住宅ローン支払い苦しい時何から始めるべき?優先順位と注意点

スポンサーリンク

住宅ローン返済が苦しいと言わざるをえない今の状況。

購入額を前の収入で計画した。

返済中にまさか転職するなんて!

こんな分かりやすい典型的な例も前より増えています。

リストラ、人員削減、さらに、人によっては、給料の減額やボーナスカットを会社から相談されたことによりお金の計画がだいぶ違うという方もいるはず。

せっかく家を購入したのに!

こんな気持ちがあっても、今の家計の情報を見て、これから必要なお金を考える時、明らかに苦しいと感じる時は何をするべきか?

このような内容について、夫婦で話し合いを取り組んでる方にご紹介していきたいと思います。

住宅ローン支払いが苦しい時の対策について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、ブログ形式で運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。

3度目の正直で、審査に通過した体験。

2年後に借り換えを成功させた体験。

ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。

一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。

新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引っ越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

ただ家を買うのではない。

自分がリフォームの相談などを受けてきた中で悩みが多い内容も含めてさまざまな角度からご紹介しています。

私が家を購入した時の金利は、変動金利でありながら0.95%という今よりも少し前だからこそ、高いと感じるような設定。

しかし、こうした条件でも、自分の今とこれからの情報を精査しておくことができていれば、結果的には、生活には支障のない生活を送ることも出来ています。

では実際に、住宅ローンの支払いが今苦しいと感じる人は何をしておくべきか?についてこの記事では以下のような項目でご紹介しています。

住宅ローン支払いが苦しい時の失敗する方法

住宅ローン支払いが苦しい時の優先順位

住宅ローン支払い苦しい時の具体的な行動

まずは今の状況確認と家計の見直し!

これが無理だったら何をする?

この点を自分のリアルな今のローン返済をしている環境があるからこそ伝えられる視点でご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローン支払いが苦しい時の失敗する方法

住宅ローン支払い苦しい

スポンサーリンク

まずは、自分の家計や生活関連におけるお金と家のローンの収入額とのバランスを確認。

こんな方法をしても学校関係の支出を見直しすることはかなり困難。

子どもが大きくなり、出費も生活費も増えるのは当たり前の事。

でも何か自分たちの生活で見直しの必要がある情報は必ずあると思います。

このように、収入と支出で、出費がかさみ生活が苦しくなった時の状況で多くの方が調整という言葉を使います。

苦しくなった家計を見直しした事により生活が豊かになる?

支払い状況を全ての金額と照らし合わせれば、問題も見えてくるはず。

このように意識をした時、家族の中で、子どもを優先する夫婦の話し合いにおいて、問題勃発になりやすい対処をご紹介していきます。

住宅ローン支払いが苦しい時も失敗する調整方法

多くの家庭が家計が苦しい状況になるまでは家計の見直しというものをほとんどしていない。

そして、いざ出費が増えたと感じた時、急いで対策を考える。

ボーナスも増えるどころか減る可能性が見えてきた。

こんな状況になると、ますますまずはこの半年を乗り切るための分かりやすい大きな金額を見直す動きが強いです。

暮らしの中での支出の見直しで典型的なのが、保険。

何の保険でも良いから、とにかく最低限の保証だけにしてとにかく今を乗り切る。

保険なんて何もなければ得もない。

マンションや一戸建てを買ってすぐに何か問題が起こる感じかと言えば、今のところは大丈夫。

このような対処をしようとする人もいます。

しかし、こうした見直しを行って実際に車や家具家電などさまざまな損害、故障などが起こったら?

この時の方が生活に影響をする課題は大きいのです。

確かに、妻と子どもたちだけが日中生活を送っている環境ではそこまで心配がないから大丈夫。

こうした考え方はわかる気もします。

しかし、保険の金額は、できるだけこういう時こそ、しっかり問題が起きた時に全額対処してくれるような状況を作るための掛け金。

まずは何を守るべき?

このような考え方も大事にしていただきたいと思います。

 

住宅ローン支払いが苦しい時の優先順位

住宅ローン支払いが苦しい時の優先順位

支払いが苦しいのは、銀行に行って相談するべきか?

このような疑問を持つ方には、期待しない方が良いと言っていいと私は体験からも伝えたい。

行っても大丈夫な感じの返事をもらう事が可能な銀行なんてまずほとんどないと言っていい。

その理由は単純に繰り上げ返済も出来ない状況なら、売却してほしいと何も考えずに提案してくるのがどこの銀行も同じ問題の見方をしているからだ。

だったら何をしておくべきなのか?

順番にご紹介していきます。

住宅ローン支払いが苦しい時1.マンション

マンションの場合は、間違いなく、売却の査定を出しておく事は何より大事だと私は感じました。

実際に私が所有する物件も8年経過して、今出す査定額も新築購入時から200万円程度しか下がっていない。

そして、売却以外にもマンションは賃貸にして、長期的に運用するという方法もあります。

実際に、以下のようなサイトが私も会社の一覧を見て、使っている会社があって安心がありました。

マンション査定におすすめは↓

別に手放す事を最優先に見直すという意味ではありません。

まずは最悪の想定と思っていたはずが、最悪ではなく、今の管理費や修繕積立費用を含めて、賃貸や運用、売却益まで見込みがあるかどうかを知る。

このような考え方がマンションはより簡単にイメージしやすいのです。

もちろん、一戸建ても対応をしている会社なので、人気のエリアの場合は、積極的に活用しても良いと思います。

自分が今の家計で苦しいのは、先の未来でも、子どもが大きくなれば出費はかさむ。

自分たちが心身共に疲れ切ってしまう前に、まずは全体の市場を知る。

これが私も挑戦した最初の見直しポイントだったのです。

私はこの価格から、市場価値が高いからこそ、賃貸運用をするべきという提案を受けて、賃貸経営オーナーとして今なお物件所有を継続できています。

結果的には、住宅ローン返済は全て賃貸の料金で返済する事が出来ています。

住宅ローン支払いが苦しい時2.一戸建て

一戸建てでも当然太陽光発電などを搭載している場合は、売電価格の回収分などを含めて、まだ収入源があるケースもあります。

こうした時には、まずは今これからの最悪を知るなら、弁護士への無料相談で全体の知恵をもらう事が大事。

弁護士も今は仕事が簡単には取れない時代。

やはり、こうした素朴な人生プランを無料相談できる場所が無いと思っている人も多いです。

銀行やファイナンシャルプランナーとは根本的に違い、法律の方面から正しい知恵をくれます。

まずは知恵をもらう。

それから、家計を見直していくべきと私は伝えたいと思います。

債務整理というカテゴリに属するのが、住宅ローン支払いの相談。

実際に債務整理に対して、専門の弁護士先生たちが運営する事務所もあります。

このように、私は苦しいと感じた時、今も明日も今月も何を言っても、すぐに生活が一変する感じの無い環境の中だからこそ、まずは最悪想定を大切にしています。

そこから今の貯金、毎月の支払い。

次に訪れる支出の多い解決の必要な出費。

このような内容を直近からどんどん片付ける。

こうしていかないと、問題が多いのは当然自分たちでもわかっているはず。

でもなぜここまで歯車が狂ったかを考えても解決することができないから今困っている。

この問題で本当に解決しなければいけないのは、未来を負担を強いられた時、節約では負担を変えられない事への対処を知る事。

だからこそ、ポイントに思ってほしいのは、節約よりもっと大きな全工程に係る費用や解決の方法。

車を売却したって、また違う車が無ければ通勤に困ることもあるはずです。

売却益が数万円出るかどうかを考えるなら、車の査定もどんどん出すべき!

家を失う事に比べたら、車の返済の負担なんて思ってる以上に簡単に節約ができる時代。

家庭を守る。

この言葉を抱えて、当然家庭内に今もしもの物事があったらと?

今対処を出来る事は何もない。

こんな状況からでは多くの場合は、大変な状況の中だからこそ、検討してるように見えて、見えてる世界は非常に狭い事が多い。

相手は借金。

しかもこの先簡単に一括の繰り上げができるわけがない金額を抱えている状況になっています。

だとすれば、まずは会社の給料が低いとか減ってるとかそんな前の事を考えてるより、次の未来。

今の対応次第で、働きに出てる時間のストレスが違ってくる。

これが積み重なれば、当然、自然と教えてもらう中で、月々どころか35年分の問題が解決する可能性もあります。

子供を大学にいれたい年度にまた同じように年収とシミュレーションをするような家計になりたくないはず。

だからこそ、今一番大変と思って、次の準備は法的にも勝てる!

この自信を今回の対応をせっかく経験するなら、先につながる知識にしてほしい。

ある種ポジティブだし、最も重たい部分にメスをいれて考えるのが私の考え方。

しかし、そうすることで、いろいろな対応をしてきた間で、培った情報から今の生活が成り立ってると私は思っています。

考え方はひとそれぞれ違うと思います。

しかし、どうせ今が辛いなら、シミュレーションとかそんな細かな情報よりも全額という視野を見て考えた方が良いと思います。

その先に、以下のような考え方が待っているのです。

住宅ローン支払い方法変更注意点とお勧めの見直し方体験記

住宅ローン支払いが厳しい現実!転職組の注意点ととるべき行動

住宅ローン払えない人急増!結末準備対策まとめ

あなたが気になる情報があれば、あわせて参考にしてください。

家が欲しいという計画をこれから立てる時の怖さを考えている人も多いと思います。

そこで、私が家を買った時の経験もご紹介しています。

家欲しい貯金目安

家欲しいけど貯金はいくら?賃貸に住めない状況体験記

このページを最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ