新築リビングダイニング窓配置やテレビ上サイズ等選び方注意点

スポンサーリンク

新築一戸建てリビングの失敗後悔対策をご紹介しています。

このページにご訪問いただきありがとうございます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

リビングは窓以外にも部屋の中の内装や設備などいろいろな悩みがあります。

新築一戸建てリビング壁紙クロス 実例画像

リビングの壁紙クロス選びのコツ

リビング照明ダウンライト

リビング照明ダウンライト選びの注意点

リビング収納カウンタークローゼット

リビング収納やカウンター配置のコツ

新築一戸建てリビング暗い家の特徴

狭い、暗いリビングを防ぐコツとは?

8畳リビングレイアウト

リビング8畳とダイニングレイアウトは狭い?子供用スペースは?注意点実例画像付

新築リビングの狭い暗いを防ぐポイントや注意点もご紹介しています。

新築一戸建てリビング狭い防止策

リビングの広さ対策や明るい空間|新築一戸建て家づくり間取り設計のコツ

リビング窓の小さい大きいというサイズ的な選び方についてもご紹介しています。

リビング窓小さい

リビング窓小さいメリットと注意点|元現場担当者が解説

リビング窓大きい注意点

リビング窓大きいメリットと注意点|現場経験者が解説

新築窓の数が少ないという視点からも記事を書いています。

新築窓の数が少ない失敗後悔と現場事情

新築の窓の数が少ない失敗後悔注意点チェックリスト

コンセントやカーテン等幅広いリビングの悩みをまとめてご紹介しています。

新築リビング間取り

新築リビング収納や広さ,インテリアや照明・コンセント選び方注意点まとめ

窓の情報が手に入ったなら、次は、カーテンだ!なんて方は、

新築リビングカーテンはレースカーテンのみでもいいのか?体験記

でもご紹介していますので、参考にしてください。

カーテンの選び方についてもご紹介しています。

新築 一戸建てカーテン費用コスト削減

新築一戸建てカーテン費用コスト削減や購入時交渉方法体験記

リビング8畳のレイアウトについてもご紹介しています。

リビングレイアウト8畳キッズスペース

リビングレイアウト8畳狭い?キッズスペースは?注意点実例画像付

狭いリビングダイニングインテリアの工夫

狭いリビングダイニングインテリア優先順位失敗後悔注意点

アクセントクロステレビ背面

アクセントクロステレビ背面設置時よくある失敗後悔原因|家具やレイアウト注意点

アクセントクロスリビング壁紙

リビング壁紙アクセントクロスの活用法

新築 一戸建てカーテン費用コスト削減

新築一戸建てカーテン費用コスト削減や購入時交渉方法体験記

新築一戸建て間取りを決めていく中で迷いが多くなる1つに、窓の演出や選び方があります。

窓の配置一つで、「明るい広いリビング」にも「暗い狭いリビング」を感じさせやすい空間に変わります。

新築窓にシャッターを付けるより有効な防犯や台風などの自然対策もご紹介しています。

新築窓シャッターは必要なし

新築窓のシャッターは必要?電動手動含めて住宅関連企業出身者が解説

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

このページでは、新築一戸建てリビング窓の選び方注意点について、以下の内容でご紹介しています。

新築一戸建てリビング窓における重要事項1 方位と近隣距離

新築一戸建てリビングにおすすめの窓のサイズや配置選び方

新築一戸建てリビング窓サイズや配置の失敗例 窓のサイズや形状選び方

サイズや形状の項目では、スリット窓、横長窓、窓の高さによるデメリット等も具体的にご紹介しています。

採光ばかりを気にしていると、となりとの視線の失敗やセキュリティ対策には欠けます

リビング窓をお悩みの方はぜひ私たちが窓を決める際に注意した項目を掲載していますので、ぜひ新築一戸建て間取り情報収集の1つとして参考にしてください。

新築窓リビングのサイズや配置選び方

リビング 窓 サイズ

この画像には、非常に説明したいことが詰まっている1枚のリビング窓サンプル画像と言えます。

それぞれのタイプについて特徴や短所やその変わりの考え方等を総合的にご紹介していこうと思います。

テレビ上に付いている横長は非常にオススメ

このタイプのメリットは、あくまでも採光用という意味で非常に適しています。

リビングテレビ近くに横長のあるメリットとは?

1.最大のメリットは、高い位置からの採光を取りやすい

2.次のメリットは、プライバシーとしてお隣からの視線を気にせず生活や開け閉めが可能

3.横長にすることで日中の日の流れに伴う時間の違いでの長時間の採光が見込める事

こうしたメリットが詰まっているので、

テレビ傍に配置しようとしているご家庭には、オススメのサイズと言えます。

実際、私達も横長のタイプをテレビの上に配置しています。

午前の光は非常に入りやすく重宝しています。

次に、テレビ後ろの天井位置近くにある採光についてご紹介していきましょう。

2.リビング天井近くの天窓は採光はリビング吹抜けにオススメ

リビング階段を採用した吹抜けリビングに憧れるご家庭も多いかと思います。

この場合は、テレビ後ろの照明より上についている「大きめの採光」が非常にオススメ。

リビング天井近くに大きな採光のあるメリットとは?

この採光用を最大限活かせるのは、掃き出しの上に設置できる場合。

リビング天井近くに大きな採光窓のデメリットとは?

耐震構造上の問題から、この掃き出しの上での窓配置はできない場合ももちろんあるという点。

その変わりの考え方もご紹介していきましょう。

大きな採光の変わりの設置

その場合は、次に活用できる可能性があるなら、リビング階段。

リビング階段の上から採光を取るためのはめ込みタイプを使っていきましょう。

しかし、この場合も注意事項があります。

大きな採光の変わりリビング階段の注意点

この場合に、注意して頂きたいことは、必ず曇りガラスやミラーガラスにすること

このタイプを透明ガラスにしてしまうと、日常での私服やパジャマでの階段の乗り降りが、丸分かりになってしまう事が非常に心配要素。

この形状に曇りガラスにしても採光度合いが著しく低下する心配はありません。

ぜひこのリビング階段の候補として検討をしてみてはいかがでしょうか?

最後に、画像左側に3つ並んでいるタイプについてご説明してきましょう。

3.リビングダイニングに跨ぐ中間サイズの採光のあるメリット・リスク

視界としては、お隣がある条件下でのこのサイズの配置は正直あまりメリットがありません。

理由は、

高さがない為、お隣で遮られた部分の採光は非常に取りにくいから

リビングダイニングに跨ぐ中間サイズを活かせる条件

この窓を最大限活かせる分譲地での考え方は、一番端の住まいになる方が、お隣の無い方面に向けて構える。という考え方。

この場合でしたら、隣の採光を心配をする必要がなく、リビング兼ダイニングに向ける採光として非常にメリットが高いと思います。

しかし、この3つともに言える最大の注意点があります。

リビングダイニングに跨ぐ採光用選びの注意点

あくまでも光を取り入れるための設置したいと考える方にはぜひこのタイプも注目して欲しいと思います。

採光としての役目を最大限有効活用していく選び方に欠かせないのは、FIX窓にしておくこと。

引き違いと言われるタイプは、下の画像がイメージです。
リビング 引き違い窓 リビング リスク

1Fリビングで採光のために用意する際には、重要なのは、採光だけでなく、防犯対策を意識するということが重要。

防犯対策における選び方では、

1.簡単に人が届く、覗ける高さに設定しない

2.引き違いのように、ガラスを割って侵入しやすいタイプを採光用に用いない事

3.曇りガラスにすることで中の様子がわかりにくい防犯対策を心がける

といった工夫が必要になります。

この内容を含めて検討していただければ、きっと成功する自分のイメージに近い空間づくりができると思います。

では、逆に成功事例やメリットの逆を行く、このサイズや選び方では、失敗しやすいという例も最後にご紹介していきましょう。

窓一つで、

・印象が変わるリビング

・ダイニングを明るくするための選び方

こうした配慮を間違うと、「暗い狭いリビング」を感じやすい窓になります。

ぜひチェックしてみてください。

 

新築窓リビングの重要事項

新築リビング窓えらび方のポイント体験記

リビングの窓を決める際に最重要項目となるのは、リビングの向き(方位)が非常に重要

部屋により広さ、土地や建物の間口、断熱、気密とのバランスが重要。

開けやすい?

年齢を重ねても重くない?

掃除しやすい?

引越し計画の際に搬入口に使える?

採光の他にも風を入れたり、空気の入れ替え等どんな効果を期待する?

種類は多いけど室内に相性のよい対象は人気で選ぶ物ではない。

あくまで建築の設計に対して、条件のよい商品を合わせる事が最も重要。

憧れを重視しすぎて生活環境を忘れている。

これでは住んでから良い家とは言えない。

どの方位に何の目的のために取り付けたいのか?

この視点があったらきっと出てくるプランの中でも自分たちの家につける必要がある対象は何?

この絞り込みが可能になってくるのです。

高すぎた

低すぎた

掃除しにくい

使用した時、外側からどう見える?(外観)

洗面所や階段等地域を問わず家族が毎日使うスペースにライトと同様に必要な対象の1つ。

床材などのインテリアよりももっと生活に密着させて考えていきましょう。

各部屋とのバランスと役目が重要

外壁、屋根など選択する種類が増えた。

外観にも影響があるからこそ、大きすぎるサッシを付けると後悔の原因にもつながる。

今は2階が存在しない賃貸暮らしという人には、それぞれの部屋での役割がイメージできない事も多い。

前に道路があるだけで、換気のつもりが視線対策も問われた!

分譲地につくる時には、意外と駐車場が正面で視線を回避するのも十分な距離がないからこそ難しい。

大きすぎると、冬は冷気の進入口を作ってしまう。

同じ部屋の中でも夏場のエアコンの効率と熱の伝わりは南側のスペースも暑すぎるじょうきょうにならないように配慮が必要。

部屋によっては、西日や暑い寒いの問題が出る可能性がどこまで暮らしと照らし合わせているのかが重要。

各部屋の窓の配置についてもご紹介しています。

新築玄関窓は必要?デザインや枠,大きさの選び方画像付

新築主寝室窓選び方配置失敗後悔対策注意点一戸建て注文住宅体験記

新築窓の大きさの選び方に必要な3つの優先ポイント|成功実感体験ブログ

興味がある人は読んでみてください。

周辺環境で確認するべき2つのポイント

ただ縦すべりやスリットなどデザイン性のある事例を見てもメンテナンスも大切。

リビング内にもこだわりを入れておきたい人は以下の2つのケースを考慮しなければいけない。

1.空気の流れは暖気と冷機でどうエアコンの効率と影響する?

2.横には何を置く?(インテリアとカーテン配置などの生活動線を考慮)

配置だけではない。

開閉も重要。

生活の中で方角と照らし合わせてることも大切。

カーテンやシェード、ブラインドなどを使わなければいけない時間も計算。

インテリアが好きでも他の対象が部屋の温度にあkン称しては意味がない。

重視しなければいけないのは、せっかくおしゃれなプランでもそのせいで他に負担がかかる内容を考慮しなければいけない。

大事なのは、上下左右に何を配置する?

どういう時間で利用する予定なのか?

これを自分たちの目で見る前だからこそ、より慎重に構造計算と合わせて設計に時間をかける事が重要。

掃き出しの向きを最初に確認

掃き出し(横1800×縦2000のようなサイズ)をどこの向きに向けて配置するのか?

配置や大きさ選び方だけでも、

リビングの明るさ

リビングのセキュリティ対策

リビングへの風通し

等かなりリビングの住み心地は変わってきます。

しかし、

大きくても、ダイニングまで明るくすることは出来ません。

そこで、補足として

ダイニング用を1つ

リビングスペースに一つ追加する

どちらかを使いこなすことがスムーズな採光を取る最適な間取りと言えます。

最大の難点は隣との距離

この課題は、かなり多い悩みの一つ。

新築一戸建て間取り失敗後悔ランキングに何と5位視線の悩みが入るほど、しっかり押さえておきたい悩みの一つ。

視線回避を考える方は、ぜひそちらの方が配置として向いていると思いますので、参考にしてください。

このページでは採光用を中心にご紹介していこうと思います。

採光を主に考える方に、オススメしたい位置と形状を画像付きでご紹介していきましょう。

 

新築窓リビングのサイズや配置失敗例

リビング 窓 サイズ 失敗例 暗い 狭い

リビングのサイズや配置でで失敗しやすい例を画像を使いながらご紹介していきますので、参考にしてください。

リビングテレビ下等に横長のあるリスクとは?

1.配置を床に近い位置に配置している様なタイプ。

最も悪いのは、外に向けて開け閉めできるような上の画像のようなタイプ。

リスクはしたの3つだけでも致命的。

・ほこりが入りやすい。

・ねずみ、ゴキブリなどの侵入口になる。

・結露しやすい

採光の意味は、高台のような場所であれば、メリットはあります。

こうした要素から、分譲地になっているような場所では「結露防止」という言葉から、一時流行を見せました。

しかし、このタイプの最大のリスクは、いくつかあります。

・中のカビ繁殖の原因になりやすい事

・防犯上では、かなり住人からは見ない場所からの防犯対策にかけること

・日中における採光の取れる可能性は低いこと。

・経年において気密性が低下した際は、非常にすきま風等の原因となりやすいため、家の痛みが早まる可能性がある

こうした内容をよく理解しながら、選ぶ必要がありますので、おしゃれと実用性を区別して検討する事をオススメします。

次に、ご紹介するのは、同じくおしゃれのための選び方に近い内容になります。

リビングに床まで伸びる縦長スリットのあるリスクとは?

おしゃれを意識したスリットって皆様ご存知ですか?画像でお見せすると

リビング 窓 サイズで暗い 狭い

スリットはデザイン的には、非常に綺麗に見える方もいらっしゃいます。

しかし、

採光の面で見るとどうでしょうか?

明らかに暗いのは、最初にご紹介していたリビング画像に比較すると、歴然としていませんか?

人は、暗い空間にいくと、狭く圧迫感を感じる感覚を持ち合わせています

暗闇では人は、手を伸ばして、壁を探すようなしぐさについつい変わりますよね。

スリットをリビングとダイニングの間、又は、掃き出しのそばに置く。

➔耐震性能が落ちるだけで、実際の生活におけるメリットはあまり感じる事が少なくなります。

一戸建てを建てる際には、皆さまの希望の多くは、

・「おしゃれなリビング」

・「広くて明るいリビングダイニング」

ではないでしょうか?

このスリットの配置に向いているのは、以下の配置。

・玄関とリビングの間

根拠は、

「人の出入りの確認」や「照明のつく灯の漏れる」

という防犯的意味でも、インテリア的要素には非常に有効性があると思います

しかし、

スリット窓をリビングダイニングに使う事は、非常にもったいない空間作りになってしまうんです。

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

実用性を考えて、少しでも明るいリビング・ダイニングを作るなら、ぜひこのスリットは、よくよく検討してください。

 

新築窓リビング関連記事紹介

この記事を色々ご紹介して最後には、私たちが建てた仕様やリビングダイニングも公開していこうと思っています。

生活しやすい採光にすぐれた窓のサイズ選びについては、いかがでしたでしょうか?

皆様の家の位置や方面についても確認していただき、ぜひ皆様にとって明るい生活しやすいリビング作りをしてみてください。

過ごしやすいリビングを完成させる条件はまだまだあります。

じっくりゆっくりなんて時間もないと思いますが、出来るだけ知っておくことが大切。

損した買い物にならないようにしましょう。

間取りにおける失敗後悔ランキングもご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔間取りランキングまとめ

一戸建て分譲住宅のメリットデメリットについてもご紹介しています。

分譲一戸建てデメリット

分譲や建売住宅メリットデメリットまとめ

実際にリアルに悩んでいる人の内容を見るのも参考になります。

東側に窓はつけるべきか?(知恵袋)

近隣が近い時にはどうする?(知恵袋)

最後まで記事を読みすすめていただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ