住宅ローンがリストラで払えない時の2つの優先すべき選択肢

スポンサーリンク

住宅ローンが払えない状況になった!

理由は、会社のリストラによる対象になった事が原因。

今の生活を維持するために必要な支払いを含めて収入が途絶えたら貯金で対応するしかない。

ローンが払えないなんていう相談はどうすればいい?

会社の事情は、正直雇われてる状況の中では、必ず思ってる通りになっていくとも限りません。

会社単位の売却というケースも今の時代は珍しくないのです。

そして、自分が思っていた仕事の収入が住宅購入後の今はなくなった。

こういう話を家の中では、誰にどう相談していくべきなのか?という話が浮上する事は必須。

住宅ローンがリストラで払えない問題について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローン支払いがきつい人におすすめの対策法とよくある誤解や注意点体験記

スポンサーリンク

今回の記事では、住宅ローンがリストラで払えない時にやるべき事を以下の項目でご紹介していきます。

住宅ローンをリストラで払えない時の必須行動

住宅ローンをリストラで払えない時の誤解注意

まずは、自分の仕事の再就職先を結果的に条件を含めて、探す問題も解消しなければいけない。

このような状況に、仕事の収入の額などの条件を含めた時、自宅の環境まで結果的に全て背負う事になります。

でも、必ず人は乗り切れることを背負わされると昔私は上司に教わった事がある。

必ず今のあなたの状況も問題を解決するための糸口があるはず。

あっという間に時間は過ぎていく。

だからこそ、今できる事を最短で取り組んでできるだけ早い安定を手に入れましょう。

スポンサーリンク

住宅ローンをリストラで払えない時の必須行動

住宅ローン払えないリストラ

住宅ローンを払えない日が続けば、当然住宅ローンを組んでいる人は、突然金融機関(銀行)から競売や任意売却という内容の通達が来る。

この通知が来てしまったら、あっという間に1ヶ月単位に話が進み、解決というより流れに従うままに今の家を追い出されるようなことになってしまう。

こんな事にならないための先に解決をする為の方法をしっかり知ることが大切です。

そのためにあなたは今検索をして、必死に解決につながる内容を欲しいと思ってるはず。

だからこそ、最初に必須の行動をご紹介していきます。

住宅ローンをリストラで払えない時の行動1.転職活動

住宅ローンの支払いが厳しいというのも当然、今は仕事が無い事で収入が無い事が最大の理由という方も多いはず。

この場合は、少しでも月々の収入が高い金額を取ることができる仕事に転職をして解決することが先。

そして、少しでもこの可能性を高い状態にできて、転職として難易度が低い事を条件に探す事が最優先。

安定したお金の次に、働き口の確保を一時しのぎでもいいから利用するというために考えてほしい転職先は、日本国内での検索の需要からは私は1つしかないと思っています。

それは製造業。

もう正直、内容とか年収などを考えて、暮らしを考える余裕なんてないはず。

それよりも、1日も早くに会社に勤めて、突然の病気の時にも、社会保険の適用を受ける事が出来る状態を作る。

これが、最低限の今あなたが欲しい暮らしの最低条件になっているのではないでしょうか?

  • 最低限の月々の暮らしに必要な引き落としの分を相殺出来る環境。
  • 当然収入のバランスは、年収ベースより月収ベースが増える事が優先。
  • 残の設定の中で、出来るだけ毎月欲しい金額を先に考える。

このような考え方をしてみてください。

こういう環境を考えて、まずは情報や内容を収集する事が優先。

住宅ローンをリストラで払えない時の行動2.法的措置

多くの方が自分でできる事をしておきたいといろいろなネット上の検索を行っている事が多いです。

これは、住宅ローンに限った話でもありません。

あくまで、自分の人生において、困った事があれば、とりあえずネットを見て、手掛けられる事を探す。

誰からの情報でも良いから同じ状況に陥った人がどう解決させたのかを知りたい。

このように考えた上で、行動している事が多い今の時代。

でもいくら私たちの経験者や業者が伝える事があっても、最後は、法律が強い。

よって、こうした事態に対して、確実に普遍的で安定した答えを欲するなら、まずは無料の弁護士相談を徹底的に使う事が最も大切。

そして、できるだけあなたの時間と手間、労力を最小化した条件を満たす事も重要。

住宅ローンが払えないというのは、債務整理という対象。

弁護士選びというのも誰に相談するのかは注意が難しい問題。

そこで、債務整理を専門とする弁護士事務所を1つだけご紹介しておきます。

まずは知恵をもらう。

弁護士相談というのは、あくまで、初回は無料相談で対応してくれる事が多いです。

その上で、自分が依頼をしなければ、費用は掛かりません。

だからこそ、知恵をもらうために、上手に活用する方法を知っておくと、生きていく中で、住宅ローン返済以外にも困ったときには答えの根拠を持つ事で安心の度合いが増す。

こうした環境を1つ1つ作る事がやはり問題解決をしやすい環境作りにつながるのです。

 

住宅ローンをリストラで払えない時の誤解注意

住宅ローンをリストラで払えない時の誤解注意

あなたは誠実で真面目にこれまでの仕事も特にサボったりすることなく、勤めてきた。

このような環境の先でも、当然いきなり企業の手がリストラという形で、あっという間に失業者への暮らしへ追いやられることもあります。

こうした流れを突然受けた際、精神的にも病んでしまい、病気になる人も増えています。

うつ病などの増加もその典型例と言って過言ではありません。

でも、その素直さゆえに、出来るだけ素直な行動が一番という形に考えて行動するのは、後の結末で最も裏切られた感が高まる行動があります。

住宅ローンをリストラ理由で払えない事を銀行に相談は無駄

他の住宅ローンが払えない事情の方にも必ず伝えてるのが、この借り入れをした金融機関に相談するということの意味のなさ。

問題解決イコール銀行にとって最も都合の良い終結。

この提案しか出てこない事をしっかり意識しておいてほしいと思います。

住宅ローン返済の残は、銀行にとっては、利益か損益かの瀬戸際。

この商品に対して、解決を求められたら、当然自分たちが優位に債権者として、決定権を先に有する事で、後の内容は全て指示に従ってもらうよう仕向けられる。

だからこそ、銀行に相談しても、現状に対して把握させてくれた事にしか感謝されない。

それ以上の価値は全くないに等しいです。

だったら、自分たちの物件を売る相談をしながら、専門の会社にどんな逃げ道があるのかを相談するほうがマシです。

私が唯一おすすめできる会社は↓

「お困り不動産どうする」

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ