養育費と住宅ローン2つは払えない!元夫はどうすればいい?

住宅ローンという家のローンを抱えたまま離婚。

家を売却する話もしたが、不動産売却の相談は応じられなかった。

結果的に、離婚後、住宅ローンも養育費も費用を夫婦の話し合いで支払いを続行する事になった

このような状況では、離婚にも費用を要する。

さらに、夫が住宅ローンの費用の返済の支払いを続ける。

このような状況に、もう耐えきれない。

支払い続行不可能という問題解決のヒントを必要とする人が増えています。

あくまで離婚は親同士の夫婦の問題でしかない。

養育費という子供の養育に関する費用をその代償として払えないというのは言いたくない。

だだ、必要な養育以外にも離婚後には生活費がかかるのも事実。

当然請求ばかりをされて妻だけが住宅に住み続けて、養育費も義務だから払えという負担の在り方はやはり状況的にも続けられるとは限らない。

こうした収入に関係する悩みを住宅購入後に抱える事はなかなか多くの人が購入前の生活の中で想定できることではない。

本来なら、家族一緒に住み続けた上で、夫婦で一緒に家計を含めて負担をしながら、上手に養育義務も果たす。

これが、形として住宅ローンという借金を持つ場合でも、それをやりがいや生きがいとして子供の為に続ける。

こうした状況が、一変する事態がある。

滞納。

延滞。

住宅ローンが残ってる状況にさらに他社からの新たな借金。

このような生活を続ける中であれば、当然支払うべき優先順位を無視して、何を考えてるという住んでる中でのトラブルの火種を作っている人も実際にいる。

毎月払う情報も把握してる上で、借金を続けるような生活の中では、こういう条件を突きつけられても仕方がないと思う。

住宅ローンが払えない悩みについては、以下のようなコンテンツも紹介してきました。

住宅ローンが払えない時競売の流れと手順|回避する為に個人がすべき事

定年後住宅ローン払えない人はどうすればいい?失敗後悔注意点とおすすめ

住宅ローン払えないから売る時のメリットデメリット注意点

住宅ローン払えない時してはいけない方法とやるべき相談手順

マンション住宅ローン払えない時は破産?まずやるべき無料相談!

住宅ローン払えない借り換え相談初期費用ゼロで依頼可能!

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

住宅ローン審査の時期にも払えない事態に陥らないための対策や注意点もご紹介しています。

住宅ローン審査に延滞履歴が及ぼす影響力|カードやキャッシングは要注意?

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に一級建築士,電気工事士,内装業などの多い環境で育った経緯。

新築住宅ローン審査に地銀、都市銀等に落ちた後に通過させた体験者。

住宅ローン返済2年目で借り換えを成功。

ハウスメーカーでの契約を一度解約した経験者。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、現場の知識を活かす事も含めて、ただ単に家を買ったブログではなく、今の収入でどんな家を買う事が将来の生活をどう楽にしてくれるのか?

夢のマイホームを手に入れたお金の使い方に悔いなしと言えるような購入前の準備情報を伝えていきたいと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、住宅ローンと養育費両方は払えないという状況に追い込まれた方が、今の収入や状況等の情報をどう無理と伝えて改善策を求めるべきか?

こうした内容について、以下の項目でご紹介しています。

養育費と住宅ローンで払えない時の対処

養育費と住宅ローンで払えない時の相談

養育費と住宅ローンで払えない時の誤認

実際に、自分の支払いを毎月の家計を見ても、原因が身勝手な内容ではない。

このような情報を適切に受け取ってくれれば、今の負担が多い事も元妻でも子どもたちに何も言われないはずだ。

こう真面目に支払いを続けている中でも、マンションなどのように、権利だけが名義が残り、自分も家賃を払って生活している。

こうした方に少しでも自分の主張できる権利を知る意味で、債務者として出来ること。

こんな視点で参考にしていただきたいと思います。

養育費と住宅ローンで払えない時の対処

養育費と住宅ローンは払えない

自分の年収も当時払っていけると思った頃よりももらってる額が少ない。

でも約束した金額は、家族のためだから得とか損とかと違い、払いたい。

でももうどうがんばっても、難しい。

このように、今必要なお金において、必要最低限以外は、使っていない。

それでも権利として約束された状況にデメリットの多い約束をしてしまったと後悔している人も多い。

自宅はもちろんんのこと、生活日を出し、毎月の暮らしを質素に。

そして、金銭関連の発生は最小限にした現在の暮らし。

しかし、仕事は軌道に乗らず、物件を残し、暮らし続ける家族を支える。

このような状況の今の環境は、今後も絶対的に難しいと分かっていても支払わなければいけないのか?

こうした時には、任意売却や競売をする方がいいのか?

それはちょっともったいないかもしれない。

養育費と住宅ローンで払えない相談は弁護士

正直、このような問題は、もうすでに、あなたが賃貸物件との契約もしている状況なら、やはり総合的な質問も細分化された今難しい条件についても弁護士を使う方が得策。

その根拠は?

弁護士という分野の専門家の場合は、当然その資格における権利を持つ内容が多い事が武器になる。

例えば、以下のような内容がある時、事態はさらに悪化する。

  • 元夫、元妻が互いに再婚の可能性を含めた環境の発生が起こった場合。
  • 今の養育費に関する減額の可能性に対する検討出来るかどうか?
  • 住み続ける人がいるなら、住む人に賃貸料などの請求が可能かどうか?

こうした数多くの視点から、財産分与等の将来設計を含めて、確認するべき事が多い問題。

やはり、自分たちの当人同士の相談だけでは、期間を使ったところで所詮は、押し問答又は、平行線という状況になってしまう。

親権をめぐる時にも、必ず考えるべき事から気を付けるべき事等もう決断をしてる時にも実際に対応をしてもらった時には、知識や見ておくべき視点がある。

だからこそ、この複数の問題が混在した際には、やはり人気のページなどインターネットの検索だけに頼らず、考えるよりも頼るという考え方を持つべきだと私は伝えたいのです。

養育費と住宅ローンで払えない相談は利点

確実に言えることは、相談を可能とした際に、当然精神的なストレスの度合いはかなり変わってきます。

公正証書があれば、養育費は100%免責の内容を問わず完済義務を生じているか?

その答えも違う。

夫婦2人だけの時間で決定したケースもある。

さらに、今の状況との差が明確に実際に表示できる表のようになれば、変更可能な条件も生まれてくる。

だからこそ、勝手に、自分が言った言葉で責任を持つ義務があるんだ。

このように、一方的に背負う覚悟だけを持っている方にこそ、弁護士の相談はオススメしたいのです。

 

養育費と住宅ローンで払えない時の誤認

養育費と住宅ローンで払えない時の誤認

実際に、住宅ローンの支払い義務を負う時間の中で、あくまで一括完済が出来ない状況での契約の債務について、以下のように考える方も実際に多い。

契約元は、あくまで銀行。

だとしたら、当然銀行に一言相談して言っておくべきではないのか?

この考え方は、決してメリットも何もありません。

養育費で住宅ローンが払えないは銀行に関係ない

あなた個人にとっては、経済事情も含めて物件の処分を含めて非常に多くの大変な事を背負っている状態。

しかし、銀行は、あくまでも債権者として、権利を出来るだけシンプルに完済してもらい、免責を全て終わらせることにしかメリットを考えていない。

つまり、事情はどうであれ、知ったことではないのです。

別にこういう言い方をすると、大変多くの方が、銀行が嫌いなの?と思割れる事もあるかもしれない。

しかし、実際にこの点は、あくまでその言葉通りの内容になる。

その根拠は、以下のような事例も多い事でも見えてくる。

住宅ローンを払えない事情に多い養育費以外の問題には、以下のような費用を理由とする方が地域を問わず多い。

固定資産税の急激な増額に対して、対応が難しくなるケース。

マンションの管理費、修繕積立費に対する経年による負担増。

一戸建て購入者が繰り上げ返済を繰り返した結果、メリットより貯金が無いという現実に至ったケース。

このように、努力をした結末になっている場合もある。

しかし、この多くに銀行は書面作成における内容はすべて一括の完済を出来るだけ簡単に計算からはじき出し、算定の残り分を出来るだけ個人に負担させる。

このようなやり方が多い。

だからこそ、決して銀行に相談するメリットはないのです。

あくまで自分が出来る事を提案してくれるという甘い考えや計算はまず捨てておくべきなのです。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ