年収280万住宅ローン借入可能額目安

年収のバランスで借り入れ可能な金額目安を知りたい。

フラット35の金利が下がっている今、土地や住宅購入をしておきたい。

審査に通りやすい年収との相場を可能なら知りたい。

年収280万の住宅ローンの悩みについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

物件情報で、住宅や土地を見ている人の中には、以下のような悩みを持つ方も多いです。

今の年収で返済額の目安や計算方法が分からない。

金利を含めて、賃貸といくらくらいの違いがあるのかわからない。

中古マンション、一戸建てを含めて、不動産で今実際に自分たちがどんな対象の物件なら、希望を持つことが出来るの?

家は欲しいと思っても、実際には、自己資金の範囲で、借り入れをして、返済をしながら、資産にしていくもの。

当然、返済の額が賃貸の時の毎月の家賃の計算の倍なんてことになれば、いくらなんでも限界が来る。

こうした中で、少しでも自分たちの収入に合わせて、上手に銀行からの借り入れの審査も通過させる額を知ることは非常に大切なこと。

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

私のサイトは、新築一戸建て購入を失敗後悔してほしくないという思いから、以下のような体験を軸に、運営しています。

元住宅関連企業勤務経験者であること。

身内に、一級建築士、内装業、電気工事士等が多い環境で育った経験。

新築マンション、一戸建ての購入経験。

住宅ローン審査に2度落ちた後、通過させた体験。

住宅ローン借入から2年後借り換えを成功させた体験。

新築注文住宅購入の時、一度解約をしてから、今の会社で希望がかなった体験。

間取りも妻にこれ以上は無いと言ってもらえた経験。

カーテン、火災保険、地震保険、外構工事等もすべて打ち合わせで選ばず節約に成功。

インターネット回線、引っ越し、新築祝いのお返しなども節約に成功。

近所のあいさつ回り、引渡し後の修繕依頼、追加工事なども経験。

このように、自分がただ家を買った的なブログではなく、あくまでも購入前の専門的知識や住宅ローンを経験したからこそ伝えられる内容をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、年収280万の住宅ローンについて、以下の項目に沿ってご紹介しています。

年収280万住宅ローン借入可能額目安計算

住宅ローン年収280万失敗後悔典型例

年収280万住宅ローン審査前必須準備

今の私に伝えられる範囲のことを可能な限り、明確にご紹介していきたいと思います。

年収280万住宅ローン借入可能額目安計算

年収280万住宅ローン

いくらの家を買う?

どの程度の金額を実際に借り入れ後の返済で返す必要がある?

一戸建てとマンションの条件の違いは何?

買う前には、住宅関連の参考にしなければいけない情報が多数ある。

当然、会社の選び方や物件を見る前に、知識にしておくべき内容も多い。

でも、まずはその物件を本当に購入できるのか?

この点がとても大切になる。

そして、その目安は、今の貯金や借りる融資実行が可能な範囲を知らなければいけない。

年収280万住宅ローン借入可能額シミュレーション

実際に、年間所得280万で借り入れを計画するなら、まずは年間で何パーセント程度を支払いに充当するかがポイント。

住まいを購入した後の生活に必要な金額に影響を与えない。

この目安に最も有効なのは、年間の所得280万の場合、20%相当額。

この20%は、実際に以下のような計算により成り立つ。

年間所得280万×20%=56万円。

56万円÷12ヶ月=4万6千円。

年間56万円を35年の住宅ローンの種類の中でフラット35の金利を前提。

この条件から借入可能額を想定すると、住宅ローンの支払い額は、毎月はいくらになるのか?

この答えを、280万の住宅ローン審査通過の可能性を考慮して計算。

すると、以下のような住宅ローン借入れシミュレーションで成り立つ。

年収280万住宅ローンシミュレーション

上記内容は、以下の条件に基づき計算された結果になります。

借入れ希望額:1430万円

金利タイプ:フラット35(金利1.8%)

頭金:なし

ボーナス加算:なし

保証料:なし

融資手数料:なし

このような条件に該当した場合でも、毎月の返済額は、45916円。

つまりは、1430万円が年収280万の住宅ローンにおける借入れ可能な金額の上限という結果になります。

 

住宅ローン年収280万失敗後悔典型例

 

では、この1430万円という数字を今目にして、利用する金額は、いくらが高いと感じるべきか?

1円でも多く借入れが増やせれば、住まいの条件もよりよい結果になっていく。

どうせ住宅ローンを組むなら、何かリフォームをする必要が多くない物件がお得なはずだ。

このように、最初から、とにかく引き渡し後にかかる内容を考えないための計画を住宅ローン返済金額を含めてシミュレーションしている人もいる。

しかし、この計画のまま進めば、多くの場合は、マイホーム売却の未来にたどり着く可能性が高まる。

どうしてなのか?

先を見据える計画には何が必要なのかを説明していきます。

住宅ローン審査対策よりも生活優先

借りる方法が住宅ローンであるからこそ、もう融資が決定すれば、こっちのもの。

こんな考え方では、不動産屋も気軽に提示した条件からおすすめをどんどん出してくれるはず。

でも、この住宅ローン返済資金を出す代わりに、見事に生活費が圧迫されていく可能性はどうなのでしょうか?

子供が誕生した時の養育費の準備。

自分たちの老後のための貯金。

昇給、昇格、ボーナスの減額等への想定。

今の時代は、他にも固定資産税や火災保険の値上げ、住民税の変化、収入に対する課税金額の増加。

このように、会社の給料に対してもどんどんしわ寄せが増す可能性がある。

同じ収入で、限界の金額まで借入れをするのは、決して買う前の希望として良い事とは決して言えない。

自己の資金管理の想像は、不動産購入後に、買った時の生活を苦しめる要素の方が多いのです。

いくら良い外観やシステムキッチンが少し新しい物件があったとしても、その人の日常生活のステータスを下げる家は、オススメできません。

もっと、リアルに、生活を考えた相談を家族で検討していただきたいと思います。

 

年収280万住宅ローン審査前必須準備

不動産を購入する前の情報を確認する際に、必ず欠かさない方が良い視点があります。

住宅ローン審査前の準備は物件の見極め方を知る

実際に、1430万の金額を借入れして、購入する家と言えば、以下の2つの選択肢が不動産屋から提示される。

中古マンション。

中古一戸建て住宅。

さて、この2つを考えていく上で、比較するべき内容は何か?

築年数とかより先に、生活に関わるのは、以下のような内容。

マンションで言えば、月の町内会費等を含めて、徴収額は、住宅ローン以外に毎月いくらくらい払うのか?

一戸建てであれば、外壁塗装,リフォーム,修繕等の住宅メンテナンスに余力のある貯蓄はいくらなのか?

こうした内容は、購入を決める前に、全てが想定範囲の中でおさまるような心構えが大切。

その為に、私がこの年収280万という300万に近い世代にご紹介しておきたい会社が1つだけあります。

それが、タウンライフ注文住宅相談センターという第三者の会社に相談するという考え方。

いきなり不動産屋に行っても、こちらは素人で相手はプロ。

何を言われても、信じるしかないと思う環境に追い込まれやすい。

そして、280万円くらいから、徐々に不動産屋は、多少無理をしても、買える物件を紹介してくる傾向も強い。

だからこそ、少しでもWebの問い合わせからでも、相談センターという場所を通じて、相場や困ったことや悩んでいることを客観的な視点で相談に乗ってもらう。

そして、これらをメールで受け取る事が大切。

この結果に現れた内容を実際に足を運んだ不動産屋との話で、確認する。

こうした話し合いに向けた準備が必要となります。

住宅ローン審査前の準備は身の周りの整理

クレジットカードのキャッシングやローン、リボ払い。

こうした内容は、全てゼロが基本。

車のローンにスマホの割賦販売契約もすべて残債をゼロへ。

このような準備も徹底していきましょう。

こうした対象もすべて、住宅ローン審査については、返済負担率に関係していきます。

ですから、住宅ローン審査も頭金をゼロで残しておけば貯金があるから、大丈夫。

こんな余裕を持たない事も大切。

住宅ローン審査は、あくまでも物件の借入だけが対象ではありません。

万全の準備を整えておくことをお勧めします。

相談を第三者機関で持っておく。

住宅ローン審査の仕組みから他社の借入等の環境を精査。

2つをまずは徹底的に準備しておくことを私は体験からも強くお勧めします。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで読んでくれてありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ