アフィリエイト

住宅ローン審査年収500万借入可能額UFJ口コミ体験

スポンサーリンク

住宅ローン審査年収500万口コミUFJ体験記

スポンサーリンク

住宅ローン審査年収500万借入可能額は?

住宅ローン金利比較でUFJ銀行の口コミは?

住宅ローン審査年収500万で、少しでも口コミから情報を収集したいと考える方も多い現代。

銀行選びの中でも、メガバンクやメインバンクという言葉から以下のような内容に興味をお持ちの方も多いです。

・三菱東京UFJ銀行住宅ローン口コミが知りたい!

・年収500万円の住宅ローン審査口コミが見たい!

・住宅ローン審査の年収500万円以外の審査基準を知りたい!

このように年収500万の状況で住宅ローン審査について金利を含めて検討してる方にこの記事はご紹介していきます。

私のサイトは、新築住宅購入を失敗後悔してほしくない!という思いから住宅ローン審査体験も含めてサイト運営をしています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、住宅ローン審査年収500万借入可能額UFJ銀行住宅ローン審査口コミから以下の内容でご紹介しています。

住宅ローン審査年収500万借入可能額口コミ1.条件は?

住宅ローン審査年収500万借入可能額口コミ2.金利比較

住宅ローン審査年収500万借入可能額口コミ3.なぜUFJ?

私自身が住宅ローン審査を実際にUFJで受けた事もあります。

この方の感想を含めて、私の補足を加えてご紹介していきます。

住宅ローン審査を受ける情報収集の1つとしてお役立て下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン審査年収500万借入可能額口コミ1.条件は?

住宅ローン審査年収500万UFJ口コミ1.勤続年数などは?

住宅ローン審査を受けるにあたって、年収500万以外にも審査の条件がどんな状況だったのか?

まずは、この点を口コミからご紹介していきます。

住宅ローン審査年収500万の他勤続年数や年齢は?

私は、東京三菱ufj銀行にてUFJ銀行住宅ローンの審査を受けました。

住宅ローン審査を受けた時の条件は以下の通りです。

・年齢は、31歳

・勤続年数は入社13年目でした。

・住宅ローンの審査を受けた時の年収は、おおよそ570万円。

・申込み金額は、2800万円で年収の5倍程度でした。

住宅ローン審査通過のコツとして、やはりUFJの口コミをご紹介してる中で最も多いのが年収の5倍。

年収7倍審査落ちた

この声もやはり数多く有りました。

返済負担率をしっかり計算しておく事が重要ですね。

では続いて、住宅ローン審査をUFJに決めた理由の1つとして金利比較をご紹介していきます。

 

住宅ローン審査年収500万借入可能額口コミ2.金利比較

住宅ローン審査年収500万口コミ|金利比較

住宅ローン審査の銀行選びには、金利選びも重要なポイント。

実際にUFJ銀行を選んだ方の口コミで、なぜUFJを選んだのか?

この答えも金利でした。

口コミを御覧ください。

ローン審査をもうしこんでから1ヵ月弱で審査結果が出て、希望の借入額にて無事通る事が出来たのです。

私が、東京三菱ufj銀行にて住宅ローンを選んだ理由は、非常に金利が低い上に優遇制度が多かった為です。

長期間固定金利をはじめ、当初10年固定などでは他の銀行等と比較しても金利等の条件が優れていたのです。

変動金利も他のメガバンクと比べても低く設定されており、将来的に利息を抑えることが出来るメリットがありました。

また、自身のメインバンクであり、大手銀行といった安心もあったのでUFJ銀行住宅ローンの審査を受けました。

自身のメインバンクである。

この点は、メインバンクでない方も問題にはなりませんので安心しして下さい。

UFJ銀行住宅ローン審査金利の注目すべきポイント

UFJ銀行は日本国内で言えば、メガバンクの1つ。

メガバングの住宅ローン金利は動きが早いです。

・時代の影響

・景気の流れ

住宅ローン金利変化は、地銀より圧倒的に早いのが特徴。

ですから、住宅ローン審査を年収500万の年収5倍の借入金希望。

この条件であれば、金利を比較する上では、UFJ銀行は良い目安になると思います。

では最後に、メガバンク以外にもネットバンクでも低金利はあるはずなのに、なぜUFJ?という答えに付いて口コミをご紹介していきます。

 

住宅ローン審査年収500万借入可能額口コミ3.なぜUFJ?

住宅ローン審査年収500万口コミ|三菱東京UFJ銀行の魅力

住宅ローン審査を金利だけで比較するなら、どこでも良いはず。

この考え方は間違ってはいません。

しかし、三菱東京UFJ銀行を選んだ人というのは、メインバンだっただけで住宅ローンも選んだのか?

何を決め手にしたのかを口コミからご紹介していきます。

住宅ローン審査年収500万で三菱東京UFJ銀行を選んだのは安心観

実際に三菱東京UFJ銀行住宅ローンのチェックを受けた感想ですが、

「銀行の方の対応がとても良く金利等の条件もしっかり説明して頂けました。」

審査自体は、厳しいと感じる事は無く依頼者に親身になって様々な事を一緒に考えてくれるのです。

住宅ローン借入後の想定をして頂き、

・毎月の返済額

・総支払い額の算出を行い

・資金計画

以上の3つもしっかりと作成して頂けましたので、受ける際にも安心でした。

ローン保証料ですが、他銀行と比較しましたが安価な設定となっており、初期費用を抑える事も可能となっています。

お勧め出来る点は、とにかく不安な事や分からない事は、親身になって相談に乗って頂けたり、説明をしてもらえる点です。

また、複数の優遇条件がある為、他の銀行にて負けない優良条件でローンを組めるメリットがあります。

私は、東京三菱ufj銀行にてスムーズに審査を通過してローンを組む事が出来ました。

これから住宅ローン審査を考えている方は、様々なメリットのある東京三菱ufj銀行の住宅ローンを検討されると良いです。

実際に私も住宅ローン審査をUFJ銀行で受けて実感したのは、わかりやすさと明確性でした。

住宅ローン審査だけではなく、通過後も対応力が違った三菱東京UFJ審査体験記

住宅ローン審査を受ける時だけではなく、受けた後も非常にUFJ銀行は親切でした。

・支払い計画書。

・残高精算の理想的は繰り上げ返済計画。

・ボーナス併用、なしへの変更相談。

住宅ローン審査を受けてからも、返済期間中でもUFJの説明や対応力には安心が有りました。

地銀では全く逆に不安もかなり多いです。

・ネットからの繰り上げ返済への方法なども説明が適当。

・返済計画書等の定期郵送物は全く無い状態。

・繰り上げ返済の相談なども対応は人により違う。

こうした体験は、2016年以降もまだまだひどい銀行はあります。

ですから、「金利で選ぶだけが本当に住宅ローン返済には安心か?」

こういう不安を持つ方には、住宅ローン審査をUFJで受ける価値があると思います。

私がおすすめするUFJ銀行住宅ローンの魅力は、メガバンクという立ち位置の中でも別格。

住宅ローン審査に落ちた口コミ体験感想まとめ

で、詳しくはご紹介してますので、住宅ローン審査をメガバンクで検討してる方は参考にして下さい。

「メガバンク以外でもとにかく住宅ローン審査は通る事が最優先。」

こうした考え方の方は、フラット35,変動,固定を含めて金利選びから、

住宅ローン審査金利選びおすすめ方法

にてご紹介してますので、あなたの希望に合わせて参考にしてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

三菱東京UFJ銀行に自分の条件があってるかどうかを正確に知るためには、住宅ローン審査に2度落ちた後に通過した方法にて、ご紹介してますので、お役立てください。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
スポンサーリンク

新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

69人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ