住宅ローン支払いできない状態に陥る典型的な原因と回避策

スポンサーリンク

住宅ローン返済ってこんなに支払い方法が大変なものだったとは!

まるで悪夢を見ているかのような人で、少しでも今の状況を打破したいと考える人も多い。

実際に、せっかく手にした物件をいきなり銀行にお金に対する遅らせるなどの話をもちかけた後、自己破産や売却(競売)等の相談に切り替わったケースも後を絶たない。

不動産会社の人に相談をもちかけてもそんなことを知る人が少ない。

結果的に、売却価格の妥協も交渉も何も方法がないまま必要な住宅ローン審査の手続きのような感じで、なし崩し的にたった数ヶ月で家を手放す状況に至る人もいる。

でも、実際に住宅ローンの支払いができないという前にまずは、なぜこのような事態になってしまってるのか?

金融機関に話をもちかけなかったらこのような事態にならなくても済んだ可能性もある。

今何を想定して注意しておけば、住宅購入後に支払いができない等の相談を金融機関や銀行にこのような相談をしなくて済むのか?

このような情報を知ることが大切になってきます。

住宅ローンの支払いについては、過去に以下のような記事もご紹介しています。

住宅ローン支払い苦しい時何から始めるべき?優先順位と注意点

住宅ローン支払い方法変更注意点とお勧めの見直し方体験記

住宅ローン支払いが厳しい現実!転職組の注意点ととるべき行動

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

スポンサーリンク

 

住宅ローン審査の時期にも払えない事態に陥らないための対策や注意点もご紹介しています。

住宅ローン審査に延滞履歴が及ぼす影響力|カードやキャッシングは要注意?

住宅ローンは当然不動産購入に多くの型が必要となる金融機関から1000万円以上の額を借入する行動。

この審査の前も後も少なからず費用をかけて依頼をしている。

その上で、結果的に住宅は手放すし、今の借金を消す事以外は何も過去の暮らしと違いがないという状況はなく、精神的負担をかけられる結末もある。

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、ブログ形式で運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。

3度目の正直で、審査に通過した体験。

2年後に借り換えを成功させた体験。

ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。

一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。

新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

ただ家を買うのではない。

住宅ローンは、金利や月々の返済額で選べば必ず35年という期間を快適に納得できる暮らしが約束されるものではない。

あくまで、メリットを明確に出し、自分たちの済んだ後の中も多い。

少しでもこれから家を買う事を検討する方には、別にリスクが高い買い物をするという意識を持つ必要があるわけでもない。

計画性の認識の甘さをもう一度多角度にどんな想定でも対処可能な状態を作る。

この趣旨を軸にお伝え手していきたいと思います。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、住宅ローン支払いができないという状態になる方に多い相談内容の特徴について、以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン支払いができない典型的理由

住宅ローン支払いができない自分の想定

住宅ローン支払いができない時の対処法

まず注意してほしいのは、いかなる状況になっても、銀行や金融機関に住宅ローンの相談をすることは何一つメリットが無い。

このことは無料相談であろうが、住宅ローン相談会だろうが相手はただ単にリストを欲しいだけの開催場所を用意した会場であることを知ってください。

そして、今後いかなる提出書面を出すことももう直接銀行にやり取りを求める価値はなくなった。

本来消費者に対して、価値のある行動は何?

このような内容を含めてご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローン支払いができない典型的理由

住宅ローン支払いできない

誰も住宅ローンの契約の後、自分のマイホームを手放す事など望んではいない。

可能な限り、家族との平穏な幸せを完済までの期間を含めて、借金月々の借金返済も含めて、多少の困難や支払いがちょっと高くなる月なども上手にやりくりして乗り越えたい。

収入の中での返済可能な範囲を利用している現実があれば、遅延、延滞、滞納などと言う問題に直面したり、銀行からの通知の対応を求められるリスクも無い。

しかし、実際には、支払いができないと悩む人がいるのも現実。

そこでまずはよくある理由をご紹介していきます。

住宅ローン支払いができない理由1.仕事の事情

最近は、仕事について、いくら家庭を持つ一家の主となった人も以下のような理由で退職や転職の決断を迫られる事例が多い。

  • 会社からの事業縮小や人員削減によるリストラなどの仕事を失うリスク。
  • ボーナスカットや毎月の収入に関わるインセンティブ等の割合カット。
  • 時間外手当支給対象時間の変更が難しいから定時退社の指示徹底。
  • 会社の倒産などによる雇用解雇通知。

このように、いくら自分がこれまで通りの対応をしたいと多くの借金を背負う決断をした後で、いきなりこのように利用する会社側が一方的な通知、通達を行う。

このような対応は、どうしても個人の解決できない部分でもある。

当然失業した際には、保険なども国保の請求として、自己負担分も変わる。

もちろん、この時期に借金の残の一括精算を行うまでの対応分が可能な貯金の余力もない。

こうした背景を中心に、月々の住宅ローンの支払いが困難になるケースがあるのです。

住宅ローン支払いができない理由2.購入後想定

新築でも中古でも住宅を購入したからには、あくまでいろいろな諸費用を必要とする。

  • 固定資産税という税金の支払い。
  • 地震保険、火災保険などの保険料の請求への支払い。

最低でもこの2つの対応は、住宅引渡しを行うまでの間に想定がされているはず。

しかし、いくら初回の支払いが可能な状態でもその後の契約の更新時の採算性を計算できてるわけではない。

こうした中に、新たな借り入れを行い、例えば自分たちの娯楽となるような少し高額な買い物を新しく金融機関から借金を背負う。

このような行動を一旦はじめてしまうと、また続けて違う事を取り組む負の連鎖生活を続ける事が多い。

この行く末は、結果的に、複数の借り入れ先からの通知を受け、余分な金利を払い、そのための借金返済をまた必要とする。

こんな状態から、さまざまな家財を売るみたいなまるでテレビに出てくるような何かの依頼のような話が現実に存在する。

そのため、こうした場合は、もう有利も何もなく、銀行の競売の通知確認後、裁判所からの説明や査定を受けて、実際何も交渉できないままなし崩しになる人もいる。

住宅ローン支払いができない理由3.病気

2016.2017.2018と年収の増加は見込めていない。

当然、会社と一般の社員が交渉することも難しい。

せめて今の年収を保証してくれていれば、生活でも他の事に余力が回せるのに!

このような事態になってる人も多い。

しかし、一般的に、このような状況を住宅ローンの債務を背負う時には、ある程度安定した状況を過ごしていたからこそ、家を買う手続きに踏み切った人も多いはず。

しかし、精神的なストレスというのは、何も仕事や他の生活だけが軸ではないのです。

不動産であるからこそ、よくあるトラブルは以下のような状況がある。

  • 近隣とのトラブル。
  • 引渡し後の雨漏りや不具合などにおける不動産会社や業者の対応力に対する不満。

まるで、今の仕事が上手くいかない流れが自宅にも影響したかのような光景が住まいの中にも訪れる。

こうした状況は、住まいを賃貸中の生活の時に行っていた手続きをさけるために家を買う決断をしたのに、という精神的なストレスを背負う者もいる。

こうした状態の話が毎日位のように内容に言った言わないなどの説明になった時、うつ病などの精神疾患になってしまうという話も多い時代。

支払期限が迫る毎年の保険の支払機期限の請求などがこういう時間に当てはまると途端にボーナス前の時期には、ショート寸前状態になる人もいる。

このように、夫婦の中で困難を乗り切ろうと思って考えていたはずが、一方が倒れると急にいろいろな事が立ち行かなくなる問題となることもある。

もう精神的に無理ということから、離婚を打ち出し、土地も家も手放し、もう何も得もいらないから解放してほしい。

こんな事態に発展するケースさえ増えてる。

自分がどこかで目にしたようなワンシーンかもしれない。

でも、現実にあなたにもこうした事が住宅購入後のメリットとデメリットという損得とは違うリスクという可能性で迫ることもある。

だからこそ、無理のない返済計画を利息を含めて、しっかり計画をしなければいけないのです。

 

住宅ローン支払いができない自分の想定

 

金融機関を通じて支払いができないと相談したらどうなるの?

実際どんなデメリットがあるの?

このように、銀行や金融期間に相談をする事で、元の条件から何か良い条件や内容を手続きを行えば、サポートしてくれるはず。

こんな甘い考え方をしてる人がいるなら、何も良いこともないし得もないということを改めてご紹介していきたいと思います。

住宅ローン支払いができない人に対する銀行の制裁

結局、口座の残高も一括にできるような可能性もないと判断されることが当然となる借りる債務者の状況。

その状況で、支払いが困難だからこういう時には、融資の上手な問題解決方法を!

こんな声にも銀行が耳を傾けるはず!

もしあなたがこんな淡い期待や人情を思ってるいるなら、とんでもない勘違い。

むしろ、即刻家を出て行ってもらって、他に融資の返済の可能性が高い人に売却をしてもらう方が銀行は得。

つまりは、住宅ローンとは銀行は融資に対する利益という可能性に得を感じる事しかない問題なのです。

住宅ローン支払いができない人に対する銀行の素行

よくあるのが、無理を言わない代わりに、保障会社からの代位弁済で一時的な問題の先送りをしておきますというケースもある。

しかし、これは何も問題の解決になっていない。

また更に、関連の場所から目をつけられて、その分の金利の上乗せ分も負担のかかる生活を送ることになる。

結局は、借金を借金して返済するというループ。

銀行は、回収が出来るから負担がかかる心配もない。

むしろ、返済を求めて価値が無い人に目をつぶったという一定の恩恵を求める位の対応をしてくる。

こんなところに見直しも変更も正直価値はないと私はいかなる返済の連絡についても銀行に相談をするのを失望した気分にもなった。

 

住宅ローン支払いができない時の対処法

もし仮に、今あなたが病気や事故、仕事の喪失などにおいて、普通の生活も当然のように送るようなことも難しい状態になってしまった。

こうした事態になりかけているなら、即時最初の行動を起こす必要がある。

その為に最初に同時進行でやるべきことをご紹介していきます。

住宅ローン支払いができないマンションの想定

マンションなら借りる人がいるケースが無いとは言わない。

私も最初に購入したマンションは、今は賃貸型にシフトした。

そのおかげで、支払っている対象の住宅ローンは賃貸用に変えても利益になってる。

結果、失ってしまうという事はほぼ可能性が少なくなった状態になった。

住宅ローンをどこから支払うのかという意味では同じでも、結果的に守りに徹して、まずは事態を終了させる。

この考え方で一時的には賃貸の生活に戻る事になったとしても、資産があることは変わらない。

こうした抵当権を銀行が有していたとしても、当然自分の自己所有物件として継続することはマンションは可能になる。

後は最初に、メールのやり取りでもいいから、売却を競売や任意売却の銀行からの通知よりも前に査定を行うことも当然の流れと言える。

そして、これ以上の守りに入るなら、確実に弁護士の無料相談が有効な手段となる。

弁護士は、地元の無料相談ではなく、必ず債務整理を得意とする弁護士を選ぶ必要がある。

実際に、債務整理専門の弁護士会社というのは↓

私はこの2つの選択肢は他の記事でもほぼ同じ事を伝えています。

しかし、これが最もどこにでもあるようで、多くはどこに相談したらいいのかを知らない課題でもある。

だからこそ私は早期問題解決に対する可能性を見失ってほしくないという意味でも少しでも可能性を少なくしないために即時決めて行動が出来る。

このような段取りをご紹介しています。

法律の上で自分たちはどのような対象になるのか?

返済の負担を少しでも減らすというのは、本当に無理なのか?

自分たちが家に住み続けながら、賃貸のような生活はできないのか?

こうした事もしっかり教えてくれる。

あなたが一人で悩む中で、失っていく時間経過のどこに得があるのか?

本当に知らなければいけないのは、今行動を起こせる対象の場所を知る事。

いずれも相談は無料。

だからこそ、どんどん行動を起こし、そしてそこで知った事実から、次の行動を考える事の方が最初の悩みを抱えた頃と大きく違う安心があるのです。

この記事で紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ