住宅ローン支払いイメージをリアルにシビアに体験から解説

住宅ローンって毎月返済するんでしょ!

住宅ローンの借り入れ条件や金利のシミュレーションってどうやって考えればいいの?

住宅ローン返済のイメージがどうも情報が多くて分かりにくい。

自分が家を買うという事になる時、多くの方がローンの借入を行う。

その方法が、住宅ローン。

しかし、人生何度も経験をするわけではないし、期間も35年と他のローンでは想像もつかない年数。

さらに、毎月35年という期間を計算して総額の返済金額をイメージするとなるとイメージも難しい。

このような状況でも、超低金利という情報や審査条件で勤続年数や年齢に問題ない時期に購入を検討して金利などの比較をしている人も多いです。

住宅ローンが払えないという悩みについてもご紹介しています。

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

 

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、ブログ形式で運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。

3度目の正直で、審査に通過した体験。

2年後に借り換えを成功させた体験。

ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。

一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。

新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引っ越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

家は不動産の契約が完了した時、夢の実現ではありません。

あくまで住宅ローンサービスの利用後、借入金額を全て完済し終えた条件で初めて家が自分の完全な資産になります。

よって、金利や期間、毎月の返済額などのシミュレーションによる想定を間違えてしまうと、途端に返済が出来ないとか払えないという現実を迎える事になりかねません。

今回の記事では、住宅ローン支払いイメージに欠かせないと体験から感じた事について、以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン支払いイメージ絶対必須条件

住宅ローン支払いイメージ誤算多発事象

住宅ローン支払いイメージ審査前準備

自分たちでも今毎月家賃や光熱費、生活に必要なスマホなどの端末費用や車など毎月支払いをしていることもあります。

しかし、これらの支払い方法とはちょっと情報的にも条件的にも比較できない部分が住宅ローンにはある。

そのリスクを含めてご紹介していきます。

住宅ローン支払いイメージ絶対必須条件

住宅ローン支払いイメージ

住宅ローンというのは、一般的に家を買う人が組む金融機関や銀行から借入を行うローン。

担保はもちろん自分の家。

そして、住まいを形的には持ち家という表記になりますが、担保として銀行が所有する状態になってしまっている。

これが、最初に持つべきイメージ。

住宅ローン支払いイメージ1.金利や支払いシミュレーション

住宅ローンは審査があります。

当然、自分たちが希望する総額を自由に借り入れできるものではありません。

あくまで条件を満たす範囲の金額を選び、審査をかけて通過したらその金額を元金として、金利を上乗せした金額を借り入れ額として返済していく形になります。

当然、元金全ての金額を返済してしまえば、余分な毎月の金利負担もなくなります。

しかし、この時、以下のような情報で比較をするのは危険です。

  • ボーナスでの繰り上げ返済などの支払いを選びすぎると預貯金がなくなる。
  • 借りる前の自分の仕事が確実に今後将来30年余りずっと継続するという前提は危険。
  • 銀行に希望プランを最初に求めるのはそもそも間違いである。

このように、自分が経ちが、10年、20年、30年と長い期間を一定の金額を銀行に返済するという条件であるからこそ、借りる前の条件でもいろいろな想定が必要になってきます。

仕事の将来性。

自己資金の調整

購入後の借り換えも可能な時代だからこそ今求めるべき得は何?

金融機関を利用する時の当初の仕事の状況の変化を全く考えず、現在の年収だけで金額を選び出すリスク。

このように、1つ1つがいろいろな視点で注意をしなければいけない事になります。

あくまで、計画というのは、参考上のデータにとどめた考え方。

しかし、その計画イメージの時でもうすでに審査後の生活プランがあいまいな人は、一気に返済開始後に払えない、苦しい、厳しい、きついなどの資金の問題に悩む人も多いです。

よって、必ず35年分の借り入れである事から、年収と元金のバランスは、年収の5倍程度にとどめる事が重要です。

 

住宅ローン支払いイメージ誤算多発事象

住宅ローン支払いイメージ誤算

実際に私の周りでも、住宅ローン審査の時には、安定した生活を送れる年収だった人が現在は職を失い、退職前に借り入れを行った返済に追われる人もいます。

住宅ローン支払いイメージに多い誤算1.生活

当然、生活をする為の環境への投資としてマイホームの購入は存在しています。

だからこそ、以下のような計画も必要になります。

将来のリフォームや故障、修繕費の資金確保。

将来の子どもの養育プランにおける教育資金の確保。

将来の車や大型家電など数十万円単位の購入サイクル。

まるで、池を買った時から、時が止まってしまったかのようなイメージをしても、結果自体は変動していきます。

そこで、計画した分の余剰資金が全て住宅ローンにのみ集中している場合は、簡単に支払いが滞るリスクを抱える事態に陥るケースも多いです。

あくまで、購入プランは、変動でも固定でも金利は問わず、今さまざまな家具家電を含めた買い替えも対応できる程度の資金の上に成り立つプランを考える必要があります。

こうした発想から始まれば、実際に支払いが始まり、当初固定金利で元利均等払いを選択した人が、100万円以上の得も考えて、変動に借り換えを選択する事も可能になります。

当然、選択をする際には、銀行に一定の手数料を支払い、変更を届け出る事も可能。

しかし、金融機関によっては、その時の勤続年数などの結果により、希望が通らない事も多くあります。

生活も一定の期間で、必ず利用するサービスも変わってきます。

希望するものも変わる。

だからこそ、多くの不確定要素を想定範囲に収めて、大きなゆとり的な資金枠を用意する必要があります。

これがなければ、ギリギリの生活前提となった時点で、以下のような知識が無いせいで、銀行の餌食になるケースもありえます。

遅延、延滞等を住宅ローンで勃発。

金融機関から、督促状や任意売却、競売、自己破産手続きの為の裁判所の査定実施。

このような事も、支払いが滞れば誰にでも訪れる可能性があるのです。

しっかり知識を持つということを意識していくなら、完全に保証された状況で借りる借金ではない。

あくまで、自分たちの中で安定的な返済を可能とする状態を考える事が大前提。

このように考えていかないと、利用規約を後でよみかえしたらとんでもない事になっていた。

こんな事態も決して珍しくないのです。

 

住宅ローン支払いイメージ審査前準備

住宅ローン支払いイメージ審査前

住宅ローンを組む上では、決して利息ばかりを気にしなければいけない事ではありません。

住宅ローン審査というのは、他のタイプの審査とはいろいろ違う点があります。

物件に適用される評価額。

不動産業者における残高以上の買取価格の付く物件購入。

決して悪い事ばかりがあるわけではありません。

しかし、あくまで運用ということではなく、不動産を住宅物件として購入する。

この考え方から、めっりっとを最大化させる一番必要な注意は、以下のような状況作りです。

住宅ローン支払いイメージと審査前の意識

住宅ローンに必要なのは、均等払いとなるような決済の習慣をいくらキャンペーンなどがあった時にも慎重に対応する事を家族の習慣化すること。

スマホなどの更新は、住宅ローン審査の上ではデメリットにもなっていきます。

あくまで、金利だけでなく、住宅ローン審査は、年収に対しての年間の返済負担率というさまざまな支払い要因を含めた審査が進んでいきます。

よって、借り入れが可能なら借りておく。

この考えを審査の前の常識としてしまうと、途端に銀行に相談を持ちかけるような状況があります。

住宅ローン支払いイメージと審査の選び方

住宅ローン審査は、金融機関で相談することが大事なのではありません。

あくまでも今後の住宅ローン審査は、AI化が進みます。

ソニー銀行の住宅ローン仮審査AI化

このような記事の流れからもサイトを中心と審査依頼が必須の時代がもうそこまで来ています。

だからこそ、的確な住宅ローン審査の依頼会社選びは非常に重要になったのです。

借り換えも含めて住宅ローン審査は完全に銀行の住宅ローンアドバイザーの価値をあまり自分たちの中で営業の安心という意味は全くないという事を知っていただければと思います。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ