年収240万円住宅ローン借入可能額と返済額

スポンサーリンク
  • 物件購入が可能な範囲は何万円くらい?
  • 金利を含めて借り入れの相談はどこの金融機関なら可能?
  • 月々の返済額の計算は?

家が欲しい時の貯金額の目安を実際に地方で子育てをしている時の体験からご紹介しています。

家欲しい貯金目安

家欲しいけど貯金はいくら?賃貸に住めない状況体験記

スポンサーリンク

賃貸と持ち家の比較という視点でもご案内しています。

持ち家と賃貸比較で計算外?子育て世代失敗後悔注意点

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

年収200万でマイホーム購入計画の物件の探し方もご紹介しています。

マイホーム購入|年収200万で家を買う物件探しのポイントや買った後に幸せをつかむための注意点やコツ

年収ごとの借入可能額目安もご案内しています。

年収200万円住宅ローン頭金なし借入可能額や月々は?通るコツ

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

フラット35審査期間についてもご紹介しています。

フラット35審査期間日数|落ちたら絶望的?申込方法には要注意?体験記

私が通した一括申し込みの体験もご紹介しています。

住宅ローン事前や本審査落ちた後に通った方法

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

私のサイトは、新築一戸建て購入に必要な間取りや住宅ローン,火災保険などについて、以下のような体験を軸に失敗後悔対策情報を公開していく目的で運営しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、以下のような項目で内容をご紹介していきます。

借入可能額目安

審査前の注意点

審査通過のコツ

スポンサーリンク

年収240万住宅ローン借入可能額目安

年収240万住宅ローン

借入可能額目安の計算方法と毎月の返済額目安をご紹介しています。

計画の流れ

計画の流れ

多くの人は、物件を検索して、一戸建てやマンションを新築、中古に限らず関連の情報をいろいろ見ています。

まずは現在の年収からの返済負担率を知る事が重要です。

住宅ローン審査の条件における返済負担率は、20から25%程度が目安。

どうやって計算するのか?

年収240万円×0.2=48万円

年収×0.25=60万円。

60万円は、1年間の総支払額相当分。

その金額を1ヶ月換算にして5万円。

月額5万円の中には生活に必要な以下のような条件が含めて考えます。

  • 車の保険料。
  • 購入後の固定資産税等。
  • 火災保険,地震保険

こうした内容をトータル的に考えた上で、60万円以下と考えておくが生活に無理が無いと言える条件。

毎月の返済額

毎月の返済額

60万円÷12ヶ月=5万円

この60万円を限界まで不動産取得の金額分に相当すると?

当然、現在の生活はほぼ無理な状況。

なぜか?

貯金を考えることなど確実に無理な人が増えてくるのです。

月額を住宅ローン返済額を含めて5万円以内に抑える。

普段の銀行の引き落とし分の家計を見直しながら計画をしていく事が大切です。

住宅ローン金利選択肢

住宅ローン金利選択肢

多くはフラット35の選択が優先されています。

理由は?

正社員、派遣社員、契約社員などの年収の低い場合は、変動するような金利では対応は難しいケースが多いです。

借入可能額目安

借入可能額目安

生活に必要な諸費用をシミュレーションしたイメージで一体いくらくらいの融資を考えるべきか?

この計画は、次のような感覚でいるとよいと思います。

  • スマホ等の通信月々1万円。
  • 車の税金や車検等月々1万円。
  • もうこの2つだけで、2万円となります。

月額2万5千円程度が貯金を考えると、限界。

住宅ローン早見表でチェック。

年収240万住宅ローンシミュレーションフラット35

上記金額詳細データ。

  • 借入金額800万円
  • 金利:フラット35(年1.8%で試算)
  • ※物件の融資率9割以下は、1.36%等の場合もあります。
  • ボーナス加算:なし
  • 融資手数料:なし
  • 頭金:なし
  • 諸費用:別途
  • 団信:無料

月々返済額は2万5687円

借入金額が全体の9割以下になれば、金利は0.5%下がりますので借入可能額を増やせる可能性もある。

20%であれば、900万円程度を想定しておくと良いと思います。

25%であれば、もう少し借入可能額は増えます。

 

住宅ローン年収240万審査前注意点

住宅ローン年収240万

 

年収240万での暮らしや将来設定をしていく上で、現実的ではないと思うべき内容をご紹介していきます。

物件の探し方

物件の探し方

マンションと一戸建てを考えてみましょう。

マンションは、毎月管理費用や修繕積立費が別途必要になります。

確実に将来を考えれば、総合的な面でも一戸建てがおすすめ。

  • この先教育費用も用意しなければいけないという方も多い。
  • 転職希望をする時期もあるかもしれない。
  • 職業が変わり、別の年収になるかもしれない。

年収240万ではなく、手取りで考えながら、リフォームや修繕費用ももしものために用意したい。

先にある住民税などの考慮を今から調べておくことも大切です。

賃貸中の今の住まいにおける登録市区町村と購入する物件の場所が違うなら、こうした点も注意が必要なのです。

日常の買い物など

日常の買い物など

  • スマホを買い替える時期
  • 家具家電の購入

無金利ローンなどを利用していませんか?

以下のような行動は十分に注意してください。

  • クレジットカード保有枚数(3枚までが理想)
  • キャッシング利用可能額を0円に変更
  • リボ払いや3回以上の分割払いは全て一括精算。
  • 借入全般(車のローン,消費者金融等の利用)は、全て残債と一括精算準備。

購入時期

購入時期

審査基準のランキングトップは年齢。

銀行は約35年後の完済時年齢を条件にシミュレーションしてきます。

よって、できるだけ早くに家を買う事がメリットが大きい。

ここで問題なのが、不動産の価格下落と年齢の到達時期。

あなたが考えるほしいと思う物件のエリア。

今後の税金の変動。

こうしたことを多くのサイトの情報や本から少しでも検討材料として見ておきましょう。

人気エリアというなら、当然子どもに対する養育関連における補助金制度や控除なども大事な情報となります。

中古でもマイホームである以上は、住み続けていける環境を探す。

物件が一戸建てなのかマンションなのかも金額的な目安も整いました。

 

年収240万住宅ローン審査を通過させるコツ

年収240万円住宅ローン審査

 

私も通った方法

私も通った方法

基本的に住宅ローン審査を受ける事は、年収が違うからと言って特別な違いはありません。

誰でも金融機関を使い、金利や手数料を比較し、そして自分が通る銀行を使う。

結果的に通る、甘いという考え方にたどり着くためにはどうしたらいい?

この基本的な考え方は以下の通り。

1.複数の申し込み目安の銀行を最大6社までに絞り込みを行う

2.一斉にその金額を申込する。

3.あとは自分の条件で融資可能な銀行とのみ引き続きの手続きを行う。

実際に私は、この方法で、3度目の正直で住宅ローン審査が通りました。

私の友達は、勤続年数1年で、この方法を使い、フラット35審査を通過させました。

だからこそ、あなたにも2018年だろうが2020年以降だろうが同じ方法で、できるだけ銀行に直接相談をしない方が得が多い。

具体的な方法は↓

住宅ローン借り換え一括審査申込み
実際にフラット35が甘いという考え方で、通した知人の体験もご紹介しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

こちらで私の知人の体験もご紹介しています。

実際に計画している人の悩みを見るのも役に立ちますよ。

手取り200万円でどうするか悩む人のスレ

この記事を最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ