スポンサーリンク
アイランドキッチンにしたいけど、コンセントの数や配置は?と言う悩みについてご紹介しています。 このページをご覧いただきありがとうございます。 新築キッチンにアイランドキッチンを採用したい方も、キッチンであれば、コンセントが悩みのタネ。 中でも以下のような悩みはネット上でも多いです。
  • コンセントはどこに付けるべき?
  • 収納でコンセントを補充するだけで足りる?
家電製品を扱うことも多いため、どこにどれだけの数が欲しいか悩む方も多いようです。 他にも、アイランドキッチンについては、以下のようなコンテンツもご紹介しています。 アイランドキッチン値段激安リスク アイランドキッチン値段で激安や格安,値引率は要注意!
スポンサーリンク
アイランドキッチンおすすめメーカー優先順位 アイランドキッチンおすすめメーカーは誰を信じるべき? アイランドキッチンインテリア視覚的効果 アイランドキッチンインテリアで飽きない工夫ポイント アイランドキッチンダイニングテーブル失敗後悔原因 アイランドキッチンダイニングテーブル配置やサイズ選び方注意点 アイランドキッチン使い勝手の誤解 アイランドキッチンの使い勝手4大注意点 アイランドキッチンと赤ちゃんデメリットの関係 アイランドキッチンと赤ちゃん子育てのデメリットとは? アイランドキッチンレンジフードおすすめメーカー アイランドキッチンレンジフードおすすめメーカーと注意点 アイランドキッチン収納アイデア アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点 アイランドキッチン油はね対策失敗後悔 アイランドキッチン油はね対策失敗後悔原因 新築アイランドキッチン間取り寸法規格 アイランドキッチン間取り30坪実例画像付失敗後悔対策 新築アイランドキッチン間取り寸法成功法 アイランドキッチン寸法選び方失敗後悔対策 アイランドキッチンメリット アイランドキッチンメリット比較 アイランド型を採用して使いにくいという後悔した気持ちをもつ人もいるのが現実。 アイランドキッチン アイランドキッチン後悔|使いにくいデメリット|住宅関連企業引退者が解説 アイランドキッチン収納カウンター下 アイランドキッチンカウンター他失敗後悔注意点まとめにて、さまざまな視点の悩みをご紹介しています。 アイランドキッチンに限らないキッチンの悩みは、新築キッチン失敗後悔注意点まとめにて、幅、奥行き、収納選びと幅広い内容をご紹介しています。 システムキッチンの価格相場や予算でランクダウンを検討する価値についてもご紹介しています。 新築システムキッチン価格予算ランクダウン 新築システムキッチン予算|価格ランクダウンや安くお得にするコツ キッチンから見える新築間取り失敗原因という考え方もご紹介しています。 新築失敗例とキッチンの悩み 新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や設備注意点 アイランドでなくても背面収納周辺コンセントは足りないと困る悩みの一つ。 新築一戸建てキッチンコンセント配置実例 新築キッチンコンセント配置や数注意点実例画像付 家の中にコンセントは各部屋にいくつ必要?という考え方も大切。 新築コンセント 新築コンセントや照明スイッチ位置や数の見落とし注意点配線計画まとめ  新築失敗談をブログから探す時のポイントや注意点もご紹介しています。 新築失敗例ブログ探し方 新築失敗談から自分たちの成功を考える時のコツ|ブログ活用術 興味がある方は、御覧ください。 私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし運営しています。 新築マンション、一戸建て購入体験。 新築一戸建て住宅関連企業に勤め、内情を学び、大工さんと直接話をできた経験。 新築注文住宅でハウスメーカーを一度解約してまで手に入れた今の住宅。 住宅ローン審査で、2度通らない経験後、3度目の正直で通過させた体験。 新築カーテン、外構を打ち合わせで選ばず節約に成功した体験。 新築間取りで、妻にこれ以上は無いという声をもらえた体験。 新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵を借りて、節約と成功を実感。 新築引き渡しからその後までに以下の内容を経験。 インターネット接続の節約。 近所の挨拶まわり。 固定資産税納税。 定期点検、修繕、追加工事依頼経験。 引越しの節約成功。 このような新築購入ブログとは違い、現場の知識やマンションとの比較を含めて各記事で注意点を含めてご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 今回の記事では、アイランドキッチンのコンセントについて、以下の内容をご案内しています。 新築アイランドキッチンコンセントの配置でよくある失敗後悔注意点 新築アイランドキッチンコンセントの数は何個欲しい?の基本 少しでも、住んでから気付いた!を防止するためにもお役立て下さい。
スポンサーリンク

新築アイランドキッチンコンセント配置失敗後悔

アイランドキッチンコンセント配置失敗後悔注意点 アイランドキッチンにおけるコンセントの配置について、失敗しやすい計画をご紹介していきます。 想定しておくべき内容と今の自分達の計画を照らし合わせながらご覧ください。

収納とのバランス

収納とのバランス アイランドキッチンに限らないコンセントの課題。 特にキッチンに多い失敗後悔の原因は、収納するキッチン家電の収納バランスが多いです。 具体的には、以下のような事例が多いです。
  • コンセントを配置して家電製品を置いたら、コンセントコードで計算より奥行きが狭かった!
  • コンセントを配置して延長ケーブルで調整しようと考えたが、延長ケーブルが扉の開閉の邪魔!
このように、キッチンのコンセント配置を間違えると、収納だけでなく、収納扉にまで影響を与えるリスクがあるのです。 是非今の家電の寸法だけでなく、寸法としては、+15㎝程度は奥行きに余裕があるコンセント配置。 この位置選びを検討してみて下さい。

家事動線

家事動線 家事をしている中で、コンセントを予備で使いたいこともあります。 例えば、子育てをしている世代になりますが、以下のような事例もあります。
  • 赤ちゃんの昼寝をきっかけに、音声モニター等をキッチンに置いて料理をしたい。
  • 電話が来る予定だけど、料理支度が必要!キッチンにコンセントがあれば充電出来たのに!
  • 家電で、コーヒーメーカー等を追加したいと計画したが、コンセント配置から家事のしにくい収納箇所になってしまった。
このように、生活をしてからアイランドキッチンを使ったら、左右の行き来が出来ても、家電製品の活用から制限を受けて機能しない。 このようなケースもコンセント配置では、多い悩みのタネ。 ぜひアイランドキッチンを使う方の目線の高さで、コンセントをせめて3個はプラスアルファの余裕を持つ配置を考えておくことがおすすめです。

アイランドキッチンの課題|配置しにくい

アイランドキッチンの課題|配置しにくい アイランドキッチンを配置する間取りの工夫で、片方を窓として、ガラス張りにしてるケースもあります。 よくある都市型3階建、ビルトインガレージタイプなどでも、見かけるのが全面ガラス張りタイプの新築住宅。 このようなケースになると、アイランドキッチンは、かなり不利。 通常なら、片方に壁面が存在して設置できるはずが、作業スペースが1箇所なくなります。 つまりは、1箇所又は2箇所に数をまとめる必要性が出てくるのです。 これでは、タコ足配線と見た目が変わらず、配線が混在しやすいキッチンになりやすいのです。 ですから、配置がしにくい状況が、想定されてるような建物の場合は、アイランドキッチンそのものを見直す必要があるケースも有るのです。 では続いて、数について、ご紹介していきます。  

新築アイランドキッチンコンセントの数

アイランドキッチンコンセント数 アイランドキッチンに対する数への考え方の基本をご紹介していきます。 数と言う考え方を安易に考えると失敗しますので、十分注意して下さい。

口数ではない!

口数ではない! キッチン家電の数+2個の口数でいいかな? こうした考え方をしている方も多いのが、新築配線計画の打ち合わせ風景。 しかし、アイランドキッチンの特性を知るなら、やはり左右に分散する意識が非常に大切。 本体につける事が出来ない。このタイプで想定される口数をどう分散するかが重要。
  • シンク周りには、何口必要?
  • 壁面収納に入るキッチン家電は左右にどう分散する予定。
この考え方から、左右に必要な数を分散して数を配置する。 こうした発想で検討しておくことが大切になるのです。

あえて2個口単位!

あえて2個口単位! 数は、数が6個必要な家庭の場合、以下のように考えます。 2個口×3個を配置。 この方が、以下のメリットを発揮します。
  • それぞれに何が入るかを管理しやすい。
  • コードをまとめる手間も厚みも少ない環境を作りやすい。
  • アースを使う際にも分散されている方が、使いやすい。
このように、電力のワット数も徐々に上がっているキッチン家電に対応する準備にも繋がるのです。

床やその他の家具を活用

床やその他の家具を活用 今後新しい家に住む時、これまでとは異なる家具などを用意するご家庭も多いはずです。 そこで、リフォーム費用を節約するためにわざと家具に費用をかけることも1つの方法。 場所を特定した際、おしゃれなカウンターとして選ぶだけではなく、カウンター側で利用する数のコンセントが設置されている家具を選ぶ。 たったこれだけでも以下の利用に活用できます。
  • ダイニング付近の掃除
  • 鍋などのガスコンロ1台を用意
  • こだわりの間接照明などの照明器具の取り付け
  • 家族のスマホやタブレット,カメラ等を充電
このように、1つ存在するだけで数多くの家電に利用したいと思った時便利になります。

リフォーム費用目安

リフォーム費用目安 我が家が実際に暮らしの中で別の部屋ですが必要に迫られて増設工事を依頼したことがありました。 その時は、額面で3000円から5000円の見積りになりました。 この費用を知っているだけでもその金額があったら実際他の家具が手に入ったと思う事もあると思います。 ぜひじっくりカテゴリごとにかかる費用を検討してみてください。 今回ご紹介したかった内容はは以上となります。 新築間取り全体については、新築間取り購入後失敗後悔ランキング詳細と各居室注意点まとめにて、ご紹介しています。 気になる部屋がありましたら、ぜひ内装や設備選び等もご紹介していますので、興味がある内容だけでも御覧ください。 新築の間取りや購入後の失敗後悔原因は殆どが想定不足。 できるだけ、視野を広げて、購入後に気付く内容を少なくしておくことをおすすめします。 新築間取り全体に関わるキッチンを見て感じてほしいこともご紹介しています。 新築失敗例とキッチンの悩み 新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や設備注意点 最後まで記事をお読み頂きましてありがとうございました。
スポンサーリンク