住宅ローン支払い方法変更注意点とお勧めの見直し法体験記

住宅ローン支払い方法がちょっと厳しいかもしれない。

月々の返済額とボーナス払いのバランスを調整したいと思った。

変更方法を返済してる金融機関に相談すれいいの?

住宅を購入する前の審査が必要な時の情報とは違う状況になった人もいます。

住宅ローン契約後に、利用中に次の会社に転職をした人もいます。

こうした時、今の収入の状況は、ボーナスを含めて、見直しが必要な状況がある。

こんな悩みを持つ方は、決してあなただけではありません。

実際に、私自身もボーナス併用を選択して最初の契約を金融機関と結び、その後、ボーナス払いの加算が大変で返済計画を変更した事がありました。

住宅ローン支払い方法変更の悩みについて、このページにご訪問いただきありがとうございます。

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。

3度目の正直で、審査に通過した体験。

2年後に借り換えを成功させた体験。

ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。

一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。

新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、少しでも自分が契約後に困った事から解消できた内容を含めて今まさに悩む方の悩み解消に必要な情報を考え方としてお届けしたいと考えております。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、住宅ローン支払い方法変更という課題に直面した方にお伝えしたい注意点を以下の項目でご紹介していきます。

住宅ローン支払い方法変更時注意点

住宅ローン支払い方法変更時比較候補

まずは今利用中の住宅ローン返済の何を見直す事で今後の生活にも支障が無い返済の額で利用が可能になるのか?

こんな考え方からご覧ください。

住宅ローン支払い方法変更時注意点

住宅ローン支払い方法変更

私もよくあなたの気持ちはわかる気がします。

同じ金利の中でも今より少しでも月々や年間の返済のバランスを解消したい時、早くボーナスと月々の返済のバランスを調整したいと考えるのが一般的。

せっかく融資も完了してるし良いだろう。

こう感じるでしょう。

しかし、結果、手続きを行う事は、案内は簡単にしてくれるのですが、それには落とし穴もあるのです。

住宅ローン支払い方法変更は手間が多い

近年の住宅ローン審査時には、関連サイトで手数料を含めてどこの銀行を使うかを考えている方も多いです。

金利と繰り上げ返済の手数料のバランス。

期間的には35年だからこそ、できるだけ負担を均等にしたいと考えるのが常。

でも、固定金利から変動金利への変更も難しい現実があります。

さらに、住宅金融支援機構におけるフラット35が関わる商品は、かなり関連の手続きや条件、必要な用意することが多いです。

お客さまとなったはずのあなたも結果的に今の条件だけの結果に過ぎないのです。

つまり、条件を変えるというのは、そんな簡単にサイト上の手続きだけで払いの額を変えられるような簡単な結果にならない。

こうした案内を事前の審査段階で説明している銀行は多くありません。

そのため、あくまで希望があった時にも次の手続きは全て申請からの諸手続き前提。

書類ありきの銀行の確認内容が多い制度の特徴に直面します。

住宅ローン支払い方法変更は手数料ありき

現在利用している金融機関にあなたが審査を通過しているからと安心をして足を向ける気持ちを持っているなら、ちょっと違います。

書類の確認があるということは今の内容を精査されるという事が表面化する事態もあります。

なぜ厳しい?

何が安心になる?

現在の状況は何か審査申請時と違うのか?

銀行は、希望をそのままはいそうですかと言ってくれない事もあります。

よって、現在転職して1年未満のような状況から、期間短縮のような条件でなければ、決してメリットがあるとは言えない。

期間短縮なら、正直繰り上げ返済一つで解消できるから。

この手続きではない返済方法の変更。

この点には、銀行も手続き費用をいただきますという流れも当然あります。

言っても、数千円というケースから、数万円まで銀行により違う。

こうした制度の特徴もしっかり知っておくべき必要があるのです。

 

住宅ローン支払い方法変更時比較候補

住宅ローン支払い方法変更時比較候補

もし仮に、あなたが最初に住宅ローン借入をした期間から、2年以上の時間を経過しているなら、私は正直、次の銀行探しも視野に入れておくことをお勧めしたい。

なぜなのかをご紹介していきます。

転職後1年でも借り換え審査通過は可能な時代

実際に私の10年来の長い付き合いの友人が同じハウスメーカーで住まいを購入しました。

この時、彼は転職1年未満の状態。

しかし、調査機関の状況を含めて、毎月お金の管理がしっかり行う事ができていることを示す提出関連の書類や資料があるだけで、借入の目的は達成できました。

つまりは、転職1年でも手続きを行うことは可能となります。

更に、住宅ローン借り換えは増えている時代。

あなたと同じように時間の経過に伴う支払いの困難を訴える子育て世代。

そんな時、ローンの金利も低金利が加速。

今の時代は、今の金利以上に支払いがかさむ場合は、手数料を取らない借り換え代行会社もあるのです。

探す手間も不要。

基準に関しては、一括20社まで検討可能。

個人情報保護における資料や情報の取得も代行。

全てが個人が行って最初の審査は進むのが一般的な状況。

しかし、今の時代は違います。

出来る限り、支払いの遅延や延滞、さらには不良債権が増えることを防止したい。

こうした状況に一時しのぎではなく、住宅ローン借り換えを認められやすい状況が生まれています。

住宅ローン支払い方法変更より得は多い可能性

当然、住宅ローン審査通過後には、多くの方が、あまり今の金融機関の住宅ローンの取扱いについて関心を寄せる機会も減らす動きもあります。

当然、もう金融関連の文字をネット上で探す状況も減る。

そうなると、今からまた1からリンクをいろいろ拡大させてよくある質問なども吟味してみていくだけの時間はない。

そんなことよりも早く今の家の各支払いを含めて、標準的な家計の状態に戻したいと思う人が多いはず。

そんな世帯の為に、できるだけ事前の問合せに対して、今の各情報を入力後に、対象となる具体的な銀行と借り換えの計画を提示してくれる会社があります。

それが、

この会社は、私が別で紹介してる新規申し込みよりも多様な銀行を一括で借り換え専用で担当をしてくれている会社。

だからこそ、あなたには、こうしたプランも無料で活用してもらいながら、実際の家計の見直しをしておくべきだと伝えておきたいのです。

今がきつい。

この言葉は、将来はさらに子育ての養育費がかさみ、介護保険料の徴収も始まる40代にはシビアに響いてきます。

正直、1歳でも若い事が住宅ローン審査や借り換えには審査基準優先順位1位である現実もある。

私自身は、こうした方法が無い時代に、仕方なしに手数料を3万円以上支払い契約を変更した。

しかし、この状況は決して銀行としても良い目で見られることではありません。

万が一の事態に備えるなら、残りの返済年数分すべての含めた計画の見直しをしておくべきではないでしょうか?

この方法も別に話が進まなければ無料で相談は可能。

だからこそ、安心してあなたのシミュレーションをしっかり今の時期で核にしておくことを私はオススメします。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ