年収310万住宅ローン借入可能額シミュレーションと毎月返済額

スポンサーリンク

住宅ローンと年収310万円の人のローン審査対策を含めた情報をご紹介していきます。

年収310万の人はローンを金利を入れて、いくらくらい借入可能なのか?

通る理由もよくわからない中だけど、何万くらいと額の目安があれば、購入可能な物件が探しやすい。

購入後返済に苦労する住宅はいくら審査に通過したとしても嬉しくない。

物件の価格だけでなく、頭金等で払う費用も当然住宅を買う以上、借りる前にいろいろな見ておくべき資金がある。

マンションなら、借り入れと合わせて、今の賃貸の家賃相場と車を使う上での駐車場等細かな費用も言わなければいけない事がある。

住宅ローン審査については、以下のようなコンテンツも紹介してきました。

住宅ローン審査に延滞履歴が及ぼす影響力|カードは要注意?

住宅ローン審査で忘れ物?必要書類体験記

住宅ローン金利交渉は可能?タブー?地銀体験記

住宅ローン審査落ちた口コミ年収別まとめ

住宅ローン審査年収300万で落ちる400万で通る違い!

 

住宅ローン金利選び方|変動,固定,フラット35銀行の選び方

年収における頭金なしの借り入れ可能額目安もご紹介しています。

年収300万円住宅ローン審査借入可能額シミュレーション

年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安

スポンサーリンク

年収400万の借り入れ可能額もご紹介しています。

年収400万住宅ローンいくら借りれる?

年収400万住宅ローン審査借入可能額限度額データ付

落ちる理由や通らない時に慌てる人も多いはず。

そこで、原因として考えられやすい内容もご紹介しています。

住宅ローン審査基準消費者金融履歴が落ちる通らない理由

住宅ローンと消費者金融履歴|審査落ちた後でも通すコツ

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業勤務経験者であること。

新築マンション、一戸建ての購入経験を持つこと。

身内に一級建築士、内装業、電気工事士等の多い家庭環境で育った体験。

住宅ローン審査に地銀、都市銀と2度落ちた後、金融機関や銀行に相談せず通過させた体験。

新築購入時の外構、カーテン等も打ち合わせで選ばず節約を実感。

火災保険は、元保険営業の妻の知恵をかりて、計算や内容も含めて満足を実感。

新築購入時の引越しも交渉術を見つけて、節約。

新築インターネット回線は、スマホ等の契約中の会社を利用して節約。

新築購入後の固定資産税などの支払を経験。

新築祝いのお返しや挨拶まわり、太陽光発電の収支報告なども経験。

新築購入後のアフターメンテナンスや追加工事なども経験。

ただ単に新築買った人のブログではなく、現場経験を持つからこそ伝えたい事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

家を買うということは、別に借入を計算する上で、今の生活を壊してまで無理した方法を選ぶ必要はない。

むしろ、何があったときもある程度車等の買い替えを含めて柔軟な対応が可能な借り入れを検討しなければいけない。

この記事では、年収310万の住宅ローンという視点について、毎月月々の支払い額の目安を含めて以下の項目でご紹介しています。

年収310万住宅ローン前の認識と注意

住宅ローン年収310万の借入れ可能額

年収310万住宅ローン審査通過の準備

私のサイトは、あくまでも無料の情報提供。

しかし、その中でも、自分が経験した苦労や35年分を完済する計画を立てる同じ目標を持つ方に、伝えたいことをご紹介させていただきます。

じっくり最後までご覧ください。

スポンサーリンク

年収310万住宅ローン前の注意点

 

自分の今の生活を継続するための毎月必要な月々の支払う定額の代金もある。

他にも条件により、現在は思っていない点で諸経費を少し払って別の何かを買っておきたいこともあるかもしれない。

家族の数により、当然それ以外の相談もあれば、仕事や親族の結婚等の情報が入る可能性もある。

いくら住宅ローンで借りる事ができる状況が出来ても、家の関連費用だけでない。

いろいろな問題をあまり低いほうで想定しておくことは好ましい状態とは言えない。

年収310万の住宅ローンも組む前に必要な問題

あなたが人気のエリアの土地や住宅を手に入れる。

このほうがもちろん将来的には売却なんて悩みがあった時も安心はあるかもしれない。

でも、通常家を購入するということは、以下のような内容が必ず必要になります。

一戸建てで言えば、町内会費や固定資産税。

マンションで言えば、駐車場、駐輪場、修繕積立費、管理費、インターネット使用料等。

これらは、収入により異なるものではない。

住宅ローンを組むことが出来た先の毎月の支払い以外の何か契約をするわけでもなく、自然に皆が払う費用。

年収310万の住宅ローンは不動産価格より生活

会社に勤め、子どもを育てるのに、大丈夫と言える資金を安定的に支払いが続く毎月の収支からも確信が持てるか?

その確信はどこから発生しているのか?

この答えが、決して、不動産会社の年収と購入している物件の価格の平均なんてまとめ方やどこかの金融機関等売り手のサイトから期間と買える物件まとめ一覧みたいなものを見ていたなら要注意。

買えるという言葉の真意はただ単に建物の所有権を有する事だけに住宅ローンを使って審査が通るだけの情報。

一般的な生活に密着した検討材料にはちょっと考えてるべき事が違い過ぎる。

いくらファイナンシャルプランナー等ちょっと資格的に安心できると考える人がいたら、以下のような点を考えてほしい。

物件購入予定の地域の市県民税は今より高い可能性。

今の手取りの給料以内と思ったら、妻のパート分も負担に含まれていた。

本で見たポイントの暮らしに利用するサービスは、今の時代のサービスと根本的に違った!

1つ1つの内容は小さな積み重ね。

しかし、登記を行い、自分の暮らしをスタートさせた時、結果的には、金利や金融機関を選ぶ先は、年間の支払をいを受け入れる覚悟が必要。

当然、もう時間は戻せない。

将来はわからない事がまだまだ多い。

消費税増税、市県民税、固定資産税等の増額。

固定としていた給料の減額リスク。

実際に生活を始める前に必ず確認することは、次の支払い開始後にマイホームを手にした先こんなはずではなかったという言葉を不要の収支バランス。

だからこそ、あまり買える時に買わないと損!

こんな曖昧なお得の意識は持たない事を強くお勧めします。

 

年収310万住宅ローン借入れ可能額

 

実際に金利などを選ぶことを含めて、もう時間が無い。

こういう年齢の方も実際に入るはず。

固定の手取りの目安は今と全く同じ状態で想定。

今手を付けていない貯金などは将来の為に残せる余裕。

数年先を目安に少しでも繰り上げ返済を出来るくらいの余裕。

このくらいの感覚で、貸し手の金融機関も安心できるような計画がマイホームの購入にはとても大切。

そして、その実現を可能にする金額を想定する為の具体的な借り入れ可能額目安をご紹介していきます。

住宅ローン年収310万のシミュレーション

私の知人では、年収400万円の夫婦でもあっという間に安定した子どもの養育資金的な部分を残せる生活を出来た人もいる。

反対に、年収1000万円の人が手取りの目安がちょっと減っただけで、あっという間に返済に困った方もいる。

こういう生活を見てきたからこそ、伝えたい想定してほしい目安は、以下の計算に基づきます。

年収310万×0.2=62万円。

62万円÷12ヶ月=51600円。

この金額が、実際に、いろいろな費用を含める。

年齢が若いとかも問わない。

変動金利も固定もフラット35も関係ない。

新規に住宅購入の計画にとりかかり、リフォームなども将来は検討することが出来る可能性があると私は考えてます。

上記の月々の支払参考金額を見て、この金額なら、夫婦ではなく、夫の手取りで生活してる今の家賃目安とほぼ同じだ。

この考え方の方で、将来はギリギリの生活になると思います。

実際に、変動金利で少し今2018年3月記述時期の金利より高めの設定からシミュレーションを出してみます。

年収310万住宅ローンシミュレーション

上記金額は、以下のような情報をもとにご紹介しています。

借り入れ希望額:2000万円

頭金:ゼロ。

金利タイプ:変動金利

返済タイプ:元利均等払い

金利:0.65%

保証料:無料

融資手数料:無料

上記情報でボーナス加算をゼロとして、毎月が53253円。

分かりやすい金額では、2000万円を借り入れしたなら、後で本当に予定通りにしないと苦労する。

このような想定が必要になると私は考えます。

その根拠は?

住宅ローン年収310万と2000万の現実

建売でも2000万円なら地域によっては新築物件も可能な範囲。

こんな気持ちになっている方も実際にいるはず。

よく使うサイトの中でのランキングに2000万または1980万円みたいない物件ならと思ってるご夫婦もいるはず。

しかし、今の私の結果は、あくまで手数料等以外の結果は何も入れていない。

住宅購入なら当たり前に想定が必要なのは以下の通り。

引越し費用。

インターネット回線。

火災保険の5年に1度の更新。

3年に1回の固定資産税の更新。

このような結果は全く含まれていない。

いろいろな情報を比較しなければいけない。

もちろん、変動よりもフラット35を選びたいと検討する家庭もあるはず。

この場合は、さらに団信等の無料も検討が必要。

そして、これからの今知らない修繕が必要なことや子供が1人のつもりが2人で来た。

こんな状況で一気に難しい計算になっていくことも始めは判断材料に入れなければ行けない部分が難しいと言える対象。

絶対の答えはないかもしれない。

でも、実際に、私自身が、妻をパートにも行かせないままとにかくすべてを自分の給料の範囲内でやりくりする。

この金額を年収500万円台で考えても私も2500万円ていどに抑えた。

この現実があって初めていろいろな突然出ていく出費も動じないで判断できる環境がある。

単純に今やっていける。

どちらにするかを選ぶなら、一番高い物件が得。

こんな単純な比較だけで考えてしまうのが、一番危険なのです。

 

年収310万住宅ローン審査準備

 

実際に私自身が最初のマンション購入後にあれこれ全く考えずに毎月のローンシミュレーションだけで即決判断をした。

この経験があったからこそ、今のあなたには、注意があれこれ出てくる。

複数のサイトを見ていろいろなコラムを読み、すり合わせをして詳しい情報を見ていくことも大切。

しかし、最も重要なのは、子どもが大きくなればなるほど、どちらにしても、学費も養育費も上がり続ける事。

小学生がこれからの時代はタブレットを持ち歩くようになるのも時間の問題。

英語、プログラミング、ダンス等の授業も小学生から誰でもやるやる必須科目になっていく。

こんな環境に行く小学生たちに誰の親も多くの習い事をさせてあげないと子供からの質問に答えられない環境も目前となってきた。

確かに住宅ローン審査は多く通ることそのものが誰でも幸せを感じるかもしれない。

でも、将来は子どもが欲しい人が通る道の1つに住宅ローン審査がある。

そして、私自身の今の回答も実際に2児の父親をしている環境で貯金を作り、一戸建ての返済負担を一人でやりくりしている。

この環境があるからこそ、実際に賃貸の家賃とは違う無謀という計画の話しが出来る。

保険も見直しが数年単位になってしまった。

子どもは20年程度の話になってくる。

こんな中で、親が失敗したなんてことを言いたくもない。

それには、やはり少し今の計画より安いくらいの計画を立てなければ、本来の生活が出来る水準とはいえない。

こんな感覚でぜひあなたの人生計画に見合う物件を探してみてください。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

フラット35では、知人が勤続年数1年で通過出来た方法もご紹介しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

あなたが変動金利や10年の固定金利を望まれるなら、私と同じ方法がお勧めです。

住宅ローン審査に金融機関や銀行来店不要!3社目で通過した方法

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ