女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる条件と通すコツ

年収250万の人に銀行は住宅ローンを利用させてくれないの?

住宅ローン返済は年収や金利、年齢等条件がクリアすれば女性でも通る?

女性が自分名義で物件を契約して、住宅ローン返済をする利用は少ないの?

年収250万女性住宅ローン

サイトを見ながら、今の時代は、女性も住宅が必要な状況になっている人も多いです。

賃貸物件利用中でも将来の自分のために女性が安心して住める住宅が欲しい。

年齢的にこれから先の賃貸などの契約条件で保証人を立てるにも親が他界し、兄弟もいない。

こうした方が、今の年齢から自分の家を無理なく返済可能な範囲で住宅ローンを組みたい。

年収250万円の女性だからといって住宅ローンを組む事や借入審査の申し込みをすることは、別に何も不思議なことはありません。

しかし、こうした条件は、決して多くの女性が体験して、購入経験をそのままブログ記事などで紹介してるケースは少ないです。

よって、まだまだ女性が自分で不動産屋で相談をするという住まい探しは、定着していないように感じている人も多いです。

私のサイトは、新築一戸建て購入で失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、運営しています。

新築注文住宅住宅関連企業出身者であること。

新築一戸建て、マンション購入経験者であること。

身内に一級建築士、内装業、電気工事等の関連従事者がいる環境で育った経緯。

新築一戸建てをハウスメーカーを一度解約してまで今の暮らしを手に入れた経験。

住宅ローン審査に2度落ちた後に、通過させた体験者。

住宅ローン借り換えに2年後で成功した体験者。

住宅カーテンを出来るだけ生活に密着した最低限で節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

戸建てに必要なインターネット回線も節約に成功。

新築祝いのお返し、近所のあいさつ回り、引越し等の経験。

新築購入後の点検、修繕、追加工事依頼経験。

こうした流れの中で、現在至るまでの生活を単純に家を買った人のブログとしてではなく、住宅関連企業出身者だからこその視点でご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、年収250万円で住宅ローンを組みたい女性の方にお勧めの方法と注意していただきたい内容を以下の項目でご紹介しています。

年収250万女性の住宅ローン審査に多い誤解

年収250万女性の住宅ローン審査に落ちる条件

年収250万女性の住宅ローン審査通過のコツ

まずは、家を不動産屋で相談する時にも住宅ローンを組むという前提から、どういう物件を探し、資金をどうコントロールするべきか?

こうした生活に密着した検討材料としてご紹介していきます。

年収250万女性住宅ローン審査誤解

女性年収250万住宅ローン

女性が年収250万円という情報の自分の条件から探す。

今の年齢からでも35年で完済が可能な物件ってどうやって探すのか?

住宅市場で、物件を選ぶ時、住宅ローン審査を意識した中で誤解していることをまずはご紹介していきます。

年収250万女性が住宅ローン審査前に必要な準備

住宅ローン女性年収250万

まずは、購入を前に関連する条件を整理する必要があります。

間違いなく、女性の利用する住宅ローン相談で、多くの人が誤解していると感じるのは、頭金。

借り換えという考え方以前に、少しでも条件を良くしようと必死に頭金を払う準備をしている方も非常に多い。

しかし、この考え方は、私からすると、無理をする傾向が高まるため、毎月の返済に充てる貯金にすることを強くオススメしています。

なぜか?

物件探しで、100万円前後の借入金の違いで、相談可能な物件が万が一期間限定の建売等で出ていたとします。

しかし、この場合、その期間で登場した物件は本当に得と言えるのでしょうか?

住まいの購入をする時、探し方として、100万円程度であれば、交渉の余地がある範囲。

決して、無理をして、頭金を用意する必要は今の時代は無いのです。

まずは、何かあった時の対応を取れる準備。

この考え方を審査前の前提条件として、借入希望額を考えておくことが重要です。

年収250万女性が住宅ローン審査シミュレーション

女性の住宅ローン年収250万円

銀行のサイトなどを見て、フラット35を調べ、より自分が相談できる金額の高い状況を探す。

しかし、可能性が低い銀行と何を根拠に考えていますか?

住宅ローン審査における基準の最優先は、年齢です。

そして、金融機関は、女性の今の仕事の年数や購入する物件の資産価値などを総合的に判断して借入可能と判断をしています。

ですから、変に、金融機関の借り入れ可能条件だけを頼りにして、探しだす行動は決して得策とは言えないのです。

むしろ、こうした調べ方の先で、自分が借り入れ可能や組むことに自信があると思った銀行ほど案外簡単に落ちる、通らないという回答をしてくることも多いのです。

 

年収250万女性住宅ローン厳しい

年収250万の女性住宅ローン

住宅ローン審査を現在の環境から考えて、年収250万の女性が生活に支障が無い借り入れとして、金融機関がOKを出しにくい条件をご紹介していきます。

検討する資金と預貯金などの余力を考えない月々の返済計画。

こうした内容を私自身も最初の物件を独身でマンション購入したからこそ伝えられる視点でご紹介していきます。

年収250万住宅ローン審査に落ちる単純計算

年収250万女性住宅ローン審査

まず、念頭に置いて頂きたいのが、年収250万円に対する借入可能額という計算。

よく年収に対して、年間返済額はどのくらいの割合になっている方が生活が楽?

こんな質問を頂きます。

この時私が回答しているのは、自分のマンション購入時の経験から、年収の25%以下と回答してます。

つまり、年収250万円であれば、×0.25で計算。

62.5万円が年間の返済金額。

月々で計算すると、5万2000円。

ではこの金額を35年間で、0.475%の金利を想定したらどのくらいの借入が可能なのか?

その計算に当てはめた答えが↓

年収250万住宅ローンシミュレーション

この価格帯が正直限界だと私は感じます。

もちろんこれは、金利を0.475%の水準で試算した回答結果。

ですから、女性限定の住宅ローンでの借り入れに対しての金利の率が違う場合は、当然この結果より少ない借入金の可能性があるのです。

でも実際に、2016年、2017年と当サイトを運営してきて、私の周りでも中古のマンションを購入できた方も多数いらっしゃいます。

こうした状況から、組めないという考え方は不要です。

その代わりに、年代に対して、やはり契約はあまり遅らせない方が良いと思います。

年収250万住宅ローン審査に落ちる誤算

住宅ローン審査年収250万女性

現在お子様がいる環境や実際に正社員だったのが、契約社員等になった。

こうした年間の収入の変動を起こした状況になってから、契約を考えている方も多い。

事前審査や本審査などの契約はあくまで去年の源泉徴収を起点に計算されます。

ですから、直ちに今の仕事が正社員ではなくなったから、組めないという事はありません。

しかし、自分の年間収入がかなり落ちた。

こうした状況に、家賃の支払いが今契約したい住宅ローン審査よりも高いが、現実的に考えればきつい。

こうした状況になって、申し込みをしていると、ほとんど通りにくい。

何故か?

この時に、当然貯金通帳などの現在の年間の支出のコピーがとられることが多いのです。

こうなると、正社員時期との違いを含めて、当然年間の貯金額が落ちていることも他の方が見てすぐに気付く。

こうした背景を対象に現実的ではないと事前審査の段階ではじかれてしまう状況もあるのです。

このような事例は、過去に年収が300万円から400万円あって、貯金をしていたという方でもやはり同様。

大きく差が出た年収。

この違いをあなたが今の環境で確認できているなら、価格帯も今の年収ベースで確認する事が重要です。

 

年収250万女性住宅ローン成功法

年収250万の女性住宅ローン審査

女性が20年、35年等長期に住宅ローンを組み、住宅購入を実現させるために何をやっておけばよいのか?

この点をまとめてご紹介していきます。

年収250万女性の住宅ローン審査前準備

年収250万女性住宅ローン審査通過のコツ

女性がまず簡単に自分一人で出来る事でかなり重要だからこそ、やっておいてほしい事。

それは、クレジットカード等の状況確認の一斉精査。

キャッシング枠は、ゼロへ。

クレジットカード枚数は、3枚まで。

残債のあるようなローンは、できる限り全額返済する。

最後の方は、車等の場合は、かなり厳しい内容となるケースもあります。

しかし、この3つは絶対にやっておくべき。

なぜ?

この点は、確実に銀行の事前審査で確認できるデータに含まれているからです。

年収に対する年間負担率の割合や男女の違いがあるにしても、主な原因を1人の成人としてかなえた時は、注意しておくべきポイントで変わらない事もあります。

それが上記の3つなのです。

ですから、確実に、この3つは最優先で住宅購入計画をもし真剣に考えているなら、半年以上前に準備を開始してください

年収250万女性の住宅ローン審査選び

次は本題部分。

中古マンションを含めて、今の自分の生活を総額5万2千円で返済可能な物件をもしあなたが見つけ出したのなら?

この場合は、借入金をいったいどこで相談するべきか?

金利はどうする?

この考え方に対して、まず最優先に考えておくべきおすすめは、複数社の一斉申し込みを前提とします。

何故か?

単純に、銀行はいくら相談しても結論を言わない。

そして、あくまでも申し込みをした結果、1件でも落ちたなら、女性の場合は現実的に相当厳しいと思った方が良いです。

ですから、確実に複数社一斉に申し込みを行い、住宅ローンに必要な情報閲覧を数社同時であることを印象付けます。

こうすると、他社に客を取られたくないと銀行が必死になってなんとか条件を通過させようと頑張ってくれます。

こうした方法はどうすれば手に入れられるのか?

この点を私が住宅ローン審査に事前審査1回、本審査1回落ちた後に、3度目の正直で通過させた経験を含めて方法をご紹介しています。

詳しくは、

住宅ローン3社目通過体験記

にてご紹介しています。

決して、あきらめる必要はない。

借入金を無理なく計画してほしい。

そして、住宅購入計画を実現した次の未来で、必ず買ってよかったと言ってもらえる生活基盤の安定した月々の返済計画を立ててほしい。

今のあなたに自分のほしい住宅が見つかることを願っています。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

 

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ