新築キッチン成功3大要素を業界経験者が解説

スポンサーリンク

キッチンパントリーや収納、照明で失敗しないおすすめについて、このページにご訪問いただきありがとうございます。

失敗後悔を心配する方における全てがコンパクトに集まっている場所は、キッチン。

失敗例を探す。

人気の間取りを探す。

この考え方には、私はキッチンを起点に探すのが分かりやすい方法だと考えております。

キッチンに要する設備には、以下のような内容を考えなければいけません。

新築失敗例とキッチンの悩み

収納(棚、パントリーを含む)

家電配置(家事動線)

広さ

間取り配置

システムキッチンの高さ

照明の種類

実に家は様々なパーツの組み合わせにより一戸建てというのは形を作り上げます。

土地の形、家づくりでの外観や日照条件に対する建て方。

建てる前に想定するメリットデメリットの優先順位。

部屋ごとに関連する暮らしで何をしようとするかの想定。

満足するために決めるべきことには必ず人が関係するのが間取り。

家事を毎日行うスペースで取り返しがつきにくいのがキッチン。

単純にいらない対象をたくさんつける事で贅沢と勘違いをする。

なくてもよかった、いらなかったものが増えた家は、結果的に狭い、圧迫感という失敗後悔の原因につながっていく。

実際に我が家が一度解約したハウスメーカーと今建てた会社の違いを含めて、費用目安もご紹介しています。

新築照明費用に多い失敗後悔原因

新築照明費用はいくら?見積もり額が高い時の節約ポイント体験記

シンク1つで会社の特徴がある。

カウンターの高さにこだわり入れたら失敗した!

天板選びに何を優先すればいいのか分からない?

ihならこの仕様が良いと言われたが高さが自分にとっては使いにくかった。

こんな些細な不満が調理や片付けをこれからの人生で毎日使うからこそ、やはり忙しい時や疲れた時に差を感じやすい。

ですから、特にキッチンについて、失敗後悔しやすい課題を1つ1つ解説していきます。

アイランドキッチンについてもご紹介しています。

アイランドキッチンおすすめメーカー選定基準

アイランドキッチンおすすめメーカーは誰を信じるべき?

アイランドキッチン値段激安リスク

アイランドキッチン値段で激安や格安,値引率は要注意!

アイランドキッチンインテリア視覚的効果

アイランドキッチンインテリアで飽きない工夫ポイント

アイランドキッチンコンセント配置失敗後悔注意点

アイランドキッチンコンセントの数や配置失敗後悔注意点

アイランド型と比較に迷う人向けにもご紹介しています。

アイランドキッチンメリット

アイランドキッチンメリット比較

アイランド型を採用して使いにくいという後悔した気持ちをもつ人もいるのが現実。

アイランドキッチン

アイランドキッチン後悔|使いにくいデメリット|住宅関連企業引退者が解説

新築キッチン床をタイルを選んだ方のリフォーム相談経験を含めたデメリットや注意点もご案内しています。

新築キッチン床タイル

新築キッチン床タイルデメリットは多い?リフォーム相談実例やweb内覧会動画付

新築間取りにおける失敗後悔ランキングもご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔ランキング

新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と対策

多くの方がキッチンの使いやすさや使いにくいを要因に家の購入すら諦めるか考える時代。

こだわりぬいた後の失敗もある

気に入った要素と実態のギャップ。

家事室という考え方はもう30年以上前から存在している!

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験,新築一戸建て,マンション購入体験を通じて各記事をご紹介してます。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築住宅間取りキッチンの設計における特に失敗が多い要素を集めてみました。

このページでは、以下の内容で、失敗後悔対策をご紹介しています。

新築キッチンの失敗例1収納

新築キッチンの失敗例2照明

新築キッチンの失敗例3パントリー

新築キッチン失敗対策おすすめの作り方は?

私たちが新築一戸建ての際にお聞きしたキッチンにまつわる失敗の多い例や失敗しない方法をご紹介しています。

ぜひ皆様の参考にして、よりよい新築計画をすすめてください。

新築キッチン収納が失敗原因

新築 一戸建て キッチン 失敗例

キッチンの収納って迷いませんか?

あこがれの壁一面の収納スペース。

レンジ台を気にしない収納スペース。

様々な形式が出ていますが、私がお聞きしたキッチンで一番多いのは、収納です。

会社の建付けサービスで選べばいいの?

トラブルになった時のアフターはすぐ来てくれる?

家族から、高い収納家具は却下と言われた!

収納家具をもし買うとしたら価格の基準がわからない。

等、建築プランの時の建付け設置の話がでやすいのも収納。

予算もあるし、検討しすぎるだけの時間もあまりない状況で限られている。

現在の単世帯から老後まで考えて利用に便利を考えるなんてわからない。

実際、以下のような課題は住んでから感じやすい悩みのチェックリスト。

高い位置の収納をカップボードや背面収納に使った

⇒身長や奥の物を出すのも面倒になり、一番上には使わないものばかりが残ってる。

背後に一面キッチン収納があるのは嬉しい。

壁面スライド形式なら、見えないキッチン収納を夢見たけど、何もかもを出さなければいけないのは大変だった。

壁全面での収納スペースでは、「ダストボックス用のスペースやちょっとした備蓄をするスペース」が重要だと感じた。

何もかもを隠しておいて、すっきりした空間といういいイメージだけが残りやすい壁面収納

しかし、実際使う際には、全て取り出す作業があることが大変になる。

というケースが多いのがキッチンで一番多いそうです。

必ずモデルルームでは、照明と日照条件を確認しながら照明を確認しましょう。

でないと、暗くて作業しにくいキッチンになってしまいますよ。

そもそもダウンライトとはどういうメリットデメリットがあるのか?

ダウンライトとは

ダウンライトとは?新築照明デメリットやリスク,後悔注意点実例画像付

リビング照明について、LEDダウンライトを検討している方への注意点もご紹介しています。

リビング照明ダウンライト

新築リビング照明選び方LEDダウンライト配置画像付解説

テレビの位置を含めて家の中にコンセントは各部屋にいくつ必要?という考え方も大切。

新築コンセント

新築コンセントや照明スイッチ位置や数の見落とし注意点配線計画まとめ 

リビングの悩みをまとめてご紹介しています。

新築リビング間取りまとめ

新築リビング収納や広さ,インテリアや照明,コンセント選び方注意点まとめ

2階廊下の照明スイッチについてもご紹介しています。

新築2階廊下照明スイッチ配置注意点

新築照明スイッチ2階廊下配置位置のコツや注意点

ぜひ一度考え方の視点として、イメージ作りにお役立てください。

来客用と日常用、何を区別する?

ガスコンロや食洗器などの機器の配置。

コンロサイズで調理の時間や効率は変わる。

冷蔵庫やレンジ、食器棚の配置をチェックしておけば何が違って使いにくくなるのか?

クッキングスペースの活用法と勉強などをリンクさせてイメージできる。

女性が使うという視点ではない。

部屋の事例として手入れをしやすいシステムキッチンの天板選び。

家庭の中心にありながら、水まわりというスペースをつくることにも関連する。

少し視点を変えれば、以下のような考え方もあります。

鍋やフライパン、調味料などのストックなど収納。

お客様用のカテゴリーとして並べる位置。

このように、自分の日常よく使う物と臨時の対応品をどう重視するのか?

女性の魅力を最大限に引き出すだけでなく、その場所に表示されている情報は家庭の中でみんなが感じるべき内容が詰まっている。

快適な動線になるのかをチェックする。

こんな視点で比較してみてください。

よくある日常の悩み

食器は上と下どっちが取り出しやすいのか?

横にスライドする扉と観音開きとどっちが楽?

毎日使用するという頻度の問題。

でも新築だと思うとついデザインを意識しすぎる面もある。

取り出し作業には余裕が欲しい。

それが実際に引っ越し後に入れる時にはカツカツ!

そういえば、収納が汚れた時の掃除の手入れは?

こんな意識を持つ必要がある。

ただモノを吊り戸棚でも背面収納でも入れる場所があればよいのではない。

視覚的に圧迫感があるとか、扉を開けたままにした作業には邪魔!

奥のものは絶対脚立がないと無理!

最近の設備は種類が増えたことにより雰囲気はとても目で楽しめる。

でも実際に家庭に使う料理器具なども大型化していていれるにもストレスがある。

周辺に傷をつけることを気遣って置き場所選びも慎重になる。

収納、生活、手入れ、季節もの(鍋など)の細かい配置の調整。

このような流れが普段の生活の中で不要になるような置き方を実現できる。

これがママの理想の間取り図としてキッチンに求められる収納ではないでしょうか?

では、次に、キッチンの照明についてご紹介していきましょう。

 

新築キッチンの失敗例2.照明

新築 一戸建て キッチン 失敗しない方法

キッチンに立つ際には、以下の考え方をしておく必要があります。

1階2階を問わず、照明環境の利便性を考える。

➔2階の居住スペースに近いと照明は睡眠の妨げにならないか?

照明の位置

➔同じ位置で立って、LEDダウンライトの種類を日赤くしたか?

作業スペース

➔いくらデザインが良くても光は届いているか?

非常に重要な事を最初は考えずに計画される方が多いです。

キッチンスペースも省エネ対策で、LED照明にしよう。

おしゃれなライティングを作り上げてダイニングを対面にしてスッキリさせよう。

新築キッチン照明を選ぶ時、失敗後悔を経験する方の多くは、実用性よりも見た目の印象が優先した選び方

実際、使う際には明るくないと炊事もできませんよね?

住まいの環境は、音の伝わり、光の伝わりも十分考える必要がある。

夜間一人で作業してるのが隣や外で丸わかりになるようなキッチン?

配線計画は、敷地の形状を含めて、光の漏れ具合と時間の流れも知っておくことが大切。

知識としてではなく、大事なのはイメージ力。

通りに面する全面ガラス張りの解放空間に置かれたアイランドキッチン。

いくらカーテンしても照明が漏れたら、入居者のしぐさもすぐわかる。

テレビなどをキッチンから眺める時はどこのスペースまでの照明スイッチがほしいのか?

自由もあり、納得も出来る。

こんな安心とは反対のよく言われる照明の失敗原因をご紹介していきます。

キッチンのLEDが思ったほど光が届かない。

収納の中の商品は、懐中電灯やダイニングの照明を付けないと探せない。

水回りの場所だけのための照明を昔は母が使ってたのをみて、あれはダサい!と思ったけど実際は必要だとつくづく感じた。

照明の数をしっかり立ち位置と見たい物の収納スペースで確認しないと後々が大変だとつくづく感じた。

キッチンの照明はインテリア要素で考えてしまうかたが多い。

しかし、実用性を最も意識しなければいけない。

家事する時以外使わないと言う事はない。

夜間に起きた時は?

うまくバランスよく当たる照明の種類は?

成功というのは、バランスが取れた光の量と入居者が自然に押せる照明スイッチ配置。

スッキリさせることが、優先ではなく、こういう位置にこの位の照明があれば、便利なのにな!

こんな今の生活で改善したい事を書き足しておきましょう。

新築キッチン照明スイッチ注意点やコツ

我が家の実際のキッチン照明やスイッチ画像付おすすめの選び方

ページもご用意していますので、あわせて参考にしてみてください。

 

新築キッチンの失敗例3.パントリー

キッチンパントリー広さ

後悔になりやすい内容として最後に、収納の活用スペースであるパントリーについてご紹介していきましょう。

家づくりを考える時には、やはり元気で調子のよい時に内覧や間取りを選ぶときの環境では見えていない事も多い。

システムキッチンには対面だけでなく、i型、コの字型、l字型、アイランド型などこれまで使ったことがない特徴を持つ商品も数多く出てきている。

しかし、収納が足りないという人が増えている。

なぜか?

今はキッチン家電も大型化していることでスペースを要する。

結果、食器や長期保存食品やレトルト品などは収納が別でほしいと思う家庭が増えている。

そこで、パントリーという別の収納スペースを作る事が問題解決の糸口と思い込んでいる人が多い。

しかし、さまざまな収納した後の家事や生活の効率の悪化を感じる事があるのも現実。

キッチンのパントリー採用で失敗後悔が多い内容

パントリーの後悔がダントツ多いのは、こんな悩み。

「換気システムが無かったせいでにおいがこもりやすくなった」

そうです、ニオイの問題。

この他にも、パントリーには様々な原因があります。

パントリー収納に憧れて、作ってみたけど、実際に使う機会はあまり無かった

パントリーの扉は無い方がいいと思ったけど、冷気も暖気も逃げる。

食品がいたむのが心配になった

パントリーの扉が小さい子供にはいい遊び場になってしまって、家事や炊事をしていて大変なことが増えた

なぜ、こうしたことが起こってしまうのか?

それは理由がすごく簡単。

パントリーに憧れている自分。

使ったことのない自分。

結果、使い勝手の良さがイメージできない。

この連鎖が続く結果は、余分なスペース。

宅配のいらない物用の物置になってしまった。

なんてことも珍しくないそうです。

私が個別にご紹介している記事では、

新築キッチンにパントリーは必要?選び方のコツ

という内容でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

キッチンでの買った後の発見にならないようにするための方法をご紹介して今回の記事は終わりたいと思います。

 

新築キッチンで失敗を見極める想定

アイランドキッチン失敗後悔原因と使用感

新築一戸建てのキッチンスペースで成功するための方法とはどんな事が大切なのかをご紹介していきましょう。

キッチンの収納間取り設計として収納を考えた時の注意点を生活動線や掃除等を視点に使いやすいとは何かをご紹介もしています。

キッチン背面収納使いやすい

新築キッチン背面収納実例画像付使いやすい条件

新築キッチンを使いやすくするための重要なポイントの1つに冷蔵庫配置を見落としていませんか?

新築冷蔵庫キッチンの配置

新築冷蔵庫とキッチン生活動線|見落としが多い配置失敗注意点

新築キッチンについては以下のような内容もご紹介しています。

新築キッチンコンセント配置の工夫実例画像

新築キッチンコンセント配置や数注意点実例画像付

システムキッチン本体のランクやグレードという選び方も悩みが多い。

新築システムキッチン予算ランクダウン

新築システムキッチン予算|ランクダウンや安くお得にするコツ

色合わせにおけるママの悩みといえば、キッチン。

新築システムキッチン色選び方

新築システムキッチン色の失敗注意点とおすすめの選び方

新築キッチンを使いやすくするための重要なポイントの1つに冷蔵庫配置を見落としていませんか?

新築冷蔵庫キッチンの配置

新築冷蔵庫とキッチン生活動線|見落としが多い配置失敗注意点

キッチン照明スイッチについてもご紹介しています。

新築キッチン照明スイッチ注意点やコツ

新築キッチン照明スイッチ配置のコツ注意点を実例内覧会画像付解説

居室を問わない共通のインテリアグッズとしてゴミ箱の配置はもう決まっていますか?

新築キッチンゴミ箱置き場注意点勝手口コンロ近く

新築キッチンゴミ箱置き場失敗後悔原因や注意点画像付WEB内覧会

私がご紹介している新築一戸建てキッチンについて失敗後悔対策を含めて

新築キッチンまとめ

新築キッチン失敗後悔対策まとめページ

でご案内していますので、考えていないことがないかを含めて参考にしてください。

キッチンは奥行き確認が最優先

最初は、自分の今のキッチンスペースの寸法と内容を整理することが一番大切。

何それ?そんなのわかりきってるよ。

なんて方は、実際、おこなっていますよ、それが、「モデルハウスで自分たちが採用するキッチンの各設備の奥行寸法測定」。

奥行を図ることは、幅のイメージでどのくらい欲しいのかも見えてきます。

そして、帰ってきた時点で今の収納スペースを再度奥行と幅で見ていくのです。

実際、パントリーがないと収納が足りないなんて方はかなり少ないのです。

そして、収納スペースだけでなく、ゴミ箱やレンジ、そうした置かなければいけない物の奥行もしっかり測っておきましょう。

キッチン内の動線で動きやすい幅と明るさを確認

広いキッチンには憧れがたくさんありますよね。

でも広くなり過ぎたら、端から端に色々置いておくのは、逆に手間が増えてしまいます。

自分の行動しやすい幅を歩数で理解しておくとかなり一戸建てを実際に使う際にもイメージしやすいですよ。

キッチンに今付いてる照明もどのくらいの明るさなのか、今のキッチンは奥行どのくらいの幅なのか?

こういう自分の動きを動線にしたイメージをすることが失敗しない最大のコツと言えます。

物を取ったりする際の動きやすい高さとは

自分の振り返ってからの欲しいスペースはどのくらいの奥行か?

キッチンの照明は、どこにどの程度の明かりが欲しいのか?

冷蔵庫は右がいいか、左がいいか?

自分の生活に密着できるキッチンをイメージして作ることが重要。

新築になったら、パントリーができるんだ、壁面にある!

外見でなく、使う実際の物のイメージをしましょう。

その考えを持つと、人によっては、こんな答えにたどり着きます。

対面式よりL字の方が使いやすいかも。

キッチンの前のダイニングは、こういう料理の出し方ができるようにしたい。

使い勝手を追求したあなたの好みに仕上げるキッチン作りがきっとできますから、今日からでもイメージしてみてください。

キッチンは全ての部屋の共通点が多い

家を建てる。

この中には、玄関、寝室、脱衣所、風呂、子供部屋、ウォークインクローゼットや納戸、廊下など多種多少なスペースの集合体になる。

その中でなぜキッチンに共通点が多いのか?

以下のような想定をしてみましょう。

引き出しを出したら自分がどこに立てば、スムーズに動けるのか?

正面と後ろの配置をそれぞれ開けて自分が取り出せる視点や高さはどの配置が使いやすいのか?

コンセントの数はどのくらいの数や配置が使いやすいのか?

住みやすい家というのは、動作的にも不都合がない状態。

システムキッチン本体に少なくて本当に便利になるのか?

来客があった時、丸見えになるのはどこまで許せるのか?

このような量と場所の配置でよかったと思える空間は非常に条件が詰まっている。

リビングに吹き抜けを作ったら、窓の掃除を忘れてた。

窓1つでもかなり雰囲気は変わります。

新築リビング窓サイズや大きさ

新築リビング窓配置やサイズ選び方で狭い,暗い,寒いに要注意!一戸建て設計成功のコツ

メリットのほうを気にしたら、大きな掃除というデメリットが出てきた。

このように大きく生活とかけ離れた理想思考になりがちになるのも現実。

しかし、今の家の詳細部分を調査していくと、決して多くの機能が必要なのか?

こう考えると、決して多く求めてはいないはずなんです。

やはり無料で付けられるとか展示場に行くと新しいものをみて気になりだして検索するという行動も多いはず。

しかし、本当の意味で、活用できる状態になるのは、中の庭スペースや階段の装飾窓を含めても意外と少ないと言って過言ではありません。

 

システムキッチン評判でタイプを選ぶ?

cleanup(クリナップ)、panasonic(パナソニック)、lixil(リクシル)、タカラスタンダードなどさまざまな会社の商品がある。

アイランド型、対面式オープンなどのタイプの違い。

l型、I型などの違い。

カラーの違い。

コンロのオールステンレスやihとガスというタイプの違いや栓の開閉の違い。

天板トップの素材と色1つとっても種類が多いことで

ラクエラ、ラクトス、リシェル、シエラ、ラクシーナなどただ業者のサイトから名前が出てきて知ったシリーズ商品。

カラーや柄のバリエーション。

排水口、レンジフード1つとっても社によって違う。

これだけ豊富な中から自分の好みを選んで1つに絞り込む。

これってかなり大変な作業。

おすすめの選び方と注意点

まずは注意点。

金額が高くなればその分設備も充実するハイグレードモデルがある。

予算が多ければ選べる範囲も広がる。

ただこれだけで比べるのは私からしたら間違い。

  • 将来のリノベーションの時にも同サイズの展開が多いのかを比べる。
  • 掃除をしやすいのはどれかだけでなく、人口大理石などと食器など割れものとのバランスも重要。
  • 天板の高さと幅、奥行き全てのサイズによる自分の家のサイズとの相性。

近くにヒーターなど強い熱を伴う家電を使用する場合の問題などいろいろな課題が多い。

主婦にとっては、スタイリッシュで広々がもちろん理想のはず。

しかし、機能性抜群で今のライフスタイルとしての性能は十分でも将来の楽とは限らない。

おすすめの選び方や考え方

今の優れた日本製、海外製も結果多くがそのままという事ではありません。

いずれ10年も絶てばもっとよいラインナップが出てくる可能性もある。

今できる事の予算の中でそのままの自分の知識や経験のまま使える。

この条件が満足に最も近づく形だと私は伝えたい。

私がおすすめしたいのは、今のあなたにとって何が一番使いやすいのか?

その先におすすめの形や理想は必ず変わってくる。

今の最大の悩みはシステムキッチン本体で解消するべきこと?

こんな疑問を掲げながら検討することをおすすめします。

我が家も人気のメーカーであるパナソニックで一度かなりシステムキッチンでは時間を要した。

ショールームに行く。

相場を知る。

口コミは営業の担当から確認。

安いシリーズと人気との違いを比較。

こんなことをしていきながら、結果断念をした。

その理由はコストだった。

妻はこんなことを口にしていた。

「今欲しいのは3口のコンロ。」

「食洗器はパナソニック製で一条工務店i-smart奈良選択可能。」

「天板も人口大理石で白基調がある」

だったら今の相場なら我が家はメーカーの取り寄せは不要。

このように、以下の点を優先順位として選んだのです。

  1. 幅、奥行き、高さ、カウンターの有無からサイズを絞り込む。
  2. 食洗機、自動水栓、コンロ、収納サイズなどの機能の絞り込み。
  3. 色、デザインなどと背面収納やダイニングリビングとのインテリアの調和

上記3つを優先順位として絞り込むことをお勧めします。

システムキッチンの選び方については以下のような内容もご紹介しています。

システムキッチン色をパーツ別に考える

新築システムキッチン色失敗注意点とおすすめの選び方|業界経験者が紹介

システムキッチンパナソニック口コミ1魅力

システムキッチンパナソニック口コミ|検討後見送り決定の理由

新築システムキッチン予算ランクダウン

新築システムキッチン予算|ランクダウンや安くお得にするコツ

私がおすすめしたいのは、あくまで色の調和などと使いたい機能を重視。

そして大前提は今の家のサイズに合わせて狭い、暗いを感じさせない選び方になります。

メーカーがとかランキングという事ではない。

あなたの身長、体型、体の負担などを十分考慮の上、何を高級として何を安いと感じるべきなのか?

このような点をポイントに検討を進めてみてください。

新築窓の数が少ないという視点からも記事を書いています。

新築窓の数が少ない失敗後悔と現場事情

新築の窓の数が少ない失敗後悔注意点チェックリスト

デザインが素敵なドアを付けたが、実際に使うには不便。

こうした事は浴室の工夫のつもりのアイデアに多い悩み。

キッチンに置く配置は、こうした全てが動作のスペース確保を第一に家づくりが詰め込まれた感があるスペース。

夫婦2人で立つ事も不便が無く、役立ちやすい解放されたと感じるスペースには何が必要?

そのためには始めは良かったと思った事が必要なかったと十分思い知る。

こうした認識が必要になるのではないでしょうか?

失敗例を見抜く簡単な方法

将来は60歳近くになっていく間の中で今作って先の事を考えなければいけない。

靴は、そんなに高い位置に作って将来靴の鳥脚は簡単なのか?

狭くなると分かっていても合わせたかったインテリアは本当に必要だった?

徹底してコストダウンを図ったという記事の意見になぜか手を加えたとされた庭。

その場所が手に入った生活の中で、朝に窓を開けたい人は特に虫が入る想定は生活は本当に予測されているのか?

せっかく同じ面積に何かを計画の中で採用していこうとする。

しかし、間取り集を見ても、なぜか移動には使いやすさに質問をしたくなる配置が多い。

実は家づくりはシンプルが一番。

この言葉を考えてもっと簡単に、以下の事を優先して見てください。

手が届く距離と高さ。

かがむ、立つを繰り返さない配置。

かがんだ時、後ろがつまらない奥行き。

物を取り出す時、無理な姿勢を必要としない配置。

これをすべての間取りで意識するだけで、いろいろな失敗原因を排除できるはず。

店で慣れた環境も自宅で使うのは大きく違います。

あくまで構造も違う。

好きなデザインと家事や炊事は全く別。

床の硬さや冷たいという感覚1つでも立ち仕事している時の好みは全く別もの。

だからこそ、奥様の希望に合わせる事が本当に大切。

私の今回の家づくりも、妻がキッチンスペースは全てを優先して決めた。

私があえて提案したのは、電子レンジなどを置く高さと奥行きを必ず身長と合わせるという視点のみ。

それ以外は、口出しをして、選択を止める事はあまり多くなかった。

やはりカテゴリごとに奥さんがメインで使う場所は夫の意見無視してどんどん入れたい事を入れておきましょう。

必ずこの選択は長い人生において返ってくると思います。

こうした視点もご紹介しています。

 

設備オプション選び方注意点

オプション採用を考えてる方がいたら、我が家の住んで2年経ってからの後悔も参考にしてください。

新築後悔したこと

新築後悔したこと設備|主寝室エアコン配置オプション注意点実例画像付き

注文住宅引っ越し準備の店舗巡りは大変だけど楽しい。

店舗巡りを必要としている方向けの情報として、おもちゃ入れについても体験を書いています。

ニトリおもちゃ収納ケースとカラーボックス比較注意点

ニトリおもちゃ収納ケースとカラーボックス比較注意点|ウォークインクローゼット活用法

別の毎日の生活の中で必ず使うママの家事に関連するスペースの広さの悩みを収納確保を含めてご案内しています。

新築洗面脱衣所広さ実例画像i-smart

新築洗面所(脱衣室)広さが狭い,収納不足を感じる要因は何?実例画像付で解説

新築失敗談をブログから探す時のポイントや注意点もご紹介しています。

新築失敗例ブログ探し方

新築失敗談から自分たちの成功を考える時のコツ|ブログ活用術

新築照明の失敗をリフォーム相談を受けていた現場時代の問い合わせが多かった内容からご案内しています。

新築照明失敗

新築照明失敗原因3つの特徴と後悔しないプランニングのコツや注意点現場に多い相談体験記

実際に新築購入時に購入した家具家電のリストや価格目安もご紹介しています。

新築一戸建て家具家電購入すべき物と金額

新築家具家電一覧と費用内訳一戸建て入居前購入リスト

新築内装実例を参考にするべきポイントもご紹介しています。

新築内装実例画像インテリアコーディネート成功のコツ

新築内装実例カラーコーディネート参考注意点|明るい住みやすい家づくりの発想方法

坪数における失敗対策もご紹介しています。

新築30坪間取り配置

新築30坪間取り総二階家事動線成功と失敗例に多い誤解や注意点

ネット上の書き込みから情報を得るのも楽しいですよね。

システムキッチンおすすめを相談しているスレ(知恵袋)

この記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ