年収270万住宅ローン借入可能額目安と毎月の返済はいくらくらい?

年収270万住宅ローンで借入可能額はいくらなの?

住宅ローン審査に通るには、どのくらいの金額の住宅購入が可能なの?

今の収入年収270万で借入するとローンの毎月の返済額はどのくらい?

年収270万の住宅ローン借入可能額について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

住宅ローンは、審査がある。

ローン審査が通ったとしても、その後の返済が毎月の収入と支出のバランスに影響すると、当然返済が滞る。

物件を探し、今の生活が可能な範囲での毎月の返済を可能とする住宅購入が本当の夢のマイホームホーム購入実現と言える。

私自身は、このローン返済を軽く見て、生活が大変になったのを前に一度経験をした。

だからこそ、返済という言葉を軽々しく、情報も適当にということはしたくない。

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

住宅ローンが払えないという悩みについてもご紹介しています。

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、運営をしています。

新築住宅関連企業に勤めた経験者であること。

身内に一級建築士や内装業、電気工事士などが多い家庭環境で育った影響。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に2度落ちた後に、3社目で通過を勝ち取った経験。

住宅ローン審査通過後に2年目で借り換えに成功をした体験。

新築注文住宅で、ハウスメーカーを一度解約してまでして、手に入れた今の住宅。

新築カーテンや火災保険、地震保険、外構工事などもすべて打ち合わせの中で決めずに、節約に成功した経験。

新築引っ越し、インターネット回線、あいさつ回り、新築祝いのお返し等の経験。

新築購入後の固定資産税納税の経験。

引渡し後の生活で、修繕や追加工事依頼の経験。

このように、住宅関連の知識を利用して、そして、情報と呼べるだけの内容の家づくりや購入に関する内容を1つ1つの記事でご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、年収270万の住宅ローン借入可能額という計画について、以下の項目でご紹介しています。

年収270万住宅ローン借入可能額想定

住宅ローン年収270万の無謀と満足の差

家を購入するのは、今の生活で可能な範囲の毎月の返済を明確化することが本当に大切。

自分たちにとって高いと感じる家を購入前に無理をして考えても、所詮は後で限界を感じる日が来る。

この感覚をぜひこれからの方も現在不動産会社等をめぐって実際に見ている方もじっくりご覧ください。

年収270万住宅ローン借入可能額想定

年収270万住宅ローン

多くの人が実際に住宅ローン審査の前に金利のお得なランキング等の関連サイトを見て、お金の借り入れの計画をしている。

新築だけでなく、中古住宅でもこの点は同じ。

不動産の物件購入という大きな人生の決断をしなければいけない。

だからこそ、現実的な無理のない金額を私が実際に借り入れの経験を持つからこそ伝えたい内容でご紹介していきます。

年収270万住宅ローン毎月の返済額シミュレーション

今住宅購入を検討している方の多くは、賃貸生活をしているまたは親と同居なんて人が多い。

実際に自分たちで、数万円の家賃を払っているという条件の方なら、車のローンを払っている人もいるかもしれない。

こうした現実から、どのくらいの金額を毎月の返済額として考えていくべきなのか?

年収270万で返済中も生活に困らない目安を出すために必要なのは、返済負担率という考え方。

年収に対して、何パーセント以下を返済金額として計画するべきか?

この視点で、私があなたから相談を受け、計画を立てるお手伝いをするなら、20%以下にしないと困ると伝えたい。

実際にどんな感じになるのか?

年収270万×0.2=54万円

これが年間の返済額。

54万円÷12ヶ月=4万5千円。

毎月4万5千円という金額が、支払いをしていく上で、毎月の返済額はいくら?を示す答え。

そして、この毎月の金額負担を可能としたら、いくらくらいの物件が購入できるのか?

年収270万住宅ローン審査に通りやすい目安

実際にフラット35の金利を利用した基準で計算をしていきます。

その結果は↓

年収270万住宅ローンシミュレーション

上記試算は、以下の条件を受けて、紹介しています。

借り入れ金額;1400万円

頭金:なし

金利:フラット35(1.8%)

融資手数料:なし

保証料:なし

ボーナス加算:なし

この条件で、年間の返済を見ていくと、毎月44952円。

年間532,224円の返済となります。

この金額を気にする事がない程度だと自分の今の状況から考える思考を持っているなら、かなり危ない。

問題は、今ではない。

今の年齢から35年ずっと組んでから完済まで続く話になる。

当然、マンションで検討するなら、この話は、全て以下の費用も含めた計画が必要になる。

駐車場や駐輪場利用料。

毎月の修繕積立費用や管理費用。

インターネット利用料等。

町内会費。

このような負担金を含めた物件探しをしなければ、上記シミュレーションには該当していかない。

さらに、一戸建てを考える際にも、以下のような項目がある。

固定資産税(マンション、戸建て共通)

外構や外壁メンテナンス等のコスト。

地震保険、火災保険などの支払い。(マンション、戸建て共通)

融資は金融機関から資金が頭金が何であれ、貯金や保険の審査等を含めて返済の可能性に疑問が無ければ、口座を持っていない新規の相談でも通すことは可能。

しかし、金融機関が個人に対して、上記のような問題を計画中に教えてくれるかと言えば全くしない。

だからこそ、自分たちでしっかり最新の自分の状況に合わせる返済予定が大切になります。

 

住宅ローン年収270万の無謀と満足の差

 

家を買い、家族から本当に素直にありがとうと言われる暮らしにする。

このためには、当然、自分の為の家の購入だからこそ、個人の夢や理想を実現したいと思う人も多い。

この時に、以下のような金融機関選びは意味が無い。

問題は金利が高い金融機関を避ける事だ。

ボーナスが出たら真剣に考えよう。

少し高いかもしれないけど、最新の設備が1つでも選び出せる方がよいはずだ!

そんな選び方より、もっとかなり暮らしに密着した選び方をしてほしい。

この考え方から、探すときの注意するべきポイントをご紹介していきます。

住宅ローン年収270万の満足の理由

建物は、中古でよさそうなのが出た。

やはり、計算して価格や税金だけでなく、子供の教育費用や将来の貯金や税金を考慮したら、この程度が妥当。

こんな意見から、選んだ価値と計算に基づいて選んだ世帯は、大丈夫と言う言葉を伝えたい。

なぜか?

この考え方は、将来の計算に非常に重要なポイントを含んでいると言える。

子育てに必要な教育に関する養育費。

貯金と税金。

これから家を買おうと思う方には、今から子供を持つ事に希望を持つ家庭も多いはず。

だからこそ、余裕をもって、とにかく月々の返済をしても余力がある。

この答えをどこにも不安を感じさせない人が買う家は、人気の物件でなくても満足度は高い。

住宅ローン年収270万の不満の理由

家族の反対を押し切って、今組める限界を金額を引き出して、月々の借入金も将来昇給やボーナスが出る事をどこまでもあてにして組む。

こんな計画がまさに無謀という典型例。

こういう計画を立てる人は、以下のようなことを全く想定していないと言わなければならないケースも多い。

子供が希望より多い状況になったら?(双子等のリスク)

共働き想定(パートや正社員復帰が予定より遅れる可能性)

転職等大きな決断を迫られた厳しい状況になったら(働く環境の変化)

正直これらは、女性にはとても不安が多い点。

結婚後多くの女性は、妊娠、出産をきっかけに体の体質や体調なども変わるケースも多い。

いくら管理をしていても、正直働いていくのは、難しいとか厳しいと感じるケースも中にはある。

こうしたことも結婚した以上、やっていけるというポイントには含まれていなければいけないはず。

それを住宅ローン審査の準備等の際には、住まいの機能や広さ、土地の条件等ばかりに目を奪われてしまう。

こうしたケースは、ほぼほぼ難しい状況が近い将来でしわ寄せがくる。

正直に言って、仮にこの計画をあなたが立ててるなら、まず住まいを探す事そのものをいったん白紙に戻すべきとまで言いたい。

夫婦共働きの想定における月々返済計画。

これだけでは、本当に仮に後何年働く計画があるなんて事を言っていても、誰もその次はわからないのです。

 

住宅ローン審査年収270万注意点

 

最後に、私自身がとても大切にしていた友人のご夫婦が住宅ローンを使って、住宅購入を検討した際に伝えた注意点と通りやすい方法をご紹介していきます。

住宅ローン審査前見直しポイント

年収270万の人だから伝える話ではありません。

以下のような内容は、必ず審査を受ける半年以上前(理想は1年前)から注意していただきたいのです。

1.クレジットカード保有枚数調整(上限3枚)

2.クレジットカードキャッシング枠全てゼロに設定変更。

3.車やスマホの割賦販売(分割払い)の返済残金一括清算

4.毎月手にしてる手取りと貯金の一定化の可能範囲の把握。

せめてこの4つはやりすぎなくらいに徹底して計算したり、見直したりしてください。

クレジットカード、車、スマホ。

これらのキーワードは、全て住宅ローン審査に関係あります。

結婚後は、夫婦分の端末等の支払いをしている。

こうした家族も多いはず。

でも、実際にこうした買い物は、最近は2,3年に一度大きな出費となり、買い替えの時期を生み出す。

しかも妻の分も合算している場合は、夫の借入金として計上される。

つまり、どんどん借り入れ希望額から借り入れの返済負担率を奪っていっているのです。

よって確実に見直しをしなければいけないのです。

住宅ローン審査通過のコツ

私の知人が実際に、勤続年数1年でフラット35審査を通過させる事も成功に導くことが出来ました。

その方法を住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記にてご紹介しています。

興味がある人は、ご覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上です。

火災保険一括見積もりサイト比較の注意点もご紹介しています。

火災保険一括見積もり|元営業が納得!おすすめ依頼サイト体験記

最後まで読んでくれてありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ