住宅ローン返済延滞とは?その後はどうなる?最悪の厳しい現実と対処法

住宅ローン返済がきついし厳しい。

審査通過して返済開始の後に会社をリストラなどで転職した。

毎月の返済が今の年収だと大変になってしまった。

住宅ローン返済期間中の延滞というリスクについて、この記事にご訪問いただきありがとうございます。

実際に毎月の支払いは家の価格の住宅ローン返済以外の事もいろいろあります。

子育て世代なら、以下のような状況は当たり前に存在しています。

光熱費や水道代など生活に必須の支払い。

インターネット回線やスマホの契約金額の支払い。

マンションなら、管理費や修繕積立費用の徴収。

一戸建てでも町内回避や浄化槽などの1年に1回程度の支払い。

車の必要な地域なら、毎月のガソリン代や駐車場、車検や自動車税。

このように、少なからず1ヶ月単位だけでなく、半年や1年に1回必要な支払いは普通に存在します。

この他にも、新築でも中古でも住宅購入者には、固定資産税の支払いもあります。

こうした中で、銀行から借り入れをしている期間で、延滞や遅延を行う事は、決してリスクが無い事もありません。

住宅ローン審査の時期にもこういう事態に陥らないための対策や注意点もご紹介しています。

住宅ローン審査に延滞履歴が及ぼす影響力|カードやキャッシングは要注意?

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、運営をしています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。

3度目の正直で、審査に通過した体験。

2年後に借り換えを成功させた体験。

ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。

一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。

新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引っ越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

ただ家を買うのではない。

自分がリフォームの相談などを受けてきた中で悩みが多い内容も含めてさまざまな角度からご紹介しています。

ローンを利用して月々の金額の支払い発生義務は当然のこと。

その中で、最低限遅れが発生する事は避けたい。

しかし、現実として、延滞の検討を必要とする方や実際に追加の請求を求められている人もいるのが現実。

この記事では、住宅ローン返済の延滞という課題について、知っておくべき現実を下の項目でご紹介しています。

住宅ローン返済延滞のリスク

住宅ローン返済延滞前の対処

住宅ローン返済延滞時注意点

少しでもこれからもローンを利用して自分の家を守りたい。

このように考えてる方には知っていただきたいローンの仕組みなどを含めてご覧ください。

住宅ローン返済延滞のリスク

住宅ローン返済延滞

住宅ローン借入を審査を受けて、借入可能となった人。

なのに、返済における開始後の悩みはある程度の一定数は必ずいるそうです。

その中で、まずは住宅ローン返済に対しての延滞というリスクをご紹介していきます。

住宅ローン返済延滞とは?

住宅ローンに限らず、クレジットカードの分割やリボ払い、キャッシングなど多くの支払いに一括以外の支払いの遅れや正常な引き落としができないケースがあります。

延滞、遅延、滞納などさまざまな取り決めの時期に支払いを続けられない時についての名称があります。

その中でも、延滞とはどういう状態なのか?

まずは、用語の意味をご紹介していきます。

延滞とは、支払いをするのが、納期を超えて(延びる)、滞る状態になること。

住宅ローン返済延滞の果て

延滞や遅延等いろいろな言い方があります。

延滞と言うのは、返済の日は延びるが結果的には返している状態。

その期間が、信用情報機関をベースでお伝えすると、61日以上もしくは90日遅れている事を指す意味になります。

つまり、長期延滞となってしまうと、3ヶ月以上の金融機関への正しい支払いをしていない状態となりますので、ブラックという状態になるのです。

住宅ローンの延滞におけるリスク

住宅ローンの返済という流れでも、3ヶ月も4ヶ月も支払う気が無いわけではない。

こんな意思だけ伝えておけば、あくまでも遅れているだけという程度の認識でいて問題ないのか?

この点は、大きな勘違いです。

あくまでも、住宅ローンの返済の請求は、35年という長期の借入計画。

この中で、やはり時期を問わず、延滞を引き起こす場合、今後の将来におけるリスクも多くの銀行は過剰に反応する動きを開始しています。

酷い場合は、1ヶ月の延滞だけで、督促状から、自己破産に向ける流れを検討させられるケースもあるのです。

こうした事態の一時しのぎのために、今は保証という建前で、保証会社が入ってるのも現実。

自分が先に売却を検討して、任意売却を考えなければいけない状態になる人も多い。

このように、ローンを利用する上で、キャッシングやクレジットカードとは一括に対する期限と利益の度合いが全く違うのが住宅ローン。

だからこそ、住宅ローンには保証金という制度があり、保障会社が代位弁済という肩代わりの一時的な支払いを銀行に行う流れも用意されています。

しかし、これも期限を定めるあくまで代理的行為。

つまりは、全ての支払いを督促や何かの手続きにより、全て請求される流れが出来ているのです。

住宅ローン返済延滞の実際の動き

もちろん、個人の情報に対する情報共有もあります。

こうなると、今は何も銀行等の動きが見られない。

こういう状態を見ると、返済しないわけでなければ、もう少し先に多少手数料が高くても今の延滞分をまとめて一括で返済すればなんとなかるだろう!

こんな楽観的な考え方をしているなら、そういうわけにはいかない現実がすぐ先に待っている可能性があります。

通常、銀行は早めに不良債権化する喪失を避ける動きや対応を求められます。

例え、一部の返済が対応として遅れただけという事態でも、全ての貸し付けた金額の回収尾早めに全額回収できる準備を考える必要があるのです。

こうなると、借り主には、利息を含めて全額支払う義務をすぐに「求める方法が最も良いとする考え方や対処になっていくのです。

契約の上では、分割決済をして、利息を含めて借りる。

しかし、支払う側はあくまで残の内容や状態に注意をしなくても、費用は問題なく支払いをされてる事が前提となる。

こうなると、ローンを組んでる人に、何か不穏な動きがあれば、スグに電話や郵送物発送にとりかかることも不思議はない。

その前の上層部の者の決定も条件や期日として一括で支払ってもらうべきと判断されてしまえば終わり。

他の金融機関やクレジットカードの遅延や延滞の可能性も探らなければいけない。

こうなると、段階は早期の結果を求められるのです。

 

住宅ローン返済延滞後の対処

住宅ローン返済延滞後の対処

実際に、住宅ローン延滞の段階ではまだ今後入金さえすれば問題が無いのか?

もちろん手数料が増えた分も早く払い、結果的には確認ができればよい場合もあります。

しかし、いってしまえば、この裁量権を含めて、事態への判断は、審査を行った機関ではなく、銀行が担保力を含めて検討する。

この状態には、あくまで事態は深刻であり、今後も続く可能性があります。

このように捉えられてしまえば、不動産の担保の力がある少しでも早い時期に通知を行い、購入住宅の明け渡しを求める状況になっていくこともあるのです。

住宅ローン返済延滞後の状況

延滞をおすすめする人は誰もいないはず。

その結果は、裁判所からその後の説明を行う書類が届いてしまうような状況になってしまい、調査を行うような状況ではもう個人では何も太刀打ちする術が無くなる。

住宅ローン返済と売却予定額の計算。

残高不足に対して、数十万から数百万円の差額が生じるリスクもある。

こうなると、月々の返済だけでなく、残りの債務の回収に安心があるかどうかを含めて、誰でもお金を貸して、残りがあるなら、早く安心が欲しくなります。

そうなると、口座の状況や事故トラブルなどの主な選択が無い場合は、生活で残ってる主な口座の残高も主に払ってもらうための運用を選択させる事を優先させる必要がある。

こうして払っておくべき場所が多い状態の人ほど、早く次の手も考えておく必要があるのです。

 

住宅ローン返済延滞時注意点

住宅ローン返済延滞時注意点

もし仮に、消費者金融などでも借り入れを行い、本や日用品などの生活費に関わるような対象の商品を購入しているとあなたが知ったらどう思う?

当然今回の権利を有する物件や回収の権利を時期を早めて対処してくれと説明をしたくなるはず。

大きな問題を抱えてる方であったとしても、貸し出す前には、事前に審査を受けて、やはり35年の間は無事に完済できると言える気があったから貸してくれた。

やはりこの期間の間に、何も誤差もなしの状態で、ずっと違いが無い状態でいる人の方が少ない。

避ける事が出来ない子供の養育費。

時期が変わり、固定資産税などの増額負担を強いられた形。

こうした事は住宅ローンでなくても借りてることには良くある話。

こんな軽い程度に考えてしまうとまた違ってきます。

督促や電話などの連絡をとらないと、厳しい事を言えない代わりの回収の可能性は未知数。

返す気でいると言われても、結果いくらでも対応を避けるための間のつなぎであることも気にしなければいけない。

まるで、いくら信用したくても、上に納得する書類を送らないといけない人たちは、黙ってでも、書面を送らないといけない。

借り手の状況や理由は考慮の対象ではない。

あくまで、理由はどうであれ、借りたものは返す。

この流れが出来なければ、いきなりの督促が届き、驚いたなんて現実もお構いなしというのが現実。

あなたが今後も延滞を避けられない事情を抱えている。

このような状態になったらではどうしたらいいのか?

いくら強気な自分や仲間を加えたところで、やはり銀行の気に障る動きはしない方が無難となってきます。

住宅ローン返済延滞時の相談方法

まず自分の延滞という事情が転職でも病気でもなんであっても関係ありません。

いずれは銀行は競売や任意整理として、任意売却を求める可能性が高いです。

なら自分では今何をするべきか?

この答えは大きく分けて、2つに別れます。

自分で任意売却という方法を選び、残の返済に充てる方法。

自分が督促など銀行から受け、競売による売却指示に沿って動く。

この2つが主な方法。

ならあなたはどっちを選ぶ?

この答えに私が伝えたいと思うのは、まずは最悪を含めて弁護士に相談をする。

次は、自分が銀行の借り換えを前提に今より返済金額が少なくて済む交渉可能な銀行を探す。

このような2つの想定が、どちらも最初の相談は無料で行う事ができます。

弁護士相談なら、

住宅ローン借り換え無料相談なら、

こうした悩みを飛び越え、もう売却や自己破産のリスクも考えているなら、例外として3つ目の任意売却という方法もあります。

この場合は、少しでも査定額が高い金額を銀行に相談するより先に市場を把握しておくことが最優先。

売却は、1社でも相談先が多い事が武器。

そこで、ご紹介しているのが、最大1400社の見積もりが依頼できる会社。

特にマンションの方は、今の借入額より、多くなる買取が高くなる可能性もある時代です。

詳しくは、マンション住宅ローン払えない時は破産?まずやるべき無料相談!

いずれの方法にもメリット、デメリットはある。

しかし、生活を続けるという話を軸とするなら、延滞間近の際に、お金の問題だけでなく、まずは差し押さえを防ぐ。

この考え方が解決のために進んでいく上では、最悪の不安となる想定ではないでしょうか?

遅延損害金を多少払っても通知書が来ても、債権者が返済をしてくれと申し出る間に、出来るだけ支払いを行わなければいけない。

これが、人生で自分の家を持つと決めた人の義務でもある。

でも本当に困った時には、それぞれの専門家の知恵をかりなければいけない。

私が紹介している機関は、いずれもしっかり紹介してるサイト内でも費用面や流れが簡単な中にも入ってると感じられた組織。

そのまま放置していても何も事態は良くならない。

少しでも自分の自宅の未来の想定に近いやり方を相談先として検討してみて下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ