年収290万住宅ローン借入可能額と返済額目安

スポンサーリンク

住宅ローンと年収の関係を知りたい。

審査前にいったい何万円のローンを組めるのか知りたい。

物件を探す時、何万円以上何万円以下という入力画面がある。

年収290万の住宅ローンという情報について、この記事にご訪問いただきありがとうございます。

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

スポンサーリンク

年収の7倍の借入は無謀であると伝えたい。

住宅ローン年収7倍

住宅ローン年収7倍の借入額は低金利なら無難?無謀?破綻予備軍注意点

年収の8倍の住宅ローンは負担率として考えて無謀であるというのを体験からご紹介しています。

住宅ローン年収10倍体験記

住宅ローン年収8倍が借入可能額はお得?将来の暮らしはどうなる?マイホーム購入体験記

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

年収250万女性住宅ローン

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

具体的な借り入れ額と返済金額目安のシミュレーションもご紹介しています。

住宅ローン3300万

住宅ローン3300万円は年収いくらで借入可能?

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローン支払いがきつい人におすすめの対策法とよくある誤解や注意点体験記

住宅ローンが払えない悩みについてもご紹介しています。

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔対策注意点として、以下のような体験を軸にご紹介しています。

元新築住宅関連企業勤務経験者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者。

住宅ローン審査を金融機関で2つの銀行で落ちた後、3社目で通過させた体験。

住宅ローンの借り換えを2年目で成功。

カーテンは通販以下の価格を提供してくれた店舗の対応に巡り合えた経験。

外構工事は打ち合わせの提案の半分の額で、満足できた経験。

火災保険等は元保険営業の妻の知恵をかりて、成功を実感。

インターネット回線は、スマホ利用を活用して成功を実感。

このほか、引越し、挨拶まわり、定期点検時の追加工事や修繕依頼等。

このようなただ単に家を買った人のブログではなく、あくまで専門知識を持つからこそ伝えられる情報を含めて、各記事をご紹介しています。

家を買う時、人はよく他の物件といくら違って設備がどう違うのかを比較したりします。

でも、そもそも金利を前提として、住宅ローンという月々の返済の額をイメージしなければいけません。

この記事でも、無理をしてまで手に入れなくていい方法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、年収290万の住宅ローンについて、以下の項目で解説しています。

年収290万住宅ローン借入可能額目安

年収290万住宅ローン審査事前注意点

まずは、住宅購入後の条件として、自分たちの生活に無理が無い。

そして、ボーナスなどをあてにした計画ではなく、完済までの期間に問題を感じないポイントをご紹介していきます。

じっくりご覧ください。

スポンサーリンク

年収290万住宅ローン借入可能額目安

住宅ローン年収290万

審査に申し込む時、できるだけ通りやすい条件で依頼を出すことが重要。

まずは、借入可能額の目安と生活が苦しくならないためのポイントを解説していきます。

年収290万住宅ローン返済比率目安

年収290万円の人はいくらくらいの物件を探すべき?

この答えには、返済負担率と返済比率というキーワードがポイントになります。

簡単に言えば、年収に対する返済の割合。

「この人が本当に返済できるか?」

住宅金融支援機構でも金乳期間でもまずはある程度一定の基準を用意しているのはこの点です。

この範囲内であれば、通る可能性は高くなるのです。

家探しをする際には銀行に相談しても融資相談が可能。

でも具体的な金額は教えてくれないことも多いです。

その答えは、銀行が融資の条件などを他の銀行に知られたくないから。

では一般的な返済比率を計算していきましょう。

年収290万円に求められる返済比率は、20%から上限25%が目安とされています。

具体的には以下のような計算をしていきます。

年収290万円×0.2=58万円

年収290万円×0.25=72.5万円

上記金額が年間に返済する可能額の目安。

しかし、上記金額には以下のような項目は含まれていない。

生活費(光熱費、食費、水道代等)

教育費(学校の習い事や交通費等)

スマホ等の通信費

車の車検や保険料

さらに、マイホームを購入したら、固定資産税等の支払いが義務付けられています。

トータルで計算をしておかないと、今の生活が数ヶ月で厳しい状況になってしまうので要注意。

この考え方から私は、年収を問わず、借入金額は、年収の20%で検討することをオススメしています。

年収290万住宅ローン毎月返済額

58万円÷12ヶ月=57300円

この計画を考えて、実際に借入可能額を試算していきます。

年収290万住宅ローン金利選択肢

年収300万円付近の方の多くは、フラット35の選択をするケースが多いです。

その理由は?

金利上昇リスクを避けるため。

正社員ですら、生涯働き続けることが難しいと言われている時代です。

派遣社員、契約社員でもまずは自分の年収が下がった時にも対応できるプランを考えることがポイント。

年収290万住宅ローンシミュレーション

フラット35での計算では以下のようなシミュレーションになります。

年収290万住宅ローン年収7倍シミュレーション

上記内容は、以下の条件に基づく試算となります。

借入希望額:1500万

金利タイプ:フラット35固定

返済方式:元利均等払い

金利:1.8%(頭金ゼロベース)

保証料:なし

融資手数料:なし

この条件で計算をしたとしても、毎月の支払額は、48163円

毎月この金額を返済し、車や家電、スマホの買い替えやリフォームや修繕費用、固定資産税なども払っていく。

あなたには、現実的な数字に見えますか?

これ位の金額なら全く問題ないと思う方は、良いかもしれません。

この金額は私も今の金利設定であれば大丈夫だと思います。

夫や奥さんのお小遣い

子供たちが成人前に進学、進級、習い事などを始める金額を大幅に増額。

たったこれだけでかなりきつくなると思うのであればもう少し金額を落とすことをおすすめします。

私が考える借入可能額目安の根拠もご紹介していきます。

このようにお考えください。

 

年収290万住宅ローン審査事前注意点

年収290万住宅ローン審査事前準備のお勧め

何か事前に準備ができることはないのか?

通りやすくするためのコツがあれば知りたい。

こんな声にお応えする内容をご案内しております。

住宅ローン審査前注意点1.所有状況

あなたが今生活をしている中で、自分の持つ所有物について確認をしておきましょう。

具体的には以下のような対象をチェックすることが重要です。

スマホの割賦販売の支払い金額や契約期間

クレジットカードの保有枚数(上限3枚以下が理想)

リボ払い、3回以上の利用を停止又は一括精算

借入全般(車のローン、消費者金融借入等)全ての残債確認と一括精算時期目安

これらは確実に精査しておくことをオススメします。

キャッシング枠や利用履歴も注目が集まっている。

住宅ローン審査キャッシング枠影響

キャッシング枠と歴の違いと住宅ローン審査落ちる原因

さらに、年金や国保などを支払っている方は、要注意。

滞納、未納、未払い、延滞。

こうした文字に審査をする時には先方はかなり敏感になります。

家賃の滞納を含めて必ず精算されているのかを確認。

滞納した履歴があるなら、その理由を明確化することも重要になりました。

年収290万で住宅ローン審査前注意点2.所有物件

フラット35の審査では、特に物件の担保力により審査が落ちるという回答が多いです。

ですから、以下のような情報をチェックしておくことも大切。

  • 目的の物件の周辺エリアの市場価値の推移
  • 都市計画や道路の拡張などによる土地の減少の可能性
  • 自然災害などのハザードマップ確認
  • 人気の学区等の場合は、固定資産税などもチェック

こうした内容を一通り確認しながら、担保力がありそうな物件なのかをチェックしましょう。

老後までの人生設計

  • 固定資産税の変化
  • 火災保険の値上がり傾向
  • 修繕、修復、リフォームに必要な費用

上記3つは、賃貸の生活では基本的に支払いがなかった対象。

上手にやりくりするだけでは限界があります。

老後までの生活で、3年、5年、10年、15年といったタイミングで上記のような支払いの時期が訪れます。

さらに、家具や家電の買い替え、車のニーズによる変化。

こうしたことを必ず確認しておくことも大切なこと。

決して家は、高級マンションや高級住宅街で購入することがすごい事ではありません。

身の丈に合う物件を探すこと。

そして、上手にそのエリアで生計を維持することこそが大事になります。

実際に私も地方の中でもさらに田舎に引っ越した時、一戸建てを購入したのですが、やはり生活する費用は格段に下がりました。

新築をローコスト住宅で探すよりも良い物件に巡り合える可能性も今の時代にならあるのです。

じっくり検討してみてください。

フラット35では、知人が勤続年数1年で通過出来た方法が↓。

住宅ローン一括審査申込
実際の体験についてもご紹介しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

あなたが変動金利や10年の固定金利を望まれるなら、私と同じ方法がおすすめです。

住宅ローン審査に金融機関や銀行来店不要!3社目で通過した方法

住宅ローン無理やり通すやり方|3社目で通過!

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ