家のローン平均年数と繰り上げ返済に伴う犠牲|人生設計のコツ

スポンサーリンク

住宅ローン返済。

購入後のローン完済期間の平均は何年だろう!

住宅購入額も人それぞれの環境により組んでる金額も違う。

同じ35年でも無理なく組んでいる人もいれば、借入可能額の一般水準以上の借り入れをしている人もいる。

マイホーム購入にあたって、購入時の年齢にもポイントがある。

家を建て直すという人は、親と同居で二世帯のローンを組むこともある。

家のローン年数の悩み

スポンサーリンク

このようにいろいろな方法がある中で毎月数万円の返済をしている。

家のローン平均年数について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

家が欲しいけど家のローンは出来るだけ若い年齢で完済をしたい。

当然何を購入する時にも、多くの人が早い段階の繰り上げ等により借入金の精算をしたいのは当然の事。

お金を何に使用するか?

同じ収入でも、金利を含めて、住宅ローン利用の時にも、25年、30年経過していく流れに生活環境は大きく異なる。

「平均」

この設定に、多くの日本人はとらわれ過ぎていると私は日々感じている。

平均年収。

平均貯蓄額。

平均出産年齢。

平均結婚年齢。

こんな簡単に平均をという設定を国勢調査を含めて、割合の大切さを見せているサイトは非常に多い。

この価値は何か?

そして、住宅ローンにおいて、いきなり平均年数を考えて本当に価値がある住宅購入ができるだろうか?

30代で男性が中心になって住宅購入計画や住宅ローン返済や間取り、内装などを考えた新築一戸建てに失敗後悔が多い。

その原因をご紹介しています。

新築一戸建て家を建てる年齢30代の理想と現実失敗後悔

新築一戸建て建てる年齢は何歳が理想?30代失敗後悔原因

家が買えないけど欲しいと思う人へ最初の一歩についてもご紹介しています。

家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業勤務経験者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

新築住宅を1社ハウスメーカーを解約してまで手に入れた今の家。

新築住宅ローン審査に2度落ちた後、3社目で通りやすい方法を使った体験。

住宅ローン借り換えに2年目で成功。

新築カーテン、外構工事等を打ち合わせで選ばず、節約に成功。

新築火災保険を元保険営業の妻の知恵をかりて節約に成功。

新築引っ越し見積もりも交渉術を前提に節約に成功。

新築引き渡し後、定期点検等により修繕補修、追加工事などを依頼。

新築購入後の固定資産税、インターネット接続、近所の挨拶まわり、新築祝いのお返しなども経験。

ただ単に家を買いました的なブログとも違う。

家は年収や収入が低い人が失敗するというものではない。

何を求めて、見た目だけにとらわれない生活しやすい家をどう考えて購入するのか?

こうした視点から、いろいろな記事で購入後の失敗後悔対策や注意点をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、家のローンを平均年数という視点で検討している方に伝えていきたい内容を以下の項目でご紹介していきます。

家のローン平均年数を知る価値

家のローン平均年数と人生設計

まずは、収入の多い少ないを前提とした考え方は一切抜き。

どの年収の方にも必ず住宅ローン返済をしている環境がある。

この中で、どう自分が今の生活環境や条件で自分らしい計画を立てられるか?

こんな視点でご覧ください。

スポンサーリンク

家のローン平均年数を知る価値

家ローン平均年数

家のローンは、みんな何年くらいの利用で返済しているのかな?

もちろん早く繰り上げ返済して、さっさと終わる方がいろいろ得もあるかもしれない。

会社の事情もこれからの生活もいろいろ変わる可能性もある。

男性は、会社勤めでも自営業でもやはり10年、15年、25年、30年と働く可能性のある時間に合わせて、情報を集めて、金額を決めているはず。

頭金をどのくらい実際に入れているの?

家のローンの対象の違いとお金の使用割合

家のローンと返済年数の計画

まずは、家のローンの平均年数を知る上で、大きく変わる内容がある。

その典型的な情報の1つが新築と中古の違い。

新築はそのままの家を何年かその条件で生活できる可能性もある。

しかし、中古は頭金を少なくしても、リフォームなどを要する時間が新築より短くなる想定が必要になる。

つまりは、同じ繰り上げ返済が出来る金額の貯金があったとしても、何かの理由で故障や修繕計画を必要とすることはよくある。

では、こういう人が単純に住宅ローンの平均年数の利用が長い事は、返済の平均年数に価値を見出すだろうか?

つまりは、住宅ローンの利用平均年数で最も大切なのは、何年かではない!と私は考えている。

家のローンの平均年数は何を意味する?

実際に、、一生に一回という計画だけを考えてる人もいるかもしれない。

私は違う。

もう1度3回目の家づくりを実際に将来計画をしている。

老後の資金。

40代の貯蓄。

子供の教育費用。

一生の中での生活環境は、家を買う時と同じことは絶対ない。

20代で早くして、40代を見据えて、貯金を削り頭金を払い、家を買うことにこだわった計画を立てる人もいる。

新築マンションの立地で選び、10年以内には、管理費や修繕積立費の蓄積で資金がショートして売却してる人もたくさん見てきた。

いくら貯蓄があるように見えても、実際に、何にお金を払い、どう生活してるのかによっても、繰り上げ返済の価値観は違う。

今のような低金利時代でのフラット35でも、地帯の生活よりも実際に安い計画を立てられている人も中には実在する。

そして、生活においても、消費税増税の不安、固定資産税や火災保険の値上がりの不安。

こうした現在の未来予測の計画に大きくずれを伴うようなことがあれば、大きく価値も変わる。

だとすれば、一括精算をするタイミングと将来の不安の設定は人の住まいの状況により大きく違うのではないだろうか?

家のローンだけではない!平均と日本人の思考

そもそも家を買う事にローンを払う事そのものに価値を見出せない人もいる。

でもその人たちが全て年収が低いから中古も変えないのか?

この答えもまた違う。

2015年に新築一戸建て引き渡しと第2子出産により2児の子育て始めた我が家。

2016年には、将来の2棟目を計画。

2017年には、車の購入に対し、少しこれまでより割合を変える事を見据えた生活環境の変化。

こうしたいろいろな変化が実際に起こっている。

これらはみな同じ状況で平均が出てるわけでもない。

そもそも平均という言葉の価値をあまり、不安の中心に寄せない考え方もこれからの生き方には大切にしてほしいと私は思っています。

 

家のローン平均年数と人生設計

家のローン平均年数

結果的に40歳を過ぎるあたりでも、老後を考える中、終了の年齢を少しでも早くするために必死にローン返済をしてる人も多い。

でも、その返済をしてる生活環境は?

家のローンの平均年数以下は優秀なのか?

家のローン平均年数の価値

住宅ローンの支払いが少しでも早い方がいい。

このために、将来の子どもにかかる養育費の割合も少しでも節約。

私学への入試、入学なんてとんでもない。

ボーナスにより少しでも補填をして、繰り上げ返済を設定。

こんなことを考えて、実際に40歳を超えた世代が、調査を受けた中で、貯金を切り崩し、今も年収900万、1000万稼ぐ中でも、将来の不安を持つ家庭も多い。

こうした無理な計画に基づく繰り上げ返済を続ける人生んい少しでも疑問を持ってほしい。

私は、住宅ローン審査に通りやすい、通らない、落ちた、借り換え等という悩みも実際の体験から紹介してる。

この時、実際に新築マンションでの借入後かなり返済を続ける上で苦労した話があるからこそ言える内容も多い。

それは、生活費を少しでも節約してローンを組む生活には何も満足感はない。

この意識が住宅ローンを変動金利で組む数年以内で実感できたこと。

あくまでも家のローンは、払い続けるというストレスにもかかわる大切な支払い。

しかし、あくまでも今の生活を少しでも変化なく続けることの方が借り入れ後は絶対に大切。

5年、7年経過したら、当初組み始めたころに気にかけていたこととは違う費用計算が必要になることも簡単に出てくる時代。

私自身もボーナスの計算を会社が勝手に、切り捨て、当初予定した貯金を年間200万円程度狂わされた時期もある。

こんな時、必死にボーナス頼みの繰り上げ返済を考えていたら、完全に生活はショートする。

人生の選択の中でも家のローンは、できるだけ慎重に考える選択の方が後の選択の幅を作ることになる。

家のローンの平均年数より人生の質を考えた提案

私はこのサイト内で、住宅ローンを返済していく人生と子どもを育てる生活に密着した考えかとぉよく伝えている。

退職金があるかないかなんてどうでもいい。

親からの受け取る遺産の有無も関係ない。

もっと大事なのは、今の生活を維持するために必要な資金の推移をできるだけ現実に近いシビアな目線で感じておくこと。

そのためには、年収に対して、20%から上限25%程度の年間支払額を住宅ローンで考えておくこと。

たったこれだけだと私は思っている。

高額な家を無理して買ったところで、その中で生活していくのが無理な年収と支払いのバランスでは人生における家の価値は半減する。

簡単なサービス面での話なら、光回線等のインターネットサービスや有料放送のテレビ番組。

たったこんな対象にさえ、できるだけ節約対象を意識しなければいけない生活は本当にこれからの理想の人生につながるだろうか?

女性が体の負担や更年期等に悩んだ時、これからの住宅ローンの負担を考えて転職も制限する家は本当に買うべきだったのか?

先は短いと老後の80歳までの期間を意識して、60歳から20年間負担を検討して購入した家づくりが都内一等地での3階建て狭小住宅。

これからの生活、これが体の負担を軽減する良いアイデアになるだろうか?

こうした家を手にした価値とこれからのライフスタイルに合わせ、できる限り、繰上の計算も含めて、綿密な分析をしていくことが大切だと私は思う。

そうすれば、きっと住宅ローン控除とかそんなことを全く今から心配しなくても安心して家を持ち続ける事が出来る。

そして、仕事がつらい、体調を壊すような時でも、いくらでも家族で協力し合える環境も生まれる。

安心して暮らせる毎日の為に!

その為の家作りにローンはあるはずではないでしょうか?

平均年数より、今のあなたの状況に見合う計算をしてみてください。

きっと、平均年数よりももっと簡単に完済計画が立てられると私は確信しています。

このページを最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ