スポンサーリンク
アイランドキッチンのダイニングテーブル選び方について、注意点をご紹介していきます。 このページをご覧いただきありがとうございます。 新築やリフォームでアイランドキッチンを採用しようと検討してる方の中には、インテリアコーディネートや家事動線を考えたダイニングテーブル選びに迷う方も多いです。 中には、以下のような具体的な相談も私のもとに届いたりします。
  • テーブルは対面と真横どっちが良い?
  • テーブルの幅はどのくらいが理想?
  • テーブルで失敗しやすい選び方は何?
このようなイメージよりも具体的な生活や家事に密着した選び方に迷った中での相談も増えてきました。 他にも、アイランドキッチンについては、以下のようなコンテンツも用意しています。 アイランド型と比較に迷う人向けにもご紹介しています。 アイランドキッチンメリット アイランドキッチンメリット比較
スポンサーリンク
アイランドキッチン値段激安リスク アイランドキッチン値段で激安や格安,値引率は要注意! アイランドキッチンおすすめメーカー選定基準 アイランドキッチンおすすめメーカーは誰を信じるべき? アイランドキッチンインテリア機能性視点 アイランドキッチンインテリアで飽きない工夫ポイント アイランドキッチン使い勝手の誤解 アイランドキッチンの使い勝手4大注意点 アイランドキッチンコンセント配置失敗後悔注意点 アイランドキッチンコンセントの数や配置失敗後悔注意点 アイランドキッチンと赤ちゃんデメリットの関係 アイランドキッチンと赤ちゃん子育てのデメリット アイランドキッチンレンジフードおすすめメーカー アイランドキッチンレンジフードおすすめメーカーと注意点 アイランドキッチン収納アイデア アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点 アイランドキッチン油はね対策失敗後悔 アイランドキッチン油はね対策失敗後悔原因 新築アイランドキッチン間取り寸法失敗後悔原因窓 アイランドキッチン間取り30坪実例画像付失敗後悔対策 新築アイランドキッチン間取り寸法成功法 アイランドキッチン寸法選び方失敗後悔対策 アイランドキッチンカウンター他失敗後悔対策まとめ アイランドキッチンのメリットデメリット悩みまとめにて、あぶらはねや収納等の悩みをご紹介しています。 やっぱり後悔するかも? アイランドキッチン失敗や後悔 こんな事を心配している方には、アイランドキッチン後悔|デメリットと使いにくいという声の真相もご紹介しています。 キッチン全体については、新築キッチン失敗後悔注意点まとめにてご紹介しています。 新築キッチンを使いやすくするための重要なポイントの1つに冷蔵庫配置を見落としていませんか? 新築冷蔵庫キッチンの配置 新築冷蔵庫とキッチン生活動線|見落としが多い配置失敗注意点 新築間取り全体に関わるキッチンを見て感じてほしいこともご紹介しています。 新築失敗例とキッチンの悩み 新築失敗例をキッチンから見抜く方法と原因の3大要素や設備注意点 配線計画についてもご紹介しています。 新築キッチンコンセント配線計画実例画像 新築キッチンコンセント配置や数注意点web内覧会実例画像付 アイランドキッチン用ダイニングテーブル失敗原因 狭いリビングダイニングテーブル選びの失敗後悔注意点 ダイニングからリビングにかけての窓の配置についてもご紹介しています。 新築リビング窓サイズや大きさ 新築リビングダイニング窓配置やテレビ上サイズ等選び方注意点 私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下のの体験を活かし、運営しています。 新築一戸建て、マンションの購入経験。 新築注文住宅ハウスメーカーを一度解約してまで手に入れた今の住宅。 新築一戸建て住宅関連企業に勤め、リフォームを含めて学習し、大工さんと話をした体験。 新築住宅ローン審査で2度落ちた後、通った体験。 新築間取りで、妻からコレ以上の間取りはないと頷いてもらえた体験。 新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約と満足が出来た経験。 新築カーテン、外構を打ち合わせで選ばず、節約と満足を体感。 新築購入後の各種手続きや引っ越し後までの経験は以下のとおりです。 新築引越し見積もりで節約を体験。 新築購入後の固定資産税納税。 引越し後、挨拶まわり、新築祝いのお返し、固定資産税納税等を体験。 定期点検、修繕、追加工事依頼の体験。 このように、新築購入ブログとは違い、現場の知識やマンションとの比較等を含めて各記事で注意点を含めて記載しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 この記事では、アイランドキッチンのダイニングテーブル選び方について、以下の項目でご紹介しています。 アイランドキッチン周辺のダイニングテーブル選びの3大注意点 アインラドキッチン周辺のダイニングテーブル選び方で多い失敗後悔原因 ダイニングテーブルとアイランドキッチン相性が良い選び方のコツ 少しでも失敗後悔の原因となる視点を知って頂き、成功に繋がるイメージ作りにお役立て下さい。
スポンサーリンク

アイランドキッチンテーブル選び3大注意点

アイランドキッチン周辺ダイニングテーブル選びのコツ キッチンから見るダイニングテーブルの選び方で3つ最も注意してほしい視点をご紹介していきます。 この3つがあるだけでも、かなり絞り込みがし易いと思いますので、じっくりご覧ください。

椅子の向き

アイランドキッチンテーブル白 アイランドキッチンは、何と言っても左右どちらからも通行可能な配置が家事動線のメリットにしなければいけない点。 しかし、ダイニングテーブルを上の画像のように配置すると、完全にダイニングテーブルとアイランドキッチンの間のスペースがデッドゾーン化します。 なぜか? 人がダイニングテーブルに座った時、当然、料理を出す時は、人の横から出せる。 こう考えれば、ダイニングテーブルとアイランドキッチンとの間が、空いてるスペースから料理を出すことは可能になります。 しかし、一方で、ダイニングテーブルから席を立つ時、急いでる場合はどうなるか? この場合は、完全にダイニングチェアとアイランドキッチンスペースを完全に空けていないと、次の行動が出来ません。

つまり、いかなる事情があっても、この空間には、収納や物を配置する事が出来ません。

ですから、上記画像のようなダイニングチェアの並びを配置したいなら、アイランドキッチンの真横に配置するダイニングテーブルがなければスムーズな家事動線が確保できないのです。

家事動線で見る重要な要素ダイニングルームの広さ

アイランドキッチンテーブルと家事動線 ダイニングルームスペースをどの程度の広さで用意してるかどうかにより、選択肢は大きく変わります。 家族だんらんを願う家庭、壁との距離が必要な椅子の配置、スライドや収納などの機能に合わせて以下のような家具から選ぶことが可能。
  • カウンタータイプ
  • 横幅調整可能なタイプ。
  • 円卓。
最近は、食事以外のさまざまな利用を選択可能にするための考え方が必要になっている。 実際に広さを意識しないと1台が入っただけで、以下の影響が考えられる。
  • 奥行き次第でリビングに圧迫感を与える。
  • 幅でインテリアに凹凸を感じる。
  • 解放感はあっても素材が合わない。
  • 棚がないことで使える内容に限界がある。
  • おしゃれを追求したらデスクに合う椅子が見つからない。
  • 価格が高くなりすぎて予算オーバー。
モダンやシンプル、ナチュラル系、北欧風などのスタイルによる選び方。 ステンレスや人口大理石、木製、木目などの天板に合わせるインテリアコーデ。 ldk全体での照明やテレビ、窓枠やカーテン等を含めた雰囲気の統一感。 正直、プラン一つでかなり違ってくるのでシミュレーションだけでなく、完成した後の生活同線を含めてじっくり考えてみてください。 でも、家族団らんとシンクへの手渡しなどの水仕事の短縮を目指すなら、対面可能なカウンタータイプが人気。 優先順位は幅から決める事が大切なのです。 根拠は? 幅を調整する事は、1/4をアイランドキッチン寸法に合わせれば、当然3方向が着席可能。 さらに、幅が同じ事により、余分なリビングへのスペース侵入の可能性を削減できます。 ですから、まずは幅を決めるために、リビングダイニングのダイニングルームの線引を明確化させる。 この視点が大切になるのです。

高さ

高さ   最後は、家事動線を意識するからこそ、高さが重要。 いくらデザインが良くても以下のような状態では、決して家事ではメリットを感じません。
  • 腰をかがませないと配膳が出来ない。
  • 椅子が低く、さっと立ち上がって、対面から料理や配膳を受け取れない。
こうした状況では、せっかくのアイランドの意味が半減してしまいます。 ですから、幅と高さを必ず家事動線に活かせる選び方が重要になるのです。 120㎝,90㎝,80㎝等の参考にする高さがあると思います。 バーチェア式のブランドものを楽しむなら、そういう椅子用のデスクを選ぶほうが使いやすいです。 完全フラットタイプを使用すると、今度は大人が中央にある商品を左右に動かす時に届かない等も問題がある。 必ずそのタイプを設けた際に使ってみるとどうなるのかを腕の長さを検討しておくことも大切です。 上部に何かアイテムを置いて、目で見るだけ不十分。 実際小さな小物を置いたらゆったりした空間も圧迫感につながることもありますので、注意してください。 では続いて、選び方でアイランドキッチン周辺だからこそ失敗しやすい選び方をご紹介していきます。  

アイランドキッチンテーブル選び方失敗後悔

アイランドキッチン・ダイニングテーブル失敗後悔原因 アイランドキッチンを選んだメリットが薄くなってしまった!こんな選び方をご紹介していきます。

狭いダイニングルーム

アイランドキッチンテーブル選び方 まずは、狭いダイニングルームの場合をご紹介していきます。 狭いと最初から感じたダイニングルームとアイランドキッチンで相性が悪いのが、円卓。 何故か? 円卓は、確実にデッドゾーンが増えます。 それぞれの椅子がそれぞれの方向に動きます。 2人2人に別れた状況なら、クロスに人が動くデッドゾーンが存在します。 だからこそ、狭いスペースをさらに狭くするタイプと言えるのです。

広いダイニングルーム

アイランドキッチンテーブルの活用法 広いダイニングルームで失敗する選び方。 それは、寸法選びによるインテリアコーディネートのアンバランスの原因的要素。 アイランドキッチンの幅を全く無視した家族の人数分が全て確保できる横長タイプ。 一見すれば便利。 しかし、使わない時のインテリアコーディネートではどうでしょうか? つまり、家事動線でも何でも回り込みの作業が増える事になることを想定することが大切です。 広いからこそ、無駄を省く為に、どんな工夫をするべきか? 私なら、L字で2つにダイニングルームを分割する間取りを考えます。 部屋を無駄にしないだけでなく、インテリア的にも失敗しない視点が大切になるのです。 では最後に、私が独断と偏見から見ていいと思えた狭い部屋と広い部屋にそれぞれのおすすめをご紹介していきます。  

アイランドキッチンとテーブル相性

ダイニングテーブルアイランドキッチ向けオススメ 最初に紹介したい商品は、上の画像のようなタイプです。

カウンター兼アイランドキッチン調理スペースが広い部屋にはおすすめの根拠!

カウンター兼アイランドキッチン調理スペースが広い部屋にはおすすめの根拠! 子供の成長等もあっという間。 最近は、リビングで子供の勉強スペースを用意した方が良いとも聞いてる。 こんな家族に最もオススメなのが、上の画像のような一体型。 これなら、以下の様な活用法が見込めます。 家事をママが隣で出来ますので、お子様的にも視線を上下させるだけで存在確認ができます。 大人同士なら、カフェ感覚で簡単にお茶等の出すスペースに使えます。 こうしたあえて一体型で意識する。 この視点が、広いダイニングルームほどおすすめしたいです。 では続いて、狭いダイニングルームのタイプをご紹介していきます。

狭いダイニングルームとアイランドキッチンの相性

狭いダイニングルームとアイランドキッチンの相性 狭いの基準は、人それぞれですが、家族の人数が多ければ多いほど、人がそれぞれぶつかる心配をしなければいけない。 こんな状況の部屋は、狭いと感じるべきだと私は考えています。 でも狭い時だからこそ、
アイランドキッチンテーブルおすすめ
こうした形状に注目していただきたいのです。 どう見ても、この150㎝で無いことは多くの方が気付くと思います。 狭い部屋に最小の人数が使うサイズでも150cmあると、お鍋なども出しやすいです。 上記画像は、210cmの商品です。 このように伸縮可能なタイプを選ぶ。 こうしたモノ選びなら、人数により、天板を上げ下げする必要がなく、狭い時成に使う時と、リビングを犠牲にしても良い時に使い分けが可能になります。 たったこの2つからでも幅、高さ、配置という3つに対してもイメージが出来ると思います。 少しでも失敗しやすい原因をイメージしながらあなたの理想のダイニングルームに仕上げるための一品を選んでみて下さい。 他にも、新築の場合は、家全体での間取りについては、新築間取り購入後失敗後悔ランキング詳細や注意点まとめにて、200以上の記事をご紹介しています。 想定していないことがないか心配な方はじっくりご覧ください。 狭いリビングダイニングインテリアの工夫 狭いリビングダイニングインテリア優先順位失敗注意点 ピンポイントのアイランドキッチンだからこその後悔原因が気になる方は、お役立て下さい。 最後まで記事をお読み頂きましてありがとうございました。
スポンサーリンク