マンション住宅ローン払えない時は破産?まずやるべき無料相談!

スポンサーリンク

家の住宅ローン返済について相談方法はあるのか?

ローンに返済する支払いのお金が必要なのに厳しい状態。

もう払えないとローンを借りた銀行に相談するべき?

売却?競売?

住宅のローンの支払いが出来ない状況なんて会社にばれたらどうしよう!

不動産の人なら何か解決方法に関する情報を知っているかな?

一括なんてとても払える状況の時でもない。

借り入れをする時、なぜこの金額の返済なら、可能と考えたのか?

そもそも今悩む人の多くは、期間を含めて、借金返済という仕組みに対して、色々なお金が必要なことを見落としているケースが多いです。

情報として知ったつもりになって、マンションを買う事が出来ると気持ちが高まる。

これは確かにわかります。

でも、それはあくまでも今の状況でも自分たちの管理できる範囲内での生活に支障を与えない範囲で将来にも貯金や貯蓄の可能性を作れた時に実感するべき問題。

住宅ローンが払えない悩みについては、以下のようなコンテンツも紹介してきました。

住宅ローンが払えない時競売の流れと手順|回避する為に個人がすべき事

定年後住宅ローン払えない人はどうすればいい?失敗後悔注意点とおすすめ

住宅ローン払えないから売る時のメリットデメリット注意点

住宅ローン払えない時してはいけない方法とやるべき相談手順

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

スポンサーリンク

 

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に一級建築士,電気工事士,内装業などの多い環境で育った経緯。

新築住宅ローン審査に地銀、都市銀等に落ちた後に通過させた体験者。

住宅ローン返済2年目で借り換えを成功。

ハウスメーカーでの契約を一度解約した経験者。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、現場の知識を活かす事も含めて、ただ単に家を買ったブログではなく、今の収入でどんな家を買う事が将来の生活をどう楽にしてくれるのか?

夢のマイホームを手に入れたお金の使い方に悔いなしと言えるような購入前の準備情報を伝えていきたいと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、私自身もマンションを購入した経験があるからこそ、伝える事が出来る視点で以下の項目でご紹介していきます。

マンション住宅ローンが払えない原因は単純!

マンション住宅ローンが払えない時誤解注意点

マンション住宅ローンが払えない時の対処法

今金融機関に知ってる人がいるなんて事を考えてるなら悪いけど最悪の事態になる可能性もある。

とにかく今から知っておくべきことは、払えない現実から夜逃げするような選択肢ではない。

しっかりまっとうな考え方で対処をしていく為に必要な情報をお届けします。

スポンサーリンク

マンション住宅ローンが払えない原因は単純!

マンション住宅ローン払えない

マンションと一戸建てどっちが大変?

こんな声を自分の周りの住宅購入検討者から質問を受ける事もあるかもしれない購入者たち。

しかし、実は、現実的に言うなら、マンションと一戸建ては、意外と大差ない。

それでも、なぜかマンションと一戸建てと言うと、マンションの方が住宅ローンで失敗する人が多いです。

なぜか?

この点を知っていただく事でこれから住宅ローンを組む計画を立てる方には金利や諸費用などを含めてどう計画を立てるべきかが見えてくるはずです。

マンション住宅ローンが払えない典型的パターン

マンションは、住宅として、すぐに自分たちの持ち出しの費用が少ない状況で、住む事が出来るのが最大の特徴だと思う。

以下のような費用が一戸建てに比較するなら必要としません。

  • 駐車場やポスト等の外構工事費用。
  • インターネット回線等のプロバイダ料金。
  • NTT等の回線工事。

このような今の賃貸生活とあまり変わりがない状況で不動産をただ住まいの拠点を変えただけという感覚で生活が出来るのがマンション。

しかし、だからこそ、以下のような入居時に説明を受けたはずの問題が抜けている可能性が高いです。

  • 固定資産税の計算の問題。
  • 修繕積立費、管理費等を含めた合計額。
  • 月々に支払いが必要な費用の合計額。
  • 保険料の年払いを続ける計画を立てたこと。
  • 車の保険料等の支払いや生命保険の支払い。

こうした当たり前の視点的な部分が簡単に抜け落ちてしまう。

その理由は、金利が今の時代はあなたも知っての通り超低金利の状態だからだと私は感じます。

私の買った時代は、年率0.95%前後の金利が平均的な時代でした。

この時には、やはり会社の給料の手取りから差し引きされた後の生活が可能かどうかを慎重に考えてる人も多かった様に感じます。

しかし、近年は、金利が安いため、全体の費用に対して多くの注意が抜ける事態が増えています。

こうした内容の中で賃貸生活の中では別に無料で使い続けられた内容があるからこそ、急に対応を求められたわけでなくても、見落とす。

こうした事態が重なり、徐々に手入れを必要な状況に追い込まれているケースが多いのです。

マンション住宅ローンが払えない支払計画

住宅ローンを払い続ける対応は決して最初の手続きの際の計画がしっかりしていれば、購入額と利用する残債とみても収入に見合う額なら、問題になることは少ないでしょう。

しかし、マンションなどの購入時には、残債以外の利用するボーナス払いのデメリットを直撃するケースが多いです。

自宅を購入したい。

この一心で、物件をみてどうしても欲しいと思い、借りる方法として、ボーナス併用の手続きに変更した。

このような計画をした方ほど、家賃以下という想定とは大きくかけ離れ、結果的に給料のちょっとした変化の状態にも立ち行かなくなる傾向が強いです。

具体的には以下のような失敗が多いです。

  • 会社が残業代カットの計画を打ち立ててきた。
  • 本来もらえるはずのボーナス支給額が今年から減額になった。
  • 家賃手当の支給対象から外れてしまった。

このように、借りていた頃と同じような生活水準をイメージした状態からちょっとでも計画がずれる。

たったこれだけの事もチリも積もれば山となる。

徐々に、結果的に払う事に対して、以下のような流れになっていってしまいます。

早く数ヶ月分の資金を用意しておかないと保険の手続きが出来ない。

こうした状態になると、もはや資金繰りはショート寸前になり、次の引き落としまでに残すお金が難しい。

もう生活していくのがやっと。

もう限界だから、売却した価格の流れにより、賃貸を紹介してもらうしかない。

このような残す方法を一気に絞り込み、対策というより、買取価格で残債完済分で残ったらというケースで考える方も多いです。

マンション住宅ローンが払えない支払対処

よく支払いに困る方のケースをもう一度流れを見ていくと、以下のような傾向もあります。

  • 住宅ローン審査通過後なのに、また違う融資を受ける相談をして借りる事をしている。
  • 病気等になり、もう働く目途が立たない状態になってしまっている。
  • 頭金や諸費用で払い過ぎて、残すお金が全くない状態で最初からもう見えてる金額すらギリギリのスタートだった。

このような事を積み重ねて行くことの延長にこんな意見もあります。

「家計を何とか節約してくれ」

「その前に夫が自分の借金を減らす努力を選択しない」

もうここまでくるとある意味借金という名の病気になってることも見えてきます。

金額の大小ではなく、もう見ていられない。

こうしたことをきっかけにして、離婚の原因にまで発展するケースもあるのです。

こうした事態にまで発展をしてしまうと、売買の見積もりをして、もらえるだけの金額と離婚後のリスクを先に奥さんが相続としてもらえる得を考えるところまでいたるケースもあります。

他にも先に査定に題して、マイホームの債務整理をどんどん先に行って、養育費等の確保を使用とする人も増えています。

こんな事を知らずに、夫が自分で行なってる事はさらに事態を悪い方向に運ぶケースもあります。

 

マンション住宅ローンが払えない時誤解注意点

マンション住宅ローンが払えない時誤解注意点

別に都道府県を限定した話ではありません。

日本全国どこでも住宅ローンを組み、支払いをしている人は普通にいます。

しかし、残債が減っていかない。

こんな先で、ついつい余分な思考が面倒な時、素直にいろいろ話すことが得と考えている人も多いのです。

マンション住宅ローンが払えない時の間違い行動

特に一番ひどいのは、真っ先に、銀行に入って、担当に今の住宅ローンが払えない事を相談するというケース。

これは、一戸建てもマンションも全く同じ。

債権となっているのが今回の住宅ローン。

当然、対処を求めるというのは、何か借り換えや毎月の返済額調整なんてことを債務者である借り入れをしている人は想像しているのかもしれません。

でも、そんなのは無理!

銀行側の債権者が思っているのは、さっさと売る準備して、任意売却等により、債務整理してください。

ただこれだけの事。

借り入れをしてほしい時の対処は、必死だった銀行員。

だったら、払えない時にもこれまでの行動から条件等の開始時とは違う支払える条件を相場の範囲内で対応してくれるはずだ。

そんな都合の良い事を思ってるならとんでもない!

全くあなたの事なんて銀行は微塵も考えてくれていないのです。

通常行うのは、任意売却という促しとその後は、自己破産に向ける破産申請や現況の家屋調査を行うような流れのみ。

そのため、かすかにでも期待をしていたような契約条件の減額なんて全く出てきません。

全く逆の状況で、あなたが銀行側で貸しているなら、全額返してくださいねと言いたい条件ではありませんか?

返せない時には、お互い助け合いを求めて、督促する側の時には、減額は気に入らない。

こんな事を言ったら、何考えてるんですかと言われても何も言えない。

契約をしたという以上は、条件が開始された時点で通常手段を問わず、支払いを行う事が住み続けるための条件となる。

それがいくら自分たちが住みにくいと感じるような条件であったとしても、言ってしまえばあなたが確認しながらしっかり申請してきた書類。

言うまでもななく、生命保険も他の制度も全て同じ。

生命保険を含めて一定の滞ってる状況で、負担に対しての検討を行ってくれるなんてことは銀行側からの提示は絶対ないのです。

 

マンション住宅ローンが払えない時の対処法

マンション住宅ローンが払えない時の対処法

マンションに住む家庭の主として、もう落札を待って、引っ越しまでかなりタイトなスケジュールで手放さないといけないかもしれない。

もう学校も親がローンを払えないから転校の必要があるなんて子供に言えない。

こうした家庭も残念な話ではありますが、実際に検討している人は絶対数がいるのも現実。

でも、まだ自分たちが払う余力が少しでもある。

この状況になっているなら、即時考えておくべき手順があります。

まずは金利を含めた減額前提条件探しが最優先

当然ながら、借り換えをして今乗り切れるだけの毎月の負担額減額になれば、支払えるという人もいるでしょう。

債務者として手段を選ぶなら、行動開始をまずするべきなのは、銀行の借り換え可能な条件を探すための行動を起こす事。

この行動を行うのは、数社(最大6社)までの比較を同時進行で金融機関に借り換えの申請を行う方法があります。

それが、自己資金ゼロで始まる住宅ローン借り換え相談。

当然ながら、条件等の手段を選んでいる余裕はない。

即時行動を開始して、自分の今の支払い額からいくらくらいまでなら、支払える額と見合わせて、減額を可能とできるのか?

督促後に破産手続きを行う位なら、しっかり全てやれることを確認して、制度もしっかり使えるだけ使う。

その上で、本当に何も出来ないと思ったなら、それはしっかり確認して言うべきことを伝えて、制度に従うしかない。

最初から売れるかどうかなんて事を検討していても、絶対いいことはありません。

まずは、検討するなら、絶対に支払ってる金額を減額させることを前提として、手放さない方法を探る。

これが大事です

競売にかけられるより任意売却の方がいろいろお得

ページの冒頭部分にある関連記事でも、この点はかなりまとめてあります。

なぜ手放さない事をここまでかなり強くページ内で伝えているのか?

それは別に、学校に言えないとか世間体の問題ではありません。

働いて今の住宅関連に影響を与えた現実があるとしても、それ以外の時間の話は、あなた自身の希望がようやくかなった状況だからです。

新たな住まいを用意したという話は、決して、時間のタイムリミットがいきなり来たわけではない。

完済の為に用意しようと実際にその度に、必死に個人が出来る事を実現しようとしたと思うから。

やっぱり、今のあなたの気持ちが分かるからこそ、簡単に手放すという言葉が出る状況を見たくない。

そして、その結論が出るのは、最悪弁護士等に相談した先で出されたときだと私個人では思っています。

抵当権を理由に確かに差し押さえをすることも破綻して、ブラックリストにすることも銀行はただ単に家族の幸せなんかより債権の回収。

これしか頭に浮かんでいないのが現実。

だからこそ、まずは任意売却の査定により、少しでも評価の高い会社に売却をしながら、一括精算の最後の望みをかける。

これは、自己破産ではない。

だから、かなりの価値があるのです。

まずは諦めるのではなく、やりきる。

その先で、どうしても無理だと思ったら、弁護士相談をしてみましょう。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ