ローコスト住宅パントリー対応おすすめの3社と選び方のコツ

スポンサーリンク
  • ローコスト住宅で安い家が欲しい。
  • でも間取りの中でキッチンにパントリーは欲しい。
  • 静岡で対応してくれる会社のおすすめはあるのか?

東海エリア【愛知、静岡、岐阜、三重】のエリアでの家を建てる計画の際にも全国各地で悩む共通点があります。

その代表的な存在がキッチン収納。

これまでにもキッチンパントリー収納については、以下のような内容をご紹介してきました。

キッチンパントリー収納工夫と広さ選び失敗後悔注意点

新築キッチンパントリー間取り配置,収納失敗後悔注意点

新築キッチン収納の悩みについてもご紹介しています。

アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点

新築ブログ内覧会キッチン収納チェックポイント

狭いキッチンゴミ箱配置の犠牲と考え方画像付

キッチン床下収納いらないと判断した悩みと決断優先順位

アイランドキッチンメリット比較

狭いキッチン背面収納の選び方に多い失敗原因

ローコスト住宅に多い悩みについてもご紹介しています。

ローコスト住宅寿命

ローコスト住宅の寿命は短い?業界現場で学んだ実態

ローコスト住宅頭金なし

ローコスト住宅頭金なしで住宅ローン審査通過のコツ

住宅の設備についても触れています。

ローコスト住宅パントリー対応

ローコスト住宅パントリー対応おすすめの3社と選び方のコツ

平均相場という考え方

ローコスト住宅平均価格

ローコスト住宅平均価格総額と坪単価の差|業界経験者が解説

間取りの設計についての特徴。

ローコスト住宅間取り例

ローコスト住宅間取り例|平屋も2階建ても共通の課題

トラブル回避という考え方。

ローコスト住宅トラブル

ローコスト住宅トラブル回避注意点

ローコスト住宅の評判の見極め方。

ローコスト住宅評判の良い会社

ローコスト住宅評判が良い会社の見極め方|現場経験者の声

ローコスト住宅での失敗後悔原因についてもご紹介しています。

新築ローコスト住宅失敗後悔原因

ローコスト住宅失敗後悔注意点!注文住宅の会社選び方

夢のマイホーム実現に向けた会社を探す工程において、自分たちの希望をかなえてくれる会社はどこにあるのか?

住宅市場を知らない時には違いも坪単価などの方が先に心配になりますよね!

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下のような経験や体験を活かし運営しています。

元住宅関連企業で100棟以上の物件に対応。

新築マンション、新築注文住宅購入経験者。

住宅ローン審査に2度落ちた後に、銀行相談なしに審査通過体験。

審査通過から2年後に借り換え成功。

新築カーテンや外構、火災保険、引っ越しを打ち合わせで決めず節約に成功。

このような体験から少しでもリアルに住みやすい、生活しやすい家づくりをご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、ローコスト住宅パントリー対応の会社静岡でのおすすめ3社を以下の目次にそってご紹介しています。

静岡ローコスト住宅パントリー対応

静岡ローコスト住宅パントリー比較

静岡県内【沼津、静岡、浜松】などを対応可能なローコスト住宅でありパントリーも対応可能な会社をどう比較するべきか?

情報収集を行う時のポイントや注意点としてご覧ください。

静岡ローコスト住宅パントリー対応

ローコスト住宅パントリー対応静岡

パントリーのある間取りを希望するのはすべての会社が対応しているのか?

実際にローコスト住宅も含めた現場経験を振り返り、ご紹介していきます。

パントリー対応が難しい現実

新築注文住宅を希望する中でもローコスト住宅希望の坪数の平均は、26坪から30坪前後。

この間取りに必要な玄関、リビング、ダイニング、キッチン、洗面所、トイレ、お風呂、子供部屋、主寝室などが入ります。

1つ1つの居室スペースを6畳平均にしていくと、5つのスペースで30坪になってしまう。

この現実から考えていくと、とてもパントリーに対応するのは難しいというよりも現実的ではない考え方になっていく。

リビングもキッチンも狭いことが新築購入後の失敗後悔の原因になっている現代社会。

つまりは、会社選びが重要になります。

 

静岡ローコスト住宅パントリー比較

ローコスト住宅パントリー対応

では実際に静岡エリアでも対応してくれるような坪単価50万円以下の住宅メーカーや工務店はあるのか?

私自身も次の家づくりのために2018年後半も展示場やモデルハウスを巡りながら、次の計画を立てています。

そして、実際に以下の3つの会社であれば、実現が可能な可能性がある。

  • アキュラホーム
  • タマホーム
  • アイダ設計

上記3つの会社は、静岡に限らず全国に展開をしている事業規模としても整っている会社。

地元の小さな工務店を含めていないのは、状況もあまりつかめないことが多いため。

情報化社会の中で情報が少ないのは、やはり怖さでもあります。

あくまでも、余分ないろいろなオプションを考えるのではない。

標準規格や仕様の変更を最小限で家が建つ事を考えた場合、上記3つの会社が主な選択肢になると思います。

この3つからどう選ぶべきかを最後にご紹介していきます。

静岡ローコスト住宅選択のコツ

まずは、上記3つの会社から資料請求を一括で依頼します。

その後の営業の行動や説明などが実際に自分たちの希望をどこまで聞き届けてくれるのかを確認します。

この流れはいずれ契約する事になる時にも必ず影響します。

そして、将来の1年後などでも、まずは営業が安定してまだその場所にいるのかを含めてじっくり比較することも大切です。

実際に私もこの考え方から、徐々に会社を絞り込みして今の注文住宅購入にたどり着きました。

あなたにも同じ道のりからきっと自分の夢や希望をかなえてくれる会社に巡り合えることを信じています。

実際に利用しているのは、↓

ローコスト住宅静岡資料請求おすすめ
スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ