年収260万住宅ローン借入可能額や月々返済目安|銀行に相談する前に知るべき事

年収260万での住宅ローン審査前の情報尾集めている。

ローンで借入可能な金額の計算ってどうすればいい?

住宅を購入する時に、ローンの借入金額に対する月々の返済金額も知りたい。

銀行に借入の相談をすれば、何か良い情報も教えてくれるのかな?

年収260万の住宅ローンについて、このページにご訪問いただきありがとうございます。

数万ではなく、1000万単位以上の借り入れを必要とする人も多い住宅ローン。

でも、実際には車のように金利も含めて自分で経験があるようなこともない。

シミュレーションと思っても、何をどう実際には条件で考えればよいのかわからない。

こんな声も非常に多い。

私のサイトは、新築一戸建て住宅購入に関連する以下のような経験をしています。

元住宅関連企業出身者がご紹介していきます。

身内に、一級建築士、内装業、電気工事士などがいる環境で育ちました。

新築マンション、一戸建ての購入経験があります。

だからこそ、以下のような情報を紹介しています。

会社の選び方。

ハウスメーカーを一度解約してまで手に入れた今の住宅購入経験。

住宅ローン審査のコツ。

2度落ちた後に、通過させた体験。

カーテンの見積もり依頼を。

打ち合わせで選ばずに、かなりの節約に成功。

火災保険,地震保険を保険営業の妻の知恵から費用を抑える事ができた体験。

外構工事、固定資産税などを含めて失敗後悔をしてほしくないという思いで運営しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

実際に、私は、地銀と都市銀という2つのパターンで、家を買う前に、通らないという結果を受け入れる体験をしました。

もう無理かもしれない。

どこの銀行に相談したらいいのだろう?

こんな経験をした時にも何とか諦めないために必死に探してみました。

そして、実際にローン返済後にかなり生活が毎月大変だったこともありました。

こうした経験をした時、借りれる=得という事ではない事も痛感しました。

そこで、この記事では、年収260万住宅ローンについて、以下のような項目でご紹介しています。

年収260万住宅ローン毎月返済額

住宅ローン年収260万無理な計画

年収260万住宅ローン頭金の価値

金利がいくらなのか?

フラット35で通りやすい銀行は?

こんな考え方も必要ですが、まずは実際に生活に無理がない返済計画を立てる為の基本的な部分を知っていただきたいと思います。

年収260万住宅ローン毎月返済額

年収260万住宅ローン

家を買う前に、知るべきは年間の総支払額をイメージすることがとても大切なんです。

よくシミュレーションでいくら?と考える人の多くが、月々を気にしてる。

でも、お金って毎月の計画だけを見てしまうと、意外と車のローンの延長で、出来てしまう気がすると思う人が多い。

土地や住宅を購入する為の住宅ローンでやはり他の情報と全く違う点を含めて、ご紹介していきます。

年収260万住宅ローン借入可能額目安

まずは、無理をしない融資相談をするために、必要な計画をご紹介していきます。

年収260万の住宅ローンでも大切にしてほしいのが、返済負担率という目安。

住宅は、家賃を払う事を考える時も必ず先にこの計算をしていくと想像通りの生活になる。

実際に、年収260万におすすめの年間返済負担率は、20%。

この数字を計算方法に当てはめると、以下のような形になっていく。

年収260万×0.2=52万円。

この金額を月々の支払いに想定します。

52万÷12ヶ月=4万3千円

この計算から、毎月の返済額が、4万3千円に収まる金利を含めた借入額を期間35年で計算する。

この結果は、以下の情報で確認可能。

年収260万住宅ローン毎月返済額目安

上記計算は、以下のような借入金額を想定したシミュレーション。

借入希望額:1300万

返済期間:35年

金利:フラット35固定金利

返済方法:元利均等

融資手数料:なし

保証料:なし

頭金:なし

この状況で金利を2018年3月の1.8%で想定した計算。

もちろん、固定資産税や税金や審査を利用した時の手数料なども一切支払いに入れない計算。

この金額が、年収に対する手取りで、どう影響するか?

実際に、自分の家計に対する手取りからこの金額が引かれると考えると現実的ではないと思うなら、まずは、頭金より35年で組む金額を減らす金額を先に減らす。

このような計画を立ててほしいと思います。

 

住宅ローン年収260万無理な計画

住宅ローン年収260万

手取りに気を遣い、仮に組むことが出来たとしても購入後にかかる固定資産税等住宅購入資金以外の部分は当然必要な計算がある。

マンションになったら、修繕積立金等のキーワードも重要。

こうした毎月必要な諸経費価格も物件により異なる。

こんな些細な購入後の住まいにかかる費用がマンションなどを手放す人の理由に多いのも現実です。

住宅ローンと車とスマホ

多くの方が、住宅ローン審査前という環境で、今の自分の年収と組める金額を考えるとき、なぜか、生活に必要な以下のような費用を全く無視した上限の限界を知ろうとする。

車の車検や保険料。

スマホの買い替えや更新。

子供の養育費の進学時や習い事。

マイホームを購入するのは、確かに35年のローン期間がある。

しかし、購入後に多くの方が子供を持ち、家庭をとして次のライフプランを持ちはじめる。

今返せるはあくまでもそのままの感じに生活が全く変わらないと言える約1年から2年程度の概算。

実際に家に住んだ結果の先は、賃貸とは全く違う家族で生活する生活費以外のお金がかかる。

固定資産税。

あくまでも住宅ローン減税をあてにした計画を立てたりする比較データは絶対にあてにしてはいけない。

まずは、自分の今後の不動産購入後にもやっていくべき個人の欲ではなく、必然的なサイクル的需要も含めて計算が必要になります。

個人の支払とローンの関係

マイホームを購入したあと、あなたは次に住む地域の事をどれだけ今の現状を含めて状況を把握していますか?

物価の平均値。

住民税や市県民税の状況。

治安に対する近所との関係や町内会費の費用。

このような細かい情報もあっという間に家計の支払状況を1ヶ月1万円前後を変える関係がある。

生活をはじめてから初めて知り、集金を求められ支払いに困る。

こんな状況は、あってはいけない。

せめて、購入した者として、必ず20代30代等の年代を問わず、返済負担の中に、金融機関以外の返済負担に関わる内訳を1つでも多く確認する。

この計算を借りる前にしていないだけで、あっという間に無理、限界、きつい。

こんな3拍子が毎日の夫婦の会話に増える未来が訪れます。

 

年収260万住宅ローン頭金の価値

年収260万住宅ローン審査

借入を初めて、家を買う諸経費や総額もやっと払い終えた時、返済負担の悩みを抱えないために、言わなければいけない事がある。

年齢を問わず、これからの年齢で通る人生の計画に必要な完済までの計画に主に関わる要素としてご覧ください。

住まいに貯蓄を削る頭金を用意する価値

フラット35は、確かに全体の購入金額の90%未満と90%以上で金利が0.5%も違いがある大きな重要課題になる。

でも住まいにおける生活を判断するなら、当然予定の話よりも安いならいいけど、高い時の話を前提に考えておく必要がある。

クレジットカードでの決済後に支払いが多かった後悔。

ボーナスカットや給料の昇給予定が変わる。

こんな話は別に年収に問わず、いくらでも将来には一般的に実籾がある時代になった。

火災保険なども5年または10年で計画をしなければいけない。

こうなると、いったん大きく払う買い物が、かなり増える。

その後の将来では、リフォームを必要とするタイミングもあるだろう。

最近は、保証に頼り切った考え方をよく目にすることも多い。

でも、元が注文住宅であって、契約後の瑕疵担保責任ということを考えても関連の項目ではかなり内容的に詳しい人でなければ、契約前にはわからない事が多い。

よって、新しい家を探すというのは、自分の家にするということと賃貸の新築選びでは、まったくと言って良いほど異なる事が多い。

こう意見を入れていくと、決して家を買う事が幸せや希望に満ちた考え方ではないと思うかもしれない。

でも、この点も違う。

今回の内容で伝えたいのは、借りてからの想定を考えた上で、頭金を入れるくらいなら貯蓄として残すべきという考え方を伝えたいだけなのです。

貯金残しで住宅ローンが通らない?

この点は、同じ金額を審査依頼することで考えた時、多くの家阿多が悩む事。

しかし、この点は、決して審査基準上から考えたら、考慮されるべき内容と思ってしまうのは間違い。

むしろ、銀行は、数十万単位の金額を頭金で入れられるよりも、15年20年25年30年後の単位までしっかり繰り上げ返済なども安心が欲しい。

貸し倒れなどを危惧しなければいけないような貯金を削る生活から出てきた頭金の価値はもうそんなに払った以上の価値を生み出していない。

この点は、今の金利への関心が高まる家族会議にもう一度認識をすり合わせてみてほしいのです。

メリットは何?

その後の中古マンションでも一戸建てでも、全ての利息や生活費、家具家電や引っ越し。

インターネット回線などの環境整備などの順に払っても、やっていけるレベルなのか?

このような点を利息だけでなく、生活をする立場として感がた方がよいと伝えたいのです。

私自身もこの誤算で、新築マンション時代はかなりきつい生活になりました。

だからこそ、あなたには同じ経験をしてほしくないと思っています。

この記事でご紹介したかった内容は異常となります。

フラット35を少しでも審査が通りやすい銀行で申し込みをしたいと思う方には、下のページで案内しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

最後までこのページを読んでくれてありがとうございました。

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

 

 


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ