年収340万住宅ローン審査借入可能額目安や毎月返済額や生活の実態

スポンサーリンク

年収340万で住宅ローンの借入を検討している。

年収340万で住宅ローンの借入可能額はいくらくらいまでなら審査が通る?

年収340万で住宅ローン借入限度額までいくと、毎月の月々返済額はいくらくらい?

実際に現在の生活が苦しくなったり、返済が遅延、滞納なんてことにならない?

年収340万の住宅ローン審査について、このページをご覧いただきありがとうございます。

住宅ローン審査に通したい。

この気持ちを持つ方の中には、年収という基準からも関連する以下のような悩みを持つ方も多い。

いくらくらいの物件や土地を見学したら現実性があるの?

新築の中でも工務店やハウスメーカー等選択肢や諸費用含めてどこまで可能?

建売住宅?注文住宅?ローコスト住宅?どれが対象の範囲?

一見、建物だけの買い物に見える住宅購入と住宅ローン。

見た目には、35年の資金と予算を考えて借り入れを計画すればいいだけ。

でも、多くは初めてのマイホーム購入で不安も多い。

参考にしなければいけないのは家の価格が予算以内だけでなく、他の支払いの請求書を受けてもマイホームを手放す検討をしなくて良い計画。

しかし、まだまだ住宅購入後には、以下のような内容も控えている。

固定資産税、住民税、町内組合会費等の支払い。

外構工事や表札、ポスト、等細かな部材の調達。

外壁は、10年に1回程度のメンテナンス工事の必要性。

雑草の多いエリアについては、除草シートなどの定期的なメンテナンスの必要性。

マンションなら、毎月の支払いは、管理費、修繕積立費などもある。

ただ単に、住信sbiネット銀行の金利が安いからメリットある。

中古なら夫婦で済む期間での夫の収入でもやっていける。

こんな形だけでは足りない。

理想の暮らしは、生活費を抑える事でなく、貯蓄も毎月選択可能な状況を作ること。

診断とは、資産が増える事に対する正しい「払い」に備える準備が整う事。

これは、全国問わず言える言葉だと私は確信しています。

こうした細かな生活の中での子育てや育児に関する教育費用以外にもいろいろ必要な経費がある。

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

スポンサーリンク

年収200万円の借入可能額や月々返済額についてもご紹介しています。

年収200万円住宅ローン審査頭金なし借入可能額や月々返済額目安

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

年収300万における頭金なしの借り入れ可能額目安もご紹介しています。

年収300万円住宅ローン審査借入可能額シミュレーション

年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから以下の経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に一級建築士,電気工事士,内装業などの多い環境で育った経緯。

新築住宅ローン審査に地銀、都市銀等に落ちた後に通過させた体験者。

住宅ローン返済2年目で借り換えを成功。

ハウスメーカーでの契約を一度解約した経験者。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

このように、現場の知識を活かす事も含めて、ただ単に家を買ったブログではなく、今の収入でどんな家を買う事が将来の生活をどう楽にしてくれるのか?

夢のマイホームを手に入れたお金の使い方に悔いなしと言えるような購入前の準備情報を伝えていきたいと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、年収340万住宅ローンを審査通過後の実際の生活環境を意識した金額目安を以下の項目でご紹介しています。

年収340万住宅ローン借入可能額と月々返済額

年収340万住宅ローン審査通過後の生活と貯金

年収340万住宅ローン審査通過の為の前準備

自分たちの生活費で出費がほぼ毎月固定化している光熱費、水道代、食費、娯楽費、通信費などの必要経費。

この考え方を住宅ローン返済開始後にいきなり苦労とかきついという言葉に置き換えない計画が大切。

じっくり、今の自分たちの住宅ローン返済計画と合わせながら、ご覧ください。

スポンサーリンク

年収340万住宅ローン借入可能額

年収340万住宅ローン

年収200万、250万、300万等自分の前年度の年収に基づき、計画を必要とする住宅ローン審査。

当然、前年の年収は少し良かった!

こんな時期に今のタイミングで欲しい物件が見つかったから買っておきたい!

このような考え方を持つ人もいて不思議はない。

では、実際に昨年の年収が340万の場合、住宅ローン審査における借入可能額を変動金利をベースにご紹介していきます。

年収340万住宅ローン借入可能額シミュレーション

まず大前提となる想定は、以下の計画に基づく内容となります。

家計が苦しいという声にならないための住宅ローン借入。

この答えに最も簡単な目安を見る方法は、「年収の何割に設定するべきか?」

この答えは、私は年収1000万以上でも、500万、600万でも何も変わらないとかんがえています。

実際に私が想定に必ず伝えてる目安は、年収の20%。

たったそれだけ?

中には、あなたの今の賃貸物件での家賃より安いという感覚の方もいるかもしれません。

年収340万での毎月支払額の想定は、以下の通り。

340万×0.2=68万円。

68万円÷12ヶ月=56600円。

このくらいの金額が、住宅ローン返済での上限金額だと思う事が大切。

その根拠は?

実際に子育てをしていく予定の方が住宅ローンを利用するのがかなり多い。

こうした考え方からしたら、子どもの進学、進級に合わせて、以下のようなことも必要になります。

卒業前の塾等の習い事への投資。

進学時の入学必要経費の出費。

部活参加等に必要な経費の捻出。

こうしたことを考えて、さらに自分たちの車、家電製品、スマホ等の端末の買い替え、車等の保険料の支払い。

こんなことを全て負担していく必要がある。

この金額を毎月1万円以上オーバーしていたら、ほぼ毎月貯金は厳しくなるのは必然と言えます。

家が欲しい時の貯金額の目安を実際に地方で子育てをしている時の体験からご紹介しています。

家欲しい貯金目安

家欲しいけど貯金はいくら?賃貸に住めない状況体験記

ではこの金額でいくらくらいなら、借入可能額として審査が通るのか?

年収340万住宅ローン審査通過可能額目安

実際に、変動金利が今はかなり安い金利ですが、少し高めの設定をしながら、ご紹介していきます。

年収340万住宅ローンシミュレーション

上記金額は、以下のような条件想定の下で計算しております。

借入希望額:2100万円

ボーナス返済:なし

頭金:なし

保証料:無料

融資手数料:無料

団信:無料

金利タイプ:変動金利

金利:年率0.65%

毎月返済額55916円。

この借入可能額が私が将来の生活を考えて、お伝えしたい限度額と言えます。

 

年収340万住宅ローン審査と無謀

住宅ローン審査年収340万

住宅ローン審査と言うと、ついつい気持ちが大きくなって、少しでも借入可能額限界まで借りておきたくなる人も多い。

しかし、一方で、住宅ローン返済がきつい、もう無理、売りたい。

こんな声も不思議と聞こえてくるのも現実。

無謀という言葉がありますが、その根拠はいったい何が影響しているのか?

何を考えておけば、自分たちの生活基盤を崩す事なく、返済も快適な生活も手に入れる事が出来るのか?

この点を注意としてご紹介していきます。

住宅ローン審査通過後の返済苦労に多い見落としポイント

住宅ローン返済における苦労話をしてる方の圧倒的多数が悩む対象が以下の想定ミス。

賃貸住宅の毎月家賃と同額なら返済可能と計画をした家庭。

ほぼこの答えが半数以上に影響を与えてると考えても嘘にならないと私は感じる。

なぜか?

固定資産税が高いという事ではない。

あくまで年4回の支払い時期と合計額と考えていくと、8万円から15万円程度が年間の支払いに必要になる。

新築注文住宅の場合なら、10万円弱は、新築30坪台で普通に要するはず。

これはあくまで木造建築の場合。

コンクリート、軽量鉄骨、鉄筋。

こうした場合は、さらに上乗せされる可能性すらある。

こうした金額は、先ほど住宅ローンシミュレーションで差額1万円という違いでも貯金が出来ないという想定をしたのがこの部分。

住宅ローン返済を無理とは言わないが、借入限界まで引き上げる事で、想定外が発生する。

この点は、見落としただけでは済まされない。

ぜひ、慎重に慎重を重ねるくらいの計画をしておくことをお願いしたいです。

 

年収340万住宅ローン審査通過準備

住宅ローン審査年収340万準備

住宅ローン審査における前段階で出来る準備は何?

少しでも通りやすい銀行探し?

こんなことよりももっと重要なポイントがあります。

住宅ローン審査年収を問わない前準備おすすめ

私自身が事前審査、本審査で2回銀行での相談後で落ちた経験者。

通らない理由すら、曖昧となってしまう審査結果という答え。

だとしたら、少しでも自分で出来る範囲のチェックはしておくべき時代。

以下の項目は必ず全て書面でも正確に出せるくらいの確認をしておくことを強くお勧めします。

  • クレジットカード保有枚数は合計3枚まで
  • クレジットカードのキャッシング利用可能枠は、全てゼロに設定変更。
  • 割賦販売における購入物は全て一括清算を完了。
  • 車のローン、スマホ端末代金も、残債分は全て住宅ローンの年間返済比率に影響する。
  • 毎月の生活費の3ヶ月分における貯金額マイナス1万5千円を想定。(税金支払い予定)
  • 妻のパート,アルバイトと合算を想定してるなら、全てなしで計算。
  • 子供の養育費として、毎月3万円程度は準備可能か?(まとまった購入時の準備)

せめてこの内容はすべてチェックを終わらせておきます。

キャッシング枠や利用履歴も注目が集まっている。

住宅ローン審査キャッシング枠影響

キャッシング枠と歴の違いと住宅ローン審査落ちる原因

 

年収340万住宅ローン賢い銀行選び

年収340万住宅ローン審査は複数同時申込が得策

そして、住宅ローン審査は、全て銀行に相談をしない状態で、複数銀行にイッカツで申し込むのが得策。

その根拠は?

私が3回目の住宅ローン審査でようやく通ったと連絡がきた時の銀行の担当者の声がまさにこの通りだったのです。

単体で申し込みをする場合より、他社にも審査が同時進行で行なわれている事は、事前審査の個人情報チェックですぐにわかる。

この条件では、条件の悪い所はいくら通過させても本審査候補から本人に外されるリスクを銀行は抱える。

こうなると、銀行も必死に対応させられる場面が増える

競合他社という言葉は、同時だからこそ価値があるのは、家具、家電、車などでも同じこと。

住宅ローン市場においても、銀行は相当借入をしてほしい案件になる。

よって、最初から条件をよくしたいなら、少しでも多くの会社に同時申込をすることが大切。

最大6社まで通す事が可能な方法があります。

それが、

実際にこの方法を使った経緯や感想もご紹介しています。

今まさに住宅ローン審査の準備をしている方には、以下のような情報もご紹介しています。

住宅ローン審査に金融機関や銀行来店不要!3社目で通過した方法

フラット35に勤続年数1年目の友人が審査通過を勝ち取った方法もご紹介しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ