年収330万住宅ローン借入可能額と返済額

スポンサーリンク

年収330万円で無事住宅ローン審査を通過させるために必要な情報をご紹介しています。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に一級建築士,電気工事士,内装業などの多い環境で育った経緯。

新築住宅ローン審査に地銀、都市銀等に落ちた後に通過させた体験者。

住宅ローン返済2年目で借り換えを成功。

ハウスメーカーでの契約を一度解約した経験者。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、現場の知識を活かす事も含めて、ただ単に家を買ったブログではなく、今の収入でどんな家を買う事が将来の生活をどう楽にしてくれるのか?

夢のマイホームを手に入れたお金の使い方に悔いなしと言えるような購入前の準備情報を伝えていきたいと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、住宅ローン審査で借入可能額と毎月返済額目安を私の今の生活と照らし合わせて以下のような項目でご紹介しています。

住宅ローンよくある誤解

住宅ローンシミュレーション

住宅ローン賢い銀行選び

住宅は、購入する会社を選ぶことと住宅ローンの借り入れ先を選ぶ銀行選びで大きく価値が変わる。

本などで調べても現実の生活に近い情報はほとんどなし。

ただ単に表面的な返済額だけが出ていても、実はそのままの借り入れをしたら破綻なんてことも珍しくない時代。

賃貸生活を抜け出して、借入後でも他の事を犠牲にしない生活を手に入れる。

この未来にたどり着くために参考にしてください。

スポンサーリンク

年収330万住宅ローンシミュレーション

年収330万住宅ローン

スポンサーリンク

別に年収210万の収入では住宅ローンが組めないという事はありません。

審査を申し込む時、できるだけ審査に通りやすい申し込みをするために、まずは借入可能額の目安と生活に無理が無い計画の為の情報をご紹介していきます。

年収210万住宅ローン返済比率目安

年収210万円の方は、実際にいくらぐらいの物件を目安に探すべきなのか?

返済負担率と返済比率という用語があります。

これは、年収に対する返済の割合を意味する。

その人が本当に返せるのか?

この答えを住宅金融支援機構や金融機関で一定の基準を設定しています。

その範囲内であれ、通りやすくなる。

この考え方は非常に重要です。

家探しをする際に、借り入れが銀行に融資相談可能な金額を知ることもとても大切。

年収250万円以下の方の返済比率目安は、年収の20%から25%。(銀行により異なります)

返済比率というのは、以下のように計算をしていきます。

年収330万×0.2=66万円

年収330万×0.25=82.5万円

上記の2つ年間に返済する可能額の限度。

しかし、この金額は、まだ以下のような内容は全く含まれていない状態。

生活費(光熱費、水道代等)養育費

スマホ等の通信費

車の保険やローン返済額

こうしたことに、家を買うと、固定資産税なども別で自分たちに支払いが必要になる。

当然、この感覚で考えれば、今の自分たちの生活をマイホーム購入後もそのまま何も変更なく継続していくなら、20%で計画する方が無難。

その根拠は、将来消費税が上がる可能性、子供の養育費準備。

こうした今の生活とは別に必要な年間支出にかかわる内容が出てくるから。

だからこそ、まずは、42万円を年間借入額の上限と考えておく。

年収330万住宅ローン毎月返済額

66万円÷12ヶ月=5.5万円

この計画を考えて、実際に借入可能額はいくらになるのか?

年収330万住宅ローン金利選択肢

年収330万住宅ローンシミュレーション

上記のシミュレーションは以下の情報を元に計算されています。

借入希望額:1850万円

頭金:なし

金利タイプ:フラット35

金利:1.35%(例)

保証料:なし

融資手数料:なし

毎月の返済額:55,294円

毎月支払金額は、55,294円

今の賃貸費用や生活の諸費用を比較してどうでしょうか?

フラット35の特徴として、借り入れ対象額の10%(頭金を100万円)出せば、その分金利は、0.5%下がります。

しかし、貯金をいくら残すべきかも問題点。

当面の生活費や固定資産税などの準備も大切。

そこで、以下のような想定を伝える事が多い。

実際に、この金額をどう見る?

この想定は、あくまでも年収ベースとして、毎月の生活に必要な引き落としの総額想定。

このくらいの支払を年間で継続するくらいなら、十分な預金に対する余裕もある。

万が一に、お金を臨時に動かす事があっても生活に困らない。

こう伝える事ができる目安だと私は考えました。

あくまで金利を含めて計画を立てる時、反対に大切にしてほしいこともある。

それが、この金額から0.2となった数字が0.25が限界と言われている理由です。

審査に通る通らないの関連情報を考える上でも複数の銀行に依頼をする場合も同様。

住宅ローンを組んでからの生活がそのまま継続しやすい上限だとお考えください。

こう考えて、フラット35を含めて、試算をしていく事がリアルな考え方だと私は伝えたい。

年収330万住宅ローン年間想定目安根拠

基本的に考える事で設定がとても難しいのが子どもにかかる養育費用。

これは年収200万円,300万円,400万円などの金額が多い少ないに関係ない。

それなりの事をさせようと親が必死になるからこそ、年収330万円の家庭も自分たちにできる事をやろうとする。

数年前からの教育方針改定に伴い複数のこれまでにない学習カリキュラムが組み込まれる。

プログラミング、ダンス、英語、中学の数学に設定されていた内容が小学生必須内容に!

妻と見ていて、かならい驚いた点も数多く存在した。

この点を学校だけで補えるのか?

親ですら、知らない教育内容に子供たちはどう対応させる?

こんな状況に質問する先もなく、必要な教育費用を再計算するような状況の中にいる。

年収330万が400万に増えるかも!

こんな人にとってもこの現実を考えたら、家の購入価格をそこまで高くすることが本当に必要だろうか?

この現実は、これから子供を持つ親の世代には必須の悩みと言えると私も子育てをしている中だからこそ、伝えておきたい。

通るとか通りやすいだけが大事ではない。

問題は、親にも女性にも頼ることなく、一家の主一人の収入で賃貸同様に、家の生活に必要なクレジットカード等の引き落としを含めて全て滞納しない計画。

この考え方からすれば、通った後の子育てが出来る条件は、この数字が現実的だと思う。

絶対に無理はしないでくださいね。

 

年収330万住宅ローン審査前注意点

せめて住宅ローン審査の半年から1年以内には以下のような行動は一切控えていただきたいと思います。

住宅ローン審査前注意点1.所有状況

まずは、年収と年間の支払いを考えた上で、自分の持つ所有物について確認をしていきましょう。

以下のような内容は絶対に事前に明確な確認が必要です。

スマホの次回の契約更新や今の端末割賦払い残金。

保有枚数(3枚までが理想)

キャッシング枠を0円に変更。

リボ払い、3回以上の分割払いの使用を中止、一括精算。

借入全般(車のローン、消費者金融等の利用等)全ての残金確認と一括精算時期確認。

消費者金融利用歴と住宅ローン審査についてもご紹介しています。

住宅ローン審査基準消費者金融履歴が落ちる通らない理由

住宅ローンと消費者金融履歴|審査落ちた後でも通すコツ

国保、年金などの税金未納分の支払い確認。

何が問題になるかと言えば、これらすべてが年収330万でも必ず年間の支払総額にかかわるからです。

年間借入可能額のシミュレーションにおける目安は、こうした条件を一通りクリアにしたうえでの計算。

支払いが滞りがあったり、家賃の未納などが見受けられる場合は即座に事前審査の段階で落ちる可能性が高い。

つまりは、住宅ローン審査の前準備というのは、今の暮らしの中で、消費している金額をすべて見直す。

これが徹底されていなければいけないのです。

住宅ローン審査前注意点2.所有物件

今後マイホームを取得する際に、家屋付きの土地を購入するなどの利用が前提となるのがこの年収330万円での年間の支出を抑えるコツ。

当然マンションは、購入費用の他にも管理費用などが別途入居後に支払いを必要とする。

そうなると、初めての家探しに計算を間違えて、賃貸と同じ感覚で金融機関の融資の借入金の返済のみを計算に入れていると、完全にショートします。

こうした状況は、早い方なら、数ヶ月で、借り入れの融資から今度は、一括清算の差し押さえや売却などの検討をはじめらるような悲惨な状況もありえる。

だからこそ、物件は、必ず不動産屋さんがもし教えてくれなくても、自分の基礎的知識の中で、検討ポイントに入れていくことが重要となります。

住宅ローン審査前注意点3.会社探し

中古の物件を探す事が前提となる計算の中で、保険の問題も十分会社をチェックしていく必要もある。

価格の比較だけでなく、契約前に掲載されている内容にはいくつも検討すべきポイントがあります。

都市計画により、買う前と後で、土地が取られる可能性の有無。

掲載期間の長い物件の場合なぜそんなに売れないのか?という疑問点。

買う前の業者のトークが買う事を急がせるような話。

評価額の今後の展開。

物件価格と選び方のポイント

500万円から600万円程度でも地方に行くと、数十件でも、該当が出てくるような時代。

以下のようなデータも重要な生活に影響を与える項目です。

  • 購入後のリフォーム資金を考える人も多い。
  • 子供の年齢と将来の教育機関との距離に応じた交通費や習い事。
  • 家族が仕事の通勤に使う経路に選択肢が多いかどうか?
  • その地域の土地の評価が高く、固定資産税が高いかどうか?

数年経過して、子供がある程度大きくなった時には条件も変わります。

・引っ越しを前提として、今の会社に働き続ける。

・家族が増えたことにより賃貸では限界かな?

大きな決断を迫られた中での内容では、しっかりさまざまな角度からの物件を見比べていくことが大切です。

老後までの生活資金

  • 固定資産税などの税金
  • 火災保険などの更新の費用
  • 修繕、修復に必要な費用

上記3つは、賃貸の時には発生していない項目。

この3つを忘れていると大きく影響を与えます。

消費税増税などの動きや40歳以上になってからの介護保険料の支払い。

こういう項目もきちんと相場に目を向けることが重要です。

などを合わせて上手な買い物をしていきましょう。

必ず、その人の生活に合う家というのは、私はあると思っています。

決して、家は、一等地のマンションや高額な注文住宅がすべてではない。

むしろ、家族が幸せに暮らし、老後の核家族化の影響で、遺族が手放した中古の一戸建ては、風水などで見ても非常に縁起が良い。

変に、新築のローコスト住宅を探すよりも良い物件に巡り合える可能性はあるのです。

今まさに住宅購入で物件を見たりしている。

こんな方には、まずは住宅事情を木造建築から知っておくことも大切。

新築一戸建て資料請求のコツ工務店編体験記

新築となっていますが、まずは家の構造を知って欲しい。

税金や修繕。

将来の計算を考えていく上ではこのサイト限定で無料でもらえる資料がとてもありがたい存在になります。

今まさに住宅ローン審査の準備をしている方には、以下のような情報もご紹介しています。

住宅ローン審査に金融機関や銀行来店不要!3社目で通過した方法

フラット35については、審査期間や落ちた場合についてもご紹介しています。

フラット35審査期間日数|落ちたら絶望的?申込方法には要注意?体験記

フラット35に勤続年数1年目の友人が審査通過を勝ち取った方法もご紹介しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

妻と子供3人の状況ならいくら借りるべきなのか?なんてリアルなスレに対する周りの反応も参考にしてください。

年収330万5人家族が借り入れる額は?(知恵袋)

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ