住宅ローン払えない借り換え初期費用ゼロで依頼可能!

住宅ローン返済が払えない傾向が出てきた。

今の時点で、住宅ローン借り換え比較なんてしてる余裕が無い。

期間を短く返済比較もかねて、住宅ローン借り換え審査は可能?

住宅ローンが払えないという状況になりそうなとき、返済額が今の変動金利の毎月の状態よりも軽くなるなら、払える。

このような状況になっている方も多いはず。

しかし、一方では以下のような心配も多いです。

今の収入や条件で、他の銀行で審査が通るのだろうか?

実際に借り換えの手数料等費用が発生しても現在は支払いが可能な状態ではない。

もう任意売却等を検討するしかないのかもしれない。

このような悩みを持つ時、銀行に手続きの相談をする前にまずは、しっかり情報を知ることが大切です。

住宅ローンが払えない悩みについては、以下のようなコンテンツも紹介してきました。

住宅ローンが払えない時競売の流れと手順|回避する為に個人がすべき事

定年後住宅ローン払えない人はどうすればいい?失敗後悔注意点とおすすめ

住宅ローン払えないから売る時のメリットデメリット注意点

住宅ローン払えない時してはいけない方法とやるべき相談手順

マンション住宅ローン払えない時は破産?まずやるべき無料相談!

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

 

銀行はあなたに何もメリットのある話はしてくれません。

これだけは断言していい。

とにかく今の状態を他の金融機関でなら検討可能と言うなら、しっかり動き方を把握することが重要です。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に一級建築士,電気工事士,内装業などの多い環境で育った経緯。

新築住宅ローン審査に地銀、都市銀等に落ちた後に通過させた体験者。

住宅ローン返済2年目で借り換えを成功。

ハウスメーカーでの契約を一度解約した経験者。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、現場の知識を活かす事も含めて、ただ単に家を買ったブログではなく、今の収入でどんな家を買う事が将来の生活をどう楽にしてくれるのか?

夢のマイホームを手に入れたお金の使い方に悔いなしと言えるような購入前の準備情報を伝えていきたいと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、住宅ローンが払えない時借り換えのメリットを含めて以下の項目でご紹介していきます。

住宅ローン払えない時借り換え希望の原因

住宅ローン払えない時借り換えのメリット

住宅ローン払えない時借り換え検討の時期

今のあなたが毎月なんとか収入から技能への返済も生活に必要な支払いに関する費用もしっかり払えている。

この状況があれば、十分相談の可能性はまだ残っている。

最後まであきらめないで、出来る事からしっかりやっていきましょう。

住宅ローン払えない時借り換え希望の原因

住宅ローン払えない借り換え

住宅ローンが払えないから借り換えをしたいと思う人が増えている。

なぜ銀行から借り入れ可能な審査が通る条件だったのに、手続きをした後に毎月の状態がこんなにも悪化してしまう?

そもそも住宅ローンを組む時、いったいどんな金融機関への相談をしていたのか?

検討段階からの失敗の始まりが多い原因をご紹介していきます。

住宅ローン払えない借り換え希望者の特徴1.金利設定

現在の手数料や不動産取得時の検討をしている方にとって、金利が安い事で可能かもしれないと思う人が多い。

そして、出来るだけ長い期間の得を感じようとするあまり、手数料等を解決出来れば、あとは借り換えなんて事を全く考えないままの想定をしてるケースが多いです。

実際に、その設定上で最も注意が必要な点が金利の選び方。

住宅ローン金利には、現在以下のような選択肢が残されています。

変動金利

固定金利(5年、10年、15年、20年、25年等)

フラット35

このような金利がある中で、できるだけその当時に現在に至るまでの期間のリスクとして、金利の上昇を避けるという考え方が先行したシミュレーションが多い。

この費用は最初は得を感じるように見えます。

しかし、実際には、金利は変動金利より月々の手数料は高い。

このひずみが現在の生活に必要な経費等との関係を含めて、想定があますぎた。

これが主な原因になっているケースが多いのです。

住宅ローン払えない借り換え希望者の特徴2.家の総支出

私のサイト内では、家を買うことは、書類上の手続き以外にも購入後、一戸建てでもマンションでもいろいろな支払先があることを想定していくことが大切と伝えています。

固定資産税

住民税

これらは別に選ぶ選択肢はない。

その他にも住宅ローン以外に融資が必要になった流れが理由になるケースもあります。

車の事故や修理、保険料の値上がり等。

リフォームや修繕費用。

外構やカーテンの費用。

先に総額を計算しきれていない方が、全支出を比較した時、融資相談を依頼した頃よりもなぜか結果的に支出が全く違う別の事で増えている。

このような状況になると、当然年収の高低を関係なしに当然支払いが厳しい状況に陥ります。

住宅ローン払えない借り換え希望者の特徴3.繰り上げ返済

去年は年収が少し良かった。

このような時の住宅のローンの借入に対する繰り上げ返済は出来る限り早い方が得と感じる人も多いです。

実際に繰り上げ返済も手数料無料の銀行が今は増えています。

こうした流れから、当然残債を少しでも減らし、将来の終了期間を短くしたいと考える人もいます。

しかし、その翌年の年収は?

実際に固定となっていた給料以外の収入の見込みがあった対象がなくなってしまう状況もあります。

こうなると、毎月の生活費の維持もかなり大変になる結果が待っていることも実際にはあります。

あの時に、無理して繰り上げ返済をしないで、貯金を徹底していれば、こんなことにならなくて済んだ。

このように嘆く状態になる人も多いのです。

住宅ローン払えない借り換え希望者の特徴4.オーバーローン

住宅購入時に、銀行が融通をきかせてくれて一般的には今の年収では借り入れが難しい人なのに、なんとか差を埋め合わせるような努力をしてくれた。

団体信用生命保険などの加入も行い、事務手続きを人対人でなんとかポイントを稼ぐ。

こうした事をした人は、後でこの総額に対して、収入と毎月返済額の差を顕著に感じるケースも多いです。

申し込みの時の総額は少しでも多くのお金を借りたいと必死になる。

しかし、いったんその金額が入ると、実際に、申し込みをした影響をもろに感じる事がある。

火災保険料の支払い、車の保険料の支払い、固定の家計に必要な出費。

他にも養育費として購入をしなければいけない諸費用。

こうした多くの細かな差が失敗に徐々に影響を与えていきます。

返済を行う事を最優先にしたいが、今の生活の維持の可能性を考えると絶望的。

こうした状態は、年齢も関係ありません。

この他にも、仕事の転職、子どもの出産や育児による妻の仕事復帰時期の未定状態。

健康上なら、病気やケガ、うつ病等による今は在宅療養。

このような住宅を購入する年齢層に多い問題は数多く存在します。

その時、総額を一括返済というほどのお金の預貯金が無い。

だからこそ、住宅ローン金利の軽減を含めて、借り換えを行うという選択肢を今考えている方が多いのです。

 

住宅ローン払えない時借り換え検討の時期

住宅ローン払えない時借り換え検討の時期

住宅ローン審査は借り換えにもやはり申込後の書類上の手続きなど段階的な要素は変わらない。

通知が来るまでの間は、今の金融機関への支払いを行う必要もある。

こうした時、お金の問題だからこそ、シビアに今の生活維持も考慮して効果のある状況を作り出したいならいつのタイミングが最善と言えるのか?

順番にご紹介していきます。

住宅ローン払えない時借り換え準備段階

実際に、住宅ローンの支払いが払えないという問題をきっかけに今離婚問題まで出てきた。

こんな夫婦間で別の協議を行うシーンも今は多い。

こうした最中に、銀行からの通知なんて来たら、目も当てられない状態になるでしょう。

夫婦関係や家族関係を崩壊させないためにも、出来るだけ借り換え審査は、通る通らないを別問題として、早急に一社でも多くに一括で申し込みを行う事がとても大切になります。

実際に私も借り換えを行う時に、使った方法が↓

実際になぜこの会社を使ったのか?

以下のチェックポイントが最優先でした。

  • 成果報酬型だ絵借り換えが成功しない場合の費用が掛からない。
  • 自分で必要な銀行選びから基本的な登記書類関連も全て代行してくれる。
  • 自己資金ゼロ円で対応可能。
  • 最も安い金利を引き出す努力をしてくれる。

最初の住宅ローン審査を受ける時は、多くの方が未来の可能性を感じて楽しみにしてお金のやりくりをしていた。

しかし、実際に今は失敗したと、サイトを見ながらもどうにか今の危機を脱出したいと多くの方が焦りや不安の言葉を言わないようにするのに必死の状態。

こんな状態で、手続きにも失敗して、審査の影響を与えたら?

銀行の比較を中途半端に行う影響なら、当然差がほとんどないような結果になる可能性もあります。

ただ複数の銀行に一括で依頼を行う最初の審査とは全く違う。

フラット35のランキングも詳細を業者がチェックするのと、個人が数ヶ月前に見てそのままの人気を掲載し続けるのとでも状況も違う。

物件の価値も最初と今ではもちろん異なる。

長期優良住宅や住宅ローン減税などの優遇の状態も違う。

このような細かな点を口コミなどからも正確に読み取る。

こんな事を今の焦りと不安が高まる時期に正確に出来る自信がありますか?

10年保障の以内の中で対策をしなければいけないような支払いの状態になった方なら、残りの期間の中で、万が一無料の範囲外となり、実行するためには支払いを要するような話を調べる事の方が大事。

身体の健康に対してリスクを考えているなら、住宅ローンについて、保障などの見直しや団信の利用も大事かもしれない。

こうした審査基準以外にも一番は支払いを安定させる事や負担を軽くした後の収支対策も考えておく必要がある。

だからこそ、第三者のプロの専門会社に全てを任せる事が非常に大切なのです。

住宅ローン払えない時借り換えは支払いを気にしない

今から住宅ローン借り換え審査を自分で行うというのは、かなり利用する前の無料の相談の時間を含めて現実的ではない事もわかったはず。

更に、一番注意しなければいけないのは、以下のような条件的な部分。

審査基準の1位はあくまで年齢であること。

資産価値(担保力)は、当然早い利用の方が価値が付きやすい事。

この二つを単純に考えて、まとめて考える事が大事。

審査を実行する上でも負担や保証があって、審査の対象となる債務者にも問題が無い。

なのに、申込金額分の物件価格がリスクになってしまい、全額が出せないと判断される。

このような可能性は、中古住宅の場合は、よくあるような例なのです。

完済に対する判断だけでなく、今後は、住宅資産価値の減額も非常に下がりやすくなる時代が来る。

これは、少子高齢化により人口が減り、購入選択者の数が減るという大きな問題があるから。

少しでも回答を早くクリアにする。

一般的に不動産会社はこんな事まで面倒を見てくれない。

だからこそ、あなたは今大きな決断をある意味迫られていると言えます。

請求ではなく、督促状が来る日が近いかもしれない。

こんな時の回答を少しでも考える余裕があるなら、まずは申し込みを完了して、審査結果を待ち、売るよりも前に借り換えを受け付けてくれる銀行を見つけた方が賢明です。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ