年収350万住宅ローン借入可能額目安

スポンサーリンク

年収350万で住宅ローンを組みたい。

今の年収で家を見に行くとしたらいくらくらいの条件が良いのかな?

年収350万の住宅ローンって返済の額は月々いくらくらい?

家を買うという住宅購入を中古でも新築でも収入から考える人は多いです。

自分の今の年収で必要な費用も考えて、土地から購入するべきか?

家をいくら位の住宅で計算して情報を集めればよいのか?

今の自分で住宅ローン審査の借り入れ可能額はどのくらいなのか?

このような悩みを順に自分の中で整理しようとしてる方も多いです。

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

スポンサーリンク

年収400万の借り入れ可能額もご紹介しています。

年収400万住宅ローンいくら借りれる?

年収400万住宅ローン審査借入可能額限度額データ付

年収400万の住宅ローンについては、月々の目安の現実的な考え方についてもご紹介しています。

年収400万住宅ローン月々

年収400万住宅ローン月々の理想と無謀の境界線|購入体験者の声

年収450万28歳が住宅ローン審査に落ちた口コミもご紹介しています。

年収450万住宅ローン審査通らない28歳口コミ

年収における頭金なしの借り入れ可能額目安もご紹介しています。

年収300万円住宅ローン審査借入可能額シミュレーション

年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安

住宅ローン払えない

住宅ローン払えない借り換え希望者急増!結末準備対策まとめ

今すぐには家が買えないけど新築一戸建てが欲しいと思う人へ最初の一歩についてもご紹介しています。

家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策

私のサイトは、新築購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かして運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

住宅ローン審査に地銀、都市銀ともに落ちた経験がある。

3度目の正直で、審査に通過した体験。

2年後に借り換えを成功させた体験。

ハウスメーカーを一社契約後にあまりにひどい打合せに解約をした経験。

一級建築士、内装業、電気工事士等住宅関連の身内に囲まれて育った環境。

新築間取りは、妻からこれ以上は無いと満足の声をもらえた体験。

カーテンや外構工事を打ち合わせで決めず、節約に成功。

火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

引っ越し、インターネット回線等も交渉や外観への影響などを考慮の上、納得のプランを見つけた。

新築購入後は、固定資産税納税、近所の挨拶まわり、アフターメンテナンス、追加工事依頼を経験。

家を買うというのは、一生に一度と表現する会社も多いです。

今賃貸物件の生活しているから家賃と同等なら会社の給料の手取りでも支払いが可能なはず。

この計画は決して安心とは言えません。

私が実際に住宅ローンを組み、マンションに住み始めた時、完全に計算間違いをしたと実感した時があります。

その体験を活かし、今回の記事では、年収350万の住宅ローン借入可能額や限度額の理想と現実のギャップについて、以下の項目でご紹介しています。

年収350万住宅ローン借入可能額計画方法

年収350万住宅ローン借入限度額は失敗?

年収350万住宅ローン審査対策準備と対策

余裕のある暮らしと今借りられる金額を少しでも多く借りて自分のどこまでの理想を叶える?

こんなお金的にも人生の計画にも影響があるのが住宅ローン。

審査に通るために金利を選ぶ事も銀行や金融機関を選ぶ事も大切かもしれない。

でもそれ以上に、何より自分の家族をいくら住宅ローン組むためといっても、家族を犠牲にして成り立つ幸せなんてどこにもない。

この言葉を意識しながら、リアルな生活の考え方としてご覧ください。

スポンサーリンク

年収350万住宅ローン借入の現実

年収350万住宅ローン

多くの人が今の賃貸生活に何か不満や疑問を抱きながら、物件の修繕などが無料であったとしても不動産の会社に足を運び、35年という長い時間を使うローンを支払う事を決意します。

しかし、その結末には、必ず幸せを手に入れてる人ばかりではありません。

最初は無料の相談で訪れた心の余裕がある幸せな時間。

その後、住宅ローン支払い開始とともに、新築物件でも不具合と保証のバランス。

関連会社の連絡や管理、施工のミスの発覚。

さまざまな諸費用の支払い。

このような資金繰りに影響を及ぼす事はたくさんあります。

そうした状況があったとしても、家を買う前も後も必ずかかる生活費。

夫婦が次の仕事の問題や今後の子供が増える状況などを考えて、どこまで頭金を用意するかということも貯金とのバランスでは重要な問題です。

家が欲しい時の貯金額の目安を実際に地方で子育てをしている時の体験からご紹介しています。

家欲しい貯金目安

家欲しいけど貯金はいくら?賃貸に住めない状況体験記

不動産も一戸建てかマンションかによって、購入直後に支払いを必要とする利用サービスの違いがあります。

約35年。

さあこの時間を可能な限り生活に負担の少ない住まいを手に入れるために年収300万円より50万円も多い年収の方はいくらが理想?

この現実を私が生活を起点とした借入可能額をご案内していきます。

年収350万住宅ローン借入可能額リアルな現実

私は、年収400万、450万、500万、800万などの数字の方も現在の貯金の事と不動産という状況を考えた時、年収の25%を上限と伝えています。

銀行や金融機関では、住宅ローンの年間返済負担率を30%、35%、40%など高い数字を許容する借り入れ可能額を提示している場所も多いです。

しかし、こんなことをしたら、毎月妻がパートでもやっていけない生活に一気に陥るのは必然。

その根拠を含めて理想の借り入れ額を私はこの計算から求めます。

年収350万×0.25=87万5千円。

87万5千円÷12ヶ月=7万2900円

この計算は、1ヶ月に住まいの住宅ローン返済額と毎月の生活に必ず必要になる以下のような内容を含めて考える必要があります。

スマホなどの端末を含めた携帯会社への支払い。

毎月クレジットカードによる決済方法を使った引き落とし。

月々節約を意識しないままにかかる建物などの内容の異なる他の出費額。

この合計が72900円。

そんなこと言ったら、ほとんど借り入れできる金額が無いのでは?

実際に、この72900円を月々返済するなら、いくらが借り入れできるのか?

ご紹介していきます。

年収350万住宅ローン月々返済額シミュレーション

年収350万住宅ローンシミュレーション

この金額は、以下のシミュレーションに基づき計算された毎月の支払額となります。

借り入れ申し込み金額:2300万円

頭金:なし

金利タイプ:変動金利

年利:0.65%(安い金利だけでなくあくまで平均的な計算)

ボーナス加算:なし

融資手数料:無料

保証料:無料

このような銀行や金融機関で借り入れをしたなら、毎月の支払い額は、61241円。

もちろん、こんな端数の調整はあると思います。

しかし、この金額に、スマホが1ヶ月2万円程度必要なら?

この金額を合計しただけで、毎月8万円

さらに、住宅を購入空いた時、完済までの期間、節約内容を出すより出費をする事が確実と見なければいけない項目があります。

それが、地震保険、火災保険、固定資産税。

この計算が、多少高い内容と考えれば、月に平均して2万円程度は必要になってきます。

さあこの金額を全て足したら?

毎月住宅関連とスマホだけで毎月10万円平均の出費が手元から消えていく事になります。

この金額にさらに、マンションは建物に付随する内容が関わってきます。

管理費用

修繕積立費

駐車場利用料金

駐輪場利用料金

インターネット利用料

こうした事を計算すると、最低でも最初は、2万円~は必ずかかる内容があり、出ていきます。

さあこの状況が本当に多いと思う必要が無い計算と言えるだろうか?

もしこの漢字を見ても思った通りだと思ってる方が居るなら、私も安心できます。

しかし、「そんなにかかる!?」

この言葉を考えている人は、さらに追いつくのか?と思う項目もあるのです。

年収350万住宅ローン借入可能額と将来設計

私も今はもう2児の父親をしながら、住宅ローンや税金を払ってる感じの生活をしている一人。

当然、子どもたちも成長し、教育に関係する負担も大きくなってきます。

幼稚園が2人いれば、約7万円。

暮らしに必要なファミリー向けの車を残価設定で新車で購入したら、毎月2万円台の車のローン。

この他にも、幼児教育というサービスが進む現代社会。

お子さん向けのサービスが多い対象を採用していくと、簡単に毎月10万円程度の負担がさらに上乗せされていきます。

この状況を私は肌身で今まさに感じています。

今記事を投稿している生活環境は、一戸建て。

この状況も太陽光発電の売電価格の毎月の収入があるからこそ、光熱費と太陽光発電分の住宅ローン負担が相殺されています。

しかし、この状況もなくなってる環境があったら?

正直、記事を書きながらもゾッとしています。

 

年収350万住宅ローン借入限度額

年収350万住宅ローン借入限度額は失敗?

年間の支払いを予算計画としてしっかりやっておく。

これが無いままただ銀行に気になった物件の予算と車のローンを合わせても大丈夫と言われた。

こんな状態にやった!と思って実際に保険等も住宅ローンに上乗せ。

このようにしておけば、今の貯金も触ることなくて安心!

こんな計画を立ててしまう人が実際にはまだいます。

夫婦2人で共働きの状態だから大丈夫?

年齢的に若い20代の世代は、ボーナスという期待は多くしていない事も珍しくありません。

しかし、共働きという環境をポイントにして、わからない中でも少しでも人気のエリアやプランを採用したいと思う気持ちが生まれてきた。

繰り上げ返済なんてしなくても毎月大人しく完済の年齢まで支払いを続ければいい。

最初だけかなり大変で厳しいかもしれないけど、まだ年齢的に若いから!

こんなどこか勢いということももちろん大切かもしれないが、もうここまでくると、もう出来ない事を無視して突っ走るという状況になってしまいます。

単純に手取りと年収をはき違えてしまっていることも多いです。

誰がいくらをもらって、どう出費を抑えて!

この考え方の特徴では、もちろん住宅を購入した前後の支払いについてのイメージがほとんどできていない事も多いです。

すると、家計を抑えるという事があっという間に夫婦喧嘩の火種となることもあります。

住宅ローン繰り上げも大切!それ以上に現実が大事

住宅ローンを払うという時、保証付きという文字があるから、数年は何があっても安心。

このように、何が保証の項目になっているのか?

どのカテゴリは、1点あたりで実費になるのか?

このような対象を確認していないケースも多いです。

こうなると、実際にシミュレーションをしていた家計以外にも修繕費や追加工事。

自分たちの想像と違い、使いにくかったという現実からリフォーム依頼。

このようなことがあっという間に出来なくなっていきます。

子どもたちも大きくなり、使っていく毎月の養育費も増えます。

食費も当然増えます。

こうした部分を一緒に払うという前提を意識し過ぎると片方に何かあった際、一気に家計は火の車に陥る可能性があるのです。

 

年収350万住宅ローン審査対策

年収350万住宅ローン審査対策準備と対策

最後に、住宅ローンを組むために参考にしてほしい審査準備に使っていける情報をご紹介していきます。

もし質問等があれば、コメント欄に記入していただければ、注文住宅でも建売でもマンションでもご相談を無料で回答いたします。

年収350万住宅ローン審査対策1.車とスマホに注意

地域差もかなり大きい話題になりますが、年収350万円世代の方に住宅ローン審査前に絶対に注意してほしいことは車を通勤に使っている人達。

特に、乗り換えの予定がある残価設定型のタイプを利用していて、残額の一括精算も難しいという状況。

他にも、ショッピングローンなどの利用で、分割を利用している方も注意!

とにかく、スマホを含めてすべての割賦販売と呼ばれる分割払いにしている支払いは出来るだけ全て完済してください。

現実的ではない方もいると思います。

しかし、私も同様にこのような形式を使っていて、最後に返済開始までに完済を条件とさせてくださいと言われました。

よって、このあたりはどこの金融機関でも一緒だと思った方が無難な準備と言えます。

年収350万住宅ローン審査対策2.転職予定

よく住宅ローンを組む時、転職を前提として、今在籍をしているうちに住宅ローン審査を通過させてから職を変えるという人がいます。

このケースは、以下のような想定が非常に大切。

  • まだ手取りとして受け取っていないのに大丈夫と計算をする考え方。
  • 今の状況よりは悪くならないと前提を決めて考える計画。
  • 親なども含めて家族が大変になった場合等を全く考えない想定。

このような条件では、どちらにしても前提が全くない想定になっていきます。

結果的に、身内の冠婚葬祭などの絶対的に祝儀などを必要とするような環境でも親に出してもらったなんて情けない状態になることもあります。

これでは、決して家を買ったら、生活が大変になったと言っているようなものです。

もっと、分からない事はシビアにかなり悪い方向になって大変になった時も厳しい中でもやっていける。

このくらいの計画をしておかないと、子どもの教育資金を準備する事が必要な時期に目も当てられない状況になります。

以上の2つだけは、決して無理をしないように気を付けていただきたいと思います。

あなたが住宅ローンをハウスメーカーでも工務店でもその他のマンションでも自分の満足できる返済額範囲の価格で家を選べる事を願っています。

住宅ローンだけでなく、当サイト内では、間取り、カーテン、火災保険、地震保険、引越し、インターネット回線、等住宅購入時に必要な注意点を豊富に用意しています。

あなたが気になる情報があれば、じっくりご覧ください。

住宅ローン審査については、以下のような内容もご紹介しています。

年収とは手取りなのか?審査準備における大切な知識もご紹介しています。

住宅ローン審査基準年収とは手取り?何倍まで?体験記

住宅ローン審査基準については以下のような内容もご紹介しています。

住宅ローン審査基準勤続年数転職1年目で通る方法

住宅ローン審査基準年齢で運命が変わる?

住宅ローン審査基準で車のローンはいつから?体験記

住宅ローン返済に困るという事態は簡単なことではありません。

住宅ローン返済延滞とは?その後はどうなる?最悪の厳しい現実と対処法

住宅ローン審査金融機関や銀行相談前に多い誤解注意点まとめ

ツイッターでもやっぱり300万円ラインでの住宅ローンについてはいろいろな人がつぶやいている。

実際に住宅ローン審査に不安を持つ方は、私が3社目で通過した方法もご紹介しています。

住宅ローン審査に来店不要!3社目で通過した方法

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ