年収400万住宅ローン審査借入可能額限度額データ付

年収400万の住宅ローン審査借入可能額について、このページをご覧頂き有難う御座います。

「年収400万で住宅ローン審査っていくらなら通りやすいの?」

こんな疑問や不安をお持ちの方も大変多い現代。

住宅ローン審査は、借入可能額と借入限度額という2つの表現があるため、憶測を間違えると簡単に落ちる,通らない原因になります。

私のサイトは、新築購入体験や住宅ローン審査を通じて知った体験や現場経験に基づく間取りや床,窓の選び方などを書く記事でご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

年収500万の人の記事を見ました。

年収400万の計算方法やデータもぜひ教えてください。

こんなリクエストを頂きました。有難う御座います。

住宅ローン審査については、以下のようなコンテンツもご用意しています。

住宅ローン年収別借入可能額や月々返済目安まとめ

年収200万住宅ローン頭金無借入可能額

年収280万住宅ローン借入可能額目安

年収300万住宅ローン借入可能額目安

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能適正目安月々返済額

住宅ローン審査静岡30代体験談まとめ

住宅ローン審査基準年収とは手取り?

住宅ローン審査通らない34歳共働き口コミ

住宅ローン審査年収300万で落ちる400万で通る違い

住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった!

住宅ローン審査通らない(落ちた)口コミ年収別まとめ

JA住宅ローン審査は厳しい?

住宅ローン本審査と仮審査の違い!

住宅ローン審査自営業が通った40代口コミ

住宅ローン審査通らない理由口コミ年収450万

住宅ローン諸費用はいくら?

住宅ローン審査が甘いフラット35

フラット35審査に落ちたらどうしたらいい?

住宅ローン借り換え費用は自己資金ゼロで出来る時代

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能額UFJ口コミ

住宅ローン審査年齢で運命が変わる?

家が欲しいけど変えない?住宅ローンは家賃位なら借り入れ可能?

住宅ローン金利の選び方

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

住宅ローン審査は年収ごとにいろいろな口コミも紹介しています。

興味がある方はお役立てください。

早速このページでは、年収400万円の住宅ローン審査対策をデータ付で以下の内容をご紹介していきます。

住宅ローン審査で年収400万台はいくら借りれる?借入限度額と可能額

住宅ローン審査で年収400万台が苦労しない借入金額適正目安

住宅ローン審査で年収400万台がスムーズに審査通過をするコツ

ぜひあなたの住宅ローンについての情報収集の1つとしてお役立てください。

住宅ローン審査で年収400万台はいくら借りれる?借入限度額

住宅ローン 年収 審査 借入計画の立て方

住宅ローン審査における年収400万円台の借入限度額を審査基準の返済比率のデータに基づきご紹介していきます。

住宅ローン借入限度額の根拠となる返済比率を知る!

住宅ローンで借入可能額を調べる上で、最も重要なのは、物件の価値でもどこで立てたかでもないのです。

返済比率が優先順位の中では2位という評価対象になります。

早速年収400万円台の返済比率をご紹介していきます。

400万円台の方が借入可能な返済比率は、30%が上限

では、この数字をもとにした借入限度額をデータを元にご紹介していきます。

返済比率から考える住宅ローンを年収400万円台で組める借入限度額

計算した状況から導き出された月々の返済額は以下のとおりです。

年収400万円台住宅ローンいくら借りれる

この返済予定はいくらなのか?金利はどのくらいの設定なのか?解説していきます。

借入額3600万円

金利0.75%

ボーナス加算0円

融資手数料0円

保証料は0円

団信加入は無し

この条件で支払いを見ていくと、返済比率は以下の通りになります。

月々返済額 97,482円 × 12ヶ月 = 1,169,784円(年間支払額)

1,169,784円 ÷ 年収400万円 = 29.2%

年収400万円の方の借入限度額は35%ともネット上で書かれていたりしていますが、実際はそこまでの借り入れは絶対に不可能

その根拠は?

返済比率の上限には、生活費とした以下の項目すべてを含めた設定になっているからです。

返済比率に含まれる項目の例では、以下のような支払いの総額による計算が必要になるのです。

・スマホ等のインターネット回線代や割賦費用。

・クレジットカード決済。

・車の保険料等の支払い。

こうした内容を考慮した上で、-5%程度は考えられているからです。

ですから、実質借入限度を想定していくなら、30%を切る数字が想定範囲内となります。

では、実際の生活における年収400万円台の住宅ローンは月々いくら位が理想なのか?をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査で年収400万円台が苦労しない借入適正目安金額

住宅ローン返済比率

住宅ローン審査に通過しても生活に困った!

こんな失敗後悔も多いので、注意して欲しいと思いながら、私の体験談を交えて返済比率の理想をご紹介していきます。

私が体験談から思う返済比率の理想のバランス

私の実際の住宅ローン返済についての体験記で、この返済比率についての苦労体験を少し触れています。

年収に問わず、やはり返済比率というのは、限度額いっぱいでは正直破綻してしまう可能性が高いです。

その根拠は?

年収ベースはあくまでも手取りではなく、総額ベースだから。

住宅ローンの年収とは?手取りとは違う?どこを見る?にて正しい認識をして欲しいのです。

すると、年収400万円の方の手取りは、おおよそ280万円~300万円程度となります。

ですから、返済比率の数字だけで、限度額いっぱいまで借り入れをしてしまうと、正直、生活が回らなくなるのです。

具体的には、以下のようなイメージが必要。

こうした内容を含めて再度、先ほどの29.2%を生活費を含めて考えてみてください。

97482円+スマホ代+子育て用の預金+ガソリン代+保険料+税金

こんな生活をしていたら、月々はあっという間に火の車になります。

この計算をもとにした「月々返済額が生活に支障を出さない適正目安」についてご紹介していきます。

住宅ローンを今現在組んでいる私がオススメする住宅ローン返済比率

私は年収による差をあまり考えていません。

その根拠は?

年収は高くなればなるほど、出費も増えているのが一般的だから

ですから、理想の返済比率は、年収を問わずに年収の20%未満だと良く周りには伝えてます。

返済比率20%なら、どのくらいいくら借りられるんですか?

この答えは、下の画像通りになります。

年収400万円 住宅ローン 適正目安

 

この返済金額に基づく借入条件や返済比率は以下のとおりです。

この条件なら、いくら借りれるのか?

2500万円条件は、先ほどのシミュレーションと全く同じで計算。

この金額であれば、以下の通りの返済比率になります。

月々返済額 67,696円×12ヶ月=812,352円(年間返済額)

年間返済額 812,352円÷400万円=20.3%

このくらいであれば、税金があっても、プラスアルファの時々の出費がっても対応可能な範囲と言えると思います。

しかし、この条件には、保証料も融資手数料も団信も全て無料の状態での条件である。

さらにスマホなどの割賦も入っていません。

つまり、上記条件の銀行を効率よく探さなければ、この金額も借り入れは不可能になってしまう可能性がある数字。と言えるです。

では、そうした条件がしっかり整う銀行を探し出し審査をスムーズに通すコツをご紹介していきます。

 

年収400万円台がスムーズに審査通過をするコツ

住宅ローン審査通過

住宅ローン審査を進めるにあたって、銀行選びの重要性が上の借入限度額と可能額の違いから見えてきたと思います。

では、より条件の良い銀行を一回で探し出し、さらにこうりつよく審査を受けるコツをご紹介していきます。

住宅ローン審査は受け直しのリスクが年々増加中

住宅ローン審査をあなたはこんなふうに考えていませんか?

もしダメなら、再度違う銀行で審査を受け直せばいい!

この考え方は年々リスクが高い住宅ローン審査の受け方になっているのです。

根拠は?

データに閲覧履歴が残ってしまい、不認承もデータに残る時代だから。

そんなこと言っても、最初からどこの銀行がいいかなんて分からない。

そうですその通りです。

だからこそ、この時代には、第三者を使うというサービスが存在するのです。

実は、「私も住宅ローン審査に2度落ちました。」

返済比率は、20%以下、年収500万円の条件でもです。

正直、住宅ローンは簡単ではありません。

さらに、情報がすべて公開されている銀行なんて存在しません。

全ての金融機関が自分たちの情報しか知らないし、他社の情報も知りません。

だから、私は、こういうサービスを利用しました。

第3者が客観的に審査の傾向を確認しながら、その人の条件にあう銀行を全国から探し出してくれるサービス。

そして、結果的に、3社目で住宅ローン審査を通過させました。

だからこそ、私がこれからの貴方の為に情報を公開しているのです。

詳しくは、住宅ローン審査に2回落ちた私が銀行に行かずにローン通過した方法に掲載しています。

私が住宅ローン審査をなぜこの方法を使った理由

あなたにとって、住宅ローン審査をより1万円でも多く借入額を増やすことができる可能性は、借入の条件なのです。

その条件を最適な銀行を全国から絞り込んでくれるからこそ非常に価値が高いのです。

あなたが最後は「言った通りだった!信じて良かった」と言ってくれると私は確信しながら、この情報をあなたに提供しています。

それは私が住宅ローン審査に落ちた経験者だからです。

時間を無駄にせず、効率よく審査通過を目指してください。

私への直接の相談もお気軽にご相談ください。

体験談で答えられる情報は全て公開いたします。

住宅購入準備をしている方向けの情報もご紹介しています。

年収300万住宅購入前の誤認や誤解と成功のコツ

この記事を最後までお読みいただきありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ