スポンサーリンク

フラット35審査に落ちたら、という課題について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

フラット35という存在を正しく認識せずに、ただ金利があがらない住宅ローンという解釈をしている方も非常に多い現代。

住宅金融支援機構からお金を借りる。

メリットはシンプル。

金利が上がるリスクを心配しなくて良い。

デメリットは?

変動金利などで無料が多い手数料の問題があるわけです。

自分自身が頭金をどこまで用意できるのか?

将来の影響を心配するなら、可能な限り最初の金額は抑えたい。

しかし、フラット35審査に落ちたという事実を突きつけられたら、どうなるのか?

この想定している方が非常に少ないのです。

大丈夫だろう。

民間でも取り入れて審査が行われている程度の内容だ。

確かにローンを組むことをaruhiなど株式会社も対応している。

しかしこのフラット35の返済負担率や手数料だけではない多くの内容に違いがある。

落ちたという事実から、理由を探したくなる人も多いです。

「中でも自営業を理由と思っている方も多いフラット35審査。」

フラット35については、審査期間についてもご紹介しています。

フラット35審査日数(期間)と落ちた連絡の対処法の違い

フラット35審査期間日数は長い?落ちたら絶望的?申込方法には要注意?体験記

今既に1社落ちた、通らないという体験者には以下のような体験をご紹介しています。

住宅ローン審査落ちた場合,人はどうすればいい?3度目の正直成功体験

住宅ローンに通らないし諦めるか!なんて夫婦で話し合いをしている人に私の体験も書いています。

住宅ローン審査に通らないなら諦める!はまだ早い|通過実践記

勤続年数1年目の知人を通過に導いた体験もご紹介しています。

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

家が買えないけど新築一戸建てが欲しいと思う人へ最初の一歩についてもご紹介しています。

家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策

私のサイトは、新築購入体験,現場経験,住宅ローン審査体験を通じて、失敗後悔をしないための注意点をご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、フラット35審査に落ちた人が最後は、住宅ローン審査通過を勝ち取る方法を情報として、以下の内容をご紹介していきます。

フラット35審査に落ちたら家購入を見送る事も視野に入れるべき理由

フラット35審査に落ちたら住宅ローン申込はどうなる?

私が厳しいと思った土地条件でも通った住宅ローン審査の方法

以上の内容でご紹介していますので、ぜひ新築一戸建て購入準備として慎重な対応を取る情報源として活用して下さい。

フラット35審査に落ちたら今は見送る?

フラット35審査落ちたら危険?新築一戸建て購入注意点

フラット35審査に落ちる事は住宅ローン審査に落ちただけの事。

こんな簡単に言える問題ではないケースも有ります。

その根拠をご紹介していきます。

フラット35審査落ちる理由はあなたが問題なくても落ちる?

「フラット35審査も他と変わらないでしょ?」

「他の変動や固定金利から選べば良いはず」

こうした楽観的な視野も大切。

しかしその前に、この考えを持ったほうが良いのです。

「フラット35審査に落ちる理由は、あなたの問題でない可能性って考えたことありますか?」

フラット35審査を使う人の中には、以下のような条件の方も多い現代。

・契約社員

・勤続年数3年未満

・自営業

これらの職業柄、変動、固定を選べず、やむを得ずフラット35を利用している方も居ます。

すると、「自分の状況が悪いから、審査に落ちた」と安易に結論付ける方も多いのです。

自営業者の方は特に、自分の確定申告データなどを最優先に疑っている方もいます。

しかし、これってそもそも大きな誤解。

その理由を次にご紹介していきます。

フラット35審査基準の最優先はあなたじゃない!

フラット35審査における審査基準の最優先は、物件の市場価値

つまりは、極端な例えをするなら、以下の理由も考えられるからこそ怖いのです。

  • 返済比率ギリギリでも市場価値が高い物件なら審査通過の可能性はある
  • 返済比率に余裕があっても市場価値が低かったら審査は通らない

こうした極端な考え方が出来るのが、フラット35審査の中身。

だから、よくある住宅ローン審査基準におけるこんな内容は関係なし。

属性

勤続年数

年収

等の一般的な審査基準ばかりを気にして自分の身辺から理由探しをしても通らない理由が無い人も審査に落ちる可能性はあるのです。

落ちたからもうどこからも融資は受けられない!

原因がわからないからすべてが終わりということではない。

特に事前審査は、銀行側が申請前に自社の顧客として安心できるのか?

この点を変動や固定の金利と変わらず審査を行っている。

他にも、

販売している不動産会社の最近のリコールなどの問題。

収入分には借りても安心なのに、同じ属性の人たちを調査すると遅延、延滞、滞納が増えている実態。

所属する仕事のサービスに知名度も信用情報も少ない。(属性という問題)

信用に支障のない範囲以内でのキャッシングとは言えない頻度の借り入れ。

このような情報を調査していることが一般的に多いと教えてもらいました。

情報の一部を見ただけでも承認が難しいという課題が出始めたら、データ照会すら打ち切られて終わる。

完済までの支払いへのお金の管理を結婚してからの物件選びまでを安心なんて誰がどう判断する?

こんな風に考えている人は、もう少し的を絞って書類に記載されている諸事情が担当にどう伝わっているのかをイメージする方が早い。

もちろん、次のような内容の情報を公開されている範囲で担当がチェックするのは変動、固定などの銀行のローン商品と変わらない。

  • メインバンクで使っている消費者金融などの金融サービス返済の履歴
  • クレジットカード利用における公開範囲の情報。
  • 現在の確認できる範囲の口座の動き(メインバンク申込時のみ)

この程度の情報は簡単に申込みを受けてから現在の状況を確認する。

しかし、jiccやcicのようなチェックは次の本審査のステージになります。

こうなると、事前の際の審査に落ちたというのは、決してすべて終わりとは限らない。

あくまで金融機関の契約をしたい人なのか確認するポイントはそれぞれが異なる。

よって、借りるチャンスを絶望に感じる必要はない。

しかし、いくら検索を重ねても勤続の年数や会社の属性なんてデータはどこにも回答はありません。

これが、借入れ希望をする人にとって、税金などのリサーチとはことなるcicなどの個人の信用情報機関への疑念や謎と言われている部分。

では、フラット35審査に落ちる家ってどういう意味?についてご紹介していきます。

 

フラット35落ちたのが本審査の時の原因

フラット35審査に落ちる理由で家を疑える根拠

実際に、私が経験した際に、銀行の担当者から聞いた話をご紹介していきます。

新築一戸建て住宅でもこういう家は担保力を問われ落ちる理由対象になる

フラットタイプを私たちは最初だけ考えた時期があります。

その時に実際に銀行の担当者から聞いた話では、こうした話がありました。

今回はよく聞く会社だったから良かったですが、あまり聞いたことが無い会社の場合は厳しい場合もあります。

その理由は、棟数実績や経年における資産価値が解らない事が重要視されるから。

例えば、一戸建てなら、以下のような条件も銀行側が慎重になる審査対象。

会社の継続年数。

故障や修理依頼、クレーム等が多い会社。

棟数が少ない会社。

売却件数が高い会社。

売れ残りが多い会社。

こうした条件では、資産価値が低いという考え方をする場合や資産価値を疑う必要のある慎重な対応を取ります。

上記のような結果で、審査に落ちる理由としてメインの理由になることも決して珍しくないのです。

しかし、審査に落ちた理由を伝える時は、「総合的な判断」というお伝えしか出来ない。

銀行側が、住宅による査定価値なんて言葉を伝える事は出来ない。

よって、誤解が生まれるリスクもあるのが住宅ローン審査である

こんな話を聞いたんです。

落ちたら即自分の過去?これも間違い。

落ちたら最後?これまた誤解。

落ちた時には自分の個人情報照合?これはとんでもない誤解。

落ちたらもう銀行ローンも無理?この答えも違います。

このような情報に惑わされている人は要注意です。

特に、最優先されるのが、住宅物件の価値

  • 土地の価値が下がり続けている場所への新築工事
  • 区画整理予定により削られる事も解っている土地
  • 水害、地盤の弱さ等の警戒区域担っている土地

こうした情報を知らずに新築一戸建て購入予定者も珍しくない現代。

結果について、落ちた理由を探す限界と誤解のみぞが深まる大きな要因担っているそうです。

ぜひあなたがもし、現状で落ちた状況であるなら、こう考えなければいけないのです。

「もう一度最初から住宅購入を考えなおさなければ審査が通らない可能性もある。」

決して、このご案内は憶測ではありません。

体験から知った真実の実態。

ぜひあなたの住宅購入後の未来の幸せを考える上で重要な要素にして下さい。

「でも、この土地と今の家をどうしても欲しい」

こうした意見をお持ちの方もいらっしゃると思います。

俗にいう以下のような内容はある程度不安の要素になります。

団信に加入することが出来ない

借金が書類記載のほかにも多くの内容が出てきた。

こんな状況ではどんなプランでも相手も信用するだけの状況を作れない。

きちんと、家族の収入を合算する場合でも、すべての関連に敏感になって夫婦どちらも自分の状況は見落としがない。

こうハッキリ言える状態にする事が重要になります。

「では仮にどうしたら通りやすい審査を受けられるのか?」

この点についてもご紹介していきます。

 

フラット35審査に落ちた後でも通すコツ

フラット35審査落ちた理由より大切な通すコツ

物件価値や土地の状況には自信も確信もある。

でも、落ちた。

この場合は、どうしたらいい?

この方を対象にした通すコツをご紹介していきます。

1回落ちた時点で選択肢は絞られる!

落ちたという体験を持つ方は、もうどこの銀行でも申込が無駄。

その根拠は?

全て同じ機関(住宅購入支援機構)が本審査を管轄しているから。

ですから、「他の銀行から申込をすれば、通る可能性がある!」

これは、期待も持ってはいけない現実逃避。

しっかり頭を切り替えて、通る為の行動を取る事が重要。

そのために必要な行動を具体的にご紹介していきます。

ゆるい、甘いという言葉は過去の話?

住宅ローン審査で、審査がゆるい、甘いという見解は昔の話

なぜこうした言葉が生まれたのか?

この理由は簡単です。

「不動産資産価値が大きく値崩れする心配が無い時代」

この時代はありました。

それが、以下のように現代は時代の変化が顕著になっています。

・地震や津波、自然災害等の被害により、土地価格の下げ幅が大きい現代」

・中小企業倒産リスクが高い時代背景

・建築物件の不正等の発覚件数増加

こんな時代に変わってきているのです。

なのに、未だに不動産業者の営業マンの中では、「比較的誰でも通りやすいのでおすすめです。」

こんな土地状況も建築物資産価値についても営業トークでしか出せない無責任なセリフが混じってしまうのです。

では、「どうやって審査に引っかかった物件であった時でも通せる方法を探すか?」

この点をご紹介していきます。

 

フラット35審査落ちた後向けの申込方法

フラット35審査落ちた時の通すコツ

落ちた理由が万が一、物件の価値であったとしても、それが理由で全てが通らないとは限りません。

初めての人にとっては、通らないというキーワードが今の自分の状況では難しいと断定してしまう事も多い。

しかし、単純に考えてください。

団体生命保険(団信)の加入には、今より将来の方がリスクしかありません。

1年から5年の間待ってからの戸建て購入に対して、あなたの年齢に取り扱いが可能な銀行はどうなるのか?

例え正社員の話しでも関係ないのも現実なのです。

物件を所有するチャンスは選択肢が広いようで少ないのが現実ともいえるのです。

正しい通過のコツをご紹介していきます。

個人情報に自信がある人もない人も方法は1つ

落ちた時点で、あなたに与えられた選択は、ただ1つ。

銀行による固定、変動、ミックス型のいずれかのタイプを選ぶ。

この方法しか残されていません。

でも、今の状況に至った人の中には、こうした状況の方も居ます。

  • 勤続年数が足りてないから、選択したのに何言ってるの?
  • 固定で安定した金利なんて無い。
  • 自分の状況を受け入れてくれる銀行がわからない。

こうした悩みや不安を持っている方も多いです。

しかし、私からすればこの3つ全ては否定できる根拠もあります。

・勤続年数が1年から可能な人でも受けられないのですか?

・フラット以外にも固定を35年にする方法はありますよ。

・自分の条件を受け入れてくれる銀行は探すのではなく、探してもらうんです。

こうした対処法や受け入れてくれる銀行については、ほとんどの方が知らないだけなんです。

よって、受け入れてくれる銀行をあなたが探すのではなく、あなたが誰かに依頼すれば良いのです

そんな都合のいい場所があれば、誰も苦労しない!

こんな言葉が聞こえてきそうですが、実際に現代には有るんです。

その会社こそ、仮審査1回落ちた後、本審査で1回通らないという情けない結果を持つ私を審査通過に導いてくれたんです。

あなたの落ちた状況より私のほうが深刻ではないですか?

あなたが通過させる為に最も必要な事

住宅ローン審査を通過させる為に最も必要な事は、少しでも早く申し込みをする。

たったこれだけなんです。

・頭金ゼロ

・返済比率

・過去の状況

こんなのは、全て真実を伝えて任せればいいだけ

だって、

根本的にその内容を解決できる銀行も無いのですから。

全ての申し込みで共通する最後は、本審査の判断に委ねられます。

だったら、

あなたは、住宅ローン審査基準優先順位ベスト3に該当する年齢を最優先にクリアすることだけを考える。

これだけでいいんです。

あなたがムダに知識を集めている時間。

申込を迷う時間経過こそ、落ちる最大の理由になります。

あなたは、本気で今の時期での通過を願っていますか?

落ちれば買わずに済む

こんな思いがあるなら、このページを見ていないと思います。

・どうしても通したい。

・今のチャンスを逃したくない。

こう願っているからこそ、このページをここまでお読み頂けているのだと私は確信しています。

ですから、あなたが住宅ローン審査に通る方法を最後まで伝えるのが、このページで私がしなければいけないこと。

この答えは、あります。

そして、この方法だからこそ、違う性質の銀行を明確化してくれることが大いに期待できるのです。

 

住宅ローン審査に通過した田舎物件条件

住宅ローン審査通過した物件情報

私が新築一戸建て住宅ローン申込をした時は、

・頭金なんてほとんどありませんでした。

・片田舎で、坪単価30万円もしない様な土地

・建物だけハウスメーカーの木造建築

・土地も広くない40坪以下

こうした資産価値としては、全国的に見れば低い地域で買った土地と新築住宅。

これからの時代に必要な物をよく吟味した上で決断した我が家。

私宛にご相談頂く方の方が大きな土地や立派な建物を計画されている事の方が多いです。

ですが、最後には、住宅ローン審査を通過させることが出来れば良いのです。

だったら、こうした資産価値の低そうな土地でも通った私の住宅ローン審査の方法は価値が有ると思いませんか?

私の持ってる土地や建物が、東京都内の郊外みたいな条件ならこの方法をご紹介する程の勇気はありません。

しかし、片田舎であり、土地の価格も低いような物件。

この条件でも住宅ローン審査通過を勝ち取ったからこそ、私の情報には価値があります。

私は根本的には、「新築一戸建て注文住宅を買いたい人を救いたい!」

この1点のみにこだわりながら、ページを1つ1つ書いています。

全てのページが私の体験に基づく真実。

この先にご紹介してる内容も全て私の新築一戸建て住宅購入体験。

今だから使える情報ではなく、今後もずっとこのフラット35審査に落ちる人を助ける情報になる事を確信しています。

あなたが真剣に悩むなら、ぜひ真似して下さい。

「必ずあなたの条件を積極的に受け入れてくれる銀行はあります。」

なぜなら、もしその土地が資産価値ゼロであれば、周辺に既存の住宅が存在しないはずだから。

あなたの買いたい土地や建物の傍に家がある。

これだけで可能性は十分です。

あとは、あなたが銀行を探すのではなく任せましょう。

きっとあなたの条件を探している銀行に巡りあえますから。

詳しくは、住宅ローン審査で通らない時救われた体験記を御覧ください。

あなたの住宅ローン審査通過がフラット35審査に落ちただけで終わらない事を願っています。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

住宅ローン審査については、以下のようなコンテンツもご用意しています。

住宅ローン年収別借入可能額や月々返済目安まとめ

年収200万住宅ローン頭金無借入可能額

年収300万住宅ローン借入可能額目安

年収400万住宅ローン審査借入可能額シミュレーションデータ付

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能適正目安月々返済額

住宅ローン審査静岡30代体験談まとめ

住宅ローン審査基準年収とは手取り?

住宅ローン審査通らない34歳共働き口コミ

住宅ローン審査年収300万で落ちる400万で通る違い

住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった!

住宅ローン審査通らない(落ちた)口コミ年収別まとめ

JA住宅ローン審査は厳しい?落ちた経験者が特徴や評判を解説

住宅ローン本審査と仮審査の違い!

住宅ローン審査自営業が通った40代口コミ

住宅ローン審査通らない理由口コミ年収450万

住宅ローン諸費用はいくら?

住宅ローン審査が甘いフラット35

住宅ローン借り換え費用は自己資金ゼロで出来る時代

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能額UFJ口コミ

住宅ローン審査年齢で運命が変わる?

住宅ローン金利の選び方

住宅ローン審査は年収ごとにいろいろな口コミも紹介しています。

興味がある方はお役立てください。

フラット35は、低金利が終わりを告げた後にも安心がある。

フラット35があれば家を買う勇気もリスクを含めて検討できる。

こうした考え方をしている人も少なくないと思います。

しかし、フラット35はある意味、厳しい審査を越えなければいけないとも言える住宅ローン。

結果として、フラット35でなければいけないと考えているのなら、ぜひ申込方法から見直して慎重に対応することをおすすめします。

フラット35については、以下のような内容もご紹介しています。

まだまだこれから家づくりの想定をしている最中。

こうした方は、ハウスメーカーや工務店、ローコスト住宅などの市場の坪単価や価格に注目している人も多い。

ミサワホーム蔵のある家「GENIUS」の坪単価や価格という視点でも調べてみました。

ミサワホーム価格坪単価|蔵のある家となしの差額2018

フラット35審査における情報収集は、通らない人の意見や疑問の書き込みも参考にしてください。

フラット35こんな条件でダメでした(掲示板)

フラット35体験者のスレ(2ch)

フラット35は通ったのに他の銀行はダメだったスレ

フラット35なら可能?自営業家を買う計画質問のスレ

フラット35落ちた人は?(知恵袋)

フラット35落ちた後に銀行ローン通過(知恵袋)

44歳独身が落ちた!(おしえてgoo)

新築マンションでフラット35を慎重にするべきという意見があるスレ(発言小町)

団体信用生命保険(団信)への加入。

ネット銀行への過信。

年収300万円、400万円という今の数字に対する過信。

保険の今後の値上がり。

年齢ごとに高くなる生命保険の加入費用。

今後は自分たちの健康も子供たちの将来も考えなければいけない。

勤務先をいくつか経験している人なら、今後の動き方も考える必要がある。

家を手に入れる。

この時には、必ず先を読む事が重要。

人生にはいくつか段階がある。

毎月の生活

毎年の貯金

数年後に手にする還付金や繰り上げの計画。

常にその通りにならないかもしれない。

しかし、さまざまな事柄とタイミングをきちんと把握しないと危険。

短い時間の中でノリと勢いで決めるほど簡単な事ではありません。

減税なんて期待しないで慎重に対応する事をおすすめします。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク