アフィリエイト

住宅ローン審査が通らない!3社目で私が通った裏ワザ

住宅ローン審査に落ちた後どうする?

あなたのこれまでの住宅ローンの常識を覆す新しい時代がもう始まっています。

もうあなたが銀行で手続きする時間は要りません

もうあなたは銀行の担当者と話をすることなく審査を受けられる時代が到来!

 

あなたは、住宅ローン審査を受ける準備をする時、こんな行動を想像していませんか?

・住宅ローン審査を通すためには銀行を選ばなきゃ

・住宅ローン審査に通るために裏ワザがあるはず

・住宅ローン審査には何が落ちる原因か知っておくべきだ!

こんな思いを抱きながらも、多くの方は、こんな結論に至っています。

  • 住宅ローン審査を受ける銀行の担当者に話を直接聞くのが早いはず
  • 住宅ローン審査を受ける銀行は、口コミを調べれば見えてくるはず
  • 住宅ローン審査を受ける銀行は、地元の銀行が一番なはず

「こうした結論の結果は?」というと、

住宅ローン審査自分で調べた結果

「これ以上、自分で何をしておけばいいのかわからない!」

「もう諦めるしか無いのか!」

まさに、

私もこの状況に陥った一人だったのです。

私が銀行で住宅ローン審査の話を聞いたすべてをあなたにご紹介していきます。

あなたが、住宅ローン審査を少しでも通りやすい銀行で受けたいなら、ぜひこの私の体験談に基づく提案をしっかり覚えてみて下さい。

住宅ローン審査に2度落ちた私の状況をご紹介

住宅ローン審査2度落ちた体験記

まずは、私の住宅ローン審査についての状況をご紹介していこうと思います。

住宅ローン仮審査(事前審査)に落ちた回数 2回

住宅ローン本審査で落ちた回数 1回

正直、この時は、絶望的だったと思います。

妻にも、

「今の私では、年収の条件がクリアしていても、住宅ローン審査は通らないかもしれない」

とぼやいたことを鮮明に覚えています。

でも、最後に巡り会えた方法を使った私は、今住宅ローン審査に通り、幸せな新築一戸建てに住める環境に居ます。

ですから、

巷の住宅ローン審査における憶測や古い情報ではなく、リアルな体験記だからこそ、伝えられる私があなたにご紹介していきたいと思います。

私がこれからご紹介していく住宅ローン審査に通すコツは、こんな人にこそオススメしています!

  • 住宅ローン審査が初めてで、全く分からないことだらけ。
  • 住宅ローン審査に不安(借入限度額、過去の滞納等)がある
  • 住宅ローン審査はできるだけ時間を短縮して絞り込みをしたい
  • 住宅ローン審査を受けて落ちた経験があり、次の銀行探しに不安がある

このような方には、ぜひ私の情報をしっかり満足できる結果が提供できると確信しています。

というのは、私もこの悩みを抱える一人だったからです。

実際、2015年に組んだ私の住宅ローン審査を受けた時の悩みをご紹介しながら、住宅ローン審査に通過した体験談をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査で苦労した実践体験記

住宅ローン 審査 体験談

私が体験した住宅ローン審査における失敗体験記をいくつかご紹介していきます。

住宅ローン審査失敗体験1 原因を調べる事こそが一番の時間の無駄

私は自分で動く(調べる)のが個人的には好きでした。

だから、

「自分の納得できる銀行の説明をまずは聞いてみよう!」

最初は、必死で探し、調べることに楽しみを覚えていた私。

しかし、

確信に迫る質問を銀行に投げると決まって、

「住宅ローンの申し込みをしていただきました上で総合的な判断となりますので・・・」

最後には、

すべて雲の中で、事前の情報収集は全くと言っていいほど集まりません。

結果、

私が各銀行を頼り、書面を持参して相談したのに、具体的な収穫はゼロ。

この結果を今では懐かしいですが、

簡潔に言えば、無駄な行動が山積みでした。

住宅ローン審査失敗体験2 金利を表面で選ぶ落とし穴

住宅ローンにおける心配はいくつか知りたいことがありますが、最後には、金利

この結論は、住宅ローン支払いを月々で考える誰しもが思う悩みの1つ。

しかし、

「銀行によっては、金利は交渉可能なんですよ。」

こんな事を最後の私の住宅ローン審査を通してくれる手伝いをしてくれた銀行の方からの言葉でした。

「銀行の方がそんなこと言っても大丈夫なのですか?」

とお聞きしても、

「実際そうですからね。」

という回答でした。

ですから、

住宅ローン審査における金利選びは正直重要性が薄い

この点も意識して欲しい1つなのです。

住宅ローン審査失敗体験3 書類を届ける時間の浪費

住宅ローン審査を受ける上では、銀行に足を運ぶことが当たり前。

こんなふうにあなたは考えていませんか?

実は、

全くそんな必要は無いのです。

逆にすべて郵送でやり取りが可能なのが住宅ローン審査。

・書面のミス防止は、ファックスなどで郵送前に確認を入れる

・住宅ローン審査が進んだ時点で必要所為のみを集めるのがあなたのやるべきこと

→住宅ローン審査のために足を運ぶ場所は最低限に出来るんです。

このように進めていけることをまだまだ多くの方は知りません。

逆に、自分で持ち運ぶ方が私にとっては、リスクの高い作業と言わざるをえないのです。

具体的には、

・届けている最中に、無駄な事故に巻き込まれるリスク(交通事故等)

・書類を紛失するリスク

・書類の不備で再度用意をする手間(時間的リスク)

このムダは、住宅ローン審査における年齢と直結するリスクが大きい問題。

住宅ローン審査に通したいなら、私がこれらのリスクからあなたに声を大にして伝えておきたいことは、

住宅ローン審査は、1日でも早い方が通りやすいのもポイントであること!

では、私がこの失敗体験から、最初にあなたに知ってほしい住宅ローン審査に重要な内容をまとめていきましょう。

私の住宅ローン審査失敗体験からあなたに伝えたい住宅ローン審査を通すために知っておくべき大切なポイント!

住宅ローン審査を受ける前に銀行に相談するのはムダ

住宅ローン審査を受ける為に銀行に何度も足を運ぶのもムダ

住宅ローン審査は金利に惑わされるのも時間のムダ

以上の内容については、まず最初にしっかり理解しておいて下さい。

では続いて、逆に、良かれと思って行動した結果が実は最悪のシナリオにつながる行動をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査を通すため?実は絶対に避けるべき間違いだらけの行動とは?

住宅ローン審査で間違った行動

あなたがもし、こんな行動を思いついているなら、全く意味が無いので、やめましょう。という内容をご紹介していきます。

住宅ローン審査に落ちた時の絶対してはいけない行動1 自分のデータを取り寄せる

この行動、実はハウスメーカーや工務店は、

自分の個人情報でしたら、取り寄せたかったら簡単に入手出来ますよ。

と気軽に教えてくれます。

しかし、

実際に取り寄せるという行動は、実は、かなりマイナス要因にしかなりません

実際、銀行の審査担当者は、

「個人情報を取り寄せる行動について」の評価は、以下の内容があります。

と説明しています。

個人情報入手が招いた最悪のシナリオ

・「自分のデータをみなければいけないほど、管理能力のリスクが有る人」

・「過去の滞納などがあるか慎重に調べなければならないリスクのある人」

・「通常の調べ方よりさらに慎重に調べておく方が良いと判断される人」

⇛いずれにせよ、自分で自分を要注意人物と公言しているような行動

正直言って、何一つ得はありません。

絶対にやめておきましょう。

住宅ローン審査に落ちた時の絶対してはいけない行動2 一社ずつの申し込み

住宅ローンなんて落ちたら、違う銀行に審査を受ければいいだけ!

こんな安易な行動が表に出てしまうと、現代では泣きをみます。

さらに、

あとになる銀行ほど、審査が何もしなくても厳しくなっていきます。

根拠は?

データ管理の時代だから。

・個人情報にアクセスした履歴

・データを照会した会社や個人の情報

つまり、

2社目のデータを見る時は、1社目より厳しくなります。

3社目のデータを見る時は、1社目とは比較にならないほど厳しい目が有ります。

より慎重になっていく住宅ローン審査。

貸し渋りを助長させるような行動となるのです。

そんな審査をあなたは受けたいですか?

私は、2社落ちてわらにもすがるが銀行で出来ないと悟りました。

きっちりが基本の銀行にやごまかしは絶対にやめましょう。

住宅ローン審査に落ちた時絶対にしてはいけない行動3 時間をおいてからという選択

住宅ローン審査に1度落ちた時のショックから暫く時間をあけてから審査を受けようと考える人も居ます。

はっきり言わせてください。

住宅ローン審査に通したいなら、1分でも早く動いて下さい。

このような人たちの心理は、私もよく解りますが、現実は以下の点が重要

住宅ローン審査基準の第1位は、年齢であること

よって、

時間を後々にする行動は、あなたに何もメリットを生まないのです。

根本的なミスをもう一度言います。

住宅ローン審査を通したいなら、銀行へ行かずまとめて一括審査を受ける方法を模索して下さい。

住宅ローン審査で落ちた体験を持った時、まず意識しておくことまとめ

住宅ローン審査に落ちた時、あなたにとってほしい行動は、以下のとおりになります。

住宅ローン審査の相談を銀行担当者にするのはやめて下さい。

住宅ローン審査は、本審査に銀行の力は関係ありません。

審査を本当に行う機関は、銀行ではなく、第三者の審査機関なのですから。

住宅ローン審査における本審査の壁。

この壁を乗り越える為の対策こそ、これから私がご紹介する住宅ローンに通すための秘策と大きく関係するのです。

では、実際に住宅ローン審査を通すために役立つ行動をご紹介していきます。

 

私が住宅ローン審査通過を体験した裏ワザ

住宅ローン審査を通過させるコツ申し込み方法

私が実際に、住宅ローン審査に2度落ちたという経験をしたのは、すべて銀行へ行った行動の末路。

しかし、

最後の住宅ローン審査の受け方は、これまでとは全く違います。

それは、

ネットを通じて、同時申し込みを行う方法を使った事。

何を言ってるのかイメージ出来ない方もいると思います。

つまりは、こういうこと。

私がおすすめする住宅ローン審査の受け方の流れ

住宅ローン審査を受ける方法はすべて自分の情報を共有してもらう事で審査を進めてもらう
第三者機関があなたの情報を管理し、条件に合わせた最適な銀行へ交渉を行う
受付可能な銀行へのみ的確に必要書類を用意し送る
あなたは必要事項を審査が進む銀行にのみ送る作業だけで融資実行となる

 

あなたが渡す情報は、1回だけ。

あとは、住宅ローン審査担当者とコンサルタント担当者が話を進めてくれます。

あなたは自分の状態を受け入れてくれる銀行を地域問わず、ネットバンクを含めて、検討領域に指定しておくだけ。

こんな簡単な申し込みで審査が本当に通るのか?

そんな意見も聞こえてきそうですが、実態は事実です。

まだまだ始まったばかり。

さらに、

ビジネスモデルの特許を取得した方法。

ですから、

知った人しか受けていないので、対応がスムーズ

まさに、

現代向け住宅ローン審査申し込み方法。

会社として、存在する以上は、実績を作らなければ、この会社も継続できません

つまりは、

必死に通す銀行を見つけてくれるのです。

私のご紹介する方法でも大切なポイント(注意点)が有ります!

あなたにもし、このような心配があったとします。

・勤続年数は3年未満

・職種の不安

・クレジットカードの枚数や過去の履歴

・キャッシングリスク

・消費者金融の履歴

・保証人の心配

・妻の過去のクレジット関連の事故

・自己破産の履歴

・頭金なし

・貯金の少ない状況

等いくらでもあると思います。

でも、よく考えてみて下さい。

あなたのような住宅ローン審査が「初の事例」と言うのは、いかに新しい銀行でも、経験済みなのです

問題は、

 

「あなたのような人を受け入れてくれる銀行」

をあなたが知ることができていない現状。

 

この橋渡しを第三者機関となるコンサルタント業者が代行してくれるのです。

ですから、

必ずこの住宅ローン審査申し込みを行い審査を受ける際、重要視しておきたいこと。

それは、

現状と不安や過去を含めて、マイナス要素をすべて紹介する業者には、打ち明けて話すこと。

この中間の会社には、真実を伝える事で、事前情報を正確に知っている方が、交渉先の銀行の絞り込みも明確になります。

もう住宅ローン審査について、ひとりで考えるのは、やめましょう。

無駄な時間とはおさらばしましょう。

このページを見たあなただけは、私と同じ方法を活用して、時間の節約と賢い選択を出来るようにしておきましょう。

誘導ボタン

私が実際に、この方法で住宅ローン審査を受けたおかげと言える感謝した内容を最後にご紹介しておこうと思います。

 

私が住宅ローン審査複数一括申込で実感できた体験

住宅ローン審査に2度落ちた男の審査通過ストーリー

住宅ローン審査方法で、一括申し込みがもたらしてくれた私が感謝している事をご紹介しています。

住宅ローン審査を一括で申し込むメリット 1.労力も経費も削減となった

私は、この会社に住宅ローン審査を手伝って頂く前に2回審査に落ちています。

つまり、

「1回の審査で通過する人の3倍用意する経費も掛かっている」わけです。

銀行を1社ずつ回っていた時と比較して格段に違うと実感できた内容は、

・役所への申請書類の取り寄せ(経費節約)

・銀行へ足を運ぶためのガソリン代や交通費(経費節約)

・子供が居ても住宅ローンを最優先せざるを得ないスケジュール管理(時間の節約)

・自分の状況を毎回各銀行に説明する手間が無くなったこと(口頭説明労力の節約)

・申し込み完了後は、返答後の対応もしっかりサポートしてくれた(ストレスの削減)

こんな感謝してもしきれないほどの時間とお金とストレスから開放された瞬間でした。

住宅ローン審査を一括で申し込むメリット2.さすが仲介業者といえる知識量

個人がいくら調べようと思っていても見えない銀行の住宅ローン審査における事例への相性

こんな点まで把握しているからとにかく選択肢の出し方がすごい。

・フラット35の価値

・ネットバンクを本当に安く使える人の特徴

・地域性を活かした土地勘のある銀行を選ぶメリット

・メガバンクの取り扱い件数に頼るべき職種対応力

これらが瞬時といえるほど、納得と安心できる説明をご紹介いただけました。

住宅ローン審査を一括で申し込むメリット3.無料だから価値も倍増!

こんなサービスを利用するならサービス料金が発生するのでは?

と住宅ローン審査や住宅購入をしようとしている人には、金銭的不安も多数あります。

しかし、

このサービスは、すべて登録するだけで、無料で使えます。

ですから、

どんどん登録、さらに仮審査を進めていきましょう。

住宅ローン審査を一括で申し込むメリット まとめ

最後に、これまでの内容を含めて、まとめて、メリットを紹介していきます。

私が実際サービスを利用して助かったことまとめ

・銀行へ行く必要が無い

・住宅ローン審査の落ちる理由を自分で調べる必要はなくなる

・住宅ローン審査の金利を自分で調べつくす必要もなくなる

無料で登録できる。

・住宅ローン審査がネット上で申し込み可能(時間的節約)

・付属する必要書類は郵送だけで完結できる(銀行に行かなくていい)

・日本全国どこの銀行でも使える(地域的限定要素はゼロ)

・あなたの要望を伝える事で客観的な第3者がさらに自分に合う銀行を教えてくれる(あなたの味方が増える)

こんなサービスは、この会社しか行っていません。

最後に、私からあなたに住宅ローン審査を受ける最後のメッセージをご紹介していきます。

 

住宅ローン審査をネットで受けるのもすべて審査基準1位は年齢であることを意識する

最後に、あなたに伝えたいのは、先程から数回出している住宅ローン審査基準。

 

住宅ローン審査基準の第1位は年齢であること。

 

1位である価値は、間違いなく、急ぐべき事が重要であることに直結します。

 

たった1歳。

されど、1歳。

 

この1歳が命取りになった方もいます。

実際の私の住宅ローン審査はまさに1歳が勝負でした。

私が1歳遅かったら、今の住宅ローン審査は水の泡だった!体験

住宅ローン審査基準は、何歳何か月単位で動いています。

3か月経過するだけで、経過は、もう1年の1/4を消化している計算になるのです。

あなたが真剣に住宅ローン審査に立ち向かうなら、

とにかく急ぐことをお勧めします。

私も、35歳という年齢で受けたので、あと1歳遅ければ、今の銀行も70歳までだったので、間に合いませんでした。

これが、人生の分かれ道。まさに運命という言葉を使わざるを得ない出会いだったと思います。

あなたが迷っている位なら、審査を通過させてからでも迷う時間はいくらでもあります。

実際、通ってからでも使わなくても何もお金はかかりませんから。

本当に今の住宅ローンを真剣に通したいなら急ぎましょう。

今のあなたの住宅ローン審査と数ヶ月を過ぎてから誕生日を過ぎてしまう場合の審査は、まさに運命の分かれ道。

私があなたに紹介する価値があると思う根拠は以上です。

誘導ボタン
この会社があなたの住宅ローンの心配、落ちた悩み、不安を必ずプロの目として支えてくれると思います。

私は、この住宅ローン審査申込み方法で、住宅ローン審査が通りました。

さらに、

私の同級生をはじめ、公務員だった友人、以前の会社の同僚等計10名以上も同じように、通りました。

 

次は、あなたにもこのチャンスを私はただ紹介する立場として、お譲りしたいと思います。

 

あなたは得をするだけ。

これだけで私は喜びを感じられる。

 

お互いに住宅ローンを悩み苦しんだ仲間として助け合う情報共有が出来れば幸いです。

何か不明な点がありましたら、お気軽にコメント欄でも結構です。

必ず親身にお答えします。

 

それでは長い文章最後までお読みいただき有難うございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ