住宅ローン借り換え費用は自己資金ゼロで出来る時代!

スポンサーリンク

住宅ローン借り換え費用を最初に払うのはもう古い!初期投資ゼロが鉄則!

「住宅ローン借り換えを費用がかかる心配から相談できずにいます。」

こんなご相談を頂きました。有難うございます。

この方にも、直接回答をさせていただきましたところ、「記事で一人でも多くの人に教えたほうが良いです」

嬉しい回答があったからこそ、今回の記事にてご紹介をさせて頂きます。

私のサイトは、新築一戸建て購入について、住宅ローンを含めて失敗後悔をしてほしくないという思いから現場経験、新築購入経験の体験から各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

住宅ローン借り換え費用については、以下の内容でご紹介してます。

住宅ローン借り換えに初期費用がかかってた過去の流れ

住宅ローン借り換えに多い誤解

住宅ローン借り換えに初期費用がゼロになった現代の流れ

以上の内容でご紹介していますので、住宅ローン借り換えの費用を心配してる方は是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン借り換えに初期費用がかかってた過去の流れ

住宅ローン借り換え費用過去の流れ

スポンサーリンク

住宅ローン借り換えに初期費用がかかる時代もありました。

現代も行われている損をする可能性が高い借り換え手続きの流れをまずはご紹介していきます。

住宅ローン借り換え初期費用は新規と同じ

住宅ローン借り換えに要する初期費用は、申し込みに要する費用という点では、住宅ローン審査と何も変りません。

・必要書類を準備する費用

・各種手続き

時間と手間ばかりがとられている気がする現代でも昔と変わらない住宅ローン審査。

借り換えも全く同じなんです。

これでは、初期費用が本当に役に立つお金になるのかわからないままお金と時間は過ぎています

続いて、住宅ローン借り換えについて多い誤解をご紹介していきます。

 

住宅ローン借り換えに多い誤解

住宅ローンを借り換えたいけど、の心配要素で誤解が多い内容についてご紹介していきます。

住宅ローン借り換えに多い誤解1.かなり得である!

住宅ローン金利を過去に2%以上で借り入れた!

こうした方にとってはマイナス金利となった2016年はかなり注目したい年。

しかし、年数が経年している事により、以下のポイントも有ります。

・1ヶ月返済における元本と金利のバランス。

・残数における金利総額と借り換え手数料の相対バランス。

・住宅ローン借り換えにおける年齢等の審査条件。

住宅ローンは、ついつい月々の返済額ばかりをみてしまうのが落とし穴。

必ず手数料、元本の残債を注意して最適な時期を見極めましょう。

住宅ローン借り換えに多い誤解2.1回通ったなら大丈夫!

生活環境の変化より、勝手に住宅ローン審査に過去に通ったという過程で安心してる方も多いです。

しかし、住宅ローン借り換え時と最初に借りた時と以下の変化があるのか?を注意して下さい。

・教育ローン等の有無

・車のローンの残債

・過去に組んだ時と比較した年収の違い

・転職経験による属性の変化

こうした内容は、少なからず、過去の住宅ローン審査とは違う視野で見られます。

ですから、住宅ローン借り換え審査は、一度通った過去にとらわれない。

この点も注意して頂きたいと思います。

住宅ローン借り換えに多い誤解3.手続きが面倒なはず

住宅ローン借り換えに興味はあるけどまた書類手続きに時間と労力を使うのは大変。

こうした借り換えという実態に対する自分の労力で、諦めている方も非常に多いです。

しかし、以下のような方法があることを多くの方が知りません。

・住宅ローン借り換え審査は、もう銀行に行く必要がない方法もある。

・住宅ローン借り換え審査は、落ちたとしてもリスクはない。

・住宅ローン借り換えは、得があるかどうかも含めて相談出来る。

一番損をしているのは、誤解をしたまま得を勝ち取れずに過ごす返済。

まずは、相談をしてみる!

この勇気を持つ上で、初期投資への不安を強めて居る方もいらっしゃいます。

この記事の最後に、初期投資を不要で申込が出来る方法をご紹介していきます。

まずは、住宅ローンを借り換えるではなく、相談をする事からはじめてみましょう。

 

住宅ローン借り換えに初期費用がゼロになった現代の流れ

「住宅ローン審査が通らない時は、投資と思うべき!」

こんな言葉が今の現代でも平気で皆が思うことにしているのが一般的。

しかし、私からすれば、

「ムダな時間とお金を掛けさせられる住宅ローン審査」。

この流れは、もう終わりにしましょう。

これからの時代は、あなたに負担を一切掛けさせない住宅ローン借り換え審査が主流になるべき時代。

・住宅ローン借り換え金利が安くならなければ初期費用ゼロ

・調査、手続き全てを引き受けてくれる会社を通じた申し込み

・個人が調べきれない銀行の特徴、相性等を徹底紹介

こうした住宅ローン審査の借り換え手続きなら、

・あなたにリスクはありません。

・手続きのために、市役所や法務局を駆けずり回る必要もありません。

・あなたは今の残債を提示して、条件を相談の時資料として渡すのみ。

後は、会社がやってくれます。

リスクゼロを掲げ、初期費用ゼロを最優先にする。

現代は、こうした住宅ローン借り換えでメリットを体験する時代なんです。

では、こうした方法を使う為の実際の流れを

住宅ローン借り換え金利差額で太陽光発電を設置した成功体験記

でご紹介してますので、じっくりご覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

他にも以下のようなコンテンツもご用意しております。

住宅ローン審査必要書類体験記

住宅ローン控除必要書類体験記

住宅ローン借り換えのメリット最大化のコツ

住宅ローン審査については、以下のようなコンテンツもご用意しています。

住宅ローン年収別借入可能額や月々返済目安まとめ

年収200万住宅ローン頭金無借入可能額

年収300万住宅ローン借入可能額目安

年収400万住宅ローン審査借入可能額シミュレーションデータ付

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能適正目安月々返済額

住宅ローン審査静岡30代体験談まとめ

住宅ローン審査基準年収とは手取り?

住宅ローン審査通らない34歳共働き口コミ

住宅ローン審査年収300万で落ちる400万で通る違い

住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった!

住宅ローン審査通らない(落ちた)口コミ年収別まとめ

JA住宅ローン審査は厳しい?

住宅ローン本審査と仮審査の違い!

住宅ローン審査自営業が通った40代口コミ

住宅ローン審査通らない理由口コミ年収450万

住宅ローン諸費用はいくら?

住宅ローン審査が甘いフラット35

フラット35審査に落ちたらどうしたらいい?

住宅ローン借り換え費用は自己資金ゼロで出来る時代

住宅ローン審査年収500万借り入れ可能額UFJ口コミ

住宅ローン審査年齢で運命が変わる?

家が欲しいけど変えない?住宅ローンは家賃位なら借り入れ可能?

住宅ローン金利の選び方

住宅ローン審査は年収ごとにいろいろな口コミも紹介しています。

興味がある方はお役立てください。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ