30坪間取り吹き抜けありなしの失敗と成功の違い

新築間取りを注文住宅で設計したい。

家を買う方法で建てるという選択をした。

今の土地の坪の大きさに対して、住宅の中の間取りで吹き抜けを作るのは良いんだろうか?

30坪の間取りに吹き抜けをする時、失敗や後悔をする原因は有るのか?

玄関とリビングのどちらを吹き抜けにした方が良いのかな?

新築間取りの中でも注文住宅で二階建てを検討する方も多い。

住まいのエリアにより、建てる土地の周辺の環境は大きく異なる。

土地の間口と奥行きのバランス。

周辺の建物における日照条件の安心の違い。

二階につながる階段の配置。

収納が欲しいと思うけど、坪面積が多くなるのも予算の都合で難しい現実。

この様な流れの中で、30坪間取りについては、以下のような内容も書いてきました。

新築30坪間取り配置

新築30坪間取り総二階家事動線成功と失敗例に多い誤解や注意点

アイランドキッチン30坪間取り成功法

アイランドキッチン間取り30坪実例画像付失敗後悔対策

平屋間取り4LDK30坪以下に多い失敗後悔注意点

一条工務店坪単価の真実

一条工務店30坪単価や価格例|i-smart購入体験者間取り実例画像

地震保険火災保険相場2016

火災保険見積もり相場体験記新築一戸建て30坪地震保険家財付

35坪間取りの失敗注意点を実例画像付でご紹介しています。

新築間取り35坪失敗後悔原因

35坪新築一条工務店ismart間取り実例画像付設計注意点

32坪、35坪、38坪。

土地と予算により、大きく住まいのカタチは異なる。

そして、リビングや玄関、子供部屋、廊下

家族の収納も十分に安心が欲しい。

住まいとして暮らしやすい家とは何か?

家族が3人でも4人でも将来二人暮らしになった時でも、階段の上り下りや家事スペースの確保。

キッチンやダイニングなど各部屋の広さや動線の確保。

単世帯の増える時代に、どうプラン的に考えておくことが大切なのか?

トイレの数は何台?

こんな家の考え方を含めて、建てる人の悩みをご紹介していきたいと思います。

私のサイトは、元住宅関連企業出身者が新築のマンション、一戸建て購入も経験した中で、間取りだけでなく、注文住宅購入に関わる以下のような内容を全て体験からご紹介しています。

間取り

住宅ローン審査

住宅ローン借り換え

カーテン

外構工事

固定資産税

火災保険地震保険

新築祝いのお返し

近所の挨拶まわり。

引越し準備

家は、インテリアや家具を入れて華やかになれば成功ではない。

シンプルな中に、どれだけキッチン、玄関、洗面所、お風呂(浴室)、トイレ等の水周りのカビや結露等を含めて問題を事前に防止できるか?

日当たり、暗い、狭い、照明の種類や配置。

駐車場の位置から周囲の視線対策までさまざまな課題を見据えた計画を立てる必要があります。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

広々とした空間。

この言葉的には、吹き抜けのある間取りは、30坪でもかなり違った解放感を感じる人もいると思います。

光の入り方が違う。

明るい部屋。

こんな響きは、建てた人の安心や感動につながるはず。

しかし、30坪。

そして、2階とのバランス。

どこを解放して面積をどう減らすのか?

採光の窓を取り付けるだけの物件を作る事が暮らしに役立つ情報とは言い切れない部分があります。

今回の記事では、30坪間取り吹き抜けの考え方について、以下のような内容でご紹介しています。

30坪間取り吹き抜け失敗例

30坪間取り吹き抜け成功例

30坪間取り吹き抜け注意点

結果的に、暮らしに必要な情報を見学などをした時、エリアを問わず、設備や関連のアイテムを見るだけでなく、注意してほしい視点。

この点をまずは私の記事ではご紹介していきたいと思います。

30坪間取り吹き抜け失敗例

30坪間取り吹き抜け

抜き抜けを配置する家づくりは、決して、ただ画像で見たままの風景からおすすめとは言えない注意点があります。

実際に暮らしにつながる情報として、よくある失敗原因を一覧としてご紹介していきます。

30坪間取り吹き抜け失敗原因リスト

実際に、時間を使って間取りを考えたはずが以下のような悩みに直面したという声も多いのが現実。

寒い。

暑い。

エアコンが効きにくい。

掃除が大変。

上から下、下から上に声が丸聞こえで気になる。

サイトの画像などや動画などでは、見下ろす楽しみなどがあるかもしれない。

しかし、現実としては、生活している人が建てる前に想像していた暮らしとは違う悩みが生まれている事も多い。

30坪間取り吹き抜け失敗原因は排除可能?

今回の記事で最も注意していただきたいのが、この部分。

どうしても、吹き抜けのある間取りの2階建てを建てる時には、先ほどの失敗原因を緩和できるのか?

この点を非常に重要だと思っていただきたいのです。

どういうことか?

収納に使ったり、家族の遊び場とか共用スペースなんて言葉も新築間取りにはあります。

しかし、30坪ではそのような娯楽を考える余裕もない。

家族の人数に合わせたギリギリの部屋の数。

1ヶ所ずつが狭いと感じない程度の間取り。

この様に考え方が偏っていく。

でも、玄関でもリビングでもスペースを問わず、そもそも吹き抜けは、気密性の高さ次第でカンタンに失敗後悔の原因になる。

この点をせっかく注文住宅を建てる経験をするからこそ、住まいとして暮らしている時をイメージするために大切にしてください。

 

30坪間取り吹き抜け成功例

30坪間取り吹き抜け成功要素

自分たちの生活を守りやすい家。

家事、育児、生活動線等をしっかり意識したと感じられる配置や位置の関係。

方角、日当たり、日照条件もあるかもしれない。

しかし、吹き抜けを採用する時には、やはり最悪を想定した時の回避に役立った時が成功例だと私は思っています。

30坪間取り吹き抜け成功は周辺環境次第

実際に、注文住宅を土地を購入して建てる。

このようなご家庭の場合は、やはり建てる周辺の両隣や正面、真後ろという4方向に注意が必要になります。

道路に面さない土地。

隣の建物や壁との距離。

日照条件が将来変わる予定のある状況に、吹き抜けは予防策になっていく。

ただし、先ほど伝えた失敗原因がなくなる事もない。

つまりは、成功例と言えるのは、以下の条件を満たしたときだと私は感じています。

・気密性には十分安心がある工務店やハウスメーカーでの契約が出来た家。

・リビング、玄関等の明るさ確保を最悪隣接する家が後から建設されても影響を受けにくいような採光窓の配置。

まずこの2つを正確に確保できたと言える環境があれば、その価値が最も設置した意味を持つことだと私は思います。

30坪間取り吹き抜けは節約候補ではない

坪単価と坪数でちょっとでも建てる面積を減らすために、採用するのはどうなのか?

私はこの点については、正直あまりお勧めできません。

吹き抜けがあれば、強制的にその欠けた部分の配置次第によっては、当然以下のような事も考えなければいけない。

下に物が落下した時の家族の怪我のリスク。

家事動線としても廊下が狭くなりやすくなる箇所が生まれるリスク。

単純に生活をしている中でママたちが楽になる家事動線を考えた間取りの中には、なかなか吹き抜けがあったから重宝したという声は少ないのです。

 

30坪間取り吹き抜け注意点

30坪間取り吹き抜け注意点

結果的に吹き抜けしか方法が無いのかもしれない。

こんな時に、注意してほしいことを上の画像を参考にしながらご紹介していきます。

2階建て採光窓工夫のポイント

実際に、採光窓をまっすぐな壁につけるより、斜めにした方が光の入りやすさが圧倒的に高くなる。

このような例は多く存在します。

吹き抜けまではいらない。

あまり天井が高いのは家の中の景観としても落ち着かない。

こんな意識のある方は、少し傾斜のある屋根を選び、上の画像のように窓を配置するのも最高用途としては最適。

そして、この窓の形状にすることは、以下のようなメリットもあります。

斜め屋根に合わせる採光窓のメリット

実際に、隣との距離が近い。

この感覚を肌で感じているのに、真横に立ち並び直立の壁に窓を付ける。

これではやはり採光の度合いも限界がありますよね?

いくら大判な窓を配置しても、逆に日が入らない時や寒い時には冷気の進入口になりやすい。

よって、まずは、コンパクトな窓をどう配置するべきか?

このような思考も隣との距離を気にしている方には気を付けて頂きたいと思います。

新築窓の失敗後悔については、以下の様内容も書いています。

戸建て小窓カーテン失敗原因

新築窓用カーテンとブラインド比較失敗後悔注意点

新築窓格子は必要?失敗後悔する防犯対策の誤解

新築洗面所窓は必要?視線対策や寒さ対策等失敗後悔注意点

新築窓の種類選び方失敗後悔注意点画像付

新築窓のシャッターは必要?電動手動含め失敗後悔選び方注意点

新築窓サッシ色失敗後悔原因は夫婦喧嘩?仲裁体験記

新築の窓が少ない失敗後悔注意点チェックリスト

戸建小窓カーテン選び方失敗後悔注意点と成功のコツ

新築主寝室窓選び方配置失敗後悔対策注意点一戸建て注文住宅体験記

新築トイレ音漏れ失敗後悔間取り実例や窓配置注意点

ウォークインクローゼットに窓は必要?結露,カビ,湿気対策体験ブログ

あなたの新築間取り計画が、満足のできる家づくりにつながる事を願っています。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ