新築30坪間取り家事動線成功と失敗例

30坪新築間取りと家事動線について、このページをご覧頂きありがとうございます。

新築一戸建ての間取りを考える中で、30坪という具体的な大きさから探している方も現代には増えています。

具体的な悩みは以下の様な心配が多いようです。

家事動線や育児子育ての利便性。

生活動線という玄関から各居室、リビングと水回り配置等。

30坪の失敗後悔する理由

面する道路を便利に活用する家づくりはどうすればいい?

設備や家具、子どもの将来と今、どう考えておくべき?

成功する新築間取り実例画像を見たい!

外から多くの目があるけど、建築の壁や庭などデザインはどうするべき?

窓の設置と外からの視線対策は?

夫婦二人で使う将来も考えた予算に迷う!

新築間取り成功と失敗

自分たちらしさを活かしたくても、間取りが失敗していると生活も不便になってしまうのが現実。

間取り実例が数多く掲載されていても、毎日誰かが失敗後悔のブログを公開してるのも現実なのです。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような体験を活かして運営しております。

新築マンション、一戸建て購入体験。

新築一戸建てやリフォーム等の住宅関連企業に勤め、内情を学び、大工さんから話を聞けた体験。

新築カーテン、外構を打ち合わせで選ばず、節約と成功を体感。

新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約と成功を体感。

新築購入時の引越し、インターネット回線、無線ラン、挨拶まわり、新築祝いのお返し等を体験。

新築固定資産税をマンション、一戸建てそれぞれで体験。

新築購入後の定期点検、修繕、追加工事依頼等を体験。

住宅ローン借り換えを2017年2月に経験。

新築購入ブログではなく、あくまでも新築購入者に向けた現場の知識やマンション比較を兼ねた注意点を含めて各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建て計画をする際にどうしても迷いが出やすい間取り図。

私が30坪~34坪間取りを考えた末、大成功と言える間取りになった体験談から以下の内容をご紹介しています。

新築間取り30坪成功の鍵1.視界

新築間取り30坪成功の鍵2.水回り

新築間取り30坪失敗後悔(画像付き)

新築間取り30坪失敗対策優先順位

間取りに成功や失敗がある理由は何か?

実例を出しながらご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔間取りランキングベスト10と対策

こうした視点もご紹介しています。

30坪~34坪という空間の優先順位の迷いがない根拠を持つためにお役立て下さい。

新築間取り30坪成功の鍵1.視界

新築 一戸建て 間取り 成功

新築間取りを30坪で考える際に、特に1階部分に注意してほしいポイントをご紹介していきます。

新築一戸建て30坪間取りのコツ1.1階LDKの考え方

新築間取りLDK悩み

まずは、具体的に、30坪間取りを考える際の現実な考え方を見ていきましょう。

1階部分の面積は、総2階であっても15坪程度。

すると、リビングの広さもそんなに広くはないのは当然です。

我が家の場合は、1階16坪に対して、LDKで18畳です。

内訳は以下の通り。

・リビングは、6畳

・ダイニングは、4畳

・キッチンは、8畳

16坪の残りは、19畳分が残りました。

ではこの狭いリビングに見える6畳。

失敗後悔しない為に、最初に工夫しなければいけないのは、視界における圧迫感の防止。

リビングの景色を比較する意味で下の図面を御覧ください。

30坪 間取り 例

大きな違いのないこの2つの部屋の内容が「広く見える」「狭く見える」視界の違いをご紹介していきます。

重要なのは、以下の確認ポイント。

サイドにある部屋の存在

➔部屋全体を見る視界にどのように全体像が写るかどうかです。

・リビングの入口から見る視界

➔左右に広がりがある方が広さはあるように見えます。

縦長横長だけの長方形の広さよりも、正方形に近いほうがリビングも各部屋も広く見えるのが、視覚効果

新築一戸建て30坪間取り|縦長、横長注意点

新築間取り土地の形状

上手にどこかの部屋を両サイドに広げる構造にすることで、幅が生まれて、広く見せる事ができます

30坪間取りのLDKの工夫は、特にダイニングとリビングのバランスよりもキッチンの配置が肝。

・独立キッチンを90度角に配置。

・対面キッチンで配置。

新築一戸建て30坪間取りの配置でキッチンが違うだけで、リビングからの奥行の見え方は全く違います。

つまり、奥行きがある方が、広さが広く見えてしまうのも、視覚効果。

自分の立つ場所からの視界をイメージしながら、全体を考えるようにしましょう。

では続いて、全体を決める際に重要な水周りの配置についてご紹介していきます。

 

新築間取り30坪成功の鍵2.水回り

新築 間取り 成功 水回り

新築における30坪という限られた空間。

成功をつかむためのポイントとして、注目すべきは、トイレ、キッチン、風呂の配置。

水廻りの構成をまとめる事で、良いことは、いくつもあります。

30坪間取りのポイント|水廻り配置は家事動線の鍵

新築間取り家事動線悩み

トイレは、向こう、キッチンは、こっち、お風呂はあっち、これでは、時間のムダが多いです。

キッチンに立ちながら、直線で全ての場所に行ける間取りを30坪だからこそ考えたかったのです。

生活における無駄な行動を防止出来ます。

より詳しい家事動線におけるヒントは、4LDKおすすめの家事動線モデルでご紹介していますので、参考にしてください。

新築一戸建て30坪間取りで水廻りをまとめるメリット1.故障防止

新築間取り水回り成功法

水道配管がまとまっても、何のメリットもないのでは?という方もいると思います。

ひとつの箇所に配管をまとめる事は、故障の原因を最小限にすることも可能と言えます。

配管が長く、ばらばらにすることで、排水管における余分な詰まりの原因が増えます。

よって、逆を行うことは、排水管の故障の原因を一つ一つ防止できる効果があります。

30坪間取りで水廻りをまとめるメリット2.凹凸防止

新築間取り水回り配置

トイレが主にそうですが、収めようとするために、凹凸や無駄な廊下の角を作らなければいけない間取りは失敗の原因と言えます。

水周りをまとめる事を優先。

残りの空間で、リビング、客間・玄関等を考える

➢間取りはまとまりやすくなります。

30坪の水廻りが不便にならないようにすると、老後の生活もスムーズ。

長く使いやすい2人暮らしになっても使いやすい家作りを目指しましょう。

では続いて、30坪で、失敗後悔する原因になるポイントを画像付でご紹介していきます。

 

新築間取り30坪失敗後悔原因

新築 一戸建て 間取り 失敗 後悔 実例

新築30坪の全体像を考える際、失敗後悔になる原因を具体的にご紹介していきます。

上の画像を使って、原因を1つ1つ添削する意味で、自分の家の図面と照らし合わせてみて下さい。

新築30坪間取り失敗原因1.トイレが玄関から丸見え

新築間取り家事動線とトイレ

このトイレの位置の成功と失敗については、新築一戸建て間取りで考えるトイレの位置と大きさ

で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まだあります。

家事をしながら、トイレを利用する時の移動動線。

必ず部屋を出て戻ってドアを締めるという動作が必要な家つくりになっていますよね。

これでは、開け閉めの癖も含めて、家族が気になることが多いトイレの配置にもなっています。

新築30坪間取りの失敗原因2.階段が玄関から直通状態

新築間取り家事動線と階段

子供が帰ってきたことも、侵入された際に不安も感じることなく生活が続く可能性の高い。

つまりは、非常にセキュリティにも心配が多い間取りの典型例でもあります。

新築30坪で考えるべきは、玄関周辺のスマート化。

単世帯用の新築として使われる事が多い30坪間取りとしては、私はおすすめできないのです。

新築玄関の向きや配置のコツ

新築玄関色風水の選び方

もご紹介してますので、お役立てください。

新築30坪間取りの失敗原因3.洗濯の想定

新築間取り家事動線と洗濯

30坪間取りを考える際には、生活音も心配の1つ。

以下のような想定をしていますか?

1.玄関の上に浴室、洗濯機等が配置。

➢2階からの配管からの生活音は玄関に響いてしまう可能性が高い。

2.キッチン・リビング等で汚れ物が発生した際に、すぐに洗濯機に移動は不可能。

➢家事動線における時間と手間、体力を要する。

こうした環境が好ましい方は少ないと思いますので、注意しましょう。

新築間取りの失敗原因4.生活音の気になりやすい間取り

新築間取り音の伝わり失敗原因

1.子供部屋候補の場所のしたにリビングがある。

→子供が部屋ではしゃいでいる音を親がうるさい!と叱らなければいけない間取り。

対策法は、主寝室は、リビングの真上にしている方がリスク回避につながると思います。

2.客間として利用したい和室の上にも子供部屋があります。

→来客中である事を子供は、知らずに部屋で遊ぶ間取りになっています。

よって、子供を怒る事もかわいそうだと言える間取りになっています。

いかがですか?

・それぞれの生活圏内をしっかり確保しながら、プライバシーも確保。

生活のしやすさを追求する間取りを考える

この2つの条件を新築という自由な設計で仕上げるからこそ、失敗原因となるリスクとして考えておくべきなのです。

では最後に、新築30坪間取りにおける大まかな優先順位について、ご紹介していきましょう。

 

新築間取り30坪失敗対策優先順位

新築間取り30坪優先順位

新築における30坪間取りを考える成功のコツをご紹介していきます。

新築30坪間取り優先順位1.玄関

新築30坪間取り玄関

明確に決定すべきは、玄関の向きです。

なぜか?

玄関という人の出入りの基本の位置をまず決めなければ、生活動線も家事動線も確認しようがないからです。

車を止める位置と玄関。

まずは、最優先にこの2つの位置を明確に決めましょう。

玄関は、1度決めた配置から再検討することがない準備を整えてください。

新築30坪間取り優先順位2.キッチン・浴室・洗面・トイレをまとめた位置を決める

新築30坪間取り配置

次に、優先すべきは、家事動線の重要な場所の配置。

ママの家事動線だけではなく、生活の不便がない事を確認してください。

水回り配置を検討する際に、リビング・客間などは一切考えない。

勇気が必要かもしれませんが、必ず失敗後悔を回避する結果になる事は私自身の体験から確信しています。

新築30坪間取り優先順位3.収納、電源確保

新築間取り収納失敗原因

新築の30坪を考える時、ついつい配置ばかりに気を取られてる方も多い現代。

しかし、現代は家電製品無く生活が出来る事は殆どの部屋に存在していないのです。

つまり、ちょっとしたコンセントの数や配置が失敗後悔の原因となってしまうのです。

コンセントや配線工事のヒントは、新築一戸建て購入後敗後悔ランキング4位電気配線の悩みでもご紹介していますので、参考にしてください。

すると、収納が欲しい場所も、スイッチが押しやすい位置も見えてきます。

新築30坪間取り優先順位4.残りのスペース

新築間取り選び方

上記3つ(玄関、水廻り、コンセントなどの配置)が見えた後なら、部屋をどう選ぶも自由。

・客間

・リビング

・ダイニング

・カウンターの有無

・リビングクローゼットの有無

・和室の有無

こうすると、間取りという名のパズルは必然的に絞られてきます。

キッチンの向きから、どうやって料理を出すほうが生活しやすいか?が見えてきます。

ということは、片付けも積極的に家族みんながしやすい間取りが完成していると言えます。

真っ先に、以下の選択になるのは大きな間違い!

・リビングの広さは何畳欲しい。

・客間は?

・テレビとの距離は?

こんな決め方を優先すると、収まるところにおさめただけの間取り配置になります。

新築30坪間取りを決める際のポイントは、あまり長時間いない部屋は優先しない事。

つまりは、リビングスペースは、最小化されるべき間取り作りとも言えるのです。

リビングを広くして、ダイニングをきれいに、インテリア配置を考えて、スペースのゆとりを。

こんな選び方では、生活動線も家事動線も全く無視された選び方になってしまいます。

新築間取りリビングと30坪

失敗後悔の原因として購入後という想定も見えていない事が多いのです。

優先は、家事動線

次に、配線や移動距離

最後に、部屋としての形状。

こうして決めていくと、生活しやすい間取り作りが完成します。

ぜひあなたの考え方を「見せたい・見たい家」から「機能的で使いやすい家」の間取り構成に考え方を変えて、考えてもらえたらと思います。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

新築一戸建て購入注意点

他の坪数を含めて、購入全体の注意点をご覧になりたい方は、新築一戸建て購入注意点まとめもご用意しています。

情報を先取りするつもりで、あわせてご覧ください。

あったらいいと思う設備を設け、広い開放的な2階建て。

夏も冬も住んでいて、快適に暮らせるための断熱性能選び。

こんな感じに関連した理想を夢見て、間取り図作成作業に入ってる方も多い。

しかし、間取りの種類を提示してもらうと、どちらの方が生活に使えるんだろう?

光も入りやすい建物。

バルコニーから光を室内に取り入れ、室内を明るい環境にする事を考慮。

将来や先の事を考えて、ウォークインクローゼットは人が動きやすい広さに。

こんな理想をあれこれ考えて希望や問題をある程度は意識した間取りを作る。

しかし、手にした実物は、自分たちで手掛けたはずが、階段、間仕切りなどですら、設ける位置のずれや自然な行動の中で忘れていたことも出てくる。

家をつくるうえで、結果的に建築面積を減らす目的で吹き抜けを採用する方もいる。

その分声が筒抜けになり、テレビのボリュームも小さくする配慮。

一級建築士からの提案ならと安心をして、決まったはずの食事のスペースは横から人が声を掛けられないダイニングスペース。

過ごす時を想定を増やし相手が得をするその家族に適したプランが出る事はなかなか難しい。

家を出る。

家で過ごす。

1日の始めからおい寝るぞ!という瞬間までを本当にイメージできているのか?

歳を取れば、理想も欲しい情報も変わる。

今の生活を変える上で、できる限りストレスになる項目を書き出しておく。

たったこれだけでも、どこで何が難しいと感じとる生活を今直接身で感じているのかが見えてくる。

ただし、オプションを設ければ、全て収納の出し入れなどの動作を含めて、全てを快適に暮らせる家になるとは限らない。

理想と現実とのギャップを埋め合わせる内容を出来るだけ多くの要素から持ってきて打ち合わせに挑むことが大切です。

実際の我が家の画像については、以下のページも参考にしてください。

35坪新築一条ismart間取り実例画像付注意点

リビング実例画像付

リビングレイアウト8畳狭い?実例画像付

キッチン実例画像付

キッチンは、失敗後悔が多い注意点もご紹介しています。

新築注文住宅キッチン失敗後悔3大注意点

狭いトイレならどうすればいい?

こうした視点からは、以下のような記事も書いています。

狭いトイレインテリアおしゃれ成功の優先順位と3つの失敗後悔原因注意点

新築外観の悩みやよくある失敗後悔をまとめてご紹介しています。

新築家の外観失敗後悔,気に入らない結果にならない為の注意点まとめ

新築間取りにおける失敗後悔ランキングもご紹介しています。

新築一戸建て失敗後悔間取りランキングまとめ

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ