定年後住宅ローン払えない人はどうすればいい?失敗後悔注意点とおすすめ

スポンサーリンク

住宅ローン返済は不動産購入後完済してはじめて安心の状況となる。

ローン相談をする前と今で先読みすることが非常に重要。

実際問題、定年後にローンが払えない不安を抱き、相談をしてる方が近年増えています。

  • 生活に支障が出始めている。
  • 購入した時と年収や収入の額等も大きく違う。
  • 会社の状況から給与の支払いに対しても不安な状況。
  • 退職金や年金に不安を持つ人も多い時代。

理由はそれぞれいろいろあります。

しかし、不動産は、あくまで住宅ローン完済前は担保として銀行が所有権を持つ状況。

返済計画がかなり厳しい人のまず最初の方法として借り換えについてもご紹介しています。

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

スポンサーリンク

返済時には、きついという言葉を口にする人もいる。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローン支払いがきつい人におすすめ対策法

この記事では、住宅ローンが定年後に払えない状況になる寸前という方の為に以下のような項目でご紹介しています。

住宅ローン定年後払えない時の注意点

住宅ローン定年後払えない時の第一歩

住宅ローン定年後払えない時売却査定

自分の今の借金の情報はどの程度把握できていますか?

まず、何から確認をしていくべき?

こうした点を含めてご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローン定年後払えない時の注意点

定年後住宅ローン払えない

本来なら、年金や退職金を使って今すぐにでも費用の全額完済を済ませようと過去には考えていた。

しかし、住宅ローンを組む時の35年先の計画と今の現実を照らし合わせて、60歳時点での借金の残債と増えてしまった支出。

この状況からではとても一括で貯金から引き出して払うことは可能な状態とは言えない。

こういう人が増えてきています。

そんな時には、まず今後の計画を立てる上で、しっかり結果を見据えた今できる事をやっておく必要があります。

住宅ローン定年後に払えない時の可能な問題

定年を60歳または、65歳という時に迎える人が多い日本経済。

しかし、貯金は無理だったというライフスタイルの方も多いです。

こうなると、まずは借金が多い少ないを抜きにして、最優先で考えておくべき事は以下の様な流れになります。

0.現在の年齢でも可能な銀行への借り換え相談を銀行の複数相談を行う。

1.不動産売却(任意売却)の結果により差額分の利益で賃貸生活を確保する。

2.可能な限り、住宅ローンの毎月の費用を削る為の借り換えなどを検討する。

3.どうすることも出来ないほど残ってしまっている状況の場合は、第三者に無料相談をもちかける。

明確な計画の流れがあってこそ、借金を消すという方向よりも、どうすれば現在の課題で自分の負担や将来に傷をつけないような対策が成り立ちます。

住宅ローン定年後に払えない時に多い違う問題

自分自身が老後にも住む環境を持ち続けなければいけないことは変わりない。

こうした状況でいきなり定年退職後の離婚なんてケースも最近は珍しくありません

自宅を持つ事が、残債との戦いになるような貯蓄にしてしまった資金管理は当然本人の責任でしかないのです。

住宅ローン定年後に払えない人に多い特徴

しかし、今の状況が会社の一方的な都合により、給与カットなどを続け、人員削減等自分の努力以外でどうする事もできない事の積み重ねにより生まれた事態もあります。

この上、金利も高い金利の頃に借り入れを開始して、借り換えという低金利時代があったのに、その時にも結果的に面倒でそのまま今の金利の支払いを続けた結末という見方もある。

借り換えのサービスがあっても動かない。

この頃ももうすでに生活が厳しい状態だった。

このような状況を分かっていて、老後に起こる事に対し、曖昧な資金管理をしていたなら、やはりこれは自分が定年退職まで対処を先送りした結末である

過信という言葉の通り、何を根拠にしてたかわからないが、大丈夫と月々の支払いという目の前の生活だけを考える人の多くがこの問題に直面していまする。

最近は、定年後とか退職とは別の問題から、養育費等の問題からで自宅を手放すしかないという記事も増えています。

税金に対する計画も同じ。

地方税や固定資産税が一気に高い水準になった地域も全国で検索すると数多く出てきます。

働き盛りの世代には得がかなり感じる事が出来たはずの物件。

しかし、今となっては、簡単には手に入れる事ができないほど高い金額の査定額になる。

こうなると、住宅ローン返済額の月々が大丈夫でも税金などの合算における毎月の平均は高くなってしまいます。

このように個人が月々に支払っていくべき額は決して住宅ローンだけがネックになっているわけではない。

家計に入れるはずの計算も子どもの数と金額が合わない。

マンションは管理費、修繕積立費がまた値上げしようとしている。

このような一つ一つの問題が支払っていく家計を確実に圧迫していくのです。

 

住宅ローン定年後払えない時の第一歩

住宅ローン払えない時の第一歩

せめて親のメンツとして、子供に自己破産とか競売なんて言葉を知ってほしくない。

子供から質問を受けた時にも一つずつ親として責任を果たした結末にしたい。

こうした気持ちを持つ方なら、意識していただきたい視点をご紹介していきます。

住宅ローン定年後に払えない時対応を検討する優先順位

住宅ローンがきつい。

このような条件に直面している中で、定年後に仕事をいくら探しても見つからない。

こうした環境で、生活費や他の支払いにも影響しているなら、まずは家計の見直しも必要な事の一つ。

最も簡単で節約対象にするべきなのは、以下のような出費です。

  • 車のローン等は一度利用を手放す等で解消する。
  • クレジットカードなども最低限のカード以外一切利用を止める。
  • 借り換え審査を前提として対応を他の繰り上げを含めて急ぎ交渉を行う。

専門家等に相談するという金額を考えてもまずは仕事が無い今の状況から妻を含めて、余分な家計の対象をいくらのものでも容赦なく、全て削減とします。

このくらいの覚悟が無いと、老後の教育関係を続けるような40代での結婚や住宅ローン開始の方は間に合わない状態なのです。

支出予定計算を世帯でも自分でも将来の可能性をチェック

この1年2年の状況から、平均値を出します。

  • 教育関連費用。
  • 将来の子どもの結婚や出産等の祝い。
  • クレジットカード決済後の滞納、遅延等の履歴確認。
  • 現在の自分で可能性が高い毎月の支払可能額。

2017年頃から本格的に市場の住宅ローンが払えないという声が広がりを見せている住宅ローン市場。

2018年も大型のリストラなどを報道があり、給料でも、ボーナスカットを予定しているような会社にいる状態なら、もらえる額が変わるなんてことも当たり前の状態。

こうした市場だからこそ、定年後の状態なら、さらに支出には、シビアにあれこれと世帯全体としてチェックをしておくことが大切です。

これからの全期間分を計算することは普通でも行うのは無理なはず。

しかし、マイホームに住んで、今の自分たちの生活基盤として、最低限病気等の気にするべき要素がないなら、普通に生活をしている中での予算は見えてるはず。

だからこそ、まずは、行うべきは精査なのです。

 

定年後住宅ローン払えない時売却査定

住宅ローン払えない査定

本来なら、住宅ローン返済にまだ残りがある場合は、なかなか売却は簡単ではありません。

しかし、今の時代は、そんなことばかりを言って、残りの残債がまた不良債権化することを銀行も避けたいのが現実。

単純に、銀行からは、条件などを考えるより残りの残債が全て完済されることの方がメリットが多くなります。

競売等に至った場合にもどちらにしても査定に出すという環境は変わりません。

だからこそ、まずは個人が利用して、査定額を1万でも多く出す環境を作ることが大切になるのです。

そして、この時に、売却しようと個人が決める上での知識も必要になっていきます。

住宅ローン残債ありの売却査定の価値

実際に、マンションでも一戸建てでも出来るだけ不動産系の会社は、買取と販売により利益を生み出そうとする専門家。

住宅ローン残債ありという物件もいくらでも扱いがあるのが現実。

つまり、このような状況の中でもどうすれば、売却をすることが出来るのか?

更に、競売などの問題に関する質問も簡単な内容であれば、教えてもらうことも可能になる。

銀行での借り換え対応が上手くいかないなら、もう可能性として、全期間の一括清算以外の選択肢は手続き上難しくなる。

住宅ローン残債ありの売却相談以外の失敗例

こうなれば、住んでいても、遅延、延滞が見受けられたなら、もうすぐ銀行は督促状などを使って、手続きを行う事が一般的に増えています。

もう年齢とか相談なんて軽々しい内容で、契約をその度に、行ってくるような軽い内容ではなくなっています。

現実として、1ヶ月の遅延、延滞という状況からもう注意ではなく、警告というデータにステップアップします。

抵当権がついてる以上、銀行からは今の住宅ローンが残っている状況は同時に負債となります。

当然すぐにでも契約を解除して、同時に全額の精算を行ってもらうしか住み続ける方法がありません。

こう実際に言う発言はなかったとしても、データ上はそういう傾向や手続きにかかる動きが一通りの流れとして、ネット上でも掲載がされています。

よって、この流れは、同時に自己破産手続きですねと言う言葉の代弁でしかないと私は感じます。

相続にしても、やはり不動産は、税金を全て背負う事になり、中小企業勤務の子供たちが場合により負担のかかる場合もあります。

このような悩みが現代は徐々に増えています。

だからこそ、銀行に相談をするというのは、決して、給与の振り込み先だった場合でも関係なしに、第一の相談スポットにしない事を強くお勧めします。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ