしました。

彼は、あまり住宅に対する知識もありませんでした。

土地を購入した上での一戸建て計画だったので、私は真っ先に、

「外構は住んでからにしろ!絶対やるな」

かなり強い口調と強調で伝えたのを鮮明に覚えてます。

その注意を守った彼は、

「お前の言うとおりにしたら、やりたかった外構よりやらなきゃいけない外構がはっきりしたよ」

住んでからの1週間で体験した理想の外構から必要な外構にシフトした彼。

今は必要最低限を仕上げてから、のちのちを考えるというプランで進んでいます。

私の周りにいるすべての人に私は「住んでから」を強調しています。

あなたもぜひこの考え方、ちょっと頭に入れておいてください。

きっと住んでからの絶対的に必要は、今と違うと痛感しますよ。

外構についての考え方は、外構工事の失敗でもご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

では、最後に、8位となる生活動線の失敗について、ご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て間取り失敗後悔ランキング第8位生活動線

この生活動線と間取りにおける内容は、少し前に、子育てしやすい生活動線とは?という内容にも触れていますので、お子様連れの方はそちらもぜひ参考にしてください。

では、この記事の中では、上記ページに書かなかった共通点をご紹介していきましょう。

生活動線の後悔や失敗の中でも多い間取りの悩み

・生活動線で廊下を行き来しなければいけない間取りになった

・生活動線で扉をいくつも開けなければ一つ一つの部屋に入れない手間がある

買い物などをした帰りは荷物を運ぶルートが非常に使いにくい

扉の開け閉めをする際に、足を使わないといけないような間取りになっている

こうした必要のない動きを必要とする間取りが後悔・失敗の大きな原因となっているのです。

では、どうして、この方たちは、そうした失敗・後悔をしてしまうのでしょうか?

原因となる思考の共通点をご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て間取り失敗後悔ランキング第8位生活動線原因

では、どうしてこんな間取りを結果的に作ってしまったのか?共通点をご紹介していきましょう。

1.ネット上の人気間取り図などを参考にして考えた

間取りの家事動線についての失敗談や後悔がダントツに多いのがこのケース。

「でも、人気なんでしょ?使いやすいから掲載されているのではないの?」

そう考える方のあなたの考え方、それが人気になっている秘密。

人気アンケートを実施したのは、引渡しのいつのタイミング?

これが大きなポイント!

実際、人気の間取りが家事動線に本当に有効であるなら、後悔や失敗は年々減るはず。と思いませんか?

で、実際の結果は?というと、

年々増加する「間取りの後悔・失敗についての書き込み」

そこから見える1つの考え方は、「人気の間取りに真似る事は安心ではない!」。

新築間取りの人気こそ要注意!でも見極め方をご紹介してますので、興味がある方はお役立て下さい。

という言葉をまずはしっかり頭に入れましょう。

2.ハウスメーカーからのおすすめばかりをあてにした間取り図

この思考も、同じような事を表現しますが、ハウスメーカーや工務店などを意見をまともに聞きすぎて決定した間取り図も家事動線の後悔には決して少なくないのです。

このパターンに一番はまるのは、先ほど紹介した後悔・失敗の具体的内容にあった

「同じ場所を何度も通る」間取りが大きな原因!

それがなぜ生活動線の失敗・後悔なのか?

「これならキッチン、お風呂・洗面は近いですから使いやすいですよ」

こんな言葉聞いたことないですか?

でも、私は先ほどの子育てのための家事動線の記事内に、

水回りにおける家事動線は、近いだけでは足りない。

とはっきり書いています。

こうした「曖昧な説明を鵜呑みにした結果」が後悔や失敗を産むのです。

では、成功法を作り出す思考法とはどんなものなのかご紹介していきましょう。

 

新築一戸建て間取り失敗後悔ランキング第8位対策

生活動線における失敗・後悔をしないためのポイントをしっかり身に付けるための思考法をご案内しています。

1つでも多くの物件の中を歩き、動線についてダメ出しをしていく

具体的なダメ出しポイントは、

・家事をしたいと思った時、同じ地点を何度も使う?

・廊下の先は、一本線上で生活動線が可能?

・後ろから来た人と邪魔になることはないか?

間取りにおける生活動線の成功とは、つまり人と人が重ならない行動しやすい動線ルートで行動できるのが理想。

ですから、

・人と人がぶつかる

・同じポイントを利用する

といった間取りでは使いにくいのです。

確認して練習すればきっと見えてきます。

新築30坪間取り家事動線失敗後悔対策でも、画像等を紹介しながらご紹介してます。

興味がある方は、お役立て下さい。

いかがでしたでしょうか?

10位から8位だけでも十分対策しなければいけない事は多いように思いますよね。

 

新築一戸建て間取り購入後失敗後悔ランキング7位~1位

新築購入後失敗後悔ランキングは以下の通りになっています。

それぞれが関連記事にリンクしていますので、あなたの気になる内容をクリックしてみてください。

こうしたそれぞれの部屋に関係する間取りに対する悩みは、分散してるようでつながっています。

まずは、新築間取りを考えるなら、以下の表現を最優先にして検討して下さい。

・生活しやすい間取り、使いやすい間取り

・同じ場所を行ったり来たりしない間取り

・ドアの開閉で移動に障害を持たせない間取り

・上下階の使用時間と騒音リスク

こうした内容を検討してみてください。

想像力の不足、ありきたりなのに、新築だから忘れていた事。

こうしたことの積み重ねが失敗後悔につながります。

ぜひあなたの新築は、オシャレよりも使いやすい家。

この言葉を意識して作り上げてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

各部屋の悩みを項目ごとにまとめた内容は、新築間取り失敗後悔注意点総まとめにてご紹介してます。

部屋毎全てに収納、照明、床、インテリア配置等をご紹介してますので、興味がある方はお役立て下さい。

世帯人数ごとの間取り注意点もご紹介しています。

夫婦二人暮らし向け注意点

夫婦二人暮らし新築一戸建て間取り成功と失敗注意点実例画像付

3人家族向け間取り注意点

三人家族間取り新築失敗後悔注意点と成功のコツ

家族4人という想定に対して、間取りに多い失敗後悔原因もご紹介しています。

家族4人一戸建て間取り後悔失敗対処や成功法

5人家族向け間取り注意点

5人家族間取り新築計画失敗後悔注意点

知っておく事で、救われる情報はたくさんあります。

他人から学ぶ事は気付くきっかけ

住み慣れた家と新築に反映させるべきことも必ずある。

仕事とローンのバランスも計画を始める時には、条件も心配になる事が多い。

しかし、本当に心から気に入った家であり、イメージと違いが少ない状態があれば、毎日問題を抱える心配もない。

家を持って、子供が成長する度に、これからの将来に希望も持てる環境がある。

家族みんなが満足をするって時間の流れを考えると難しい事。

家づくりをしたのが子どもが小さい時なら、思春期になって子供が言ってくる言葉はもう10年から15年前の住宅だから当たり前の話。

家具に便利を感じる話も親が好きの好みも次の世代になってもっと視野も広くなっていく。

いくら今調査したマンションとの比較で感じる視点も数年たったら価値観も変わるかも!

図面を見て、畳がないことを当たり前とするか、何とか入れる方法を考える?

こんな違いもおしゃれの価値観でしかない。

入る家族により、工夫してくれって声でもらってる声も全く違うはず。

私の伝える言葉も言われて信じておけばと思ってくれる人は100%ではないと思う。

でも、せっかくかかる家に費用をかけるなら、たとえ土地が狭くても活用する方法次第で、どこでも満足と妥協点はある。

勉強するスペースが狭い?

どこの部分を重要にしてもらう?

家族構成のカテゴリーとして4人、3人、夫婦二人暮らしどこ?

こんな生活スタイルの違いをもっと自分たちに当てはめてみてほしい。

家事、育児、掃除に必要な街への買い出しの距離も子育て予定の方には大切。

twitterやfacebook等のSNSで調べるのも良いと思います。

たくさんやってみたいことがあると思いますし、我が家が体験したサービスなども数多く掲載しています。

売る側のセールストークばかりに流されないでください。

とてもよかったこと思えた事だけでなく、やっておくべきだったことを知ることがとても大切。

もちろんいくらまで限界?

現在の予算外の場合はつい背伸びをしたくなる時もあると思います。

しかし、そういう時こそ、快適な家とは何が必要なのか?

現在その環境が無い事がどれだけ決断を必要を必要とするポイントになるのか?

こうした目線で情報を知る事が大切。

種類も知る事で興味を持つ人も多いはず。

しかし、ただ見学会に行くのではなく、そのメーカーを使った人の悪いと思う事もデータを含めて調べ出す。

約6ヶ月ほどであなたのこれから使う今とは全く別の家が出来上がってしまう。

別に返済が厳しい持ち家を買う必要のある時代ではない。

しかし、届けられた持ち家と言う買い物のが問う商品が、返済中に不便ばかりでは辛いです。

プロの声とは言いませんが、私はノウハウを届けられるくらいの専門知識を現場時代に培ってきました。

だからこそ、変にモニター募集等にまどわされて欲しいとも思わない。

注目すべき点は何か?

木造と鉄骨の違いは何か?

購入者の声で何を見極めるべきなのか?

投資に見合う価値を体験していただきたいと思います。

オプション採用を考えてる方がいたら、我が家の住んで2年経ってからの後悔も参考にしてください。

新築後悔したこと設備|主寝室エアコン配置オプション注意点実例画像付き

新築に関わるランキングでは、新築祝いという内容も注目されています。

新築祝いランキング上位の使い方

新築祝いランキング上位の意外な商品の詳細やおすすめサイト

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ