住宅ローンボーナス払いが払えない時すべき事!体験記

スポンサーリンク

住宅ローンでボーナス払いの併用をしている。

返済の支払い額のバランスは今のままが良い。

でもボーナス払いの返済の額が今の収入では厳しくなってきた。

住宅ローンを組んだ後、ローンの返済開始の後、会社のボーナスが減るという変更の通知が届いた。

こんな悪夢のような話は決して珍しい事ではありません。

残りの期間がまだ長い。

生活に必要なお金を考えてしまえば、月々の返済額をこれ以上毎月上げる事も厳しい。

このような状況になった時、借金の元である銀行にお金の相談をするべきなのか?

一定期間だけでも先に延ばすという事や何か解決できるような方法はないだろうか?

このように悩みを持つ方が現在の支払い方法の変更などを含めて銀行に相談すれば助けてもらえると思っている人も多いです。

しかし、私はこの意見に対して、必ずNOと伝えています。

これまでにも住宅ローンが払えないという悩みについて以下のような内容をご紹介してきました。

住宅ローンどうなる?借入前に必要な覚悟と注意

住宅ローン時してはいけない方法とやるべき相談手順

住宅ローン払えない借り換え相談初期費用ゼロで依頼可能!

養育費と住宅ローン2つは払えない!元夫はどうすればいい?

住宅ローン人急増!結末準備対策まとめ

定年後住宅ローン払えない人はどうすればいい?失敗後悔注意点とおすすめ

住宅ローン払えない時競売の流れと手順|回避する為に個人がすべき事

住宅ローンがリストラで払えない時どうすればいい?対処優先順位

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

スポンサーリンク

 

住宅ローン審査の時期にもこういう事態に陥らないための対策や注意点もご紹介しています。

住宅ローン審査に延滞履歴が及ぼす影響力|カードやキャッシングは要注意?

キャッシング枠や利用履歴も注目が集まっている。

住宅ローン審査キャッシング枠影響

キャッシング枠と歴の違いと住宅ローン審査落ちる原因

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、ブログ形式で運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。

3度目の正直で、審査に通過した体験。

2年後に借り換えを成功させた体験。

ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。

一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。

新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引っ越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

家は不動産の契約が完了した時、夢の実現ではありません。

あくまで、住宅ローンを滞納、遅延、延滞をすることなく、全ての期間分の総額を完済してこそ本当の意味で自分の資産となります。

時間をかけて、関連の情報を必死に集めて、購入する前にようやくたどり着けた不動産購入。

なのに、自分がマンションでも一戸建てでも購入した後にまさ仕事がこんなことになるとは?

誰もがお金の問題である事から、月々の会社からの収入をあてにして後先の計画を考えます。

その会社がボーナスカットなんてしてきた時には、途端にボーナス払いにした決済金額は一気に家計に影響を与える。

住宅ローンは、滞納、遅延、延滞と順を追うごとに、必要な手続きは、競売による自己破産という問題になる。

少し違う見方をしても任意売却という自分の家を競売以外の方法で、査定に出すという手段くらいしか銀行は提案してくれない。

だからこそ、今の状況を守りたい人にとって、支払い方法の変更などの相談が必要でもメリットは何もないということが言えます。

この記事では、住宅ローンボーナス払いが払えない時の私が伝えたい選択の方法を以下の項目に沿ってご紹介しています。

住宅ローンボーナス払いが払えない時の誤認注意

住宅ローンボーナス払いが払えない時の選択方法

少しでも、今の自分がネット上を通じて相談できる事を知り、借入をしているとはいえ、できるだけ自分の家を残す方法を知るために参考にしてください。

スポンサーリンク

住宅ローンボーナス払いが払えない時の誤認注意

住宅ローンボーナス払いが払えない

例え、ボーナス払いだけが払えないという事情であっても借金。

そして、35年を銀行のお金を借り入れしてるのが現実の問題。

この先には、当然滞納、遅延、延滞の状況からは簡単に住宅は、孤児破産や任意売却などにより家を失いかねない。

だとしたら、まずは住宅ローンを組む人は、家を守るという意味でも可能な方法と必要以上な情報開示先という関係をその後の可能性を意識しておくべきです。

住宅ローンボーナス払い払えない時の相談可能範囲

先ほど前提としていたのが、毎月の月々の支払い額も限界と思っている人という想定。

こう言う人もいれば、あともう数千円から1万円程度なら、毎月の支払い分の加算が可能。

このように選択を可能としている方もいるはず。

もちろん、この場合は、必要以上に心配をする必要が無いケースもある。

  • 住宅ローン返済期間は今の条件と一切変更する必要が無い。
  • あくまでボーナス払い併用をやめるという手続きのみを行う。
  • 個人の転職などの情報結果に対して、ローンを組む前と返済開始後は同じ仕事。

このような状況に当てはまる方に限り、何の心配もいらない。

どんどん銀行に提出書類を出す事で、2週間前後で、ボーナス分の支払いはない毎月に均等割りされた支払い方法に変更が可能となります。

しかし、この選択に多い誤解は、以下のような方が安心と思って、可能性を考える時。

  • 住宅ローン審査前と通過後の仕事が転職したケース。
  • 年収の急激な変化の問題が少し心配な人。
  • 今の家の銀行口座残分での支払い可能なリミットが危機的状況。

このような場合は、銀行がスムーズに対応するケースもあれば、むしろ精査しておくべきと判断されるケースも多いです。

給料の手取りが減るというのが、あくまでボーナスだけと思っていい場合と全体の支給額に関わる結果が年収と言う情報にも大きく影響するのは違う。

何が出てもこちらは何も情報は変わっていない。

ただ単にボーナス払い分の減額だけを伝えておきたいだけ。

こうした判断をデータを見られた上でも安心を持つ事ができるかどうか?

何か別の事情を言わなければいけないなら、正直、事情を理解してもらうわけにはいかない。

私も実際に子供が生まれるという状況の中で住宅ローン返済を開始した者として、かなり家計のデメリットというか、手取りの実質カット的内容が懸念された数ヶ月を過ごしました。

年収は同じでも、月々の負担を検討する内容は実にいろいろな事情を検討しなければいけなくなります。

住宅ローンボーナス払い払えない事情も重要

私と同じように、子どもなしの状況の年収に対する負担を検討して住宅ローン返済を支払う際のイメージをした人なら、当然子どもが生まれてから余裕がなくなったということもあるはず。

実際に、以下のような事情が貯蓄を減らす要因になっていきます。

  • 奥さんのパート分の収入が完全に専業主婦に移行する家計負担増。
  • 子どもの養育費の為の貯蓄や保険などの手続きに関する不安。
  • 家族が増えた事による日用品や食費など生活費関連の増加。

家族が増えるというのは、決して悪い事ではなく、人生においては、大きな祝い事でもあります。

しかし、想定出来ていなかった内容は、困ってしまう事に直結することも多いのです。

現在の家計の予定から貯蓄を行う毎月の余力への影響の話は、1年もたたない間に、実際にかなり大変と感じる様になっていく。

貯金ができない事は、単純に口座の預金が減っていく話と直結する。

こうなると、もう時間が解決できる問題ではない状況に入っていくまでのカウントダウンの始まり。

出来るだけ現在の生活を変更しないまま家計の中でもっとボーナス払いを減らすためのてこ入れをおこなう必要がある。

この場合は、何をするべきかをご紹介していきます。

 

住宅ローンボーナス払いが払えない時の選択方法

住宅ローン払えないボーナス払いの解決法

私も実際にボーナス払いを行う事で毎月の支払額が減って、簡単に支払いを行う事が出来る事が当面は楽になると考えた一人。

しかし、実際の新築生活を開始した後、やはりもし家計の中で、ボーナスを他の事情に要することが入ってきた時は?

この想定をしていないことで、かなり大変な設定にしてしまったと感じた事がありました。

そして、この流れを今現在のローンの金利などの設定で本当に見直しを行うべきだったのか?

この点をあまり意識していなかったことがとても悔やまれる体験になってしまいました。

住宅ローンボーナス払いが払えない根本の原因

あなたがボーナス払いに対して困る要因がもし会社の基準値の設定が下がった事が最大の理由であったとしても、もっと根本的な部分を見直してみるいい機会だと私は伝えたい。

そもそももう0.1%でも実際に金利が減ってくれていたら、また違う景色や設定への選択肢が生まれるのではないか?

実際に私は、この考え方から、住宅ローン審査通過後に、2年後にさっそく借り換えをして成功をした。

実際に、ボーナス払いを1社目では入れていた計画。

2社目の借り換え時には、入れない計画。

さらに、金利も0.2%違う設定。

これだけでもかなりもう全体の支払いももし一括で払う時のペースも完全に違う状態になります。

設定を変更する事がもっとも簡単と思ってる人が多いかもしれません。

でも私は自分の体験から、現在の生活を振り返ってもやはりボーナス払いが払えない時ほど、金利を含めてもう1度住宅ローン全体の見直しをするべきタイミングだと伝えたいです。

私はこの話しを住宅ローン審査通過と同じように、やはりネット上での借り換え専門の業者に依頼をして仲介に入ってもらう事でかなりあなたにも借りやすい環境を見つけられるはずです。

実際に、住宅ローン審査申込よりも、かなり大掛かりに最大20社に対し、同時の申込相談が可能となっています。

そして、今回の会社は、あなたの条件を提示して、最適なプランをあくまで最初に無料でシミュレーションしてくれる。

これが最初のスタート。

知らないままで終われば、結局は今の金利のまま支払いを変更後に入ってしまえば、結局毎月の負担増。

ここに、全く違う銀行を入れて、総見直しをかけたら、あくまで毎月の返済希望額などの話を踏まえて、相談を行い、シミュレーションして借り換えに入っていくこともできます。

実際に私がこのサイト内で紹介している会社は1社のみ。

無料で相談するなら、まずは支払いが可能な条件を今よりもっと軽くする方法を探す。

これが今の時代の超低金利時代だからこそ、私も2年で借り換えをしました。

もっとこれから借り換え需要は加速していくはず。

あなたが感じているほど借り換えは面倒な作業ではありません。

意外と、簡単に相手が必死に動いてくれる。

思ってる以上に簡単で、そして、待ってるだけでよりよいプランが登場してきます。

あとは家族と協議して、借り換えをするかどうかをじっくり検討してそれからボーナス払いを今の銀行で変更するかを考えていけば十分だと私は考えます。

この記事で紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ