スポンサーリンク
  • 住宅ローンを年収360万で組みたい!
  • 今の年収でいくらの物件が購入できるか不安。
  • ローンの返済額は今の家賃以上にしたくない!
  • 住宅物件情報をマンションと一戸建てどっちで購入するべき?
住宅ローンを年収360万のシミュレーションで考える悩みについて、このページにご訪問いただきありがとうございます。 住宅ローンを組む時年収を軸に借入可能額や借入限度額という文字があります。 住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか? 住宅ローン審査年収 住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記
スポンサーリンク
家が欲しいけど買えないという考え方を持つ人も多い。 家買えないけど家が欲しい悩み 家欲しいけど買えない男の理由|住宅購入準備に必要な心構え体験 住宅ローンが払えないという悩みについてもご紹介しています。 住宅ローン払えない 住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ 返済時には、きついという言葉を口にする人もいる。 住宅ローンがきつい体験 住宅ローン支払いがきつい人におすすめの対策法とよくある誤解や注意点体験記 その他の年収についてもご案内しています。
300万 310万 320万 330万 340万
350万 370万 380万 390万 400万
200万円台で特に需要が高まっている年収についてもご紹介しています。
240万 250万 260万
270万 280万 290万
私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、ブログ形式で運営しています。 新築住宅関連企業出身者であること。 新築マンション、一戸建て購入経験者であること。 住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。 3度目の正直で、審査に通過した体験。 2年後に借り換えを成功させた体験。 ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。 一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。 新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。 カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。 火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。 引っ越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。 新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。 ただ家を買うのではない。 購入した人が、その後の人生の変化(転職、出産、育児、子育て)等の状況の中でも支払いに遅延、延滞、滞納などキツイ、苦しいなどと嘆かないプランニング。 今回の記事では、年収360万の住宅ローン借入可能額について、リアルな生活を意識した私のお伝えいしたい視点から以下の項目でご紹介しています。 年収360万住宅ローン借入可能額の想定 年収360万住宅ローン借入限度額の無謀 年収360万住宅ローン審査前準備や対策 自分が今物件として何を見て、借り入れ後をどうやってローン返済分も計算していけばいいのか? 同じ金額を35年間という支払いをしていく必要があります。 この現実から目を背けず、今意識して注意しておくべき内容としてご覧ください。
スポンサーリンク

年収360万住宅ローン借入可能額目安

年収360万住宅ローン   まずは、計画を立てる上で必要な借入可能額をご紹介していきます。

返済比率目安

返済比率目安 実際に私は、年収を問わず、借りた後、35年という長い時間の中で年間の家族の為に出ていくお金を加味しても大丈夫と教えていくなら、理想は年収の比率がカギを握ると伝えたいです。 年収における負担の少ない想定は、25%が上限です。 どのように計算をすればよいのか?
年収360万円×0.2=72万円 年収360万円×0.25=90万円
上記金額が、年間で返済する限界ラインだと思っていただくことがポイント。 72万円から90万円の中には、以下のような項目の支払いを含めて考える。
  • 生活費(光熱費や水道代、ガス代等)
  • インターネット回線費用
  • 車の車検や点検費用、保険料
  • 生命保険料
  • 地震保険や火災保険等の支払い
  • 固定資産税
年間90万円という金額が家族の必須の出費を全て合計した金額として気にしてください。

毎月返済額

毎月返済額 90万円を12ヶ月で割る事で毎月の返済額が想定できます。
72万円÷12ヶ月=6万円 90万円÷12ヶ月=7.5万円
この数字が、できれば教育やスマホ、ガソリン代などの含めた合計だとかなり安心。

シミュレーション

シミュレーション この金額では、実際にどの程度の借り入れが可能なのか? この点を以下の表でご紹介していきます。 年収360万住宅ローンシミュレーション 上記データは、以下のような銀行のシミュレーションで無料で確認できます。 楽天銀行 三井住友銀行 フラット35 この金額は以下のデータに基づき計算された結果となります。
  • 借入申込金額:2200万円
  • 頭金:なし
  • 金利:変動金利
  • 利率:0.65%(例)
  • 保証料:無料
  • 団信:無料
  • 融資手数料:無料
  • 頭金:なし
あれ?さっきは、7万5千円って言ったのに? このように感じる方も多いと思います。 私は、先ほどの7万5千円を手取りを想定し、スマホなどの支払いを含めて検討をしました。 その結果からさらに、住宅購入後の固定資産税、火災保険の支払い等も想定しています。 さらに、
  • 車の買い替え
  • 家電製品の故障や買い替え。
  • 子供の養育費の捻出や習い事の費用
  • 高校、大学に通う交通費や駐輪場代
こうした支払いを同じ資金の中で組み立てる必要があるのです。 借り入れする金額を7万5千円マックスにまで上げるというのは、無理をさせないという状況にはかなり気がかりなくらいです。 あっという間の18年、20年、22年間という子育ての時間。 家を買う時にチェックしてる資金はまだまだ他にも情報が不足してる。 ほとんど無いという方もいます。 エリアによっては、いくら中古でお得な物件があっても固定資産税が上がる可能性のある地域もあります。 お子さんのいる家庭にほど良い家計の負担の程度。 この想定においては、20代30代が子どもを育てる上で、主な旦那の収入だけでやりくりを使用とするなら、この価格帯が理想と私は伝えたいのです。

金利の選び方

2022年の住宅ローン関連情報をチェックしましたか? 【変動金利】 変動金利を0.5%以上上昇させる時期は?
金融機関・銀行 金利上昇時期
三菱UFJ銀行 2年以内
三井住友銀行 2年以内
三井住友信託銀行 2年以内
りそな銀行 2年以内
みずほ銀行 3~7年以内
楽天銀行 3~7年以内
ソニー銀行 8~10年以内
auじぶん銀行 8~10年以内
イオン銀行 8~10年以内
住信SBIネット銀行 11~15年以内
PayPay銀行 11~15年以内
1.0%以上上昇する可能性も出てきました。 11年から15年以内、16~20年以内には、上記の銀行の多くが上昇を想定しています。  

年収360万住宅ローン借入限度額の無謀

年収360万住宅ローン借入限度額の無謀 時代は超低金利になっています。 今がまさに固定金利を含めて、お得な時期であることは多くの方がさまざまな情報の仕入れから参考にしても考えられるようになった住宅購入。 私が考える無謀な借入限度額をご紹介していきます。

借入限度額無謀なシミュレーション

借入限度額無謀なシミュレーション 低金利の条件を満たし、団信などの保険も手数料無料という銀行を選んだほうが得なはず! 以下のような想定はほぼ自滅行為になると私は問題視します。 年収360万住宅ローン借入限度額 上記のデータは以下のデータに基づき計算されています。
  • 借入希望額:2800万
  • 金利タイプ:変動金利
  • 年利:0.445
  • 頭金:なし
  • 保証料:無料
  • 団信:無料
  • 融資手数料:無料
  • 頭金:なし
このような想定に基づくと、毎月の返済額は、72005円となります。 先ほど想定した25%範囲いっぱいの金額です。 この価格に、固定資産税が新築ならほぼ月1万円くらいに加算。 スマホの家族利用料で1万円。 インターネットを家庭で使う場合の光回線利用料:3000円から6000円程度 車の保険料:月1000円からランクにより大きく変動。 こうした細かな数字を並べて改めて手取りと計算してみてください。 明らかにボーナス頼みになる計算になりませんか? この計算が、全く問題ないということであれば、私は止めません。 しかし、この先確実に子供がいれば、出費は少なからず増えます。 外食が必要になれば、幼児でも1回の費用も1000円ちょっとは上がります。 車の諸経費目安は、買い替えを検討する時、また夫の意見と住まいを守る奥様が数台所有するという話で喧嘩になる可能性も! 妻がパートすら、数時間の時間短縮の内容の話がきたら? 現在記事を読んでくださってる環境と全く同じ程度の年収確保が仕事も完全に会社に握られた環境尾となっている。 この現実から、私は融資が可能な回答でも明らかに無謀と言いたいのです。  

年収360万住宅ローン審査前準備

年収360万住宅ローン審査前準備や対策 自分たちは安全なカテゴリで子が増えても完済まで無理な節約をせずに完済が出来る環境を選びたい。 住んでから計画と違ったという可能性が高い計画を避けたい。 私がこれから掲載していく想定を意識して、金利比較以上に高い認識を持って審査期間を迎えてみてください。

クレジットカード

クレジットカード 最初にお願いしたいのは、今住んでいる家の家計の中で、クレジットカードを複数違うカードから引き落としになってるなら、出来るだけ3枚程度にまとめてください。 これが何を意味するのか? クレジットカード利用枚数が多いことも対象に入ってきます。 キャッシング枠がゼロなら問題ないのでは? これは違うんです。 私も実際に複数枚のそれぞれのサービスに合わせてクレジットカードを保有していました。 しかし、所有していけるのは、3枚程度に絞ってください。 この条件がしっかり提示されてしまったのです。 Yahoo!とか楽天とか今は意外といろんなサービスがあるし、ポイント優待率などを掲載して新しいカードを今後検討する人も多いはず。 この点を徹底して頂きたいのです。 この行動時期は、せめて半年前程度には片付けたいです。

頭金より預金

頭金より預金 できるだけ老後の余裕を残すという意味をなぜか高い頭金を用意しようとして、毎月の返済額を減らす行動をとる人がいます。 これは、正直、もう老後の退職金まで想定できている人が今後の使い道も少ないということで同じお金を出すならと決断するべき行動だと私は思います。 実際に火災保険を頭金を出さないからこそ、上乗せせず済むケースも多いです。 さらに、外構工事やカーテンの購入など家を購入した時に出る費用は購入する時も意外と細かく存在します。 ですから、頭金を用意するのであれば、数年分の固定資産税分と火災保険料だと思った方が得策と言えるのです。 貯金が減る事で、新たなと貯蓄が出来ない時や転職直後等の大きな人生の転換期を迎えた時にも対処が可能な時は多いです。 よって、無理に頭金を用意することはお勧めできないのです。 以上の内容をまずは最優先で意識して購入する時の不安を少しでも返済後のイメージとして確立することを強くお勧めします。 私がオススメしたいのが、一括申し込みによる審査通過。 実際に使ったのが↓

一括審査申込 住宅ローン審査一括申し込み

私が3社目で通過した時の体験もご紹介しています。 審査に来店不要!3社目で通過した方法 あなたの住宅購入がよりよい人生につながることを願っています。 最後まで読んでくれてありがとうございました。  
スポンサーリンク