住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

住宅ローン払えない現実

住宅ローンが払えない。

返済期間中に家のローンが払えない状態に陥る。

金利が高い分が無ければ。

ボーナス加算が高すぎた。

払えない理由は人それぞれ違う。

しかし、払えない理由に応じて対応策がある事を多くの方は知らない。

金利が高いなら、借り換えの相談をすれば解決策もある。

ボーナス加算も毎月の返済額をあげる手続きを済ませれば良い場合もある。

このように、一つ一つに応じて対応をしてけることもあるのです。

住宅ローン払えない時

何も考えられなくなってしまった。

そして、素直にそのまま金融機関にどうしたらいいか相談。

その後は、もう何も有益な情報をもらえないまま払えないなら、競売ですね。

こうした現実を迎えて、家を売却するしか手が無い結末を迎えている方も多い。

実際に、ローンを払うということそのものが払えないから、こういう決定がされて、不動産という自分の資産を一括返済の支払いが出来ないなら自己破産も仕方がない。

こう何の疑問も持つ余裕がないまま借金精算という解釈で、住宅を手放す。

それまでに過ごした家の思い出という貴重な心の中に残る喜びも失う可能性がある。

住宅ローン払えない予感

金利の選びか方が悪かったのか?

自分が早く返すために繰り上げ返済を多くし過ぎたせいか?

こんな状況と分かっていても転職をしたからか?

住宅ローンを利用中の会社の他の人に相談した方が良かったのか?

このように、自分にも何か可能な道筋があったのか?

こうした後悔をずっと背負い続けている人も多い。

子供がいる家庭なら、不動産の前に子育ての資金や養育費の確保を必要とする。

住宅ローン審査の時期にも払えない事態に陥らないための対策や注意点もご紹介しています。

住宅ローン審査に延滞履歴が及ぼす影響力|カードやキャッシングは要注意?

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に一級建築士,電気工事士,内装業などの多い環境で育った経緯。

新築住宅ローン審査に地銀、都市銀等に落ちた後に通過させた体験者。

住宅ローン返済2年目で借り換えを成功。

ハウスメーカーでの契約を一度解約した経験者。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、現場の知識を活かす事も含めて、ただ単に家を買っただけではなく、今の収入でどんな家を買う事が将来の生活をどう楽にしてくれるのか?

夢のマイホームを手に入れたお金の使い方に悔いなしと言えるような購入前の準備情報を伝えていきたいと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

マンションを最初に買った時、私も融資を受けたとの返済計画を軽く見過ぎていたと強く反省したこともあった。

借り換えによる金利選びをした際にも、同じように変更なんてしなくて済む銀行をなぜもっと先に知っていなかったのか?

このように、現在の生活が成り立つ者ですら、やはり何かに失敗やその支払った分が残っていたらと感じる事もある。

資金繰りが厳しいと思っている方にとっては、現在の生活を考えても少しでも早く何か楽になる方法を知りたいと思うはず。

そして、競売や自己破産という結末を避けておきたい気持ちも強いはず。

現実問題として、滞納が起こる前。

そして、債務整理などの話が具体的な額の提示がされる前の状態。

こうした時期なら、銀行に行って相談をするよりも今出来る解決の方法を1つでも知ることが大切になります。

今ボーナス収入を必死に補填にして銀行の残と借入金の残債を心配している。

こんな生活になっている方は、いくら物件を持ち、自分の家を賃貸生活と違う環境の中で生活していても、決して生きた心地がしないはず。

そして、自分が病気の状態になって数ヶ月入院等を必要とする。

引越しを伴い、一定の期間は賃貸家賃と2重払いを強いられる。

このような生活も当然一定の数はいるわけです。

売買、相続、いろいろな悩みがある不動産の相談内容。

自分の手を離れてしまう事を何とか避けたい。

こうした時、個人が銀行に行く前に知らなければいけないのは、以下のような内容。

債務者の背負う債務の精算方法の選択肢にはどんな方法が存在するのか?

減額の方法や破綻を避けるための情報や条件とは?

個人再生や差し押さえなど自分が何を選べるのか?

賃貸の物件を自分が今のローンを払えない状態でも借りる事が出来るのか?

本当に無理だとなったら、結果的に残った債務の精算の流れはどうなるのか?

単純に競売になってしまえば、物件の調査を行い、自分の破産までのカウントダウンを待つだけになる。

売るという選択肢以外に住み続けていける為の見直し方は残っているのか?

こうしたことを含めて、少しでも住宅ローンを払えない事情例を一覧にしながら紹介していきたいと思います。

※随時記事を追加しながら、リンク先を増やしていきます。

住宅ローンが払えない悩み1.身内の環境

住宅ローン払えない

住宅ローンを払えないという悩みと言うのは、本人だけのケースではない。

親が生活が苦しく、債務の負担が大きすぎたため、悩んでいるというケースもある。

子供が住宅ローンの残債があるのに、また新たに次から次に債務を契約している光景に戸惑う親もいる。

契約前には誰もが家族が大切だし、この選択が自分にとってやりがいや生きがいをもたらすと確信していたはず。

それが、親や子供等身内の大切な人の選択が、もう完済までやっていけないとなっている。

こうした住宅ローン返済終了前の状況に、判断するべき内容で、有利な話を自分自身では何も伝える事が出来ない。

相談されても難しいという悩みを持つ方も多い。

年齢ごとに次に想定する話がある。

住宅ローン払えない親

 

住宅ローン払えない時借り換えを求める現実

住宅ローン払えない借り換えの悩み

住宅ローンの中には、年齢的に想定していた年収が全く条件を含めて違う結果になったという方もいる。

サイトに掲載されてるおすすめの対策等は、多くが借り換え。

やはり弁護士に相談するのも数万円から数十万円の費用が必要になる。

離婚で子供の債権者や養育費等のいろいろな悩みを3つも4つも同時に抱えてる方もいる。

一戸建ての場合は、妻と子供が離婚をした後も済むという手段をとるケースもある。

住宅ローン払えない借り換え

住宅ローン払えない借り換え

住宅ローンが払えない時期が来るかもしれない。

もう遅延や延滞、督促となるのも時間の問題かもしれない。

今の金利さえ下がってくれればまだ払うことは可能なのに!

このような方が、住宅ローン借り換え審査を受けたいけど最初の諸費用を払う事でためらってる。

こうした時には、確実にまだチャンスは残っている。

住宅ローン払えない借り換え相談初期費用ゼロで依頼可能!

これから以下のようなこうもくについても記事を紹介していく予定です。

住宅ローン金利払えない

毎月の返済額で金利を除く金額以上は正直厳しい。

高い金利分を除く金額なら何とか借りていけるのに。

こんな時の対応なら得を得られる可能性はある。

デメリットを背負うことなく、とにかく家計をこれ以上出費原因を追究する必要がない。

自宅から全て相談や申し込みが可能なサービスは確かに実在する。

こういう場合は、保証金を含むすべてをまず相談しよう。

仕事が変わったということが無い限り、支払えない現実を金利だけで検討可能なら、返済遅延や滞納、延滞を行う前に行動するべき。

支払いを求められる催促が来てしまったら、事情はどうであれ、家を手放してしまうしか方法が亡くなる可能性がある。

しかし、出来るだけ早く情報をもらう。

そして、数社の情報を参考にして、暮らしをそのまま継続できる道を探す。

このために考えられるのは、借り換えという選択肢以外に無いと思う。

もちろん事故などを起こしてしまえば、弁護士などの申し立てなどがこちらから必要になってしまう。

ここまでくると、苦しい状況でもこれらに要する費用を分割してまた返していかなければいけなくなる。

まさに負の連鎖。

支払う関係はより少なく。

せめて下の5つの事項を正確に把握できれば、詳細はおいおいでも確認時に対応が出来る。

現在の年収(去年の源泉徴収又は自営業は確定申告)

現在の借入金の条件(返済開始日と返済完了予定日)

現在の残高

毎月の返済額

ボーナス払い加算の有無と詳細。

この条件があれば、あとは調べながらも対応が可能です。

住宅ローン払えない子供

 

高齢者住宅ローン払えない

 

住宅ローン払えない差し押さえ

 

住宅ローン払えない資産

 

住宅ローン諸費用払えない

 

 

 

住宅ローン払えない相談

住宅ローン払えない相談

住宅ローンが払えない時の相談相手は誰?

この相手を選ぶタイミングや方法により人生は大きく変わります。

住宅ローン払えない時してはいけない方法とやるべき相談手順

住宅ローン払えない賃貸

 

住宅ローン手付金払えない

 

住宅ローン手数料払えない

 

定年で住宅ローンが払えない

定年後住宅ローン払えない

定年を迎えてから一気に収入激減。

転職先もないまま貯金も厳しい。

このままでは住宅ローンが払えない状態になる。

このような方はどうするべきかをご紹介しています。

定年後住宅ローン払えない人はどうすればいい?失敗後悔注意点とおすすめ

 

住宅ローン払えない任意売却

 

 

 

住宅ローン変動金利払えない

 

住宅ローン 払えない保証人

 

住宅ローン払えない保険

 

住宅ローン保証料払えない

 

マンション住宅ローン払えない

マンション住宅ローン払えない

マンションでも住宅ローンが払えないという悩みは多い。

実際に状況的にまずいという時は何からしておくべきか?

マンション住宅ローン払えない時は破産?まずやるべき無料相談!

 

住宅ローン払えない夜逃げ

 

住宅ローンが払えない理由

住宅ローン払えない理由

払えない状態になった想定に至る前の事情もそれぞれが違う。

月々の支払いを続ける上で、毎月一定額を絶対に請求されていく。

当然、ちょっと使い過ぎたとか思ってもいなかった項目が押し寄せると、途端に遅延やこんなな状態を引き起こす。

こうなると、次にとる行動や延滞に対する遅延損害金などの付加の金額の問題ばかりを先に考える人も多い。

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払いが払えない

毎月の支払額を減らす事には満足をしている。

しかし、会社がボーナスカットをしてきて、もうこの先ボーナスが審査前の条件と同じ状況になることは難しくなってきた。

今は転職をして、ボーナスが前職とかなり違う条件の会社に入った。

このように、住宅ローン支払い開始後にボーナス払い併用をした分の支払いが大変になる人も多い。

まさしく同じことを私も経験した一人。

そして、今楽になれた方法を体験からご紹介しています。

住宅ローンボーナス払いが払えない時すべき事!体験記

 

うつ病住宅ローン

 

 

住宅ローン払えない生活保護

 

癌住宅ローン払えない

 

リストラで住宅ローンが払えない

住宅ローン払えないリストラ

会社を辞めなければいけない事態になった。

住宅ローンの残もまだある。

月々の生活に必要な支払いもある。

こんな時、住宅ローンが払えないというのは相談すれば何とかなるのか?

そんな甘い世界ではない。

住宅ローンがリストラで払えない時どうすればいい?対処優先順位

 

自営業住宅ローン払えない

 

養育費と住宅ローン払えない

養育費と住宅ローンは払えない

離婚をした。

元夫の名義の土地や家屋の資産。

しかし、住むのは元妻と子ども。

養育費の手続きが公正証書により保管されている。

この状況で生活が厳しい場合はどうすればいい?

このような悩みについてもご紹介しています。

養育費と住宅ローン2つは払えない!元夫はどうすればいい?

 

住宅ローン払えない先の事例

住宅ローン払えない先

住宅ローンを払えない時に、とる行動を考えるのは、とにかく目の前の月々の請求に対し応じられる体制を作るしかない。

しかし、絶対失業しないとも言えない。

その額に応じ、しっかり借り入れ段階の早期に知識がないと簡単に督促など支払って下さい的な内容を郵送で受け取る状態になっています。

教育も今後は回避ができない大きな負担となることもある。

でももう通常の生活の中で、支払っていける金額にも限界が来ている。

こうした中で、出来るだけ自己破産や破綻を回避するようにできる自分になれるのか?

多くの方が、住宅ローン以外の自分が知らない買い物等でちょっと大きな買いもをしただけで、遅延を回避不可能な状況になる。

住宅ローン払えないどうなる

 

住宅ローン払えない弁護士

 

住宅ローン払えない売る

住宅ローン払えない売る

住宅ローンで払えない人が急増している!

住宅ローン払えない時に売るという選択もメリットデメリットがあります。

住宅ローン払えないから売る時のメリットデメリット注意点

 

マイホームの債務は裁判所関連に簡単に流れる

住宅ローン債務

別に弁護士以外には解決するための方法は、自分自身では有利な話を引き出せないという意味ではない。

でも、多段に完済のための判断内容にしか目を向けてもらえる事が無い銀行からしたら、決して、やっていけない等の内容は全てリスクでもない。

特に、自分たちは、延滞や遅延が増えた方が有利な話となる。

年齢から想定される掲載に記載されていないおすすめがあるなら、必ず出る。

しかし、こうしたことも出てこないのは、弁護士ですら、離婚後一戸建てやマンションと子どもの債権者という3つは、自分の残高を意識しなくても変更を可能とする時代になっている。

相場から探す。

自分の絶対必要とする基本の感じとしては、督促が来ても支払っていけない場合は、借入段階を問わず、裁判所に差し押さえや競売の確認がカンタンにされている。

このような状態になってしまうと、以下のような思考も時代を問わず増える。

支払っておくべき残債分が用意されていればあとは高くても安くてもどっちでも良い。

こうした希望を持つより、今の自分が楽になる早いし簡単な方法を選びたくなる。

しかし、こうした光景を結婚をして、老後までに必死に終わらせようと思った姿を見ていた後の状態では、もう結婚したことも失敗と感じさせるような人も多い。

共働きは理想だが、現実的な人生では、正直、その難しさも私も結婚してよく分かりました。

育児と住宅ローン返済。

この2つはどっちも希望がたくさん詰まっていて、支払っていて、利息が減る時も楽しみになったりする。

しかし、いざトラブルを実際に抱えた時には、もう自分のなkで、時間の猶予と組んでしまって回避できない現実に大きなストレスが押し寄せる。

教育の為の費用の確認を毎月一番最初に月謝は?と心配になる自分。

このような状態は決して好ましい者ではない。

少しでも、自分の中で、安心が出来る方法を上記の悩みから、1つ1つ探ってみてください。

新築引越しの準備についての見落とし注意もご紹介しています。

新築一戸建て引越し準備

新築一戸建て引越し準備入居前チェックリスト体験記

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ